羽幌線(歴史)

昭和45年10月に時刻表,運行図表を追加しました。

1.建設(留萌〜築別)
 当初は軽便鉄道として1920年(大正9年)3月の帝国議会の協賛を経て同年11月に北海道建設事務所の所管に編入されて留萌より測量を開始した。沿線はにしん、かれいなどの沿岸漁場としては有数で苫前の炭田や木材資源も豊富だったが冬期間は季節風のため陸の孤島となりやすかった。

 起点は地形の関係上留萌の南方1.3kmに東留萌信号所を新設して北方に分岐して羽幌まで7工区に分けた。

 第1工区は地形が狭く盛り土、切り取り箇所が多かったので甲乙工区に分け、甲区の東留萌信号所〜3.2kmの間は1925年(大正14年)8月に起工して留萌川右岸の狭い土地を盛り土、切り取りで北方に進み、1926年(大正15年)11月に竣工した。乙工区の3.2km地点からは新留萌川、マサリベツ川などを渡り三泊停車場を経て、日本海沿いに北上してトイタウシナイ川などを渡り小平停車場までは1925年(大正14年)8月に竣工した。

 第2工区の小平〜大椴(おおとど)間は海岸より遠ざかり山間部のため小平蘂トンネル、大椴小山トンネルを掘削、小平蘂川、第1〜3オンネトマリ川などを渡り大椴までは1925年(大正14年)12月に竣工し、留萌〜大椴間は1927年(昭和2年)10月25日に開業した。

 第3工区の大椴〜鬼鹿間は段丘を進むので切り取り、築堤が多く、ポントドッコ川などを渡り鬼鹿停車場へは1928年(昭和3年)6月30日に竣工し、留萌〜鬼鹿間は1928年(昭和3年)10月10日に開業した。

 第4,5工区の鬼鹿〜力昼間は日本海沿いの海岸地帯に土留、石垣など施してオンネオニウシュカベツ川などを渡り1929年(昭和4年)11月に力昼停車場まで竣工した。5工区の力昼〜古丹別間は丘陵、山間部が続くため勾配を登って第1,2力昼トンネル、古丹別トンネルを掘削して勾配を下り第1三毛別川を渡り古丹別停車場へは1930年(昭和5年)6月30日に竣工、留萌〜古丹別間は1931年(昭和6年)8月15日に開業した。尚、古丹別トンネルの工事中に約20mに渡り岩石が崩落して作業員1人が圧死する事故が起きている。

 第6、7工区の古丹別〜羽幌間は第2,3三毛別川などを渡り上平停車場を経て、古丹別川を渡り苫前停車場まで1931年(昭和6年)9月15日に竣工した。7工区の苫前からは丘陵など高低の多い箇所に切り取り工事を進めオコツナイ川を渡り1932年(昭和7年)6月23日に竣工した。留萌〜羽幌間の開業は1932年(昭和7年)9月1日である。

 尚、続いて羽幌〜築別間は1939年(昭和14年)4月に起工して羽幌川などを渡り留萌から日本海を望む築別停車場へは1941年(昭和16年)12月9日に開業した。
 築別停車場開業に合わせて同年の12月14日より羽幌炭鉱鉄道(株)の築別〜築別炭鉱間の16.6kmが開業して石炭の輸送が開始された。この羽幌炭鉱の石炭を東留萌信号所でのスイッチバックは不便となったので同年12月9日に留萌停車場拡張の際に東留萌信号所を廃止して留萌〜三泊間5.0kmは2.7kmに変更となった。

全工区における最急勾配は20‰、最小曲線はR300でレールは30kgで敷設した。

2.建設(幌延〜遠別)
本線は1933年(昭和8年)に北海道建設事務所の所管に編入されて同年測量を開始した。

第1工区の幌延〜北川口間は平坦な地域を進み、天塩川に鉄桁を架け、振老川を渡り振老停車場を経て小曲川などを渡り北川口停車場へは1935年(昭和10年)6月に竣工した。第2工区の北川口〜天塩間は平坦な地域を進み、天塩停車場までは同じく1935年(昭和10年)6月に竣工し、幌延〜天塩間は1935年(昭和10年)6月30日に開業した。
第3工区の天塩〜遠別間は汐見川を渡り、更岸停車場を経て南十五号川などを渡り、丸松停車場を経て高低差のある区間を進み1遠別停車場までは1936年(昭和11年)10月に竣工、これにより幌延〜遠別間は1936年(昭和11年)10月23日に開業した。

