第141〜150回「高千穂」「日本海」「出雲」「北陸」「霧島」「北斗星」「だいせん」


トップへ
トップへ
戻る
戻る

第144回:日向の国を目指した急行。(「高千穂」とその仲間たち)。



日向の国、現在の宮崎県ですが関東、関西から日豊本線経由で宮崎を目指した列車を時代を追って模型で再現して
いきます。(過去にUPしたのと重複する箇所ありますが更に詳細化してきます。)

日豊本線の現在のルートでの全通は1932年(昭和7年)12月に都城ー隼人間開通により小倉ー鹿児島間が現在線
で全通しました。
同時に門司ー鹿児島間直通列車が運転されますがますが準急列車の新設は1934年(昭和9年)12月全国時刻
大改正から、急行列車への格上げは1936年(昭和11年)12月からです。

しかし戦争激化により1942年(昭和17年)11月時刻改正の戦時陸運非常体制実施で門司ー宮崎間に短縮され
1943年(昭和18年)2月の臨戦ダイヤ実施により廃止されました。

戦後の復活は1947年(昭和22年)6月の第3次復活による門司港ー宮崎間準急501,502レとして復活します。
本州からの直通は1949年(昭和24年)9月時刻改正で新設された京都ー博多、都城間の準急211,212レから
です。下写真参照

1950年(昭和25年)10月時点の編成。

先頭(東京から見て九州側)後列左側より
C59+マニ31+マニ31+(1)オロ31(スロフ30代用)+(2)スハ32+(3)スハ32+(4)スハ32+(5)スハ32
+(6)スハフ32+(7)オロ35+(8)オハ35+(9)オハ35+(10)オハ35(スハ32代用)+(11)オハフ33(スハ
フ32代用)+(12)スハフ32

マニ31:京都ー門司
(1)〜(6)京都ー博多
(7)〜(11)京都ー都城
(12)京都ー大分

C59(マイクロエース)、マニ31、スハ32、スハフ32、オロ35、スロフ30(モデモ)、オハ35(TOMIX旧製品)

*資料上ではスハなどの表記のみなので型式は推定です。
*牽引機は当時の東海道、山陽本線の主力機であるC59としました。

急行への格上げですが1951年(昭和26年)11月からで東京ー熊本間急行「阿蘇」に併結で東京ー都城間急行
「たかちほ」(当初はひらがな)と命名されます。運転距離が東京ー鹿児島間の「きりしま」を2kmほど長いので
日本最長距離を走る急行となります。
当時の編成は下記写真。



先頭(東京から見て九州側)後列左側より
C59+マユ(マニ31代用)+マニ31+(1)スロ51+(2)オロ35+(3)スハ43+(4)スハ43+(5)スハ43+
(6)スハフ42+(7)スロ53+(8)オロ35(オロ36代用)+(9)スハ43+(10)スハフ42+(11)スハ43
(オハ46代用)+(12)スハフ42(オハフ45代用)

マユ:東京ー熊本
マニ31:東京ー門司
(1)〜(6):東京ー熊本「阿蘇」
(7)〜(10):東京ー都城「たかちほ」
(11)、(12):東京ー大分「たかちほ」
(13):東京ー門司ですが撮影時付け忘れですいません。


C59(マイクロエース)、マニ31、オロ35,36(マイクロエース)、スロ51(レボリューションファクトリー)、スロ53
(KATOスロ54からの改造)、スハ43、スハフ42(KATO、3等表記に塗り替え)


九州内では下写真。


C51+(増)オロハ(スロハ31代用)+マニ31+(7)スロ53+(8)オロ35(オロ36代用)+(9)スハ43+
(10)スハフ42+(11)スハ43(オハ46代用)+(12)スハフ42(オハフ45代用)

(増)オロハ:門司ー大分
マニ31:門司ー都城
(7)〜(10):東京ー都城「たかちほ」
(11)、(12):東京ー大分「たかちほ」

C51(マイクロエース)、スロハ31、オロ35、マニ31(モデモ)、スロ53(KATOスロ54からの改造)、スハ43、スハフ42
(KATO、3等表記に塗り替え)

牽引機は当時大分にC55、宮崎にC51大量配置があり、雑誌でC51の牽いた「たかちほ」を見た覚えあるのでC51
としました。

1954年(昭和29年)10月時刻改正では「阿蘇」「たかちほ」の混雑分散目的で併結相手は「げんかい」(東京ー博多)
に変更されます。当時の編成は下写真。


先頭(東京から見て九州側)後列左側より
C59+マニ31+(1)スロ51+(2)オロ35+(3)スハシ38+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+
(7)スハフ42+(8)スロ53+(9)オロ35(オロ36代用)+(10)スハ43+(11)スハ43+(12)スハフ42
+(13)スハフ42(オハフ45代用)+(14)スハフ42(スハフ32代用)

マニ31:東京ー博多
(1)〜(7):東京ー博多「げんかい」
(8)〜(12):東京ー都城「たかちほ」
(13):京都ー都城「たかちほ」
(14):京都ー大分「たかちほ」

C59(マイクロエース)、マニ31、オロ35,36(マイクロエース)、スロ51、スハシ38(レボリューションファクトリー)、
スロ53(KATOスロ54からの改造)、スハ43、スハフ42(KATO、3等表記に塗り替え)

大きな転機となったのは1956年(昭和31年)12月白紙改正です。
それまで併結運転から単独運転となり、しかも東京ー西鹿児島間急行「高千穂」となります。
運転距離も「きりしま」に対してわずかな差での同じ日本最長距離でもダントツでのTOPです。
当時の編成は下写真。


C59+マニ31+マニ31+(1)オロ35+(2)スロ51+(3)マロネ29+(4)ナハネ10+(5)スシ28+(6)ナハ10
+(7)ナハ10+(8)ナハフ10+(9)ナハフ10+(10)ナハフ10+(12)スハフ42

*ナハ、ナハフ10はナハ、ナハフ11代用です。

マニ31(1位):京都ー糸崎
マニ31(2位):東京ー西鹿児島
(1)、(2)、(6)、(7)、(8):東京ー西鹿児島
(3)〜(5):東京ー大分
(9)〜(10):東京ー宮崎
(11):東京ー大分
(12):東京ー門司

編成はと途中つるべ落としのように短くなりますが当時九州内ではDF50の配置もなく、日豊本線は未だにC51、C55の
天下でしたのでその牽引定数によるものと思われます。

C59(マイクロエース)、マニ31、オロ35(モデモ)
スロ51、マロネ29、スシ28(レボリューションファクトリー)
ナハネ10(KATOオハネフ12からの改造)
ナハ、ナハフ11(KATOナハ、ナハフ11からの塗り替え)

質、量ともに充実された「高千穂」は関東、関西と日豊本線沿線を結ぶ唯一の急行として主要列車に君臨する事と
なります。

1958年(昭和33年)10月改正ではオロ35がスロ53に変更されています。(それ以外は変更なし)
当時の編成は下写真。


1958年(昭和33年)10月改正では大分にDF50の配置が始まっています。牽引区間は不明ですが
雑誌(国鉄時代C55,57)によると日豊本線南部ではC57が牽いていた記事があります。

長らく、関東、関西〜日豊本線は「高千穂」の独占でしたが1959年(昭和34年)9月時刻改正で京都ー大分間の
急行「くにさき」が新設されます。
それが翌1960年(昭和35年)6月時刻改正で京都ー都城間運転となり、、ここに第2の急行として「日向」と命名
されます。(京都ー門司間は「天草」に併結。)編成は下写真。


C59+マニ31+(1)スロ60+(2)ナハネ10+(3)ナハネ10+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+
(7)スハフ42+(8)オハフ45+(9)スロ50+(10)ナハネ10+(11)オハ46+(12)オハ46+(13)スハフ42

マニ31:京都ー熊本
(1)〜(7)京都ー熊本「天草」
(8)京都ー大分「日向」
(9)〜(13)京都ー都城「日向」

C59(マイクロエース)、スロ60(KATO)、ナハネ10(KATOオハネフ12からの塗り替え)、オハ46、オハフ45
(KATOスハ43からの塗り替え)、スハ43、スハフ42(KATO、3等表記に塗り替え)、
スロ50(レボリューションファクトリー)

九州内は下写真。


DF50+オハユ(スハユ30代用)+(8)オハフ45+(9)スロ50+(10)ナハネ10+(11)オハ46+(12)オハ46+
(13)スハフ42

オハユ:門司ー都城
(8)京都ー大分「日向」
(9)〜(13)京都ー都城「日向」

DF50(TOMIX)
ナハネ10(KATOオハネフ12からの塗り替え)、オハ46、オハフ45(KATOスハ43からの塗り替え)
スハ43、スハフ42(KATO、3等表記に塗り替え)、スロ50(レボリューションファクトリー)
スハユ30(モデモ)

当時日豊本線内では門司ー大分間DF50、大分ー都城間通しでC55。
C55は運転距離長いのでテンダをD51のと振り替えたカマを使用したものと思われます。

1960年(昭和35年)6月時刻改正時点で関東、関西を結ぶ急行は「高千穂」「日向」。
九州内では気動車準急で「ひかり」(博多ー西鹿児島、日豊本線経由。博多ー熊本(日豊、豊肥本線経由)
「日南」(別府ー西鹿児島」、「ゆのか」(博多ー大分)が彩っておりました。



1961年(昭和36年)10月改正では「高千穂」には変化ありませんが「日向」が「天草」から独立して単独運転となります

1961年(昭和36年)10月改正時の「日向」:京都ー都城間運転。



後列左(京都から見て九州側から)
EF58+マニ60+(1)マロネ29+(2)ナハネ11+(3)ナハネ10+(4)ナハネ11+(5)ナロ10+(6)オハ46
+(7)オハ46+(8)スハ43+(9)スハフ42+(10)スハフ42
*マロネ29の帯を青から淡緑に画像加工しています。

(1)〜(3)、(10):京都ー大分

模型:EF58(大窓、KATO)、マニ60(KATO)、ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)、ナハネ11(KATO製
オハネ12からの改造)、ナロ10(マイクロエース)、オハ46(KATO製スハ43からの改造)、スハ43、スハフ42
(KATO)、マロネ29(レボリューションファクトリー)

日豊本線内の牽引機ですがこの時点では全区間DF50になっています。


1961年(昭和36年)10月改正時の「高千穂」:東京ー西鹿児島間運転。


後列左側東京から見て九州側から

EF58+マニ60+(1)ナロ10+(2)ナロ10+(3)マロネ29+(4)ナハネ11+(5)オシ17+(6)ナハネ11+
(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハ11+(10)ナハフ11+(11)ナハ11+(12)ナハフ11+(13)スハフ42
+(14)スハフ42
*マロネ29の帯を青から淡緑に画像加工しています。

(3)〜(5)、(13)号車:東京ー大分
(11)、(12):東京ー宮崎
(14):東京ー門司


模型:EF58(大窓、KATO)、マニ60、オシ17(KATO)、ナハネ11(KATO製オハネ12からの改造)、
ナロ10(マイクロエース)、スハ43、スハフ42(KATO)、マロネ29(レボリューションファクトリー)

特記事項として特急「つばめ」「はと」の電車化により捻出したナロ10が鹿児島などに転出して「高千穂」「日向」
「霧島」などに組み込まれています。

1964年(昭和39年)10月改正時点では日向」は編成増車、1等寝台のマロネ29からオロネ10への置き換え。
「高千穂」でも1等寝台のマロネ29からオロネ10への置き換えが行われました。


1963年(昭和38年)6月から20系となった特急「みずほ」(付属編成)が東京ー大分間運転を開始、後1964年
(昭和39年)10月改正からは20系特急「富士」が東京ー大分間に運転開始。
1961年(昭和36年)10月からは京都ー西鹿児島、宮崎間に82系気動車特急「かもめ」が運転開始しますが「高千穂」
「日向」には影響はありませんでした。

1964年(昭和39年)10月改正時の「高千穂」:東京ー西鹿児島間運転。

後列左側東京から見て九州側から

EF58+オユ10+マニ60+(1)ナロ10+(2)オロネ10+(3)オシ17+(4)ナハネ11+(5)ナハネ11+
(6)ナハ11+(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハフ11+(10)ナハ11+(11)ナハフ11+(12)スハフ42
+(13)スハフ42
*門司ー西鹿児島間(1)号車前位(上り後位)に増号車でナロ10の連結有り。

オユ10:東京ー門司
(2)〜(4)、(12)号車:東京ー大分
(10)、(11)号車:東京ー宮崎
(13)号車:東京ー門司


模型:EF58(大窓、KATO)、マニ60、オシ17(KATO)、ナハネ11(KATO製オハネ12からの改造)、
ナロ10(マイクロエース)、オロネ10(KATO製オロネ10からぶどう2号に塗り替え)、ナハ11、ナハフ11、スハ43、
スハフ42(KATO)、オユ10(KATO製オユ10から非冷房改造)


1964年(昭和39年)10月改正時の「日向」:京都ー都城間運転。


後列左(京都から見て九州側から)
EF58+オハニ36+(1)マロネ41(オロネ10代用)+(2)オハネ17+(3)オハネ17+(4)スハネ30(オハネ17
代用)+(5)ナハネ11+(6)ナロ10+(7)ナロ10+(8)オハ46+(9)ナハ11+(10)ナハ11+(11)ナハフ11
+(12)オハ46+(13)オハ46+(14)オハフ45

(1)〜(4)号車:京都ー大分
(12)〜(14)号車:京都ー宮崎

模型:EF58(大窓、KATO)、マニ60(KATO)、ナハネ11(KATO製オハネ12からの改造)、
ナロ10(マイクロエース)、オロネ10(KATO製オロネ10からぶどう2号に塗り替え)、ナハ11、ナハフ11(KATO)、オハ46、
オハフ45(KATO製スハ43、スハフ42からの改造)、オハネ17(マイクロエース)

1965年(昭和40年)10月時刻大改正では
東京ー大分間特急「富士」が東京ー西鹿児島間運転に。
京都ー西鹿児島、宮崎間「かもめ」が大阪ー宮崎間「いそかぜ」と単独運転化と昼行特急も充実する中で夜行急行
新大阪ー宮崎間に寝台急行「夕月」が新設されます。


1965年(昭和40年)10月改正時の「夕月」:新大阪ー宮崎間運転。


後列左(大阪から見て九州側から)
EF58+マニ60+(1)ナハネフ10+(2)マロネ41(オロネ10代用)+(3)スロ54+(4)オハネ17+(5)オハネ17
+(6)スハ44+(7)スハフ43+(8)オロネ10+(9)オハネ17+(10)オハネ17+(11)ナハネフ10

マニ60:新大阪ー岡山
(8)〜(11)号車:新大阪ー大分

模型:EF58(大窓、KATO)、マニ60(KATO)、オロネ10(KATO製オロネ10から塗り替え)、オハネ17(マイクロエース)
、スロ54、スハ44(KATO製「はと」用青大将からの塗り替え)、スハフ43(KATO製スハ44からの改造)

1等寝台が2両組み込まれているのは当時の新婚旅行が宮崎方面が多かったのが伺えます。


こうして1965年(昭和40年)時刻大改正時点で日豊本線方面の特急、急行は

東京ー西鹿児島間寝台特急「富士」
大阪ー宮崎間気動車特急「いそかぜ」

東京ー西鹿児島間急行「高千穂」
京都ー都城間急行「日向」
新大阪ー宮崎間急行「夕月」の陣容です。


1968年(昭和43年)白紙改正で九州方面特急、急行が大きく体系の変わりますがその前の「高千穂」の編成を
UPしておきます。

1967年(昭和42年)10月改正時の「高千穂」:東京ー西鹿児島間運転。


後列左側東京から見て九州側から
EF58+マニ60+(1)オロ11+(2)オロ11+(3)オロネ10+(4)オシ17+(5)オハネ12+(6)オハネ12
(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハフ11+(10)ナハ11+(11)ナハフ11+(12)スハフ42
+(13)スハフ42

(3)〜(5)、(12)号車:東京ー大分
(10)、(11)号車:東京ー宮崎
(13)号車:東京ー門司

模型:EF58(大窓、KATO)、マニ60(KATO)、オロ11(KATO製ナロ10「青大将」からの改造)、オロネ10(KATO
製オロネ10から帯追加)、オシ17、オハネ12、ナハ11、ナハフ11、スハフ42(KATO)

1968年(昭和43年)10月白紙改正では関西〜九州間の特急、寝台特急が増発され、長距離客の特急への移行など
により急行列車は大きく変化します。

「高千穂」は東京ー西鹿児島間運転のまま残りますが座席車のみとなり、鹿児島本線経由の東京ー西鹿児島間急行
「霧島」と併結となります。


1968年(昭和43年)10月改正時の「霧島」「高千穂」:東京ー西鹿児島間運転。


後列左側東京から見て九州側から
EF58+マニ60+オユ10+(1)ナハフ11+(2)オロ11+(3)オシ17+(4)ナハ11+(5)ナハ11+(6)ナハフ11
(7)ナハフ11(スハフ42代用)+(8)オロ11+(9)ナハ11+(10)ナハ11+(11)ナハ11(スハ43代用)
+(12)ナハフ11(スハフ42代用)


マニ60:東京ー熊本
オユ10:東京ー鳥栖
(1)〜(6)号車:東京ー西鹿児島間「霧島」

模型:EF58(大窓、KATO)、マニ60(KATO)、オロ11(KATO製ナロ10「青大将」からの改造)、ナハ11、ナハフ11、
スハ43、スハフ42(KATO)、オユ10(KATO製オユ10から非冷房改造)

私も「高千穂」の存在を知ったのは8歳のこの頃です。編成規模は縮小しましたが折りからのSLブームで九州へSL撮影
に行く御用達のような列車で有名だった記憶です。

一方、関西〜九州方面へは
新大阪ー宮崎間に寝台特急「彗星」が新設。
「いそかぜ」が「日向」と愛称が変わって大阪ー宮崎間気動車特急となる事により従来の「日向」と「夕月」は「日南」に愛称が
統合されます。「高千穂」に対して編成は縮小される事なく、それだけでも需要の多さが伺えます。

あと新大阪ー大分間には1967年(昭和42年)10月改正より581系の昼行特急「みどり」が新設されています。

1968年(昭和43年)10月改正時の「夕月」から「日南」下り1号上り3号:大阪ー宮崎間運転

後列左(大阪から見て九州側から)
EF58+(1)オハネフ12+(2)オロネ10+(3)スロ54+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(7)スハ44+(8)スハフ43
+(9)マロネ41(オロネ10代用)+(10)スハネ16+(11)スハネ16+(12)オハネフ12

(9)〜(12)号車:大阪ー大分

模型:EF58(大窓、KATO)、オロネ10、オハネフ12、スハネ16(KATO)、スロ54、スハ44(KATO製はと「青大将」からの
改造、スハフ43(KATO製スハ44からの改造)

1968年(昭和43年)10月改正時の「日向」から「日南」下り3号上り1号:京都ー都城間運転


後列左(京都から見て九州側から)
EF58+オハニ36+(1)マロネ41(オロネ10代用)+(2)スハネ16+(3)スハネ16+(4)オハネ12+(5)オロ11
+(6)オロ11+(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハフ11+(10)ナハ11+(11)ナハ11+(12)ナハフ11

(1)〜(3)号車:京都ー大分
(10)〜(12)号車:京都ー宮崎

模型:EF58(大窓、KATO)、オロネ10、オハネフ12、スハネ16、ナハ11、ナハフ11、オハニ36(KATO)、
オロ11(KATO製ナロ10「青大将」からの改造)

1972年(昭和47年)3月改正では
東京、大阪〜九州間に寝台特急増発がありますが急行には大きな変更はありませんでした。

「高千穂」は併結相手の「霧島」が「桜島」と変わり、荷物、食堂車もなくなり、輸送力列車となります。


1972年(昭和47年)3月改正時の「桜島」「高千穂」:東京ー西鹿児島間運転。


EF58+(1)ナハフ11+(2)オロ11+(3)ナハ11+(4)ナハ11+(5)ナハ11+(6)ナハ11
(7)ナハフ11+(8)ナハフ11(スハフ42代用)+(9)オロ11+(10)ナハ11(スハ43代用)+
(11)ナハ11(スハ43代用)+(12)ナハ11(スハ43代用)+(13)ナハ11(スハ43代用)+
(14)ナハフ11(スハフ42代用)

(1)〜(7)号車:東京ー西鹿児島間「桜島」

模型:EF58(大窓、KATO)、オロ11(KATO製ナロ10「青大将」からの改造)、ナハ11、ナハフ11、スハ43、
スハフ42(KATO)

「日南」も下り1号、上り3号は編成は変化なく、下り3号上り1号でオハニがマニに変わっただけで大きな変更はありません
でした。

1972年(昭和47年)3月改正時の「日南」下り3号上り1号:京都ー都城間運転


後列左(京都から見て九州側から)
EF58+マニ60+(1)オロネ10+(2)スハネ16+(3)スハネ16+(4)オハネ12+(5)オロ11++(6)オロ11+
(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハフ11+(10)ナハ11+(11)ナハ11+(12)ナハフ11