全工区における最急勾配は12‰、最小曲線はR300でレールは30kgで敷設した。

3.建設(築別〜遠別)
本線は築別と遠別を短絡する鉄道で1952年(昭和27年)8月に札幌工事局の所管に属した。

第1工区の築別〜北築別間は築別川を渡り勾配を登って北築別に至り、第2工区の北築別〜天塩有明間は北築別より勾配を下り茂築別川を渡り天塩有明停車場までは1932年(昭和32年)11月に竣工した。第3工区の天塩有明〜初山別間はセタキナイ川を渡り、初山別トンネルを掘削、初山別川を渡り初山別停車場までも1932年(昭和32年)11月に竣工、築別〜初山別間は1932年(昭和32年)11月6日に開業した。

初山別以北では第7工区の遠別〜歌越から工事が始まり、遠別川を渡り平坦な区間を南下して天塩金浦停車場を経て日本海沿岸に出て歌越停車場までは1956年(昭和31年)12月に竣工した。第6工区の歌越〜天塩大沢間はオコタシベツ川を渡り、共成停車場を経て、共成トンネル、登駒内トンネル、大沢トンネルを掘削して天塩大沢停車場までは同じく1956年(昭和31年)12月に竣工した。第
工区の天塩大沢ー豊岬間はオヤフルツナイ川を渡り、岬の多い地形のため第1〜4豊岬トンネルを掘削して1958年(昭和33年)10月に豊岬停車場まで竣工した。第4工区の豊岬〜初山別間は風連別川を渡り勾配を登り、金駒内トンネルを経て勾配を下り日本海沿いに出て初山別停車場へは同じく1958年(昭和33年)10月に竣工し、1958年(昭和33年)10月18日に築別〜遠別間が開業して留萌〜幌延間が全通した。

 この線の名称は工事中は遠羽線としたが留萌〜幌延間が全通と同時に羽幌線に編入した。

4.全通〜興隆〜廃止まで。
 1941年(昭和16年)12月より羽幌、築別炭鉱からの石炭輸送や水産物の輸送で賑わった。石炭輸送増強のためにD51が丙線である羽幌線へ入線出来るように軸重配分を変更したD61が登場したのもSLファンでは有名な話である。1962年(昭和37年)5月には札幌への直通急行である「はぼろ」も運転されるが1970年(昭和45年)には炭鉱の閉山や水産資源減少により長大なるローカル線と化してしまう。その後、観光目的で「天売観光号」の運転もあったが、沿線の人口も減り、モータリゼーションなども手伝って、1987年(昭和62年)3月29日で廃止されてしまう。

時刻表で見る歴史

注)時刻表は著作権保護期間の過ぎた50年以上前のみの転載(50年に満
たないのは打ち出し)としていますが無断使用は固くお断りいたします。
鬼鹿までの開業時(9/10改正となっていますが開業は10/10)
汽車時間表(昭和4年6月、日本旅行協会発行より)
かすれている部分ですが、742レ:鬼鹿15:25、小平16:10、留萌16:44

  鬼鹿まで開業した頃の時刻です。当時は留萌線と呼ばれていたようです。留萌から東留萌信号所でスイッチバックしていたので留萌ー三泊間は3.1マイル(5.0km)となっています。
参考までに深川ー留萌ー増毛間もアップしておきます。当時の牽引機関車ですが9050,9850,8620あたりかと思われます。
遠別ー幌延開業時(昭和12年1月) 
 
 時間表(昭和12年1月、東亜旅行社より)
昭和11年10月23日開業時の時刻です。当時幌延に配置されていたC56が
牽いていたと思われます。
留萌ー築別開業時(昭和16年12月9日)
時間表(昭和17年9月、東亜旅行社より)

かすれている部分ですが
24レ:築別11:50、羽幌12:10、古丹別12:54、鬼鹿13:31、小平14:23、留萌14:32
26レ:築別16:55、羽幌17:15、古丹別18:00、鬼鹿18:38、小平19:16、留萌19:39