(1)〜(3)号車:京都ー大分
(10)〜(12)号車:京都ー宮崎

模型:EF58(大窓、KATO)、オロネ10、オハネフ12、スハネ16、ナハ11、ナハフ11(KATO)、
オロ11(KATO製ナロ10「青大将」からの改造)、マニ60(TOMIX)

「日南」下り3号上り1号で特記されるのは1973年(昭和48年)10月改正から南宮崎電化される1974年(昭和49年)
4月改正まで末端区間の宮崎ー都城間で下りのみC57が牽いた事で南九州にSLファンの人気が高まりました。

最後に宮崎ー都城間C57が牽いた時の編成をUPします。(近日KATOから発売予定ですが)

後列左側都城側より
C57+マニ60+(4)オハネ12+(5)オロ11+(6)オロ11+(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハフ11

模型:C57門デフ(KATO)、オハネフ12、ナハ11、ナハフ11(KATO)、
オロ11(KATO製ナロ10「青大将」からの改造)、マニ60(TOMIX)


こうして長い間東京、大阪から日向の国を結んだ急行ですが山陽新幹線が博多開業した1975年(昭和50年)3月改正
で「高千穂」「日南」は全廃されます。


*「日南」は門司港ー西鹿児島間九州内夜行急行となります。

この改正から日豊本線へは新幹線からのアクセスが充実されたので東京、大阪からの列車は下記寝台特急、急行のみとなります。

東京ー西鹿児島間「富士」
新大阪ー都城、宮崎、大分間「彗星」3往復。
新大阪ー大分間急行「くにさき」

その寝台特急も航空機や高速バスなどへの乗客シフトなどで

「彗星」が2005年(平成17年)10月改正で
「富士」が2009年(平成21年)3月改正で惜しまれながら廃止されました。

現在では東京、大阪から日向の国へは航空機がメインですが寝台特急が発展する前、夜行急行が主役だった時代
があった事が少しでもわかっていただければ幸いです。

参考資料:鉄道運輸年表、レイル(NO9)、主要客車列車編成順序表(昭和35年6月、昭和36年10月、昭和39年10月
昭和40年10月))優等客車列車編成順序表(昭和43年10月、昭和47年3月)、時刻表(昭和35年6月)
国鉄名列車編成史(急行、普通列車編)、鉄道ピクトリアル(NO483など)

第145回:日本海の遥かななる生涯。


2012年(平成24年)3月に惜しまれながら寝台特急「日本海」が廃止されました。
「日本海」は1968年(昭和43年)10月白紙改正で急行から寝台特急に格上げされたものです。
急行時代の歴史は古く、愛称が付けられたのは1950年(昭和25年)11月からですが先祖を辿ると「日本海
縦貫線」が全通した1924年(大正13年)7月31日から運転されておりました。
その88年の遥かなる生涯を模型で辿ってみたいと思います。



現在では航空機や高速道路に分散していますが関西、大阪から東海道本線、湖西線、北陸本線、信越本線
、羽越本線、奥羽本線を経由して青森へ至る「日本海縦貫線」は中京と東北、北海道を結ぶ輸送の大動脈
でした。

「日本海縦貫線」は1924年(大正13年)7月31日に羽越本線新津ー秋田間全通により完成。
これにより従来は関西、中京から東北、北海道への輸送は東海道、東北本線経由から距離も短い日本海縦貫線
に代わります。その冒頭は下記の通りです。

  「羽越線は大正4年6月に鉄道敷設法第7条第6項の第1期線に追加された村上ー秋田間の海岸線で
...(中略)...大阪と函館との間で羽越線経由と東北本線経由とにおいて見ると150マイル短縮された
のみでなく、勾配曲線等も緩和されたので運輸上に及ぼす影響は大きなもので我国陸上運輸界の一大革
命期である。」
(以上羽越線建設概要からですが現在の書き方に直させていただきました。)


列車ですが完成と同時に神戸ー青森間急行(急行区間:神戸ー富山)503レ504レが新設されます。
こうして始まった後に「日本海」(大阪ー青森)と命名されるこの列車の遥かなる生涯ですが
1926年(大正15年)8月時刻大改正で全区間急行に。
1929年(昭和4年)9月全国時刻改正で大阪ー青森間運転となり、501,502レのエースナンバーとなりました。

1934年(昭和9年)12月の全国時刻大改正ではそれまで所要時間が24時間以上かかっていたのが上りで21時間
05分と画期的なスピードアップがなされました。
当時のスピードアップですが地上設備(線路、信号など)の改良、東海道、山陽本線にC53が増備されたのでC51の
転出などによります。


編成上の資料は最も古いので1940年(昭和15年)10月時刻改正時でそれからUPします。


後列左側青森寄りより
C51+オハ(オハニ30代用)+ナハフ(オハ30代用)+ナハ(オハ30代用)+スハネ31+スハフ32+スハ32
+スシ37+スロハ31+マロネロ38+オユ(マユ33代用)+ナニ(マニ31代用)+オニ(マニ31代用)

*1941年(昭和16年)に客車称号の改正があり、改正後の呼び方で書かせていただいています。
また1941年(昭和16年)までは3等車は赤帯が塗られていましたが手持ちでないので赤帯無しの車両で了承
下さい。客車はオハ、スハなどまではわかっていますが形式は推定です。



模型:C51(マイクロエース)、オハニ30、オハ30(KATO)、スハネ31、マロネロ38(レボリューションファクトリー)、
スハ32、スハフ32、スロハ31、マユ33、マニ31(モデモ)、スシ37(キングスホビー)

牽引機ですが当時の機関車配置からすればC51が主力ですが金沢に晩年名機となったC575などが配属されており、
北陸本線(今庄
ー金沢)では戦前からC57の活躍は間違いないと思われます。

1943年(昭和18年)に入ると戦局は次第と悪化して貨物の海上輸送からの陸運転移により貨物列車が増発される
が一方では旅客列車は次第と格下げ,短縮,廃止されて行く。日本海縦貫線も例外ではなく、1943年(昭和18年)
10月改正の決戦ダイヤ実施で普通列車505,504レに格下げとなってしまいます。
この頃となると海上輸送が潜水艦などからの攻撃で安全でないがゆえに陸運転移が本格化して貨物列車が増発され
ていきます。
そのため旅客列車にそのしわ寄せが避けられないためです。


戦後の復活は1947年(昭和22年)7月5日に大阪ー青森間急行507,508レとしてからですが
とはいうものの、当時は石炭事情(供給、石炭質など)も良くないので毎日運転出来かったり、速度を落とす事も日常茶
飯事でした。
1948年(昭和23年)7月全国時刻改正ではエースナンバー501,502レとなりますが福井地震によりまともに運転され
たのは8月からで所要時間も26時間以上と戦前には遠く及ばないものでした。

戦後の石炭事情も落ち着いて来た1950年(昭和25年)10月時刻大改正時には所要時間も23時間54分まで短縮さ
れています。
当時の時刻は
501レ  大阪22:30⇒青森22:24
502レ  青森5:40⇒大阪5:57
で富山までが夜行時間帯でした。
そしてこの年の11月に列車の愛称として「日本海」と命名されました。


1950年(昭和25年)10月時刻大改正時

後列左側大阪寄りより
C51+マニ31+マニ31+マニ31+マユ33+オロ35+スハ32+スハ32+スハ32(オハ35代用)+スハ32
(オハ35代用)+スハ32+オロフ(スロフ30代用)

模型:C51(マイクロエース)、オハ35(TOMIX旧ロット)、その他モデモ。

座席車だけの編成ですが当時は東海道で一部の列車に1,2等寝台が連結。特急や一部の急行にリクライニング
の特別2等車(特ロ)が連結し始めた時期です。
当時からすればこれでもまだいい方かも知れません。


戦後の混乱も次第と落ち着いた1954年(昭和29年)10月時刻改正時点では2等寝台マロネロ38、特別2等
スロ50、食堂車スハシ38、3等座席もスハ43の連結で編成が質的に向上しています。


1954年(昭和29年)10月時刻改正時

後列左側大阪寄りより
C57+マニ31+スユ42+(増)マロネロ38+(1)スロ50+(2)オロ35+(3)スハシ38+(4)スハ43+(5)スハ43
+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハフ42+(9)スハフ42+(10)スハフ42

模型:C57180(KATO)、マロネロ38、スハシ38、スロ50(レボリューションファクトリー)、マニ31、オロ35(モデモ)
、スユ42(GM)、スハ43、スハフ42(KATO)

(増)マロネロ38、(10)スハフ42:大阪ー富山。
(9)スハフ42:大阪ー秋田。

牽引機(推定)ですが
大阪ー米原:C59
米原ー今庄:D51(柳ケ瀬、杉津越えは補機あり)
今庄ー金沢ー直江津ー新津:C57
新津ー秋田:C51又はC55又はC57
秋田ー青森::C57

1956年(昭和31年)12月白紙改正時点では新製されたばかりの3等ハネ(ナハネ10)が連結されています。


1956年(昭和31年)12月白紙改正時


後列左側大阪寄りより
C57+マニ31+スユ42+(1)マロネロ38+(2)ナハネ10+(3)スロ50+(4)オロ35+(5)スハシ38+(6)スハ43
+(7)スハ43+(8)スハ43+(9)スハ43+(10)スハフ42+(11)スハフ42

(1)マロネロ38、(2)ナハネ10:大阪ー富山
(11)スハフ42:大阪ー秋田

模型:C57180(KATO)、マロネロ38、スハシ38、スロ50(レボリューションファクトリー)、マニ31、オロ35(モデモ)
、スユ42(GM)、スハ43、スハフ42(KATO)、ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)

1958年(昭和33年)10月時刻改正時点ではマロネロ38がマロネフ29へ、スハ43、スハフ42がナハ10又は11
、ナハフ10又は11に置き換えられています。


1958年(昭和33年)10月時刻改正時


後列左側大阪寄りより
C57+マニ31+スユ42+(1)マロネフ29+(2)ナハネ10+(3)スロ50+(4)オロ35+(5)スハシ38+(6)ナハ11
+(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハ11+(10)ナハフ11+(11)スハフ42

(1)マロネフ29、(2)ナハネ10:大阪ー富山
(11)スハフ42:大阪ー秋田

模型:C57180(KATO)、マロネフ29、スハシ38、スロ50(レボリューションファクトリー)、マニ31、オロ35(モデモ)
、スユ42(GM)、ナハ11、ナハフ11、スハフ42(KATO)、ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)

1960年(昭和35年)6月時刻改正時点では
スロ50、オロ35がスロ54,60に、スハシ38が全車食堂のスシ28に、3等座席はナハからオハに置き換えられています。


1960年(昭和35年)6月改正時点


後列左側大阪寄りより
C57+マニ31+スユ42+(1)マロネフ29+(2)ナハネ10+(3)スロ54+(4)スロ60+(5)スシ28+(6)オハ46
+(7)オハ46+(8)オハ46+(9)オハ46+(10)スハフ42+(11)スハフ42

(1)マロネフ29、(2)ナハネ10:大阪ー富山
(11)スハフ42:大阪ー秋田

模型:C57180(KATO)、マロネフ29、スシ28(レボリューションファクトリー)、マニ31(モデモ)
、スユ42(GM)、スロ60、スハフ42(KATO)、ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)、オハ46(KATOスハ43
からの改造、スロ54(KATO青大将スロ54から改造)

1961年(昭和36年)10月白紙改正では大阪ー青森間気動車特急「白鳥」が新設されます。
それによる運転時間帯の変更、速度向上により所要時間が23時間50分から約22時間となっています。

編成の質的にも1等座席スロ54、60からオロ61へ、スシ28からオシ17へ、1等寝台オロネ10の連結、青森まで直通
する2等寝台の連結が行われました。

運転時刻も青森側で「白鳥」と接近するので時間帯修正がありました。
501レ  大阪19:10⇒青森17:29
502レ  青森12:02⇒大阪10:05

夜行時間帯は大阪ー新潟間となったので時間調整による速度調整なくなったので2時間近くのスピードアップとなりました。
北海道連絡ですが函館ー旭川間準急「たるまえ」と接続しますが大阪ー札幌では2夜行で隔世を感じます。


1961年(昭和36年)10月白紙改正時点

後列左側大阪寄りより
DF50+オユ10+(1)オロ61+(2)オロ61+(3)スハネ30(オハネ17代用)+(4)オシ17+(5)スハ43+
(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハ43+(10)スハフ42+(11)オロネ10+(12)スハフ42

(11)オロネ10、(12)スハフ42:大阪ー新潟

*(9)号車のスハ43ですが組成ミスで欠車です。スイマセン。<m(__)m>

模型:DF50(TOMIX)、オロ61(KATO製スロ62からの改造)、オハネ17(マイクロエース)、オシ17、オロネ10
(KATO製既製品からの塗り替え)、オユ10(KATO製オユ10からの改造)、スハ43、スハフ42(KATO)


牽引機ですが北陸本線今庄ー金沢間はDF50が進出していますが金沢以遠はC57が活躍しておりました。
当時は日本海沿いの区間は線路改良されてなく、SLに牽かれながら間近で見る海はいい車窓だった事でしょう。

1962年(昭和37年)6月の福井電化により牽引機は金沢以降もDF50に代わりSLは日本海縦貫線の急行から
退きます。

1964年(昭和39年)10月時刻改正時点では新潟回転車の12号車のスハフがナハネフ10に置き換えられます。

1964年(昭和39年)10月時刻改正時点


後列左側大阪寄りより
DF50+オユ10+(1)オロ61+(2)オロ61+(3)スハネ30(オハネ17代用)+(4)オシ17+(5)スハ43+
(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハ43+(10)スハフ42+(11)オロネ10+(12)ナハネフ10

(11)オロネ10、(12)スハフ42:大阪ー新潟

*(9)号車のスハ43ですが組成ミスで欠車です。スイマセン。<m(__)m>

模型:DF50(TOMIX)、オロ61(KATO製スロ62からの改造)、オハネ17(マイクロエース)、オシ17、オロネ10
(KATO製既製品からの塗り替え)、オユ10(KATO製オユ10からの改造)、スハ43、スハフ42(KATO)
ナハネフ10(KATO製オハネフ12からの改造)

1965年(昭和40年)10月には糸魚川電化が完成。
牽引機は交流区間はED70ですが糸魚川ー秋田間がDD51、秋田以北はDF50ですが翌年にDD51に代わります。

客車も優等車両の冷房改造が進み、1967年(昭和42年)10月改正時点ではオロ61⇒スロ62、スハネ30⇒
スハネ16、ナハネフ10⇒オハネフ12に代わります。

1967年(昭和42年)10月改正時点

後列左側大阪寄りより
DD51+オユ10+(1)スロ62+(2)スロ62+(3)スハネ16+(4)オシ17+(5)ナハ11+(6)ナハ11+(7)オハ46
+(8)スハ43+(9)ナハフ11+(10)スハフ42+(11)オロネ10+(12)スハネ16+(13)オハネフ12

(10)スハフ42:大阪ー秋田
(11)オロネ10、スハネ16、オハネフ12:大阪ー新潟

模型:DD51(KATO)、オユ10(KATO製オユ10からの改造)、その他KATO既製品。

急行「日本海」としての最後の華が1967年(昭和42年)10月改正時点で当初は寄せ集めとも言われしたが幹線他の
急行と遜色をとらないまでになりました。


そして1968年(昭和43年)白紙改正で「日本海」は寝台特急に格上げされます。


後列左側大阪寄りより
DD51+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナハネ20+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナシ20+(6)ナハネ20
+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネフ20(ナハネフ22代用)

模型:全てKATO。

寝台特急格上げ時に時刻は
2001レ  大阪19:30⇒青森11:50
2002レ  青森16:30⇒大阪9:26

所要時間は16時間代となり、急行時代より6時間近くスピードアップされます。
急行時代は新潟県〜青森県内を乗降に便利な有効時間帯としていましたが格上げ後は山形県〜青森県内となります。
大阪ー札幌間は北海道側で特急「北斗」が新設されたので約25時間、1夜行で行けるようになりました。

牽引機ですが
大阪ー米原:EF58
米原ー田村:DE10
田村ー糸魚川:EF70
糸魚川ー秋田、秋田ー青森:DD51

一方、「日本海」の急行時代のスジは大阪ー青森間急行「きたぐに」となります。
それだけに日本海縦貫線での需要の多さが伺えます。昭和40年代となると特急格上げなどで急行の衰退が始まり
ますが食堂車や大阪ー新潟間の寝台車の連結みれば幹線急行としてはまるっきり衰えていません。


1968年(昭和43年)10月白紙改正時点の「きたぐに」

後列左側大阪寄りより
DD51+オユ10+(1)スロ62+(2)スハ43+(3)ナハ11+(4)オシ17+(5)ナハ11+(6)スハ43+(7)ハナフ11
+(8)スハフ42+(9)スハネ16+(10)スハネ16+(11)スハネ16+(12)オロネ10+(13)オハネフ12

(9)〜(13)号車:大阪ー新潟
(8)スハフ42:大阪ー秋田

模型:DD51(KATO)、オユ10(KATO製オユ10からの改造)、その他客車はKATO既製品。

「きたぐに」の牽引機ですが
大阪ー米原:EF58
米原ー田村:DE10
田村ー糸魚川:ED70
糸魚川ー新潟、新潟ー秋田、秋田ー青森:DD51
秋田ー青森間下りはDF50。
大館ー弘前間D51後部補機有。

カニ含む10両でスタートした特急「日本海」ですが1969年(昭和44年)10月時刻改正では13両に増車されます。


1969年(昭和44年)10月改正時の編成。

後列左側大阪寄りより
DD51+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナハネ20+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナシ20
+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ10+(11)ナハネ10+(12)ナハネフ20(ナハネフ22
代用)

日本海縦貫線を行く列車は昭和40年代から増強されていますが整理すると

「白鳥」
1961年(昭和36年)10月白紙改正で大阪ー青森、上野間に新設。
1965年(昭和40年)10月時刻大改正で大阪ー青森間へ。新潟ー青森へは7両から10両へ。

「日本海」
1947年(昭和22年)7月大阪ー青森間に復活。
1968年(昭和43年)10月白紙改正で寝台特急に格上げ。
1968年(昭和44年)10月時刻改正で10両⇒13両に。

「きたぐに」
1968年(昭和43年)10月白紙改正で急行時代の「日本海」を引き継ぐ形で新設。
ロザが1両減車されるが新潟回転の寝台が2両増車。

1975年(昭和50年)3月改正で「日本海」は20系から14系化されます。
山陽新幹線が博多開業による改正ですが夜行特急、急行は規模は縮小されるも質的向上が図られました。
関西〜九州間寝台特急に14系、24系が投入されて「日本海」もその恩恵となります。
14系ですが「あかつき」と共通の運用で早岐からの遠征運用だったのは有名ですね。

この改正では季節列車で「日本海下り1号上り2号」が増発されます。編成は14系座席車12両ですが模型で手持ち
がないので写真は省略させていただきます。14系寝台化されたのは「日本海下り2号、上り1号」となります。



後列左側大阪寄りより

EF81+(1)スハネフ14+(2)オロネ14+(3)オハネ14+(4)オハネ14+(5)オハネ14+(6)オハネ14
+(7)スハネフ14+(8)スハネフ14+(9)オハネ14+(10)オハネ14+(11)オハネ14+(12)オハネ14
+(13)スハネフ14

*車両は24系で代用させていただきました。(^^;

模型:EF81(KATO)、24系は全てTOMIX。

この改正でもうひとつもうひとつのトピックは湖西線開業により北陸方面の距離が短絡されたので所要時間(下り)
で15時間55分から15時間30分にスピードアップしました。

1976年(昭和51年)3月には季節列車の「日本海下り1号、上り2号」が当時最新の25系に置き換えられ寝台列車
となります。下りが17:15発、上りが10:46着なので関西、北陸〜東北を有効時間帯に収めていました。


後列左側大阪寄りより

EF81+カニ24+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25+
(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25


模型:EF81(KATO)、25系は全てTOMIX。

1978年(昭和53年)10月改正では「日本海1,4号」の定期化。「日本海3,2号」の24系化が行われ青森持ち
となります。


*「日本海1,4号」の編成は1976年(昭和51年)3月と同じ。上写真。


*24系化された「日本海3,2号」

後列左側大阪寄りより

EF81+カニ24+(1)オロネ14+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オハネ24+
(6)オハネフ24+(7)オハネ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネ24+(11)オハネ24
+(12)オハネフ24

模型:EF81(KATO)、25系は全てTOMIX。

1982年(昭和57年)11月時刻大改正では
「日本海」の受け持ちが1〜4号共宮原に戻り、2往復共25系となりますが
1986年(昭和61年)11月時刻大改正ではJR移行を踏まえて1,4号が宮原。3,2号が青森持ちとなります。
編成は同じ。



後列左側大阪寄りより

EF81+カニ24+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25+
(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25


模型:EF81(KATO)、25系は全てTOMIX。

青函トンネルが開業した1988年(昭和63年)3月時刻大改正では
「日本海1,4号」が大阪ー函館間運転に。
「日本海3,2号」は24系に置き換えられます。(25系が「北斗星」に捻出させたので)



「日本海1,4号」
後列左側大阪寄りより
EF81+カニ24+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(6)オハネフ25+
(7))オハネ25+(8)オハネフ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25

(6)〜(10):大阪ー青森。

模型:EF81(KATO)、25系は全てTOMIX。

*(5)号車が欠ですが食堂車を連結する計画があったようです。


「日本海3,2号」
後列左側大阪寄りより
EF81+カニ24+(1)オロネ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オハネ24+
(6)オハネフ24+(7)オハネ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネフ24

模型:EF81(KATO)、24系は全てTOMIX。


1990年(平成2年)9月には上野駅でのカニの騒音対策で「あけぼの」「鳥海」と共通運用の青森持ちの
「日本海3,2号」の方向転換が行われます。


「日本海3,2号」

後列左側大阪寄りより
EF81+(1)オハネフ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オハネフ24+
(6)オハネ24+(7)オハネ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オロネ24+カニ24

模型:EF81(KATO)、24系は全てTOMIX。

1996年(平成8年)12月時刻改正では
「日本海3,2号」が12両化されます。「日本海1,4号」は変更なし。

「日本海3,2号」

後列左側大阪寄りより
EF81+(1)オハネフ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オハネ24+
(6)オハネ24+(7)オハネフ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネ24+(11)オハネ24+
(12)オロネ24+カニ24

模型:EF81(KATO)、24系は全てTOMIX。

1997年(平成9年)10月改正では
「日本海1,4号」も12両化されます。(季節により10両)「日本海3、2号」は変化なし。
斜陽化する寝台特急ですが増車されるのは利用増で喜ばしい事で修学旅行需要が多いと雑誌にありましたがその
反映でしょうか。

「日本海1,4号」
後列左側大阪寄りより
EF81+カニ24+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネフ25+
(6)オハネフ25+(7)オハネ25+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネ25+
(12)オハネフ25

(6)〜(12):大阪ー青森。

模型:EF81(KATO)、25系は全てTOMIX。


1998年(平成10年)12月改正では
「日本海1,4号」にオロネ25−300(シングルデラックス)が連結されます。
これはサンライズ「出雲、瀬戸」新設により「瀬戸」から捻出されたものです。
「日本海3,2号」は変化なし。

「日本海1,4号」
後列左側大阪寄りより
EF81+カニ24+(1)オロネ25−300+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネフ25+
(6)オハネ25+(7)オハネ25+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネ25+
(12)オハネフ25

(5)〜(12):大阪ー青森。

模型:EF81(KATO)、25系は全てTOMIX。

この改正から1〜4号が季節により10両となり、寝台特急の斜陽化が始まります。

1999年(平成11年)3月改正では
1〜4号共多客期除いては8両となり、寝台列車の斜陽化が更に進んでいきます。

「日本海1,4号」
後列左側大阪寄りより
EF81+カニ24+(1)オロネ25−300+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネフ25+(5)オハネフ25+
(6)オハネ25+(7)オハネ25+(8)オハネフ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネ25+
(12)オハネフ25

(5)〜(12):大阪ー青森。

模型:EF81(KATO)、25系は全てTOMIX。


「日本海3,2号」

後列左側大阪寄りより
EF81+(1)オハネフ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24(組成ミスで欠(^^;)+(5)オハネフ24+
(6)オハネ24+(7)オハネ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネ24+(11)オハネフ24+
(12)オロネ24+カニ24

模型:EF81(KATO)、24系は全てTOMIX。

編成端末を落とせば8両になるように組み替えられています。
2001年(平成13年)3月改正では大阪ー青森間の「白鳥」が廃止されますが「日本海」はそのまま残ります。

2006年(平成18年)3月改正では
「日本海1,4号」の運転区間が大阪ー青森間へ縮小されます。
続いて2008年(平成20年)3月改正では1往復に減便されてしまいます。

減便後の「日本海」

後列左側大阪寄りより
EF81+(1)オハネフ24+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネフ25+(5)オハネ24+
(6)オハネ24+(7)オハネフ25+(8)オロネ24+カニ24

模型:EF81(KATO)、24系、25系は全てTOMIX。

25系と混結されていますが「北斗星」「出雲」の減便や廃止などにより25系金帯車が青森へ転出したので2000年
(平成12年)ごろから混結されています。

2012年(平成24年)3月改正で車両老朽化、乗客減少により惜しまれながら廃止されました。
同年8月に多客臨として運転されていますがその後の設定はありません。
オハネ24は1973年(昭和48年)からの製造なので40年近くもよく現役として走り続けたと思います。
「日本海」の愛称も1950年(昭和25年)11月から62年間途絶える事なく続いていました。

最後に私の好みですがDX「日本海」を組成してみました。
大阪ー函館間運転を想定しています。

後列左側青森寄りより
(11)オハネフ25+(10)オハネ25+(9)オハネ25+(8)オハネ25+(7)オハネフ25+(6)オハネ25+
(5)オシ24+(4)オハネ25−550+(3)オロネ25−300+(2)スロネ25−500+(1)オハネフ25+カニ24

模型:EF81(KATO)、25系は全てTOMIXですがスロネ25−500とオハネ25−550はTESからの塗り替えです。




参考資料
CD版国鉄特急編成史(客車、機関車編)、国鉄名列車編成史(急行、普通列車編)
主要客車列車編成順序表(国鉄発行、昭和35年6月、昭和36年10月、昭和39年10月 、昭和42年10月)
名列車列伝(時代を駆けた列車たち、日本交通公社)
鉄道ジャーナル(昭和49年10月号)
名列車列伝シリーズ「寝台特急 日本海」
各種時刻表。、鉄道運輸年表。


第146回:神話の国へ「出雲」の生涯。

2006年(平成18年)3月18日に惜しまれながら寝台特急「出雲」が廃止されました。「出雲」と言えば出雲
大社とは切ってもきれないものです。

その出雲大社まで結ぶ、
大社線(廃線)の大社までの開通は1912年(明治45年)6月1日。大阪から大社までの直通列車は1914年
(大正3年)4月に新設されます。大阪と大社を結ぶのは出雲参りが古くから盛んだったためです。
戦時中は廃止されますが1947年(昭和22年)6月に大阪ー大社間409,410レとして復活しました。この列車
が後に東京直通となる「出雲」の生涯の始まりです。


 
1948年(昭和23年)7月時刻改正時


後列左側大社寄りより
C51+スハニ32+オロ35+オハ35(オハフ33代用)+オハ35(オハフ33代用)+オハ35+オハ35+オハ35
+オハ35+オハフ33

模型:C51(マイクロエース)、スハニ32、オロ35(モデモ)、3、4両目のオハフ33(TOMIX旧ロット)、オハ35、
オハフ33(KATO)

当時はまだ愛称は付いていませんが山陰本線のエースナンバー701,702レとして大阪ー大社間を結んでいました。
牽引機はC51ですが当時山陰本線にはC54,C55,C57が福知山に配属されており、C55,C57もその後牽引
したものと思われます。

1951年(昭和26年)11月時刻改正時

この改正から編成の一部が東京ー宇野間急行「せと」(不定期)に併結されて東京直通となり、こちらも急行
格上げされて「いずも」と命名されます。東京ー大阪間夜行、大阪ー大社間昼行時間帯で運転されました。

東京ー大阪間(「せと」併結)


後列左側大社寄りより
EF58+(1)スハフ42+(2)スロ53+(3)スロフ32(スロフ30代用)+(4)スロ53(スロ60代用)+(5)スハ43
+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハフ42+(9)スハ43+(10)スハフ42+(11)スハフ42(スハフ32代用)

(1)、(2):東京ー大社「いずも」
(3)〜(8):東京ー宇野「せと」
(9),(10):東京ー岡山「せと」
(11):東京ー姫路「せと」

模型:EF58(KATO)、スハ43、スハフ42(KATO旧ロットから塗り替え、等級表示)、スロ53(KATO青大将から
の塗り替え)、スロ60(KATO)、スロフ30、スハフ32(モデモ)

大阪ー大社間


後列左側大社寄りより
C57+オハニ30+(1)スハフ42+(2)スロ53+(3)オロ35+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+
(7)スハ43+(8)スハフ42

(1)、(2)以外は大阪ー大社

模型:C57(KATO)、スハ43、スハフ42(KATO旧ロットから塗り替え、等級表示)、スロ53(KATO青大将から
の塗り替え)、オロ35(モデモ)

1952年(昭和27年)9月時刻改正時

この改正から併結となる東京ー宇野間急行「せと」の定期化。同時に編成も充実していきます。

東京ー大阪間(「せと」併結)


後列左側大社寄りより
EF58+(1)スハフ42+(2)スハ43+(3)スロ53+(4)スロフ32(スロフ30代用)+(5)スロ53(スロ60代用)
+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハ43+(9)スハフ42+(10)スハ43+(11)スハフ42+(12)スハフ42
(スハフ32代用)+(13)スハフ42(スハフ32代用)

(1)〜(3):東京ー大社:「いずも」
(4)〜(9):東京ー宇野:「せと」
(10)、(11):東京ー岡山:「せと」
(12)、(13):東京ー姫路:「せと」

模型:EF58(KATO)、スハ43、スハフ42(KATO旧ロットから塗り替え、等級表示)、スロ53(KATO青大将から
の塗り替え)、スロ60(KATO)、スロフ30、スハフ32(モデモ)

大阪ー大社間


後列左側大社寄りより
C57+スハニ32+(1)スハフ42+(2)スハ43+(3)スロ53+(4)オロ40(オロ36代用)+(5)スハ43+
(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハフ42

(1)〜(3)以外は大阪ー大社。

模型:C57(KATO)、スハ43、スハフ42(KATO旧ロットから塗り替え、等級表示)、スロ53(KATO青大将から
の塗り替え)、オロ36(モデモ)

1954年(昭和29年)5月時刻改正時

編成の一部は快速列車として浜田まで延長されます。


後列左側大社寄りより
C57+スハニ32+(1)スハフ42+(2)スハ43+(3)スロ53+(4)オロ40(オロ36代用)+(5)スハ43+
(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハフ42

編成は1952年(昭和27年)9月時刻改正時と変わりませんが(4)〜(8)号車が大阪ー浜田間が快速列車として延長
されます。出雲今市(現出雲市)−浜田間牽引はC51。

1956年(昭和31年)12月白紙改正時

 この改正から「せと」から独立して単独列車となります。


後列左側大社寄りより
EF58+マニ31+(1)オロ40(オロ36代用)+(2)マロネ41(マロネ49代用)+(3)スロネ30(マロネ38代用)+
(4)ナハネ10+(5)ナハネ10+(6)スロ53+(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハフ11+(10)ナハ11+
(11)ナハ11+(12)ナハ11(ナハフ11代用)+(13)ナハフ11

(1):東京ー浜田
(2)〜(5):東京ー大阪
(6)〜(9),マニ:東京ー大社
(10)〜(13):東京ー浜田

模型:EF58(KATO)、ナハ11、ナハフ11(KATO旧ロットから塗り替え、等級表示)、スロ53(KATO青大将から
の塗り替え)、ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)、マロネ49、マロネ38(レボリューションファクトリー)
オロ36(モデモ)

当時の運転時刻は
25レ 東京22:15 大社18:25
26レ 大社11:10 東京6:54
で東京ー大阪間夜行、大阪ー大社、浜田間昼行の運転時間帯です。
寝台連結は東京ー大阪間ですが「銀河」「明星」「月光」の夜行急行の輸送力も逼迫しており、「出雲」もその肩代わり
が必至でした。
大阪ー大社、浜田間は昼行ですが当時山陰本線の優等列車は「出雲」しかないので大阪を中心とした運転となった
ものと思われます。
所要時間ですが、今から58年前とはいえ東京ー大社間で20時間以上かかっており、それでも主要な足でしたから
まさに隔世を感じます。

牽引機ですが東京ー大阪間はEF58、大阪ー大社間はC57が牽引しておりました。

1958年(昭和33年)10月改正時



後列左側大社寄りより
EF58+マニ31+(1)マロネ29+(2)ナハネ11(ナハネ10代用)+(3)ナハネ11+(4)ナハネ11
+(5)オロ35+(6)スロ53+(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハ11+(10)ナハフ11+(11)ナハ11+
(12)ナハ11(ナハフ11代用)+(13)ナハ11(ナハフ11代用)+(14)ナハフ11

(1)〜(4):東京ー大阪
マニ、(5)、(11)〜(14):東京ー浜田
(6)〜(10):東京ー大社

模型:EF58(KATO)、ナハ11、ナハフ11(KATO旧ロットから塗り替え、等級表示)、スロ53(KATO青大将から
の塗り替え)、ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)、ナハネ11(KATO製オハネ12からの改造)
マロネ29(レボリューションファクトリー)、マニ31、オロ35(モデモ)

1957年(昭和32年)10月時刻改正から東京ー大阪間の寝台急行「彗星」の寝台専用化によりマロネ41がマロネ29
に替わっています。しかし1959年(昭和34年)からオロネ10の新製されて「彗星」に組み込まれたのでマロネ41は
「出雲」に再度連結されています。

牽引機は東京ー大阪間がEF58ですが大阪ー大社間は1958年(昭和33年)9月頃よりDF50に。
出雲市ー浜田間は快速扱いでC51が牽引しておりました。

1961年(昭和36年)10月白紙改正時

1956年(昭和31年)12月以来の大改正である1961年(昭和36年)10月白紙改正では全国的に特急、急行の大増発
が行われました。東海道では座席での輸送力は電車急行の増発で客車急行は寝台列車化が進みます。

山陰本線では気動車特急「まつかぜ」、昼行客車急行「三瓶(さんべ)」が新設されました。
これにより「出雲」は山陰本線昼行の役割から外れ、京都から山陰本線経由となって東京ー浜田間と直通の役割となります。



後列左側浜田寄りより
(1)スハフ42+(2)オロネ10+(3)オハネ17+(4)スロ54+(5)スハ43+(6)スハフ42+(7)スハフ42
(ナハフ11代用)+(8)スハネ30(オハネ17代用)+(9)スハネ30(オハネ17代用)+(10)スハネ30(オハネ17代用)
(11)スハネ30(オハネ17代用)+(12)スハフ42(ナハフ11代用)+EF58

(1)、(4)〜(6):東京ー浜田
(2)、(3):東京ー出雲市

(7)〜(12):東京ー大阪「金星」、下りは東京ーニ見浦間「南紀観光号」併結。

模型:EF58(KATO)、スハフ42、スハ43(KATO)、オロネ10(KATO既製品からの塗り替え)、スロ54(KATO青大将
「はと」からの塗り替え、ナハフ11(KATO既製品からの塗り替え)、オハネ17(マイクロエース既製品の塗り替え)

所要時間は
21レ:東京19:50、浜田14:45
22レ:浜田14:00、東京9:50
改正前は下りで東京ー浜田間21時間5分でしたが18時間55分に短縮されています。

一方改正前、大阪ー浜田間の「出雲」運転時間帯と置き換わる形で大阪ー大社、浜田同区間に客車急行「三瓶」が新設されました。



後列左側浜田寄りより
DF50+マニ60+(1)スロ54+(2)オハ46+(3)オハ46+(4)オハ46+(5)スハフ42+(6)オハ46
+(7)オハ46+(8)スハフ42

マニ60、(1)〜(5):大阪ー浜田
(6)〜(8):大阪ー大社。

マニ60は東京ー大阪間「月光」からの継走。改正前の「出雲」の荷物輸送を引き継ぐ形です。

模型:DF50(TOMIX)、マニ60、スハフ42(KATO)、スロ54(KATO青大将「はと」からの塗り替え)
オハ46(KATO製スハ43からの塗り替え)

所要時間は
701レ:大阪9:50、浜田19:35
702レ:浜田11:00、大阪20:04


1964年(昭和39年)10月改正時

この改正から編成増強されて「金星」「南紀観光号」との併結はなくなり、単独運転となります。
座席車3両(下りのみ綾部から自由席)は座席指定となり、準寝台急行のような編成となります。



後列左側浜田寄りより
DF50+(1)スハフ42+(2)スハ43+(3)スハ43+(4)ナハネ11+(5)ナハネ11+(6)オロネ10+(7)スロフ53
(スロ54代用)+(8)スシ48+(9)ナハネ11+(10)ナハネフ10+(11)ナハネ11+(12)ナハネフ10

(1)〜(7):東京ー浜田
(8)、(9):東京ー米子
(10)、(11):東京ー鳥取

模型
DF50(TOMIX)、スハ43、スハフ42(KATO)、オロネ10(KATO既製品からの塗り替え)、スロ54(KATO青大将
「はと」からの塗り替え、ナハネ11(KATO製オハネ12からの改造)、ナハネフ10(KATO製オハネフ12からの改造)
、スシ48(レボリューションファクトリー)

所要時間ですが(1961年(昭和36年)10月改正時より延びています。)
21レ:東京19:50、浜田15:41
22レ:浜田13:25、東京9:36

1965年(昭和40年)10月時刻大改正時

特に大きな変動はありませんがスシ48からオシ17、スハ43からナハ11と編成の質的向上がありました。


後列左側浜田寄りより
DF50+(1)ナハフ11+(2)ナハ11+(3)ナハ11+(4)ナハネ11+(5)ナハネ11+(6)オロネ10+(7)スロフ53
(スロ54代用)+(8)オシ17+(9)ナハネ11+(10)ナハネフ10+(11)ナハネ11+(12)ナハネフ10

(1)〜(7):東京ー浜田
(8)、(9):東京ー米子
(10)、(11):東京ー鳥取

DF50(TOMIX)、ナハ11、ナハフ11、、オロネ10(KATO既製品からの塗り替え)、スロ54(KATO青大将
「はと」からの塗り替え、ナハネ11(KATO製オハネ12からの改造)、ナハネフ10(KATO製オハネフ12からの改造)
、オシ17(KATO)

1968年(昭和43年)10月白紙改正時

輸送力増強のための白紙改正で新幹線増発により東海道線内の夜行急行も削減されますが「出雲」は時間帯変更が
ありました。客車の冷房改造も進み、ロザ、ハネも置き換わります。
この改正が急行列車としての最後の華といった所でしょうか。

また山陰本線内の牽引機がこの頃(時期不明)DF50からDD54に置き換わります。


後列左側浜田寄りより
DD54+(1)ナハフ11+(2)ナハ11+(3)ナハ11+(4)オハネ12+(5)オハネ12+(6)オロネ10+(7)スロフ62
(スロ62代用)+(8)オハネ12+(9)オシ17+(10)オハネ12+(11)オハネフ12

(1)〜(7):東京ー浜田
(8)〜(11):東京ー米子

模型:
DD54(TOMIX)、客車は全てKATO既製品。


1972年(昭和47年)3月時刻大改正時

この改正で急行から寝台特急に格上げされます。
新型の14系客車新製により20系客車捻出したために「出雲」「瀬戸」が格上げされたわけです。

特急格上げにより
2001レ 東京18:20〜浜田10:00
2002レ 浜田15:15〜東京7:00
と所要時間が急行時代の19時間51分から15時間40分に短縮されました。


後列左側浜田寄りより
EF65500+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナハネ20+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナシ20+(6)ナハネフ23
+(7)ナハネ20+(8)ナロネ21+(9)ナハネ21+(10)ナハネ20+(11)ナハネフ22
*同年7月には20系編成の共通化により(6)ナハネ20に。(7)ナハネフ23に変更。

カニ21、(1)〜(6):東京ー浜田
(7)〜(11):東京ー出雲市

模型:EF65500(KATO)、20系客車KATO既製品。

牽引機は東京ー京都がEF65500代、京都ー浜田間がDD54.
しかしDD54はトラブル多発のためにしばらくして(時期不明ですが昭和48年ごろ)DD51に置き換わっています。

1975年(昭和50年)3月時刻大改正時

この改正では新幹線博多開業による関西〜九州間寝台特急廃止による24系客車捻出により「出雲」と「はやぶさ」「富士」
が置き換えられます。


後列左側浜田寄りより
EF65500+カニ24(カヤ24代用+(1)オロネ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オシ24
+(6)オハネフ24+(7)オハネフ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネ24+(11)オハネフ24

カニ24、(1)〜(6):東京ー浜田
(7)〜(11):東京ー出雲市

模型:EF65500(KATO)、24系客車TOMIX既製品。

またこの改正で「あさかぜ」が1往復廃止で捻出された14系客車により東京ー米子、紀伊勝浦間寝台特急「いなば」
「紀伊」が新設されます。


2003レ 東京20:40〜米子10:55
2004レ 米子16:00〜東京6:25

従来の「出雲」が鳥取県西部、島根県指向だったため兵庫、鳥取県東部は利用しにくい時間帯だったためにそれをフォロー
する形での新設です。その分、米子となると到着は昼近くとなってしまいます。

後列左側米子寄りより
EF58+(1)スハネフ14+(2)オロネ14+(3)オハネ14+(4)オハネ14+(5)オハネ14+(6)オシ14(非営業)
+(7)オハネ14+(8)スハネフ14+(9)スハネフ14+(10)オハネ14+(11)オハネ14+(12)オハネ14
+(13)オハネ14+(14)スハネフ14