東留萌信号所でのスイッチバックが廃止となったので留萌ー三泊間は2.7kmとなっています。
おまけ、ほぼ同時開業した羽幌炭鉱鉄道の時刻。
時間表(昭和17年9月、東亜旅行社より)
旅客列車は4往復ですが石炭列車はどれくらいの輸送量だったのか関心があります。


羽幌線全通直前の時刻。(昭和33年10月1日、主要駅のみ)
 
留萌ー初山別間 
 幌延ー天塩間
 
時刻表(昭和33年10月)日本交通公社発行より 
初山別ー遠別間未開通ですが羽幌炭鉱からの石炭輸送あるため,留萌ー築別間は旅客も盛況。当時は深川,留萌,稚内に9600が多数配置されていたので旅客も牽引していたと思われます。 

羽幌線全通時の時刻。(昭和33年10月18日、主要駅のみ)
 
 
下り
列車番号 31D 21 33D 91 35D 23 93 37D 95 39D 25 27 29 41D
行き先
駅名
幌延 築別 幌延 築別 幌延 築別 築別 幌延 築別 幌延 築別 築別 築別
留萌
小平
大椴
鬼鹿
古丹別
苫前
羽幌(着)
547
608
630
659
716
748
804
740
807
828
848
905
946
958
1002
1024
1045
1058
1126
1144
1157
1150
1211
1227
1244
1315
1334
1348
1434
1502
1524
1544
1624
1648
1702
1657
1724
1741
1757
1827
1848
1900
1852
1913
1929
1943
2011
2028
2040
2024
2048
2104
2117
2154
2211
2223
羽幌(発)
築別
初山別
遠別
天塩
幌延
553
604
631
716
752
824
810
822
==
841
858
921
1002
1032
1102
1003
1015
==
 −
1217
1245
1324
1354
1424
1202
1214
==
1353
1405
==
1501
1514
1528
1617
1647
1718
1710
1724
==
 −
1809
1832
1914
1945
2015
1904
1918
==
2046
2100
==
2228
2240
==
 −
 −
 −
2125
2152
2222
 
上り
列車番号 20 22 30D 24 32D 90 26 34D 92 94 36D 38D 28 40D
行き先
駅名
留萌 留萌 羽幌 留萌 築別 留萌 留萌 羽幌 留萌 留萌 築別 築別 留萌 遠別
幌延
天塩
遠別
初山別
築別
羽幌(着)
 −
 −
 −
 −
440
454
 −
 −
 −
 −
626
640
544
615
646
723
750
802
 −
 −
 −
 −
903
917
833
904
935
1012
1034
==
 −
 −
 −
 −
1102
1116
 −
 −
 −
 −
1255
1309
1217
1248
1326
1402
1430
1441
 −
 −
 −
 −
1520
1534
 −
 −
 −
 −
1806
1820
1553
1625
1701
1738
1801
==
1744
1816
1846
1922
1945
==
 −
 −
 −
 −
2022
2036
2021
2051
2119
==
羽幌(発)
苫前
古丹別
鬼鹿
大椴
小平
留萌
500
517
535
613
628
646
708
645
706
731
803
824
844
906
919
941
959
1029
1044
1101
1123
1122
1147
1211
1248
1304
1324
1349
1312
1335
1353
1425
1441
1458
1520
1537
1557
1616
1648
1704
1722
1744
1826
1854
1924
2013
2030
2052
2115
2041
2100
2118
2148
2203
2220
2242

時刻表(昭和33年11月、日本交通公社より)
*時刻表では30,40番台気動車との表記なので列車番号に「D」を付けておきました。築別以北は気動車です。
 
 全通時の時刻です。留萌ー築別間の旅客は客車によるものですが当時は深川、留萌に9600のみの配置でしたのでこのカマが客車を牽いていたようです。
最高速度65km/hの9600ですので留萌ー羽幌間58kmを2時間以上かかっています。交通の要所が築別となっているのに当時の石炭輸送の盛況さがうかがえます。
 

昭和34年7月改正時の時刻
 
下り
 上り
時刻表(昭和34年7月)日本交通公社発行より 
 
開業時に対して若干の修正が加えられています。全体の雰囲気は変わっていなく、築別以南は客車中心、築別以北は気動車中心に運転されています。

昭和34年7月
時点の羽幌炭鉱鉄道の時刻表
 
 
 