(1)〜(8):「いなば」東京ー米子
(9)〜(14):「紀伊」東京ー紀伊勝浦

模型:EF5861(KATO)、14系客車(TOMIX既製品)

山陰方面への寝台特急の寝台券は晩年と違いなかなか取りにくいものでこの年の10月に私自身山陰に行く事となり
ますが発売開始日で「出雲」満席で「いなば」でやっととれた経緯があります。


「いなば」にて1975年(昭和50年)10月頃からでしたか14系寝台客車の防火対策工事が始まったために7,8号車
がオハ14、スハフ14に置き換えられます。
当時国鉄では「座席車もついている寝台特急いなば」という事で車内中吊りでもPRしていましたが殆どガラガラだった
ようです。
1976年(昭和51年)11月30日限りでオハネ14は完了したので12月以降は多客期を除いて8号車のみスハフ14が
連結されていました。

後列左側米子寄りより
EF58+(1)スハネフ14+(2)オロネ14+(3)オハネ14+(4)オハネ14+(5)オハネ14+(6)オシ14(非営業)
+(7)オハ14+(8)スハフ14+(9)スハネフ14+(10)オハネ14+(11)オハネ14+(12)オハネ14
+(13)オハネ14+(14)スハネフ14

(1)〜(8):「いなば」東京ー米子
(9)〜(14):「紀伊」東京ー紀伊勝浦

模型:EF5861(KATO)、14系客車(TOMIX既製品)、オハ14、スハフ14(KATO既製品)


1976年(昭和51年)10月時刻改正時

この改正では「出雲」は1975年(昭和50年)3月改正後に24系化以降、更なる質的改善として「はやぶさ」「富士」
と共に新製車による25系100代による2段ハネに置き換えられます。東京口の2段ハネは初めての登場です。
食堂車の新製はなく、従来のオシ24の配線変更などにより25系100代に組み込まれました。
捻出した24系ですが尾久に転出して「ゆうづる」が20系からの置き換えられました。

*「いなば」「紀伊」はこの改正では変更なしです。



後列左側浜田寄りより
EF65500+カニ24+(1)オロネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オシ24
+(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25
オハネ25,オハネフ25は全て100番代。

カニ24、(1)〜(6):東京ー浜田
(7)〜(11):東京ー出雲市

模型:EF65500(KATO)、25系客車TOMIX既製品。

1978年(昭和53年)2月には「あさかぜ」(東京ー博多)の25系化による食堂車捻出及び編成の共通化により
オシ24は5号車から8号車に。オハネ25が8号車から5号車へ変更となります。

1978年(昭和53年)10月時刻改正時

この改正では編成は変更ありませんが「いなば」が「出雲」に愛称統一されて東京ー出雲市間運転となります。

2001レ「出雲1号」:東京18:15〜浜田9:54
2003レ「出雲3号」:東京20:40〜出雲市11:40

2002レ「出雲2号」:出雲市15:36〜東京6:25
2004レ「出雲4号」:浜田15:07〜東京7:00

1984年(昭和59年)2月時刻改正時

この改正では「出雲3,2号」に併結されていた「紀伊」が廃止により単独運転となります。
長い間非営業で連結されていたオシ14ですがオハネ14に置き換えられます。

*出雲1,4号は変更なしです。



後列左側出雲市寄りより
DD51+(1)スハネフ14+(2)オロネ14+(3)オハネ14+(4)オハネ14+(5)オハネ14+(6)オハネ14
+(7)オハネ14+(8)スハネフ14

模型:DD51(TOMIX)、14系客車(TOMIX既製品)

長らく続いた3段ハネですが2段ハネが増備される毎に蚕棚とも言われるほど2段ハネに対して格差がありすぎました。
東京口では14系「さくら」「みずほ」「出雲3,2号」が3段ハネのままだったので1983年(昭和58年)10月頃より14系
の2段ハネへの改造が始まります。
と言っても一気に全編成置き換えとはいかないので順次置き換えられますがその間は編成に2段と3段ハネが混結され
ていました。
スハネフ14が改造工事に入ると電源車が不足するのでスハフ14がピンチヒッターで連結されたりもしました。
上写真は所定編成ですが1984年(昭和59年)2月改正時は実際は下写真の編成です。(同じ14系の「さくら」「みずほ」
も同様な編成。)
また時期によっても編成はいろいろ異なりました。
2段ハネ化完了は1984年(昭和59年)9月です。

1984年(昭和59年)2月時点の編成



後列左側出雲市寄りより
DD51+(1)スハフ14+(2)オロネ14+(3)欠+(4)オハネ14+(5)オハネ14+(6)オハネ14
+(7)オハネ14+(8)スハネフ14

(1)号車は座席利用出来る区間のみ利用可。
(3)号車欠。
(6)号車は3段ハネ。
(4)、(5)、(7)、(8)は2段ハネ。

1986年(昭和61年)11月時刻大改正。

この改正ではJR移行を踏まえて「出雲1,4号」は品川持ち(JR東日本)。「出雲3,2号」は出雲持ち(JR西日本)となります。

1988年(昭和63年)3月時刻大改正。

JR移行後の全国的大改正で
「出雲1,4号」はグレードアップされた25系100代に順次置き換わり、オシ24は星空風の内装となりました。


後列左側浜田寄りより
EF651000+カニ24+(1)オロネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネフ25+(5)オハネ25
+(6)オハネフ25+(7)オハネ25+(8)オシ24+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25
オハネ25,オハネフ25は全て100番代。

カニ24、(1)〜(4):東京ー浜田 *多客期は(1)〜(6):東京ー浜田。
(5)〜(11):東京ー出雲市

模型:EF651000(TOMIX)、25系客車(TOMIX既製品。)

「出雲3,2号」は編成に変更はありませんが多客期には(9)オハネ14+(10)スハネフ14が増車となります。

後列左側出雲市寄りより
DD51+(1)スハネフ14+(2)オロネ14+(3)オハネ14+(4)オハネ14+(5)オハネ14+(6)オハネ14
+(7)オハネ14+(8)スハネフ14+(9)オハネ14+(10)スハネフ14
(9)(10)は多客期のみ。(写真は8両ですいません。)

模型:DD51(TOMIX)、14系客車(TOMIX既製品)


1991年(平成3年)3月時刻改正。

この改正では「出雲3,2号」でオロネ14(開放A寝台)がオロネ14-300代(1人用A個室)に置き換えとオハネ14-300代
(B個室シングルツイン)が連結されて質的向上が図られました。

*「出雲1,4号」は変更なし。

後列左側出雲市寄りより
DD51+(1)スハネフ14+(2)オロネ14-300+(3)オハネ14-300+(4)オハネ14+(5)オハネ14+
(6)オハネ14+(7)オハネ14+(8)スハネフ14+(9)オハネ14+(10)スハネフ14
(9)(10)は多客期のみ。

模型:DD51(TOMIX)、14系客車(TOMIX既製品)

1992年(平成4年)3月時刻改正。

この改正では「出雲1,4号」の編成変更がありますが東京ー浜田間は年間(1)〜(4)号車となりますが利用客減少
を反映させたものでした。
2000年(平成12年)ごろからは(8)〜(11)号車が閑散期欠となり、「出雲」の斜陽化は進んでいきます。

食堂車も1991年(平成3年)6月より営業休止となりますがフリースペースとして開放されています。

後列左側浜田寄りより
EF651000+カニ24+(1)オロネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネフ25+(5)オシ24
+(6)オハネ25+(7)オハネ25+(8)オハネフ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25
オハネ25,オハネフ25は全て100番代。

カニ24、(1)〜(4):東京ー浜田。
(5)〜(11):東京ー出雲市
(9)〜(11)閑散期欠。

模型:EF651000(TOMIX)、25系客車(TOMIX既製品。)

私自身、1994年(平成6年)〜1997年(平成9年)に幾度か「出雲1,4号」を利用していますが多客期(連休、お盆)
でも満席になったのは見た事なく、出雲市以西は1両に数名しか乗車していないほど利用者は減少していました。

1998年(平成10年)7月時刻改正。

この改正では「出雲3,2号」が「サンライズ出雲」に置き換えられ、従来の「出雲1,4号」は「出雲」(1往復)となり
東京ー出雲市間運転に縮小されます。
編成は1992年(平成4年)3月改正時(上写真)と同じ。

2006年(平成18年)3月時刻改正。


利用者の減少は歯止めがかからず、この改正で惜しまれながら廃止されました。
残った「サンライズ出雲」は孤軍奮闘しておりますが末長い活躍を願いたいです。

 完。

参考資料
CD版国鉄特急編成史(客車、機関車編)、国鉄名列車編成史(急行、普通列車編)
鉄道ファン(NO193、226)
各種時刻表。、鉄道運輸年表。
第147回:東京〜北陸間の夜を彩った夜行列車。「北陸」とその仲間たち。


2010年(平成22年)3月改正で惜しまれながら寝台特急「北陸」、夜行急行「能登」が廃止されました。

東京〜北陸間の優等列車は過去を遡ると1922年(大正10年)3月15日より上野ー金沢間急行771,772
レが最初です。
当時は上越線は開通していなかったので信越本線経由で運転されていました。
関東大震災復旧工事完成による1926年(大正15年)8月15日時刻大改正ではエースナンバーの601,
602レ(当時下りで13時間39分運転)が与えらます。
1939年(昭和14年)11月15日時刻改正では上野〜金沢〜大阪間に運転区間が延長されます。
補完として上野ー金沢間に急行1601,1602レが新設されます。
増発された背景は準戦時体制と言いながらも国内の経済は活発で観光旅行も少なくはありませんでしたし、
軍体の移動や軍公務による出張も多かった事です。

しかし戦争激化により貨物輸送重視されると急行列車は次第と削減され、1943年(昭和18年)2月の決戦
ダイヤ改正、1944年(昭和19年)4月の決戦非常措置要綱実施による時刻改正で廃止されてしまいました。

戦後の復活ですが1946年(昭和21年)11月10日時刻改正からですが石炭事情悪化で翌年には廃止され
ますが1947年(昭和22年)6月29日の第3次復活で上野ー金沢、新潟間605,606レとして再度復活しま
す。

1948年(昭和23年)7月時刻大改正で上野ー金沢間急行601,602レとエースナンバーとして独り立ちしま
す。
1950年(昭和25年)10月時刻大改正では上野ー(夜行)−金沢ー(昼行)−大阪間急行601,602レとして
大躍進となり、同年11月に「北陸」と命名されます。戦後の復活も早く、いち早く愛称が付けられたのも東京〜
北陸間の輸送がいかに重要かを証ていると思います。

この後の華やかな60年の生涯を辿っていきます。

1950年(昭和25年)10月時刻大改正時

 
後列左側大阪寄りより(長岡ー大阪間)
C57+マニ31+(1)オロ35+(2)スロハ32+(3)オハフ33+(4)オハ35+(5)オハ35+(6)オハ35+(7)オハ35
+(8)オハフ33+(9)オハ35(オハ60代用)+(10)オハフ33

(9)(10):上野ー金沢

模型:C57180(KATO)、マニ31、オロ35、スロハ32(モデモ)、オハフ33(TOMIX旧ロット)、オハ35(KATO)

さすがに戦後まもないとあって、座席車だけで2等座席も並ロと見劣りしているように見えてしまいます。

1953年(昭和28年)3月時刻大改正時


後列左側大阪寄りより(長岡ー大阪間)
C57+オニ70(マニ31代用)+マニ32(マニ31代用)+(1)スロ51+(2)オロ35+(3)スハ43+(4)スハ43
+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハフ42+(8)マロネロ37(マロネロ38代用)+(9)スハ43(オハ46代用)
+(10)スハフ42

(8)〜(10):上野ー金沢

模型:C57180(KATO)、マニ31、オロ35(モデモ)、スロ51、マロネロ38(レボリューションファクトリー)、スハ43
、スハフ42(KATO既製品で形式、等級表示の変更)、オハ46(KATOスハ43からの改造)

スロ51、スハ43と当時の最新鋭の客車が早速連結されています。マロネロ37は戦前製ですがこの頃には進駐軍から
優等車両は接収解除されて徐々に急行列車に連結されています。

1954年(昭和29年)10月時刻大改正時


後列左側大阪寄りより(長岡ー大阪間)
C57+マニ60+マニ74(マニ31代用)+(1)マロネ29+(2)スロ51+(3)スロ34(スロ33代用)+(4)スハ43
+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハフ42+(9)スハ43(オハ46代用)+(10)スハフ42

マニ60:上野ー今庄。
(8)〜(10):上野ー金沢

模型:C57180(KATO)、マニ31、スロ33(モデモ)、スロ51、マロネ29(レボリューションファクトリー)、スハ43
、スハフ42(KATO既製品で形式、等級表示の変更)、オハ46(KATOスハ43からの改造)、マニ60(KATO既製品)

マロネ29が上野ー大阪間連結されていますが当時の2等寝台は利用料金が夜間と昼間があり、昼間は当然割安でした。
マニ60が上野ー今庄連結ですが木の芽峠が定数上の理由で越えられなかったので切り離して別の列車で継走したもの
と思われます。
北陸本線敦賀付近ではDD50が牽引した記事を雑誌で見た覚えあります。(雑誌名失念)


この改正では上野ー金沢間昼行急行「白山」(信越本線経由)が新設されています。
「白山」と言えば489系に印象ですが登場時は客車急行です。



後列左側上野寄りより
D51+(1)スハニ32+(2)スロ51+(3)オロ36+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハフ42
+(8)オロ35+(9)スハフ42

(8)、(9):上野ー長野

模型:D51(KATO)、スハニ32、オロ35、オロ36(モデモ)、スハ43、スハフ42(KATO既製品で形式、
等級表示の変更)、スロ51(レボリューションファクトリー)

碓氷峠を越えるので制限(360t)のため編成が短いですね。

1956年(昭和31年)11月白紙改正時

後列左側大阪寄りより(長岡ー福井間)
C57+マニ60+マニ31+(1)マロネ29+(2)スロ53+(3)オロ35+(4)ナハネ10+(5)オハ46+(6)オハ46
+(7)スハフ42+(8)スハ43+(9)スハ43+(10)スハフ42

(8)〜(10):上野ー金沢

模型:C57180(KATO)、マニ31、オロ35(モデモ)、マロネ29(レボリューションファクトリー)、スロ53(KATO青大将
からの塗り替え)、スハ43、スハフ42(KATO既製品で形式、等級表示の変更)、オハ46(KATOスハ43からの改造)、
マニ60(KATO既製品)、ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)

1956年(昭和31年)11月改正では大阪ー富山間に昼行急行503,504レ「立山」が新設されたので「北陸」は上野ー
福井間運転となります。客車も当時新製されたナハネ10、スロ53が連結されています。

同時に大阪ー富山間に新設された昼行急行503,504レ「立山」もUPしておきます。

後列左側大阪寄りより
C57+マニ60+(1)スハフ42+(2)スロ60+(3)オロ40(オロ36代用)+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43
+(7)スハ43+(8)スハ43+(9)スハフ42

模型:C57180(KATO)、スハ43、スハフ42(KATO既製品で形式、等級表示の変更)、マニ60、スロ60(KATO
既製品)、オロ36(モデモ)

1958年(昭和33年)10月時刻改正時


後列左側大阪寄りより(長岡ー福井間)
C57+マニ60+マニ31+(1)マロネ29+(2)スロ53+(3)オロ35+増ナロハネ10+(4)ナハネ10+(5)ナハ11
+(6)ナハ11+(7)ナハフ11+(8)オハ46+(9)オハ46+(10)スハフ42

(8)〜(10):上野ー金沢

模型:C57180(KATO)、マニ60(KATO既製品)、マニ31、オロ35(モデモ)、ナハ11、ナハフ11、スハフ42(KATO
既製品で形式、等級表示の変更)、オハ46(KATOスハ43からの改造)、ナロハネ10(GM)、ナハネ10(KATO製オハ
ネフ12からの改造)

この頃となると3等座席車にもナハが連結されています。特筆されるのがナロハネ10でナハネ10との隔日運用で連結さ
れていました。ナロハネ10の2等寝台は後年登場のオロネ10とほぼ同等ですが非冷房のため2等C寝台扱いでした。

1959年(昭和34年)9月時刻改正時

この改正では東京〜北陸間の夜行急行「能登」が新設されます。
東海道本線経由なので敦賀、福井への輸送を重視したものでしょう。


後列左側米原寄りより
EF58+(1)マロネフ29+(2)スロ53+(3)ナハネ10+(4)ナハネ10+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハフ42
+(8)スハフ42+(9)ナハネ10+(10)スロ53(スロ60)代用+(11)スハフ42(ナハフ11代用)
+(12)スハフ42(ナハフ11代用)+(13)マロネロ38+(14)スハフ42

(1)〜(7):東京ー金沢:「能登」
(8)〜(11):東京ー鳥羽:「伊勢」
(12)〜(15):東京ー紀伊勝浦:「那智」

模型
EF58(KATO)、マロネフ29、マロネロ38(レボリューションファクトリー)、ナハネ10(KATOオハネフ12からの改造)
、スロ53(KATOスロ54青大将からの改造)、スロ60(KATO)、スハ43、スハフ42、ナハ11、ナハフ11(KATO既製品
からの塗り替え)

「能登」は「伊勢」「那智」を併結する3階建て急行としてのデビューです。
併結相手の「那智」も紀勢本線全通により同時デビューです。

1961年(昭和36年)10月白紙時刻改正時

この改正での一大トピックは気動車特急の大増発で北陸線関係では大阪ー青森、上野間に特急「白鳥」が新設されますが
「北陸」「白山」への影響はなく、姉妹列車である夜行急行「黒部」が上野ー金沢間(信越本線経由)が増発されて、東京〜
北陸間の輸送力は大増強されます。
これにより東京ー北陸間に「北陸」「黒部」「白山」「能登」の4本の急行が揃います。

「北陸」(上野ー金沢)
1960年(昭和35年)7月頃より当時新製されたばかりのオロネ10が連結されています。
主要な急行から徐々に連結されており、しかも2両なので列車の重要度も伺えます。
ナロハネ10とナハネ10の隔日運用はこの改正でも続いています。

後列左側上野寄りより

EF58+マニ31+マニ60+(1)オロネ10+(2)オロネ10+(3)オロ61+(4)ナロハネ10+(5)ナハネ10
+(6)オハ46+(7)オハ46+(8)オハ46+(9)オハ46+(10)オハ46+(11)スハフ42

マニ31:上野ー福井
マニ60:上野ー大阪(金沢から「立山」で継走)

模型
EF58(KATO)、オロネ10(KATO既製品からの塗り替え)、オロ61(KATOスロ62からの改造)、ナロハネ10(GM)
、ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)、オハ46(KATOスハ43からの改造)、スハフ42、マニ60(KATO既製品)
、マニ31(モデモ)

「黒部」(上野ー金沢)
1961年(昭和36年)10月白紙改正で新設されました。碓氷峠を通過するため編成が短くなっています。
ハザに軽量客車が組み込まれています。

後列左側上野寄りより

EF58+(1)スハニ32+(2)マロネ29+(3)スロ60+(4)ナハネ10+(5)オハネ17+(6)ナハ10
+(6)ナハ10+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハフ10
*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用しています。

模型
EF58(KATO)、マロネ29(レボリューションファクトリー)、スロ60(KATO既製品からの塗り替え)、ナハネ10
(KATO製オハネフ12からの塗り替え)、オハネ17(マイクロエース)、ナハ11、ナハフ11(KATO既製品からの
塗り替え)、スハニ32(モデモ)

「白山」(上野ー金沢)
昼行急行として既存の「白山」でハザには軽量客車が組み込まれています。

後列左側上野寄りより

EF58+(1)オハニ36+(2)スロ51(オロ61代用)+(3)スロ51+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10
+(6)ナハ10+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハフ10+(10)ナハフ10
*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用しています。

(10):上野ー長野

「能登」(東京ー金沢)
1961年(昭和36年)10月白紙改正から1本立ちします。


後列左側米原寄りより
EF58+(1)スハフ42+(2)オロネ10+(3)オロ61+(4)オロ61+(5)スハネ30(オハネ17代用)+
(6)スハネ30(オハネ17代用)+(7)スハネ30(オハネ17代用)+(8)スハ43+(9)スハ43+(10)スハ43
(11)スハ43+(12)スハフ42

模型
EF58(KATO)、オロネ10(KATO既製品からの塗り替え)、オロ61(KATOスロ62からの改造)、オハネ17
(マイクロエース)、スハ43、スハフ42(KATO既製品)

1965年(昭和40年)10月時刻大改正時

この改正では上野ー金沢ー大阪間の特急「白鳥」が上野ー金沢間「はくたか」へ、更に姉妹列車として上野ー福井間
(信越本線経由)で「越前」が新設されます。
これにより東京〜北陸間に「北陸」「黒部」「越前」「白山」「能登」の5本の急行が揃います。

「北陸」(上野ー金沢)
ロザ、ハネが増車されて編成も質的に向上しています。
ここで当時の牽引機ですが上野ー高崎:EF58、高崎ー長岡:EF15(列車重量、勾配の関係で速度犠牲して牽引
力優先させたのでしょう。)、長岡ー富山:DF50、富山ー金沢:ED70です。
DF50は福井電化により、1962年(昭和37年)6月よりC57から置き換わっています。

後列左側上野寄りより

EF58+マニ60+(1)オロネ10+(2)オロネ10+(3)オロ61+(4)オロ61+(5)スハネ30(オハネ17代用)
+(6)スハネ30(オハネ17代用)+(7)オハネ17+(8)オハネ17+(9)オハ46+(10)オハ46+(11)スハフ42

模型
EF58(KATO)、マニ60、スハ43、スハフ42(KATO既製品)、オロネ10(KATO既製品からの塗り替え)、
オロ61(KATOスロ62からの改造)、オハネ17(マイクロエース)

「黒部」(上野ー金沢)

信越本線経由での牽引機ですが1963年(昭和38年)10月碓氷新線開通、長野電化により
上野ー長野:EF62、(横川ー軽井沢補機EF63×2)、長野ー富山:DD51、富山ー金沢:ED70です。

後列左側上野寄りより

EF62(EF58代用)+マニ60+(1)オロネ10+(2)オロ61+(3)オハネ17+(4)オハネ17+(5)ナハ10+
(6)ナハ10+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハフ10
*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用しています。

模型
EF58(KATO)、マニ60(KATO)、オロネ10(KATO既製品からの塗り替え)、オロ61(KATOスロ62からの改造)
、オハネ17(マイクロエース)、ナハ11、ナハフ11(KATO既製品からの塗り替え)


「越前」(上野ー福井、新設)

後列左側上野寄りより

EF62(EF58代用)+(1)ナハネフ10+(2)オロネ10+(3)オロ61+(4)オハネ17+(5)オハネ17+
(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハ43+(9)スハフ42

模型
EF58(KATO)、オロネ10(KATO既製品からの塗り替え)、オロ61(KATOスロ62からの改造)
、オハネ17(マイクロエース)、スハ43、スハフ42(KATO既製品)

「白山」(上野ー福井)
碓氷峠を越えられる定数最大限までに軽量客車中心に増車されています。

後列左側上野寄りより

EF62(EF58代用)+(1)スハフ42+(2)オロ61+(3)オロ61+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+
(7)ナハ10+(8)ナハフ10+(9)ナハ10+(10)オハ46+(11)ナハフ10
*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用しています。

(8)〜(11):上野ー金沢

模型
EF58(KATO)、オロ61(KATOスロ62からの改造)、ナハ11、ナハフ11(KATO既製品からの塗り替え)
オハ46(KATOスハ43からの改造)、スハフ42(KATO既製品)

「能登」(東京ー金沢)
この改正から東京ー湊町、和歌山市間の「大和」を併結しています。

後列左側米原寄りより
EF58+(1)ナハネフ10+(2)オロネ10+(3)オロ61+(4)スハネ30(オハネ17代用)+(5)スハネ30(オハネ17代用)
+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハフ42+(9)ナハネフ10+(10)ナハネフ10+(11)オロネ10+(12)オハネ17
+(13)スハ43+(12)スハフ42
*ロザ、ハザ共全車指定。

(9):東京ー和歌山市「大和」
(10)〜(14):東京ー港町「大和」

模型
EF58(KATO)、ナハネフ10(1,10号車:KATOオハネフ12からの改造)、ナハネフ10(9号車:マイクロエース)、オハネ17
(マイクロエース)、オロネ10(KATO既製品からの塗り替え)、オロ61(KATOスロ62からの改造)、スハ43、スハフ42(KATO)

1968年(昭和43年)10月白紙時刻大改正時

「ヨンサントオ」とも呼ばれたこの時刻改正では

1.東京ー金沢間「能登」の廃止。
米原からの新幹線によるアクセス(「しらさぎ」「くずりゅう」など)が充実されたためでしょう。

2.上野ー金沢間「黒部」の廃止。

3.上野ー金沢間「北陸」2往復化で既存の列車の寝台列車化。増発された列車は季節列車で座席中心。

4.「はくたか」は変更なし。

5.「白山」は上野ー福井から上野ー金沢間に変更。

「北陸1号」(上野ー福井)
この改正で新設された列車ですが季節列車で座席車中心です。

後列左側上野寄りより

EF58+(1)スハフ42+(2)スハネ30(スハネ16代用)+(3)スハネ30(スハネ16代用)+(4)スハ43+(5)スハ43
+(6)オハ46+(7)オハ47+(8)オハ47+(9)スハ43+(10)スハ43+(11)スハフ42

*スハ43、スハフ42はスハ45、スハフ44で代用で代用させていただきました。

模型:EF58(KATO)、客車全てKATO既製品。

「北陸2号」(上野ー金沢)
この改正から寝台専用列車となります。

後列左側上野寄りより

EF58+マニ60+(1)オロネ10+(2)オロネ10+(3)スロ62+(4)オハネフ12+(5)スハネ16
+(6)スハネ16+(7)スハネ16+(8)スハネ16+(9)スハネ16+(10)スハネ126+(11)スハネ16
+(12)オハネフ12

模型:EF58(KATO)、マニ60(TOMIX)、その他客車全てKATO既製品。

「白山」(上野ー金沢)
碓氷峠を越えられる定数最大限までに軽量客車中心に増車されています。この改正から上野ー福井から上野ー金沢間
運転に変更されています。

後列左側上野寄りより

EF62+(1)スハフ42+(2)オハ46+(3)ナハ10(オハ47代用)+(4)スロ62+(5)ナハ10+(6)ナハ10
+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハ10+(11)ナハフ10(スハフ42代用)

(5)〜(10)号車のナハ10はナハ11、ナハフ11代用。

模型:EF62(KATO)、客車は全てKATO既製品。

「越前」(上野ー福井)

後列左側上野寄りより

EF62+マニ60+(1)オロネ10+(2)スロ62+(3)スハネ16+(4)スハネ16+(5)ナハ11+(6)ナハ11
+(7)オハ46+(8)オハ47+(9)オハフ45

模型:EF62(KATO)、客車は全てKATO既製品。

1972年(昭和47年)3月時刻改正時

この改正では「白山」が489系電車となり特急に格上げされます。
「はくたか」は1969年(昭和44年)10月改正で北陸本線全線電化により485系電車化されて上越線経由となります。
「北陸」「越前」は若干に編成変更のみで大きな変化はありません。


「北陸1号」(上野ー福井)
この改正で新設された列車ですが季節列車で座席車中心です。

後列左側上野寄りより

EF58+(1)スハフ42+(2)スハネ16+(3)スハネ16+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)オハ46+(7)オハ47+
(8)オハ47+(9)スハ43+(10)スハ43+(11)スハフ42

*スハ43、スハフ42はスハ45、スハフ44で代用で代用させていただきました。

模型:EF58(KATO)、客車全てKATO既製品。

「北陸2号」(上野ー金沢)
1971年(昭和46年)頃よりマニ60からスニ41に変更されています。

後列左側上野寄りより

EF58+スニ41+(1)オロネ10+(2)オロネ10+(3)スロ62+(4)スハネ16+(5)スハネ16
+(6)スハネ16+(7)スハネ16+(8)スハネ16+(9)スハネ16+(10)スハネ126+(11)スハネ16
+(12)オハネフ12

模型:EF58(KATO)、その他客車全てKATO既製品。

「越前」(上野ー福井)
碓氷峠越えの関係でしょうか。増車された寝台はオハネフ13が連結されています。

後列左側上野寄りより

EF62+マニ37+(1)オロネ10+(2)スハネ16+(3)スハネ16+(4)オハネフ13+(5)スロ62+(6)ナハ11
+(7)ナハ11+(8)オハ47+(9)オハフ45

模型:EF58(KATO)、オハネフ13(マイクロエース製ナハネフ11からの改造)、その他客車全てKATO既製品。

1975年(昭和50年)3月時刻改正時

この改正では
1.「北陸2号」を寝台特急に格上げ。季節列車「北陸1号」は廃止。⇒1往復に。
2.上野ー金沢間(上越線経由)で急行「能登」の新設。
3.上野ー福井間「越前」は変更なし。
4.上野ー金沢間特急「白山」は1972年(昭和47年)10月,1973年(昭和48年)10月に増発されて3往復に。

「北陸」(上野ー金沢)

後列左側上野寄りより

EF58+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナハネ20+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネフ23
+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネフ22

模型:EF58(KATO),客車全てKATO既製品。

寝台特急に格上げされましたが当時速度向上もないので態のいい値上げだなんて新聞にも出ていました。

「能登」(上野ー金沢)

後列左側上野寄りより

EF58+スニ41+(1)オロネ10+(2)オハネフ12+(3)スハネ16+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)スハネ16
+(7)スロ62+(8)オハ47+(9)オハ47+(10)オハ47+(11)オハ47+(12)スハフ42

模型:EF58(KATO),客車全てKATO既製品。(寝台急行「能登」セットです。)

「越前」(上野ー福井)
寝台1両減、座席1両増となっています。

後列左側上野寄りより

EF62+マニ37+(1)オロネ10+(2)スハネ16+(3)オハネフ13+(4)スロ62+(5)ナハ11+(6)ナハ11
+(7)オハ47+(8)オハ47+(9)オハフ45

模型:EF58(KATO)、オハネフ13(マイクロエース製ナハネフ11からの改造)、その他客車全てKATO既製品。

1978年(昭和53年)10月時刻改正時

この改正では
1.「北陸」は20系⇒14系客車に置き換え。
2.「能登」「越前」は変更なし。
3.電車特急「はくたか」が2往復に。翌年4月1往復増発されて3往復に。
昼行電車特急「白山」「はくたか」で合計6往復に。

「北陸」(上野ー金沢)

後列左側金沢寄りより(上野から見て)

EF641000+(12)スハネフ14+(11)オハネ14+(10)オハネ14+(9)オハネ14+(8)オハネ14+
(7)スハネフ14+(6)スハネフ14+(5)オハネ14+(4)オハネ14+(3)オハネ14+(2)オロネ14+
(1)スハネフ14

模型:EF641000、14系客車(TOMIX既製品)

*機関車はEF641000で撮影していますがEF58からの置き換えは1980年(昭和55年)頃からです。
当時、私の私見となりますが「やっと特急らしくなったな」なんて思っていました。

「能登」(上野ー金沢)

後列左側上野寄りより

EF58+スニ41+(1)オロネ10+(2)オハネフ12+(3)スハネ16+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)スハネ16
+(7)スロ62+(8)オハ47+(9)オハ47+(10)オハ47+(11)オハ47+(12)スハフ42

模型:EF641000(TOMIX),客車全てKATO既製品。(寝台急行「能登」セットです。)

*編成的には変化はありません。機関車は「北陸」と同様にEF58からの置き換えは1980年(昭和55年)頃からです。

「越前」(上野ー福井)

後列左側上野寄りより

EF62+マニ37+(1)オロネ10+(2)オハネフ12+(3)オハネフ13+(4)スロ62+(5)オハフ33+(6)オハ46
+(7)オハ47+(8)オハ47+(9)オハフ45

模型:EF58(KATO)、オハネフ13(マイクロエース製ナハネフ11からの改造)、オハ46(KATO製スハ43からの改造)
その他客車全てKATO既製品。

*若干の型式変更はありますが編成は大きくは変わっておりません。

1982年(昭和57年)11月時刻改正時

上越新幹線が開業したこの改正では
1.「北陸」は変化なし。
2.「能登」が信越本線経由となり14系客車に置き換え。
3.「越前」の廃止。
4.上越新幹線からの金沢方面への特急接続により「はくたか」は廃止。「白山」は3往復のまま存続。

*「北陸」は変化ないので写真は省略します。

「能登」(上野ー金沢:信越本線経由)

後列左側上野寄りより

EF62+マニ50+(1)スハネフ14+(2)オハネ14+(3)オハネ14+(4)スハフ14+(5)オハ14+(6)オハ14
+(7)オハ14+(8)スハフ14

*マニ50は1986年(昭和61年)11月時刻改正で郵便荷物輸送廃止により編成から外れます。

模型:EF62(KATO)、マニ50(TOMIX)、スハネフ14、オハネ14(TOMIX)、スハフ14、オハ14(KATO)

1985年(昭和60年)3月時刻改正時

東北、上越新幹線が上野開業したこの改正では
1.「北陸」は変化なし。
2.「白山」3往復から2往復へ。
3.「能登」は変化なし。

*「北陸」「能登」は変化ないので写真は省略します。

1988年(昭和63年)3月時刻改正時

JR後最初の全国時刻改正では
1.「北陸」は変化なし。
2.「能登」は変化なし。
3.上越新幹線から金沢方面への接続する特急「かがやき」2往復の新設。

*「北陸」「能登」は変化ないので写真は省略します。

1989年(平成元年)3月時刻改正時

この改正では
1.「北陸」に個室寝台連結。
2.「能登」「白山」は変化なし。
3.「かがやき」は2往復から4往復へ。

「北陸」(上野ー金沢)

後列左側金沢寄りより(上野から見て)

EF641000+(12)スハネフ14+(11)オハネ14+(10)オハネ14+(9)オハネ14+(8)オハネ14+
(7)スハネフ14+(6)スハネフ14+(5)オハネ14+(4)スハネ14−700(ソロ)+(3)オロネ14−700(シングルDX)
+(2)スハネ14−700(ソロ)+(1)スハネフ14

模型:EF641000、14系客車(TOMIX既製品)

この改正より個室寝台(シングルDX、ソロ)が連結されます。1991年(平成3年)までにソロは5両連結となり、個室化率
は「北斗星」を除けば50%と高いものでした。

「能登」(上野ー金沢:信越本線経由)

後列左側上野寄りより

EF62+(1)スハネフ14+(2)オハネ14+(3)オハネ14+(4)スハフ14+(5)オハ14+(6)オハ14
+(7)オハ14+(8)スハフ14

模型:EF62(KATO)、スハネフ14、オハネ14(TOMIX)、スハフ14、オハ14(KATO)

1993年(平成5年)3月時刻改正時

この改正では
1.「北陸」は変化なし。
2.「能登」が14系客車から489系電車へ。
3.「かがやき」は4往復から6往復へ。
4.「白山」1往復に。

*「北陸」」は変化ないので写真は省略します。

「能登」(上野ー金沢:信越本線経由)

後列左側金沢寄りより(上野から見て)

(1)クハ489+(2)モハ488+(3)モハ489+(4)サロ489+(5)モハ488+(6)モハ489+(7)モハ488
+(8)モハ489+(9)クハ489

模型:KATO製485系からの塗り替え。

*ボンネット車の489系は手持ちがないので電気釜スタイルでご了承を....

1997年(平成9年)3月時刻改正時

この改正では北陸への短絡ルートであるほくほく線開業により越後湯沢ー金沢、福井間に特急「はくたか」が10往復
新設されます。

これにより
1.「かがやき」は廃止。
2.「北陸」「能登」は変化なし。

1999年(平成11年)10月時刻改正時

この改正では
1.夜行需要の減少が進んでおり「北陸」は12両から8両に減車されます。
2.「能登」は変化なし。

「北陸」(上野ー金沢)

後列左側金沢寄りより(上野から見て)

EF641000+(8)スハネフ14+(7)オハネ14+(6)スハネ14−750+(5)スハネフ14+
(4)スハネ14−750(ソロ)+(3)オロネ14−700(シングルDX)+(2)スハネ14−700(ソロ)+(1)スハネフ14

模型:EF641000、14系客車(TOMIX既製品、さよなら「北陸」セットです。)

編成が縮小される「北陸」ですが夜行需要の減少には歯止めがかからず、短編成になっても長く存続される事は
許されなく、2010年(平成22年)3月改正で「北陸」「能登」は惜しまれながら廃止されました。
戦後復活から63年。長い間どうもご苦労さまでした。


おまけですが「北陸」には2度お世話になっており、その時の寝台券もUPしておきます。
1度目は城端まで行った時の往路で。
2度目は福井まで出張に行った時の帰路で。


参考資料
国鉄名列車編成史(急行、普通列車編),各種時刻表。鉄道運輸年
第148回:東京から遥か鹿児島を結んだ夜行急行。「霧島」とその仲間たち。




現在では航空機の利用が当たり前となっている東京〜鹿児島間ですがかつては1昼夜以上かけては走る夜行列車
の利用が当たり前でした。
東京と鹿児島を結ぶ夜行列車と言えば1975年(昭和50年)3月までは急行「桜島」。19987(平成9年)11月まで
は特急「はやぶさ」が存在しておりました。鹿児島への直通がなくなって既に16年たちます。
長距離移動が鉄道が当たり前で鹿児島への直通が栄えていた頃の列車を模型で振り返ってみたいと思います。


東京ー鹿児島間急行の誕生。
1942年(昭和17年)11月15日時刻改正(戦時陸運非常体制実施)


東京から鹿児島への直通の急行(7,8レ)が誕生したのは関門トンネル(単線)が開通した1942年(昭和17年)11月時刻改正でした。
それは関門トンネル開通による純粋な新設ではなく、改正前に東京ー下関間運転されていた特急「桜」の急行格下げで忍び寄る戦争に
備えての旅客列車グレード格下げ縮小によるものでした。
やがて戦争激化により、東京ー長崎間特急「富士」などが廃止されて行く中、東京ー鹿児島間の急行列車は1945年(昭和20年)1月
25日改正時点でも熊本以南普通列車となりながらも最後の4往復のうちの1往復として残存しました。しかし空襲激化により同年の3月
20日には廃止されてしまいまいます。

戦後の復活。
1948年(昭和23年)7月1日全国時刻改正。


この改正から東京ー鹿児島間急行1,2レのエースナンバーとして復活します。
しかしこの時期は石炭事情も中国、朝鮮人工夫の帰国やゼネストなどにより安定せず、速度を落とす事により運転に余裕を持たせる前提
での復活でした。当時は東京ー鹿児島間はこの1,2レで37時間要し、編成も座席車のみでまさに隔世を思わせます。
同年12月には東京ー博多間に1等寝台マイネ40が連結されます。

1950年(昭和25年)10月1日時刻大改正。

この改正からエースナンバーは特急「つばめ」「はと」となったので東京ー鹿児島間急行33,34レとなります。
編成も前年からのマイネ40に食堂車も連結されて質的にも少しずつではありますが向上します。
同年11月2日には急行列車にも愛称が付けられて東京ー鹿児島間急行33,34レは「きりしま」と命名されます。
所要時間は下りで32時間まで短縮されます。
ちなみに同期では「明星」「彗星」「阿蘇」「雲仙」「筑紫」「安芸」「みちのく」「北斗」「青葉」「日本海」「北陸」があります。
絶える事なく現存しているのは「北斗」だけですね。


後列左鹿児島寄りより

C59+マニ31+(1)マイネ40(マロネ40で代用)+(2)オロ(スロ60代用)+(3)オロ35+(4)オロ36+(5)オハシ30
(スシ37代用)+(6)スハ32+(7)スハ32+(8)スハ32+(9)オハフ33+(10)オハフ(スハフ32代用)+(11)オハフ
(スハフ32代用)+(12)オハフ(スハフ32代用)

(1)、(2)号車:東京ー博多。
(10)号車:東京ー熊本。
(11)号車:東京ー門司
(12)号車:東京ー下関

牽引機をC59としたのはこの当時は東海道、山陽本線はC59が全盛なため。

模型:C59(マイクロエース)、マロネ40(レボリューションファクトリー)、オロ35,36、スハ32、スハフ32(モデモ)、スシ37
(キングス)、オハフ33(TOMIX旧ロット)

1954年(昭和29年)10月1日時刻改正。

この改正では進駐軍の帰国などにより専用列車が全廃されたので接収された優等客車が返還されてます。
次第と急行列車に連結されて、その分編成も質的に向上していきます。
所要時間ですが1953年(昭和28年)3月改正で29時間40分まで短縮されています。

後列左鹿児島寄りより

C59+マニ31+(1)マイネ40(マロネ40で代用)+(2)マロネ38+(3)スロ51(スロ60代用)+(4)スロ51+(5)オロ40
(オロ36代用)+(6)スシ48+(7)スハ43+(8)スハ43+(9)スハフ42+(10)スハ43+(11)スハフ42+(12)スハフ42
(スハフ32代用)+(13)スハフ42(スハフ32代用)

(1)〜(3):東京ー博多
(10)、(11):東京ー熊本
(12):東京ー下関
(13):京都ー下関

模型:C59(マイクロエース)、マロネ40、マロネ38、スロ51、スシ48(レボリューションファクトリー)、マニ31、オロ36、スハフ32
(モデモ)、スハ43、スハフ42、スロ60(KATO旧ロット)

特別2等座席車がスロ53,3等座席車もスハ43、スハフ42と当時最新鋭の車両も連結されています。

1953年(昭和28年)3月15日時刻改正で東京ー博多間に運転されていた急行「筑紫」39,40レが鹿児島まで延長されて
「霧島」の姉妹列車が加わります。写真は1954年(昭和29年)10月時点。

姉妹列車ではありますが東京ー大阪(夜行)、大阪ー博多(昼行)、博多ー鹿児島(夜行)と鹿児島まで2夜行かけての運転で急行
列車では前にも後にも2夜行はこの列車だけ。2夜行としたのは山陽本線の昼行列車が少ないためそれを補完するための処置と
思われます。(この列車が後年の九州内夜行「かいもん」となります。)
2夜行のため時間調整もあって所要時間は32時間以上かかっていました。