 綴じ目でかすれている列車ですが築別炭鉱22:10〜築別22:30。

昭和35年9月より羽幌炭鉱の新鉱からの出炭が行われます。これに伴い羽幌線の石炭輸送力の増強が行われ,D51を丙線入線を可能にしたD61が6両深川に配属,深川ー築別間で使用されます。

 昭和36年10月白紙時刻大改正時の時刻
 下り
上り 
時刻表(昭和36年10月)日本交通公社発行より 
綴じ目でかすれている列車ですが
827レ:留萌20:39−築別22:55
2709D「るもい」:小樽18:40−留萌22:02〜05−築別23:20
 
  昭和36年10月白紙改正時の時刻です。
留萌ー築別間は未だ客車列車で当時D61の配属ありましたが石炭輸送用で表定速度からして9600の牽引かと思われます。
列車の発着が羽幌炭鉱鉄道が分岐する築別中心です。(現在では民家が数軒あるだけで往時の面影はありません。)
 昭和36年1月に小樽ー築別を結ぶ準急「るもい」(キハ22単行ですが)が新設されて札幌、小樽とも結びついていきます。
 昭和37年10月改正時の時刻  
 
時刻表(昭和37年10月)日本交通公社発行より 

昭和37年5月改正で念願の羽幌線幌延から札幌への直通急行「はぼろ」が新設されます。従来の準急「るもい」は増毛行きに振り替えられています。
旅客は完全にDC化されて留萌(一部深川)からの直通列車が増えています。
 

昭和40年10月全国時刻大改正、羽幌線盛況時)
 
 下り 上り
時刻表(昭和40年10月)日本交通公社発行より 

 本数的には昭和37年10月と変わっていませんが一部列車が準急「るもい」として旭川まで直通しています。
 

 
昭和43年10月白紙時刻大改正
下り 
 上り
時刻表(昭和43年10月)日本交通公社発行より 

本数的には昭和40年10月と変わっていません。半数以上の列車は深川,旭川,札幌からの直通です。

昭和43年12月時点の貨物列車時刻表
 
下り
列車番号 871
重連
873
重連
891
単機
6883
単機
893
単機
895
単機
875
単機
877
重連
879
単機
881
重連
始発 留萌 留萌 留萌 留萌 留萌 築別 留萌 留萌 留萌 留萌
行き先
駅名
築別 築別 築別 築別 築別 幌延 築別 築別 築別 築別
留萌
小平
大椴
鬼鹿
古丹別
苫前
羽幌(着)
435
 レ
 レ
 レ
540
 レ
604
640
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
810
755
818
 レ
905
950
1025
1035
1003
1023
 レ
1106
 レ
 レ
1206
1042
1130
 レ
1210
1240
1310
1320
1310
1350
1412
 レ
 レ
 レ
1527
1437
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
1607
1643
1710
1730
 レ
1803
 レ
1841
2010
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
2133
羽幌(発)
築別
初山別
遠別
天塩
幌延
620
630
==
840
850
==
1055
1105
==
1222
1232
==
1340
1350
==
 −
1525
 レ
1708
1802
1837
1538
1550
==
1632
1642
==
1903
1913
==
2157
2208
==
 
上り
列車番号 870
重連
2860
重連
2862
重連
6884
単機
890
単機
882
単機
872
単機
2864
重連
874
単機
始発 築別 築別 築別 築別 幌延 築別 築別 築別 築別
行き先
駅名
留萌 留萌 留萌 留萌 築別 留萌 留萌 留萌 留萌
幌延
天塩
遠別
初山別
築別
羽幌(着)
 −
 −
 −
 −
456
 レ
 −
 −
 −
 −
830
 レ
 −
 −
 −
 −
1030
 レ
 −
 −
 −
 −
1233
 レ
926
1022
1130
 レ
1250
==
 −
 −
 −
 −
1436
1456
 −
 −
 −
 −
1703
 レ
 −
 −
 −
 −
1830
1840
 −
 −
 −
 −
2130
 レ
羽幌(発)
苫前
古丹別
鬼鹿
大椴
小平
留萌
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
638
 レ
 レ
 レ
 レ
1008
 レ
1035
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
1210
 レ
 レ
1330
 レ
 レ
 レ
1435
1502
1521
1551
1630
 レ
1707
1727
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
1858
1851
 レ
1940
2020
2035
 レ
2108
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
 レ
2322
 