後列左側鹿児島寄りより

C59+マユ33+マニ31+(1)マイネ40(マロネ40で代用)+(2)スロ60+(3)スロ53+(4)スシ28+(5)スハ43
+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハフ42+(9)スハ43+(10)スハ43+(11)スハ43

(1)、(2)、(4)、(9)〜(11)号車:東京ー博多。

模型:C59(マイクロエース)、マロネ40、スシ28(レボリューションファクトリー)、スロ53(KATO青大将スロ54からの塗り替え)
マニ31、マユ33(モデモ)、スハ43、スハフ42、スロ60(KATO旧ロット)

1956年(昭和31年)11月19日白紙改正。

東海道本線全線電化完成したこの改正では特急「つばめ」「はと」の青大将塗装となり、スピードアップされます。
「きりしま」も29時間40分運転から28時間10分まで短縮されます。
*この改正で「きりしま」から「霧島」への愛称が変わっています。

下りの運転時刻ですが
東京13:00〜鹿児島17:10で山陽本線内が夜行となります。

相対して東京ー都城間運転の「高千穂」も東京ー西鹿児島間(日豊本線経由)となります。


後列左側鹿児島寄りより

C59+マニ31+(1)マロネ38+(2)スロ53+(3)ナハネ10+(4)スロ53+(5)オロ40(オロ36代用)+(6)スシ48
+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハフ10+(11)スハフ42+(12)スハ43+(13)スハフ42

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

(1)〜(3):東京ー博多
(11):東京ー熊本
(12)、(13):東京ー下関

模型:C59(マイクロエース)、マロネ38、スシ48(レボリューションファクトリー)、スロ53(KATO青大将スロ54からの塗り替え)
マニ31(モデモ)、スハ43、スハフ42(KATO)、ナハ11、ナハフ11(KATO青色の既製品から塗り替え)

この改正からマロネ40が新設された特急「あさかぜ」、東海道本線寝台急行への捻出のため編成から外れますが、ナハネ10、
ナハ10、ナハフ10と当時最新鋭の軽量客車が連結されています。軽量になった分、編成も長くなっています。

2夜行かけて運転されていた東京ー鹿児島間「筑紫」はこの改正から「さつま」と愛称が変わります。

後列左側鹿児島寄りより

C59+マニ31+オユ40(スユ42代用)+(1)マロネ40+(2)マロネ38+(3)スロ51+(4)スロ60+(5)オロ35+(6)マシ29
+(7)ナハネ10+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハフ10+(11)スハ43+(12)スハフ42

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

(1)、(4)〜(6)、(11)、(12):東京ー博多。

模型:C59(マイクロエース)、マロネ38、スロ51、マシ29(レボリューションファクトリー)、スロ60、スハ43、スハフ42(KATO)
マニ31、オロ35(モデモ)、ナハ11、ナハフ11(KATO青色の既製品から塗り替え)

「さつま」の下りの運転時刻ですが東京21:45〜鹿児島5:46の2夜行。マロネ40の寝台使用は実質東京ー大阪ですが当時は昼間
のみ利用の料金の設定もありました。ナハネ10は東京ー鹿児島ですが通しで利用すると2回分の寝台料金だったのでしょうか?

1958年(昭和33年)10月2日時刻改正。

この改正では「霧島」には変化ありませんが東京ー鹿児島間特急「はやぶさ」が新設されます。
その影響で「桜島」は廃止。「さつま」は運転区間分断により門司港ー鹿児島間の九州内急行となります。

「霧島」は若干の編成変更(スロ53の1両減)ありました。

後列左側鹿児島寄りより

C59+マニ31+(1)マロネ38+(2)ナハネ10+(3)スロ53+(4)オロ35+(5)スシ48+(6)ナハ10
+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハフ10+(11)スハフ42+(12)スハ43+(13)スハフ42

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

(1)〜(2):東京ー博多
(11):東京ー熊本
(12)、(13):東京ー下関

模型:C59(マイクロエース)、マロネ38、スシ48(レボリューションファクトリー)、スロ53(KATO青大将スロ54からの塗り替え)
マニ31(モデモ)、スハ43、スハフ42(KATO)、ナハ11、ナハフ11(KATO青色の既製品から塗り替え)

特急「あさかぜ」が20系化されたので旧編成により東京ー鹿児島間に特急「はやぶさ」が新設されます。
同じ旧客ですが当時にすれば最新鋭の客車で編成が組まれています。
当時は姫路までの電化で特急と言えども関門トンネルを除いてはSLが牽き「煙の旅路」でした。

後列左側鹿児島寄りより

C62+(1)オハニ36+(2)マロネ40+(3)マロネ40+(4)スロ54+(5)オシ17+(6)ナハネ11+(7)ナハネ11
+(8)ナハフ11+(9)ナハネ11+(10)ナハネ11+(11)ナハネ11+(12)ナハネ11+(13)ナハフ11

(1)、(9)〜(13):東京ー博多

模型:C62(KATO)、マロネ40(レボリューションファクトリー)、スロ54(KATO青大将スロ54から塗り替え)、ナハネ11
(KATO製オハネ12から改造)、ナハフ11(KATO製ナハフ11から塗り替え)、オハニ36(KATO製オハニ36から塗り替え)

1960年(昭和35年)6月1日時刻改正。

この改正では青大将客車の「つばめ」「はと」が151系電車化されたのでナロ10、オシ17が「霧島」や「高千穂」に連結
されます。

後列左側鹿児島寄りより

C59+マニ31+(1)マロネ38+(2)ナハネ10+(3)ナハネ10+(4)ナロ10+(5)ナロ10+(6)オシ17
+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハ10+(11)ナハフ10+(12)スハフ42+(13)スハ43
+(14)スハフ42

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

(1)〜(2):東京ー博多
(12):東京ー熊本
(13)、(14):東京ー下関

14両に増車されていますがスロからナロ、スシからオシへの置き換えで1両増車出来たものと思われます。

模型:C59(マイクロエース)、マロネ38(レボリューションファクトリー)、ナロ10(マイクロエース)、マニ31(モデモ)、
スハ43、スハフ42(KATO)、オシ17、ナハ11、ナハフ11(KATO青色の既製品から塗り替え)

一方「はやぶさ」は7月20日より「あさかぜ」「さくら」に続いて20系客車化されます。
運転区間は東京ー西鹿児島に変更されます。

後列左側西鹿児島寄りより

C62+カニ21+(1)ナロネ22+(2)ナロ20+(3)ナシ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20+(7)ナハフ21
+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネ20+(13)ナハフ20

模型:全てKATO既製品。

またこの改正では東京ー西鹿児島間に不定期急行の「桜島」が新設されました。
オール座席車の輸送力列車です。

後列左側西鹿児島寄りより

EF58+(1)スハフ42+(2)オハ46+(3)オハ46+(4)オハフ45+(5)スロ54+(6)オロ(スロ60代用)+
(7)オハ46+(8)オハ46+(9)オハ46+(10)オハ47+(11)オハフ45+(12)オハ35+(13)オハ35
+(14)オハフ33

(1)〜(3):東京ー博多
(12)〜(14):京都ー熊本

オハの形式までは不明でしたのでオハ35、46,47を適度に組み込みました。

模型:EF58(KATO)、オハ35、オハフ33(KATO既製品)、オハ46,47(KATOスハ43からの改造)、オハフ45
(KATOスハフ42からの改造)、スロ54(KATO「はと」青大将からの改造)、スロ60(KATO「つばめ」茶編成からの改造)

1963年(昭和38年)10月1日時刻改正。

この改正では列車そのものは変化ありませんが若干の編成変更がありました。

「霧島」はマロネ38の廃車によりオハネ17へ置き換えられています。

後列左側鹿児島寄りより

C59+マニ31+(1)オハネ17+(2)ナハネ10+(3)ナハネ10+(4)ナロ10+(5)ナロ10+(6)オシ17
+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハ10+(11)ナハフ10+(12)オハ47+(13)オハ47
(スハ43代用)+(14)スハフ42

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。


(1)〜(2):東京ー博多
(12)〜(14):東京ー熊本


「はやぶさ」はナハネ20が1両増車されます。

後列左側西鹿児島寄りより

C62+カニ21+(1)ナロネ22+(2)ナロ20+(3)ナシ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20+(7)ナハフ21
+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネ20+(13)ナハネ20+(14)ナハフ20

模型:全てKATO既製品。

「桜島」は若干の編成変更がありました。

後列左側西鹿児島寄りより

EF58+(1)スハフ42+(2)スロ54+(3)スロ60+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+(7)ナハ10+
(8)ナハ10+(9)スハフ42(ナハフ11代用)+(10)オハ46+(11)オハ46+(12)オハフ45+(13)スハフ42
(ナハフ11代用)+(14)スハ43+(15)スハフ42(オハフ45代用)

ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

(10)〜(12):東京ー熊本
(13):京都ー熊本
(14)、(15):京都ー博多

模型:EF58(KATO)、スハフ42(KATO既製品)、ナハ11、ナハフ11(KATO既製品からの塗り替え)、
オハ46(KATOスハ43からの改造)、オハフ45(KATOスハフ42からの改造)、スロ54(KATO「はと」青大将からの改造)
、スロ60(KATO「つばめ」茶編成からの改造)

オール座席車ながら、長距離で15両編成なのはそれだけ鉄道への依存度の高さが伺えます。
そんな「桜島」ですが1964年(昭和39年)10月改正より大阪ー西鹿児島間の運転となり、東京ー大阪間は臨時扱いでの
運転となりました。しかし実質的には列車番号が変わるだけで東京ー西鹿児島運転日が多かったようです。


1964年(昭和39年)6月。

「はやぶさ」で14号車ナハフ20がナハネフ22に置き換えられます。

後列左側西鹿児島寄りより

EF60(EF65代用)+カニ22+(1)ナロネ22+(2)ナロ20+(3)ナシ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+
(6)ナハネ20+(7)ナハフ21+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネ20
+(13)ナハネ20+(14)ナハネフ22

(8)〜(14):東京ー博多

模型:全てKATO既製品。

1965年(昭和40年)10月1日時刻大改正。

「霧島」ではオユの増車、ナロの減車による編成変更がありました。

後列左側鹿児島寄りより

EF58+オユ10+マニ60+(1)ナロ10+(2)オハネ17+(3)ナハネ11+(4)ナハネ11+(5)オシ17+(6)ナハ10
+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハフ10+(11)スハ43+(12)スハ43+(13)スハフ42


*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

(12)〜(14):東京ー熊本
オユ:下り東京ー鳥栖、上り熊本ー東京


模型:EF58、ナハ11、ナハフ11、スハ43、スハフ42、マニ60(KATO既製品)、ナロ10、オハネ17(マイクロエース)、
ナハネ11(KATOオハネ12からの改造)、オシ17(KATO既製品からの塗り替え)、オユ10(KATO既製品からの改造)

「はやぶさ」ではナハネ20からナロネ21への置き換え、ナシ20の連結号車変更が行われました。
また熊本ー西鹿児島間は長らくC61が牽いていましたがDD51に置き換わっています。

後列左側西鹿児島寄りより

EF60(EF65代用)+カニ21+(1)ナロネ22+(2)ナロ20+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+
(6)ナシ20+(7)ナハネフ21+(8)ナロネ21+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネ20
+(13)ナハネ20+(14)ナハネフ22

(8)〜(14):東京ー博多

模型:全てKATO既製品。

1967年(昭和42年)10月1日時刻改正。

列車としては変化ありませんが優等車両は冷房改造車に置き換えられています。
「霧島」は運転区間はこの改正から東京ー西鹿児島間となりました。

後列左側西鹿児島寄りより

EF58+オユ10+マニ60+(1)オロ11+(2)オハネ12+(3)オハネ12+(4)オハネ12+(5)オシ17+(6)ナハ10
+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハフ10+(11)スハ43+(12)スハ43+(13)スハフ42
(スハ43代用)+(14)スハフ42

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

オユ:東京ー熊本
(12)〜(14):東京ー熊本

模型
EF58(KATO既製品)、マニ60、オハネ12、オシ17、ナハ11、ナハフ11、スハ43、スハフ42(KATO既製品)、オロ11
(KATO製ナロ10からの改造)、オユ10(KATO既製品からの改造)

「はやぶさ」は変化ありませんが翌1968年(昭和43年)6月にナロ20がナハネ20に置き換えられています。

後列左側西鹿児島寄りより

EF60(EF65代用)+カニ21+(1)ナロネ22+(2)ナハネ20+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+
(6)ナシ20+(7)ナハネフ21+(8)ナロネ21+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネ20
+(13)ナハネ20+(14)ナハネフ22

(8)〜(14):東京ー博多

模型:全てKATO既製品。

「桜島」は座席車による輸送力列車のまま大阪ー西鹿児島間運転で存続します。
当時の時刻表で確認すると9/5までは東京ー西鹿児島間で運転されていました。

後列左側西鹿児島寄りより

EF58+(1)オハフ45+(2)オロ11+(3)オハ46+(4)オハ47+(5)オハ46+(6)オハ46+(7)オハ47+
(8)スハフ42+(9)オハ46+(10)オハ47+(11)スハフ42+(12)スハ43(オハ47代用)+(13)スハフ42
(オハフ33代用)

(9)〜(11):大阪ー熊本
(12)、(13):大阪ー博多

模型
EF58(KATO既製品)、オロ11(KATO製ナロ10からの改造)、オハ46,47、スハフ42、オハフ33(KATO既製品)

1968年(昭和43年)10月1日白紙時刻改正。

ヨンサントオと呼ばれたこの改正は東北本線全線電化を中心とした改正ですが九州方面へも新幹線の増発。
新幹線に接続する中京、関西発着の寝台特急「あかつき」「彗星」「明星」「金星」などの増発により東京ー九州間の急行
は「雲仙、西海」「霧島」「高千穂」と3往復が「霧島、高千穂」(東京ー西鹿児島、鹿児島本線経由、日豊本線経由)のみと
大幅に整理されます。

「霧島」は東京ー西鹿児島:日豊本線経由の「高千穂」と併結となり、ハザ、ロザの座席車のみの編成となります。
ただし、食堂車はそのまま残り、まだまだ急行での長距離の需要が伺えます。

後列左側西鹿児島寄りより

EF58+マニ36+オユ12+(1)ナハフ10+(2)オロ11+(3)オシ17+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10
+(7)ナハフ10+(8)ナハフ10(スハフ42代用)+(9)オロ11+(10)ナハ10+(11)ナハ10+(12)ナハ10+
(13)ナハフ10(スハフ42)

(8)〜(13):東京ー西鹿児島間日豊本線経由「高千穂」
マニ:東京ー鳥栖。
オユ:下り東京ー鳥栖、上り熊本ー東京。

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

模型:EF58(KATO)、オロ11(KATOナロ10からの改造)、その他はKATO既製品。


特急「はやぶさ」は東京ー西鹿児島、長崎間運転となります。

後列左側西鹿児島寄りより

EF65)+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナハネ20+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナシ20+(6)ナハネ20+
(7)ナハネフ21(ナハネフ23代用)+(8)ナロネ21+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネ20
+(13)ナハネ20+(14)ナハネフ22

(8)〜(14):東京ー長崎。
鳥栖ー長崎間は電源車マヤ20連結。

模型:全てKATO既製品。

1970年(昭和45年)10月1日時刻改正。

この改正では鹿児島本線全線電化により京都ー西鹿児島間に581(583系)による寝台特急「きりしま」の新設により
「霧島」は「桜島」と愛称が変わります。

後列左側西鹿児島寄りより

EF58+マニ36+(1)ナハフ10+(2)オロ11+(3)オシ17+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10
+(7)ナハフ10+(8)ナハフ10(スハフ42代用)+(9)オロ11+(10)ナハ10+(11)ナハ10+(12)ナハ10+
(13)ナハフ10(スハフ42)

(8)〜(13):東京ー西鹿児島間日豊本線経由「高千穂」
マニ:下り東京ー熊本、上り鳥栖ー東京。

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

模型:EF58(KATO)、オロ11(KATOナロ10からの改造)、その他はKATO既製品。


1972年(昭和47年)3月15日時刻改正。

山陽新幹線岡山開業したこの改正では「桜島、高千穂」は変わりありませんが食堂車が編成から外れます。

後列左側西鹿児島寄りより

EF58+(1)ナハフ10+(2)オロ11+(3)ナハ10+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10
+(7)ナハフ10+(8)ナハフ10(スハフ42代用)+(9)オロ11+(10)ナハ10+(11)ナハ10+(12)ナハ10+
(13)ナハフ10(スハフ42代用)+(14)ナハフ10(スハフ42代用)

(8)〜(14):東京ー西鹿児島間日豊本線経由「高千穂」

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。
*オロ11はスロ62の場合も有りました。


模型:EF58(KATO)、オロ11(KATOナロ10からの改造)、その他はKATO既製品。

特急「はやぶさ」は東京ー西鹿児島、長崎間運転のまま変更はありませんが1号車のナロネ21がナロネ22に
置き換えられます。(7月15日に再びナロネ21に置き換え)

後列左側西鹿児島寄りより

EF65)+カニ21+(1)ナロネ22+(2)ナハネ20+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナシ20+(6)ナハネ20+
(7)ナハネフ21(ナハネフ23代用)+(8)ナロネ21+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネ20
+(13)ナハネ20+(14)ナハネフ22

(8)〜(14):東京ー長崎。
鳥栖ー長崎間は電源車マヤ20連結。

模型:全てKATO既製品。


1975年(昭和50年)2月。

さて、山陽新幹線の博多開業が近づいた1974年(昭和49年)5月にはRJ雑誌で「桜島、高千穂」の記事が見られました。
新幹線で7時間弱で博多へ行けるようになるのですから同じ博多で19時間もかかる急行は無用の産物かも知れません。
1975年(昭和50年)に入ると廃止が現実味を帯びるようになり、撮り鉄、乗り鉄で賑わったようです。

私自身も廃止目前の2月に沼津ー東京間に乗りましたが乗車率は60%位と盛況なのはいいのですが行き先札が盗難の
ためまともに付いていない状態でチョークで東京行きとか桜島とか書かれていた位でした。

廃止寸前の2月には優等車両をはじめとする減車が「桜島」にみならず、関西発着の九州方面への急行に見られました。


後列左側西鹿児島寄りより

EF58+(1)ナハフ11+(2)スロ62+(3)欠+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハフ10+(7)ナハフ10(スハフ42
代用)+(8)ナハ10+(9)欠+(10)ナハ10+(11)ナハ10+(12)ナハ10+(13)ナハ10+(14)ナハフ10(スハフ
42代用)

(8)〜(14):東京ー西鹿児島間日豊本線経由「高千穂」
*(2)号車は所定ではオロ11ですが当時スロ62が連結されていたのを直接確認しているので組み込んでみました。

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

模型:全てKATO既製品。

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正。

山陽新幹線が博多開業したこの改正では「桜島、高千穂」が惜しまれながら廃止されます。
これにより長距離急行TOPは大阪ー青森間の「きたぐに」に譲ります。

これ以降は残った「はやぶさ」のヒストリーとなります。

「はやぶさ」ですが20系から24系(3段寝台)に置き換え、同時に「富士」「出雲」も置き換えられます。

後列左側西鹿児島寄りより

EF65+カニ24(カヤで代用)+(1)オロネ14+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オシ24+
(6)オハネフ24+(7)オハネフ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネ24+(11)オハネ24+
(12)オハネ24+(13)オハネフ24

(7)〜(13):東京ー熊本

模型:EF65(KATO)、24系客車(TOMIX)
*模型にはJRマークが入っており、すいません。

九州への急行「桜島、高千穂」は廃止されますが東京からの寝台特急は新幹線以上に盛況でシーズン中の上り列車
は九州内の停車駅で割り当て発売がされるほどでした。
(寝台特急の停車駅に発売枚数を限定して割り当てるのですがそれに対する競争率が熾烈で1日前から並ばないと
入手出来ない状況でした。)

1976年(昭和51年)10月1日時刻改正。

この改正から東京口の寝台特急にもやっと2段ハネが投入されて「はやぶさ」「富士」「出雲」が置き換えられます。

後列左側西鹿児島寄りより

EF65+カニ24+(1)オロネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オシ24+
(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネ25+
(12)オハネ25+(13)オハネフ25

(7)〜(13):東京ー熊本

模型:EF65(KATO)、25系客車(TOMIX)
*模型にはJRマークが入っており、すいません。

24系は関西からの転属でしたが「はやぶさ」「富士」「出雲」は1人用個室オロネ25,オハネ25−100,
オハネフ25−100が新製配属されています。食堂車は新製せず、従来のオシ24の配線変更により25系編成に
組み込みました。
それまで使用されていた24系は尾久(後に一部青森)に転出して「ゆうづる」などに使用されます。

1978年(昭和53年)2月1日。

東京口寝台特急で最後まで20系で残ったのが元祖「あさかぜ」が25系に置き換えとなります。食堂車は新製しない
ため、「はやぶさ」「富士」で付属編成に移して所要両数を3両⇒2両にする事により「あさかぜ」へ捻出しました。


後列左側西鹿児島寄りより

EF65+カニ24+(1)オロネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25+
(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オシ24+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネ25+
(12)オハネ25+(13)オハネフ25

(7)〜(13):東京ー熊本

模型:EF65(KATO)、25系客車(TOMIX)
*模型にはJRマークが入っており、すいません。

1985年(昭和60年)3月14日時刻改正。

この改正では「はやぶさ」にロビーカー(フリースペースで開放)増車となります。
しかし増車により、EF65の牽引定数だと速度低下する区間あるので当時余剰気味だったEF66に交代となります。
増車されたのは「はやぶさ」だけですが東京発着の九州特急「さくら」「みずほ」「富士」「あさかぜ」もEF66牽引となります。
またEF66の余力で東京ー下関間で30分ほどのスピードアップも行われました。
当時の雑誌ではこの特集で結構賑わったものです。

後列左側西鹿児島寄りより

EF66+カニ24+(1)オロネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25+
(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オシ24+(9)オハ25+(10)オハネ25+(11)オハネ25+
(12)オハネ25+(13)オハネ25+(14)オハネフ25

(7)〜(14):東京ー熊本

模型:EF66(KATO)、25系客車(TOMIX)
*模型にはJRマークが入っており、すいません。

1986年(昭和61年)11月1日時刻改正。

JR分割民営化を踏まえたこの改正では受け持ちが「富士」と共に品川から鹿児島、熊本に。
オロネ25が付属編成に移されます。「あさかぜ」「出雲」は品川なので予備車が共通でなくなるので使用両数を
減らすために編成変更したものと思われます。

後列左側西鹿児島寄りより

EF66+カニ24+(1)オハネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25+
(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オシ24+(9)オハ25+(10)オハネ25+(11)オハネ25+
(12)オハネ25+(13)オロネ25+(14)オハネフ25

(7)〜(14):東京ー熊本

模型:EF66(KATO)、25系客車(TOMIX)
*模型にはJRマークが入っており、すいません。

*受け持ちが九州になってから6号者のオハネフ25が0番代が入る事ありました。写真ではそのように組んでいます。

1989年(平成元年)3月13日時刻改正。

JR化して2年後のこの改正では1人用個室(ソロ)が連結されます。

後列左側西鹿児島寄りより

EF66+カニ24+(1)オハネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25+
(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オシ24+(9)オハ25+(10)オハネ25+(11)オハネ25+
(12)オハネ25-1000(ソロ)+(13)オロネ25+(14)オハネフ25

(7)〜(14):東京ー熊本

模型:EF66(KATO)、25系客車(TOMIX)


この頃となると札幌方面の寝台特急は盛況でしたが九州方面は新幹線との競合があり、利用者は徐々に減って
います。この年の5月連休に「はやぶさ」に乗車しましたが空席があるほどで食堂車もメニュー内容を縮小して
おり、往年の盛況さは見られませんでした。

その後の「はやぶさ」ですが

1948年7月1日から、49年間の東京ー鹿児島間運転が
1997年(平成9年)11月29日時刻改正で東京ー熊本間に運転区間縮小されます。

本ヒストリーは東京と西鹿児島を結んでいる事前提で進めていますのでここで完とさせていただきます。

その後は衰退の一途をたどり

1999年(平成11年)12月4日時刻改正で「さくら」と併結。
2005年(平成17年)3月1日時刻改正で「さくら」廃止のため「富士」と併結。
2009年(平成21年)3月13日時刻改正で惜しまれながら「富士」と共に廃止されました。




参考資料
国鉄名列車編成史(急行、普通列車編),各種時刻表。鉄道運輸年表。
鉄道ピクトリアル(NO483、609、629、654、657、665、667、670、761)
CD版国鉄特急編成史(客車、機関車編)、国鉄名列車編成史(急行、普通列車編


第149回:旅する夢をありがとう。「北斗星」27年の生涯。



1988年(昭和63年)3月13日、JRグループ最初の時刻改正が行われました。
この改正の目玉は青函トンネル開通による上野ー札幌間直通の寝台特急「北斗星」3往復の新設でそれまでの
「ゆうづる」「はつかり」ー青函連絡船ー「北斗」の系統を受け継ぐ形で上野ー札幌間が乗り換えなしで16時間で
結れました。

 車両は新製する事なく、従来の24系25型寝台客車をデラックス化により編成されました。その中でもロイヤル
ルームとデユッエットを備えたオロハネ25や2人用A寝台個室ツインデラックスを備えたオロネ25、485系の食
堂車サシ481から改造されたスシ24などが編成されて16時間の鉄道旅行にふさわしいものとされました。

この列車は世の中のゆとりも反映してか、予想以上に人気が高いものでした。
特にA寝台個室ロイヤルは走る展示室となるような予測もありましたが逆にプラチナチケットとなった事は言うまでも
ありません。


早速、1988年(昭和63年)3月13日誕生時からの各列車を模型で再現し、その生涯を辿ってみたいと思います。

1988年(昭和63年)3月13日時刻改正の登場時

北斗星1,2号

前列右上野方面(函館から見て)より

カニ24-500+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オロハネ25-550(ロイヤル、デユッエット)+(4)オロネ25-500
(ツインDX)+(5)スハネ25-500(ソロ、ロビー)+(6)スシ24-500(グランシャリオ)+(7)オハネフ25+(8)オハネ25
+(9)オハネ25+(10)オハネフ25+DD51+DD51
客車はJR北海道持ち

(4)オロネ25は0番代(大窓車)の場合も有り。

*グランシャリオは愛称の発祥である北斗七星を有するおおくま座より。

模型:
DD51(TOMIX)
(7)(10)オハネフ25、(9)オハネ25:KATO,その他はTOMIX既製品

北斗星3,4号(季節列車)

前列右札幌方面より

カニ24-500+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25+(6)オハネフ25
+(7)オハネフ5+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネフ25+DD51+DD51
客車はJR東日本持ち

模型:
DD51(TOMIX)
(1)(6)(10)オハネフ25、(9)オハネ25:KATO,その他はTOMIX既製品

北斗星5,6号

前列右札幌方面より

カニ24-500+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オロネ25-500(ツインDX)+(4)オロハネ25-500(ロイヤル、ソロ)
+(5)オハ25-500(ロビー)+(6)スシ24-500(グランシャリオ)+(7)オハネ25+(8)オハネフ25+(9)オハネ25+
(10)オハネフ25+DD51+DD51
客車はJR東日本持ち

模型:
DD51(TOMIX)
全てTOMIX既製品


JR北海道内では立席利用が認められていたが寝台、立席利用者の不満も声も上がっていたので7月頃より「北斗星1号」のみ
函館ー札幌間にスハフ14(スハネフ14の場合も有り)が連結されました。

北斗星1,2号

前列右上野方面(函館から見て)より

カニ24-500+スハフ14+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オロハネ25-550(ロイヤル、デユッエット)+(4)オロネ25-500
(ツインDX)+(5)スハネ25-500(ソロ、ロビー)+(6)スシ24-500(グランシャリオ)+(7)オハネフ25+(8)オハネ25
+(9)オハネ25+(10)オハネフ25+DD51+DD51
客車はJR北海道持ち

模型:スハフ14-500(TOMIX)



1989年(平成元年)3月11日時刻改正

青函トンネルの利用者は「はつかり」「日本海」「海峡」では減り始めていたが「北斗星」では利用者増が続き、それに対応して
「北斗星3,4号」の定期化。個室寝台増車により寝台券の入手難解消も図られたました
JR北海道内の立席利用も「北斗星3号」の函館ー伊達紋別からの乗車のみとされ、寝台利用者と重複しないように号車も
限定されました。
定期化された「北斗星3,4号」はJR東日本、JR北海道でそれぞれ1本ずつの受け持ちとなりました。

あと臨時の輸送力列車として「エルム」も新設されます。

北斗星1,2号

前列右札幌方面より

カニ24-500+(1)オハネフ25-200+(2)オロハネ25-550(ロイヤル、デユッエット)+(3)オロハネ25-550(ロイヤル、ソロ)
+(4)オロネ25-500(ツインDX)+(5)オロネ25-500(グランシャリオ)+(6)スハネ25-500(ソロ、ロビー)+(7)オハネフ25
+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25+DD51+DD51
客車はJR北海道持ち

(3)号車:オロハネ25-550(ロイヤル、ソロ)の増車は7月より。

模型:
DD51(TOMIX)
カニ24-500、オハネフ25-200、オロネ25-500、オロネ25-500、スハネ25-500、オハネ25(TOMIX)
(3)号車、オロハネ25-550(ロイヤル、ソロ):KATO製オロハネ25-550からの改造。
(4)号車、オロハネ25、オハネフ25、スシ24、(10)号車オハネ25:KATO

北斗星3,4号(JR北海道)

前列右札幌方面より

カニ24-500+(1)オハネフ24-500+(2)オロハネ25-550(ロイヤル、デユエット)+(3)オロハネ25-550(ロイヤル,ソロ)
+(4)オロネ25-550(ツインDX)+(5)スシ24-500(グランシャリオ)+(6)オハ25-550(ロビー)+(7)オハネフ24-500
+(8)オハネ24-500+(9)オハネ24-500+(10)オハネ25+(11)オハネフ25+DD51+DD51

模型:
DD51(TOMIX)
カニ24-500、スシ24:KATO
オロネ25-550:TOMIX製オハネ25からの改造。(後年「北斗星1,2号」に連結となります。)
オハ25-550:TOMIX製オハネ14からの改造。
オハネフ24-500::TOMIX製オハネ14からの改造。
その他はTOMIX既製品。

北斗星3,4号(JR東日本)

前列右札幌方面より

カニ24-500+(1)オハネフ25-200+(2)オロハネ24-550(ロイヤル、デユエット)+(3)オロハネ24-500(ロイヤル,ソロ)
+(4)オロネ25(ツインDX)+(5)スシ24-500(グランシャリオ)+(6)オハ25-550(ロビー)+(7)オハネフ25-200
+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ24+(11)オハネフ25+DD51+DD51

模型:
DD51(TOMIX)
オロネ25(KATO)
オロハネ24-500(KATO製オロハネ25-550からの改造)
オハネ24(TOMIX製オハネ14からの改造)
その他は全てTOMIX既製品。



北斗星5,6号(JR東日本)

前列右札幌方面より

カニ24-500+(1)オハネフ25-200+(2)オロハネ24-550(ロイヤル、デユエット)+(3)オロハネ25-500(ロイヤル,ソロ)
+(4)オロネ25-500(ツインDX)+(5)スシ24-500(グランシャリオ)+(6)オハ25-550(ロビー)+(7)オハネフ25-200
+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25+DD51+DD51

模型:
DD51(TOMIX)
全てTOMIX既製品。

エルム(JR東日本)

前列右札幌方面より

カニ24-500+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25+(6)オハネフ25
+(7)オハネフ5+(8)オハネ25+(9)オハネフ25++DD51+DD51
客車はJR東日本持ち

模型:
DD51(TOMIX)
(1)(6)(10)オハネフ25、(9)オハネ25:KATO,その他はTOMIX既製品

エルム「ELM」はにれの木という意味。
かつて札幌駅に「エルムの鐘」という待ち合わせ場所があり、カノジョ(がいれば)と待ち合わせしたいと思ったほど。
それはともかく、エルムという愛称は1951年(昭和26年)4月に札幌ー室蘭間準急に命名されたのが最初ですが愛称の統合
などで長続きしませんでした。臨時といえど寝台特急に命名されたのは破格の出世と言っていいのでは。

列車の使命としては多客期の輸送力列車ですが修学旅行にも活躍しました。


1991年(平成3年)3月16日時刻改正では上野駅改札付近の電源車の排煙、騒音対策としてブルートレインの方転されるが
「北斗星」は札幌駅の改良が完了したこの改正より方転されました。。

1993年(平成5年)3月18日時刻改正では東京からのい九州特急の食堂車の営業が廃止されますが食堂営業をする列車は
「北斗星」「トワイライトエクスプレス」のみとなります。
青函トンネル開通により人気の高かった「北斗星」ですがその後は年々乗車率は低下して1994年(平成6年)12月3日時刻改正
では3,4号が季節列車化されます。(実質的にはほぼ毎日運転)

JR北海道では1996年(平成8年)度より北斗星1,2号でB開放ハネ4両を4人用のコンパートメントに改造,1998年(平成10年)
3月までにオハネ25-550(ソロ),オハネ25-560(デユエット)が組み込まれて完全個室化が完了しました。
一方では上野ー札幌間寝台特急で新しい車両(E26系)の投入が計画。「カシオペア」と命名されて1999年(平成11年)7月16日より
運転開始されます。これにより従来の「北斗星3,4号」が季節列車から臨時「北斗星81,82号」に格下げされました。
これにより従来の「北斗星1,2号」(JR北海道)はそのまま。「北斗星5,6号」が「北斗星3,4号」(JR東日本)となります。

1999年(平成11年)7月16日時刻改正(カシオペア運転開始時)

北斗星1,2号(JR北海道)

後列左側函館方面(札幌より見て)

DD51+DD51+(1)オハネフ25+(2)オハネ25-560(デユエット)+(3)オハネ25-560(デユエット)+(4)オハネ25-560(デユエット)
+(5)オハネ25-550(ソロ)+(6)スハネ25-500(ソロ,ロビー)+(7)スシ24-500(グランシャリオ)+(8)オロネ25-550(ツインDX)
+(9))オロハネ25-550(ロイヤル,ソロ)+(10)オロハネ25-550(ロイヤル、デユエット)+(11)オハネフ25+カニ24-500

全個室化は1998年(平成10年)3月までに完了。

模型
オロネ25-550::TOMIX製オハネ25からの改造。
その他全てTOMIX既製品。

北斗星3,4号(JR東日本)

前列右函館方面より(札幌から見て)

DD51+DD51+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネフ25+
(6)オハ25-500(ロビー)+(7)スシ24-500(グランシャリオ)+(8)オロネ25-550(ツインDX)+
(9)オロハネ25-500(ロイヤル,ソロ)+(10)オロハネ24-550(ロイヤル、デユエット)+(11)オハネフ25+カニ24-500

模型:
DD51(TOMIX)
全てTOMIX既製品。

北斗星81,82号(JR北海道)

前列右函館方面より(札幌から見て)

DD51+DD51+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(5)オハネフ24-500+(6)オハ25-550(ロビー)+
(7)スシ24-500(グランシャリオ)+(8)オロネ25(ツインDX)+(9)オロハネ25-550(ロイヤル,ソロ)+
(10)オロハネ25-550(ロイヤル、デユエット)+(11)オハネフ25+カニ24-500

模型:
DD51(TOMIX)
カニ24-500、スシ24、オロネ25:KATO
オハ25-550:TOMIX製オハネ14からの改造。
オハネフ24-500::TOMIX製オハネ14からの改造。
その他はTOMIX既製品。

「カシオペア」運転開始前は「北斗星3,4号」(JR北海道)編成は「北斗星81,82号」として臨時として運転されて
おりました。JR東日本でも同様編成有り。

その他「北斗星」関係の臨時で夢空間車を連結したスキーリゾート「北斗星トマムスキー」も運転されました。

前列右函館方面より(札幌から見て)

DD51+DD51+(1)オシ25-901(ダイニングカー)+(2)オハフ25-901(ラウンジカー)+(3)オロネ25-901(DXスリーパー)
+(4)オロネ25-500(ツインDX)+(5)オロハネ24-550(ロイヤル、デュエット)+(6)オハネフ25+(7)オハネ25
+(8)オハネ25+(9)オハネフ25+カニ24-500

模型:全てTOMIX既製品。

このような編成で上野ー札幌間「北斗星81,82号」として運転された時もありました。

2004年(平成16年)以降ですが「北斗星3,4号」(JR東日本)で閑散期に(2)〜(4)号車がB開放寝台から個室寝台が連結されます。
(個室拡大)
撮影していても独特の窓配置であるロイヤル4両は壮観でした。

北斗星3,4号(JR東日本、個室拡大)

前列右函館方面より(札幌から見て)

DD51+DD51+(1)オハネフ25+(2)オロネ24-500(ツインDX)+(3)オロハネ24-500(ロイヤル、ソロ)+
(4)オロハネ24-550(ロイヤル、デユエット)+(5)オハネフ25+(6)オハ25-500(ロビー)+(7)スシ24-500(グランシャリオ)
+(8)オロネ25-550(ツインDX)+(9)オロハネ25-500(ロイヤル,ソロ)+(10)オロハネ24-550(ロイヤル、デユエット)+
(11)オハネフ25+カニ24-500

模型:
DD51(TOMIX)
オロネ24-500(KATO製オロネ25からの改造)
オロハネ24-500(KATO製オロハネ25-550からの改造)
その他は全てTOMIX既製品。

長らく続いたJR北海道とJR東日本で1往復ずつ2往復で運転される「北斗星」ですが長年にわたり右肩下がりの乗客減少は
免れず、「エルム」は2007年(平成18年)夏季以降は運転設定はなくなります。
寝台特急の需要拡大目的の夢空間車も2008年(平成19年)3月で運用停止となります。


2008年(平成20年)3月15日時刻改正

この時刻改正では北海道新幹線の工事時間確保などの理由で「北斗星」1,4号のダイヤが廃止となり、1往復に減便されます。
編成はJR北海道とJR東日本の混成編成となりますが、両社の競演が見られなくなったのは寂しく思ったものです。

北斗星(JR東日本、JR北海道)

前列右函館方面より(札幌から見て)

DD51+DD51+(1)オハネフ25+(2)オハネ25-560(デュエット)+(3)オハネ25-560(デュエット)+
(4)オハネ25-560(デュエット)+(5)オハネ25-550(ソロ)+(6)スハネ25-500(ソロ,ロビー)+
(7)スシ24-500(グランシャリオ)+(8)オロネ25-550(ツインDX)+(9)オロハネ25-500(ロイヤル,ソロ)
+(10)オロハネ24-550(ロイヤル、デユエット)+(11)オハネフ25+カニ24-500

(2)号車ですが2011年(平成23年)2月よりデュエットの予備車確保のため開放寝台のオハネフ25又はオハネフ24-500
に置き換えられます。

模型は全てTOMIX既製品

2015年(平成27年)3月14日時刻改正

北海道新幹線の試験走行に実施,車両老朽化などの理由で3月13日発を最後に定期運行が停止となりました。
以降夏季までは「カシオペア」と交互による臨時運行となります。

私も3回利用しましたが日常の煩雑さを忘れさせてくれる、癒してくれる空間でした。
27年間の活躍どうもご苦労さまでした。

24系客車(イカロス出版)、各種時刻表。



第150回:「だいせん」。山陰本線の脇を固めた急行たち。

山陰本線の優等列車と言えば先に紹介した「出雲」が最初です。
山陰と言えば関西の奥座敷というイメージですが戦後の経済発展に伴い、「出雲」に続いて関西〜山陰を結ぶ
優等列車が次々と誕生します。
山陰本線を目指す列車といえば「だいせん」が有名ですがいろいろな系統(伯備、播但、姫新線経由など)での
列車があるのでここでは「だいせん」と関西〜福知山線経由〜山陰(鳥取以西)を目指す急行列車たちを紹介
させていただきます。



「だいせん」の誕生。

「だいせん」(大山)は鳥取県西部にそびえる標高1729mの火山で中国地方の最高峰です。
その山容は伯耆富士と呼ばれており、夏は登山、冬はスキーで有名で周辺は大山隠岐国立公園に指定されています。
山陰を目指す列車にふさわしい列車の愛称ですが誕生は1953年(昭和28年)3月改正です。
当初は岡山から伯備線経由で松江を目指す快速列車でC58に牽引されてヘッドマークも付いておりました。


関西からの便宜で東京ー博多間急行「筑紫」と上り下り共岡山で接続しておりました。
所要時間ですが下りで「筑紫」からの乗り継ぎで大阪ー米子で7時間27分と「出雲」より12分遅いだけで伯備線内では
3時間53分とC58牽引にしては足が速かったようです。

その「だいせん」ですが1958年(昭和33年)10月時刻改正で京都ー大社(伯備線経由)急行に格上げされます。
同時に誕生した京都ー広島間急行「宮島」に京都ー岡山間併結されておりました。

急行格上げ時:1958年(昭和33年)10月改正時点(京都ー大社)

後列左側京都から見て岡山寄りより

C59+(1)スハフ42+(2)スロ51+(3)スハ43+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハ43
+(8)スハフ42(ナハフ11で代用)+(9)スハフ42+(10)スロ50+(11)スハ43+(12)スハ43+(13)スハフ42

(1)〜(8)号車:京都―広島間「宮島」

模型:C59(マイクロエース)、スハフ42、スハ43(KATO製スハフ42、スハ43からの表記変更)、スロ51、スロ50
(レボリューションファクトリー)

岡山ー大社間では当時米子に新製配属されたばかりのDF50が牽いたと思われます。京都ー大社間ですが下りで
8時間37分で結んでおりました。当時は出雲大社参りにしても移動で1日がかりですね。