ドキュメント、感動の所在地2より。
(運行図表からの時刻表作成ですので数分の違いはご容赦下さい。)
 
 
  昭和43年12月時点での貨物列車時刻です。
輸送力ですが列車番号の下の重連で960t、単機で480tで石炭貨車のセキ3000だと1両につき空車で15t、積載量30tなので満載で45tとなります。
よって重連だと45t(30t)×21両=945t(630t)、単機で45t(30t)×10両=450t(300t)まで牽引出来る計算となります。( )内は石炭の積載量。
羽幌、築別炭鉱で昭和36,40年には100万tを産出しておりこれを365割りで1日あたりに直すと約2700tとなります。
よって1日の石炭の輸送量は2700t÷30t(セキ1両分)=90両(セキに換算しての輸送量)となります。 *
(これは羽幌炭鉱鉄道の石炭の輸送量にもなります。)

留萌まで運ばれた石炭ですが大型船の入港出来る留萌港より燃料炭として積み出されておりました。

参考:ドキュメント、感動の所在地2より。
昭和45年10月時刻改正 
  時刻表(昭和45年10月)日本交通公社発行より 

昭和43年10月白紙時刻大改正時に対して留萌ー羽幌,羽幌-幌延間で1往復
減便されています。
 鉄道ファン(1971年1月より) 
羽幌炭鉱は閉鎖寸前ですが数多くの専用貨物列車の設定があります。  

廃止4ヶ月前の時刻。(昭和61年11月改正、主要駅のみ)
下り
上り
列車番号 821D 853D 735D 737D 827D 741D 743D
始発
深川
1018
深川
1236
深川
1628
深川
1828
行き先
駅名
幌延 羽幌 幌延 幌延 幌延 幌延 幌延
留萌
小平
大椴
鬼鹿
古丹別
苫前
羽幌(着)
530
543
554
604
626
637
648
712
726
738
750
818
829
838
1144
1157
1210
1219
1242
1253
1302
1357
1410
1423
1432
1455
1506
1515
1626
1640
1653
1709
1732
1743
1754
1815
1828
1841
1907
1930
1941
1950
1954
2005
 レ
2024
2042
2052
2101
羽幌(発)
築別
初山別
遠別
天塩
幌延
656
704
733
807
833
859
1304
1312
1345
1418
1445
1510
1522
1530
1551
1625
1651
1717
1828
1836
1857
1931
1957
2022
1952
2000
2022
2054
2118
2142
2103
 レ
2127
2155
2215
2236
列車番号 852D 820D 822D 824D 826D 854D 828D 830D
行き先
駅名
留萌 留萌 深川 旭川 深川 留萌 深川 留萌
幌延
天塩
遠別
初山別
築別
羽幌(着)
501
523
548
622
643
651
606
626
647
724
745
753
804
834
900
935
956
1004
1218
1244
1309
1346
1407
1415
1618
1653
1719
1753
1814
1822
1830
1855
1941
2023
2043
2051
羽幌(発)
苫前
古丹別
鬼鹿
大椴
小平
留萌
602
611
635
659
710
727
741
702
714
725
752
801
814
828
754
804
815
834
 レ
853
903
1011
1020
1032
1055
1105
1118
1132
1417
1426
1456
1520
1529
1542
1555
1612
1625
1636
1706
1717
1731
1745
1823
1832
1844
1906
1915
1928
1942
2113
2122
2134
2219
2228
2240
2252
終着
深川
1012
旭川
1418
深川
1711
深川
2055
時刻表(昭和61年11月、日本交通公社より)
羽幌線内の羽幌炭鉱が閉山してからは急行「はぼろ」も築別は通過となり交通の中心は羽幌となります。その後は沿線の過疎化は続いて昭和61年11月改正で札幌からの急行「はぼろ」が廃止、昭和62年3月29日で残念ながら全線廃止となってしまいます。

参考資料
北海道鉄道100年史、世界鉄道写真全集(1973,1)
ドキュメント、感動の所在地2より。