1961年(昭和36年)10月白紙改正。

この改正では併結相手が名古屋ー鹿児島間急行「さつま」に変わります。
1961年(昭和36年)10月白紙改正時(京都ー大社)

後列左側京都から見て岡山寄りより

EF58+マニ31+(3)ナハネ11+(4)ナロ10+(5)ナロ10+(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハフ11+
(10)スハ43+(11)スハ43+(12)スハフ42+(13)スハフ42+(14)スロ51+(15)ナハ11+(16)ナハ11
+(17)スハフ43

マニ31、(3)〜(9)号車:「さつま」名古屋ー鹿児島
(10)〜(12)号車:「さつま」名古屋ー門司。
(13)〜(17)号車:「だいせん」京都ー大社。

「さつま」が鹿児島持ちで「霧島」との共通運用なので3号車から始まっているので「だいせん」は最後尾が17号車と
なっています。

模型
EF58(KATO)、ナハネ11(KATO製オハネ12からの改造)、ナロ10(マイクロエース)、ナハ11、ナハフ11(KATO
製からの塗り替え)、スハフ42、スハ43(KATO)、スロ51(レボリューションファクトリー)

この白紙改正では京都ー松江間で山陰本線初の特急「まつかぜ」が誕生しますが同時に大阪ー浜田、大社間に急行
「三瓶」(さんべ)も誕生します。


1961年(昭和36年)10月白紙改正時(大阪ー浜田、大社)

後列左側大阪から見て米子寄りより

DF50+マニ31+(1)スロ54+(2)オハ46+(3)オハ46+(4)オハ46+(5)スハフ42+(6)オハ46+(7)オハ46
+(8)スハフ42

(6)〜(8)号車:大阪ー大社。

模型:DF50(TOMIX)、スハフ42(KATO)、オハ46(KATO製スハ43より改造)、スロ54(KATO製青大将からの塗り替え)
マニ31(モデモ)

マニ31ですが「出雲」時代東京ー大阪ー浜田間荷物運用ありましたがこの改正から大阪を経由しなくなったので東京ー大阪間
寝台急行「月光」から「三瓶」への継走に変更となっています。
「三瓶」ですが大阪9:30−浜田19:42なので車窓では山陰本線の夕陽がきれいだった事でしょう。

ここで夜行普通列車となりますが後年急行「しまね」に格上げされる大阪ー浜田間夜行普通列車717レ、718レを
紹介しておきます。編成は1961年(昭和36年)10月時点。

後列左側大阪から見て米子寄りより。

DF50+スユニ+オハフ45+マニ+(1)マロネロ38+(2)オロ36+(3)オハ46+(4)オハ46+(5)オハフ45
+(6)オハ46+(7)オハ46+(8)スハフ42

スユニ、(6)〜(8)号車:大阪ー出雲市。

模型:DF50(TOMIX)、スユニ61(タバサ)、マニ31、オロ36(モデモ)、マロネロ38(レボリューションファクトリー)、オハ46、
オハフ45(KATO製スハ43、スハフ42からの改造)

この717,718レですが1964年(昭和39年)10月時刻改正で「だいせん」まで続く夜行急行「しまね」に格上げされますが
マロネロ38が急行格上げされるまで半年ほどオロネ10が連結されていた記録があります。普通列車でハネの連結もない
のにオロネ10の連結は異例でです。出雲大社参り客に配慮した処置なのでしょうか。

1962年(昭和37年)10月時刻改正。

この改正では「だいせん」が客車から気動車に置き換えられます。運転区間は京都ー大社(赤穂線、伯備線経由)

後列左側大阪から見て米子寄りより。編成は1963年(昭和38年)10月時点。

(1)キハ28+(2)キロ28+(3)キハ28+(4)キハ28(キハ58で代用)+(5)キハ28(キハ58で代用)+(6)キハ28
(キハ58で代用)+(7)キハ58

(7)号車:京都ー米子

模型:キハ28、キロ28(TOMIX製キハ28から非冷房改造)、キハ58、キロ28(TOMIX製キハ57、キロ27から台車
交換)

所要時間も京都ー大社間で7時間40分に短縮されます。また気動車化により相生ー岡山間は赤穂線経由となります。

1964年(昭和39年)10月時刻改正。

この改正では大阪ー浜田間夜行普通列車717,718レが大阪ー大社間(上り出雲市ー大阪間)
夜行急行「しまね」へ格上げされます。


後列左側大阪から見て米子寄りより。

DF50+スユニ61+マニ31+(1)スロフ53(スロ54で代用)+(2)オロネ10+(3)ナハネ11+(4)オハフ45+(5)オハ46
+(6)オハ46+(7)オハ46+(8)オハ46+(9)オハフ45

スユニ61、マニ31:大阪ー上井(現倉吉)

模型:DF50(TOMIX)、スユニ61(タバサ)、マニ31、オハ46、オハフ45(KATO製スハ43、スハフ42からの改造)
スロ54(KATO製青大将からの塗り替え)、オロネ10(KATO製の塗り替え)、ナハフ11(KATO製オハネ12からの塗り替え)

「三瓶」も編成が増強されます。運転区間は大阪ー浜田,大社

後列左側大阪から見て米子寄りより。

DF50+マニ31+(1)スロ54+(2)スロ51+(3)オハ46+(4)オハ46+(5)スハフ42+(6)オハ46+(7)ナハ11
+(8)ナハ11+(9)スハフ42

(6)〜(9)号車:大阪ー大社。

模型:DF50(TOMIX)、スハフ42(KATO)、オハ46(KATO製スハ43より改造)、スロ54(KATO製青大将からの塗り替え)
マニ31(モデモ)、スロ51(レボリューションファクトリー)

1965年(昭和40年)10月時刻大改正。

この改正では「だいせん」編成増強。
「三瓶」気動車化により大阪ー石見益田運転に。
「しまね」が「おき」へ愛称が変わります。


「だいせん」:1965年(昭和40年)10月時点。運転区間:京都ー大社(赤穂線、伯備線経由)

後列左側大阪から見て米子寄りより。

(1)キハ58+(2)キロ28+(3)キハ28+(4)キハ28+(5)キハ28)+(6)キハ58+(7)キハ58+(8)キハ58
+(9)キハ58

(8)、(9)号車:京都ー米子

模型:キハ58、キロ28(TOMIX製キハ57、キロ27からの台車交換)、キハ28(TOMIX製キハ28からの非冷房改造)

「三瓶」:1965年(昭和40年)10月改正時点。運転区間は大阪ー石見益田(現益田)

後列左側大阪から見て米子寄りより。

(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ28+(4)キロ28+(5)キロ28+(6)キハ58+(7)キハ58+(8)キハ58
+(9)キハ28(キハ58で代用)+(10)キハ58

(3)〜(6)号車:大阪ー浜田
(7)〜(8)号車:大阪ー大社
(9)〜(10)号車:大阪ー米子

模型:キハ58、キロ28(TOMIX製キハ57、キロ27からの台車交換)、キハ28(TOMIX製キハ28からの非冷房改造)

気動車ならではの小回り、芸当で段階的につるべ落としで編成を切り離して石見益田まで行くのは2両なのが面白いですね。

夜行急行「しまね」が「おき」に愛称が」変わります。「しまね」は米子ー博多間に新設された夜行急行に命名。
運転区間は大阪ー大社、上りは出雲市ー大阪。

後列左側大阪から見て米子寄りより。

スユニ+マニ+(1)スロフ53(スロ54で代用)+(2)オロネ10+(3)ナハネ11+(4)オハ46+(5)オハ46+(6)オハフ45
+(7)オハ46+(8)オハ46+(9)オハフ45

スユニ:大阪ー出雲市

模型:DD54(TOMIX)、スユニ61(タバサ)、マニ31、オハ46、オハフ45(KATO製スハ43、スハフ42からの改造)
スロ54(KATO製青大将からの塗り替え)、オロネ10(KATO製の塗り替え)、ナハフ11(KATO製オハネ12からの塗り替え)

牽引機は1966年(昭和41年)よりDD54に替わっていますが1968年(昭和43年)6月28日「おき」牽引中にエンジンの推進軸
落下で破損した逆転機が線路に刺さり、走高跳のような感じで脱線転覆事故を起こしています。
これ以降破損対策はとられますがトラブルが続いて後年国会で追及されるまで騒ぎが大きくなります。

1968年(昭和43年)10月白紙改正。

大阪から福知山線経由で米子方面に向かう列車「三瓶」「おき」を「だいせん」に愛称統合。
大阪ー松江間に「だいせん」1往復増発。愛称統合、増発により4往復に。(季節1往復含む)
京都ー大社間(伯備線経由)の今までの「だいせん」は「おき」に。

*特急列車は「まつかぜ」「やくも」1往復ずつで変更なし。


その他急行で
大阪から天橋立方面には「丹波」(4往復)
大阪から播但線経由鳥取方面には「但馬」(4往復)
大阪から姫新、因美線経由鳥取方面には「伯耆」(2往復)
大阪から姫新線経由で中国勝山,新見方面には「みまさか」(3往復)
大阪から伯備線経由で大社方面には「おき」(1往復)
が設定されておりました。

数多くの急行が設定されている中で「だいせん」はメインルートとなる福知山、山陰本線経由で鳥取、米子、大社方面
をめざします。

「だいせん下り1号、上り2号」 大阪ー益田、大社間運転。

後列左側大阪から見て益田寄りより

(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キロ28+(5)キロ28(キロ27代用)+(6)キハ58+(7)キハ28+(8)キハ58
+(9)キハ28(キハ58代用)+(10)キハ58+(11))キハ28(キハ58代用)+(12)キハ58

(1),(2):大阪ー益田
(3)〜(6):大阪ー浜田
(7),(8):大阪ー大社
(9),(10):大阪ー米子
(11),(12):大阪ー豊岡

*冷房車は資料ないですが(3)〜(6)号車とさせていただきました。

模型:キハ58:非冷房車(TOMIX製キハ57の台車交換)、キハ28:非冷房車(TOMIX製キロ27シャーシ、キハ28ボデー、キハ57屋根
、台車交換)、キハ58、キロ28:冷房車(TOMIX既製品)

大阪ー益田間で10時間余りの運転時間は今からすれば遅すぎで時代遅れのようですが当時にすれば特急に次いで速く着くので
利用者は多かったようです。

「だいせん下り2号、上り1号」 大阪ー松江間運転。

後列左側大阪から見て松江寄りより

(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キロ28+(4)キハ58+(5)キハ58+(6)キハ58
+(7)キハ28+(8)キハ58

(6)〜(8)号車:大阪ー米子。

模型:キハ58:非冷房車(TOMIX製キハ57の台車交換)、キハ28:非冷房車(TOMIX製キロ27シャーシ、キハ28ボデー、キハ57屋根
、台車交換)、キロ28(TOMIX既製品)

「だいせん下り3号、上り4号」 大阪ー大社(上り出雲市ー大阪)間運転。

後列左側大阪から見て大社寄りより

DD54+スユニ61+マニ36+(1)オロネ10+(2)スロ62+(3)オハネ12+(4)オハネ12+(5)オハフ45+(6)オハ46
+(7)オハ47+(8)オハ46+(9)オハ47+(10)オハフ45(スハフ42代用)

模型:DD54、マニ36(TOMIX)、その他はKATO既製品。

スユニ61:大阪ー出雲市(下りのみお連結)

牽引機はDD54ですが故障時はDF50の代走もありました。トラブル続きのため長くは務まらなかったようです。

1972年(昭和47年)3月時刻改正。

山陽新幹線岡山開業により新幹線に接続する岡山ー出雲市、益田間特急「やくも」4往復新設。
(米子以西は新幹線〜伯備線がメインルートとなる。)
大阪ー松江間に「だいせん」は大阪ー鳥取間運転とし「いなば」に改称。
「だいせん」は季節含まないで昼行、夜行1往復ずつに。


「だいせん1号」 大阪ー益田間運転。

後列左側大阪から見て益田寄りより
増1キハ58+増2キハ28+(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キロ28+(5)キハ58
+(6)キハ58+(7)キロ28(キロ27代用)+(8)キハ28+(9)キハ58+(10)キハ28+(11)キハ58

増1,2:米子ー長門市(米子ー益田間併結「はぎ」)下りのみ
(1),(2):大阪ー益田
(3)〜(5):大阪ー浜田
(6)〜(9):大阪ー大社(上り出雲市ー大阪)
(10),(11):大阪ー豊岡

模型:キハ58:非冷房車(TOMIX製キハ57の台車交換)、キハ28:非冷房車(TOMIX製キロ27シャーシ、キハ28ボデー、
キハ57屋根、台車交換)、キハ58,キハ28,キロ28冷房車(TOMIX既製品)

米子以西は新幹線〜「やくも」乗り継ぎがメインルートとなるので米子回転車がなくなります。

「いなば」 大阪ー鳥取間運転

後列左側大阪から見て鳥取寄りより

(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キハ58+(5)キロ28+(6)キハ28+(7)キハ58

模型:キハ58,キハ28,キロ28冷房車(TOMIX既製品)

「だいせん2号」 大阪ー大社(上り出雲市ー大阪)間運転。

後列左側大阪から見て大社寄りより

DD51+スユニ61+ワサフ+マニ36+(1)オロネ10+(2)スロ62+(3)オハネ12+(4)オハネ12+(5)オハネ12
+(6)オハネ12+(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハフ11

スユニ61,ワサフ,マニ36:大阪ー出雲市

この改正より寝台車の増強及び座席車は全車指定となります。それだけに出雲大社参拝客をはじめ利用率は高かった
ようです。

模型:マニ36(TOMIX)、その他KATO既製品。

1975年(昭和50年)3月時刻改正。

新幹線に接続する岡山ー出雲市、益田間特急「やくも」4往復⇒6往復。(昭和48年に増発)
大阪ー鳥取間に「いなば」は東京ー米子間寝台特急となったので「いでゆ」に改称。
「だいせん」は季節含みで昼行1往復、夜行2往復に。


*実質的には昭和47年3月改正と変化なし。

「だいせん1号」 大阪ー浜田(上り益田ー大阪)間運転。

後列左側大阪から見て益田寄りより
増1キハ58+増2キハ28+(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キロ28+(5)キハ58
+(6)キハ58+(7)キロ28(キロ27代用)+(8)キハ28+(9)キハ58+(10)キハ28+(11)キハ58

増1,2:米子ー長門市(米子ー益田間併結「はぎ」)下りのみ
(1),(2):大阪ー浜田(上り益田ー大阪)
(3)〜(5):大阪ー浜田
(6)〜(9):大阪ー大社(上り出雲市ー大阪)
(10),(11):大阪ー豊岡

模型:キハ58:非冷房車(TOMIX製キハ57の台車交換)、キハ28:非冷房車(TOMIX製キロ27シャーシ、キハ28ボデー、
キハ57屋根、台車交換)、キハ58,キハ28,キロ28冷房車(TOMIX既製品)

*運転区間の一部変更のみで編成は昭和47年3月改正時と変化なし。

「いでゆ」 大阪ー鳥取間運転

後列左側大阪から見て鳥取寄りより

(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キハ58+(5)キロ28+(6)キハ28+(7)キハ58

模型:キハ58,キハ28,キロ28冷房車(TOMIX既製品)

*愛称変更のみで編成は昭和47年3月改正時と変化なし。

「だいせん下り2号、上り3号」 大阪ー大社(上り出雲市ー大阪)間運転。

後列左側大阪から見て大社寄りより

DD51+スユニ61+マニ36+(1)スロ54+(2)オロネ10+(3)オハネ12+(4)オハネ12+(5)オハネ12
+(6)オハネ12+(7)スハネ16+(8)ナハ11+(9)ナハ11+(10)ナハフ11

模型:マニ36(TOMIX)、スロ54(KATO製青大将からの改造),その他KATO既製品。

この改正よりB寝台1両増強されます。
座席車は全車指定。

「だいせん下り3号,上り2号」(季節列車) 大阪ー出雲市間運転。

後列左側大阪から見て出雲市寄りより

DD51+(1)オハネフ12+(2)スハネ16+(3)スハフ12+(4)オハ12+(5)オハ12+(6)オハ12+(7)オハ12
+(8)オハフ13(スハフ12代用)

模型:全てKATO既製品。

季節列車ですが座席車は全車指定。


1978年(昭和53年)10月時刻改正。

運行形態は変化ありませんが夜行の「だいせん5,8号」が20系化されます。
「だいせん」は昼行2往復。夜行(季節含め)2往復運転。

「だいせん1,4号」下り大阪ー浜田,出雲市,上り益田ー大阪間運転。
*下りのみ米子ー浜田間「ながと」(米子ー長門市)併結。

後列左側大阪から見て浜田寄りより。

増1キハ58+増2キハ28+(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キロ28+(5)キハ58
+(6)キハ58+(7)キハ28+(8)キハ28+(9)キハ58+(10)キハ28(キハ65代用)+(11)キハ58

増1,2:米子ー長門市(米子ー浜田間併結「ながと」)下りのみ
(1),(2):大阪ー浜田(上り益田ー大阪)
(3)〜(5):大阪ー浜田
(6)〜(9):大阪ー大社(上り出雲市ー大阪)
(10),(11):大阪ー豊岡

模型:全てTOMIX既製品。

「だいせん3,2号」大阪ー鳥取間運転。

後列左側大阪から見て鳥取寄りより。

(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キハ58+(5)キハ28+(6)キロ28+(7)キハ58

模型:全てTOMIX既製品。

「だいせん5,8号」大阪ー大社,上り出雲市ー大阪間運転。

後列左側大阪から見て大社寄りより。

DD51+スユニ50(スユニ61代用)+マニ50+カヤ21+(1)ナハ21+(2)ナハ21+(3)ナハ21(以上ナロネ21で代用)
+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネフ22
*(6)(9)号車はナハネフ23の場合有り。

模型:マニ50(TOMIX),DD51他全てKATO既製品。

20系化された「だいせん」ですが座席車は全車指定。

1980年(昭和55年)10月時刻大改正。

この改正は減量ダイヤ改正とも言われましたが「だいせん」には影響はありませんでした。

「だいせん1,4号」大阪−浜田,大社,上りは益田,大社ー大阪間運転。

後列左側大阪から見て浜田寄りより。(編成は昭和53年10月と変わりませんが運転区間に若干の変更有)

増1キハ58+増2キハ28+(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キロ28+(5)キハ58
+(6)キハ58+(7)キハ28+(8)キハ28+(9)キハ58+(10)キハ28(キハ65代用)+(11)キハ58

増1,2:米子ー長門市(米子ー浜田間併結「ながと」)下りのみ
(1),(2):大阪ー浜田(上り益田ー大阪)
(3)〜(5):大阪ー浜田
(6)〜(9):大阪ー大社
(10),(11):大阪ー豊岡

模型:TOMIX既製品

「だいせん3,2号」大阪ー鳥取間運転。

後列左側大阪から見て鳥取寄りより。

(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キハ28+(5)キロ28+(6)キハ58

模型:TOMIX既製品。

「だいせん5,6号」大阪ー大社,上り出雲市ー大阪間運転。

後列左側大阪から見て大社寄りより。(編成は昭和53年10月と変わりません。)



DD51+スユニ50(スユニ61代用)+マニ50+カヤ21+(1)ナハ21+(2)ナハ21+(3)ナハ21(以上ナロネ21で代用)
+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネフ22
*(6)(9)号車はナハネフ23の場合有り。

模型:マニ50(TOMIX),DD51他全てKATO既製品。

1982年(昭和57年)11月全国時刻大改正。

1982年(昭和57年)7月に伯備線,山陰本線(伯耆大山ー知井宮)間電化して「やくも」が381系電車となりますが「だいせん」の
運転形態は変わらず「だいせん1,4号」は山陰の関西と山陰の奥深くを結んでいました。


「だいせん1,4号」大阪ー浜田,大社,上り益田ー大阪間運転。

後列左側大阪から見て浜田寄りより。

(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キハ28+(5)キハ58+(6)キロ28+(7)キハ58+(8)キハ58
+(9)キハ28+(10)キハ28+(11)キハ58

(1)〜(4)号車:大阪ー浜田(上り益田ー大阪)
(5)〜(7)号車:大阪ー大社(上り出雲市ー大阪)
(8)(9):大阪ー米子
(10)(11):大阪ー豊岡

模型:全てTOMIX既製品。

下りのみ長らくパートナーだった「ながと」ですが時間帯変更により併結は無くなりました。別な意味では大阪から長門市まで
車内移動だけで直通で行けたのですが。

「だいせん3,2号」大阪ー鳥取間運転。

後列左側大阪から見て鳥取寄りより。(編成は昭和55年10月と変わりません。)

(1)キハ58+(2)キハ28+(3)キハ58+(4)キハ28+(5)キロ28+(6)キハ58

模型:TOMIX既製品。

「だいせん5,6号」大阪ー大社,上り出雲市ー大阪間運転。

後列左側大阪から見て大社寄りより。(編成は昭和53年10月と変わりません。)

DD51+スユニ50(スユニ61代用)+マニ50+カヤ21+(1)ナハ21+(2)ナハ21+(3)ナハ21(以上ナロネ21で代用)
+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネフ22
*(6)(9)号車はナハネフ23の場合有り。

模型:マニ50(TOMIX),DD51他全てKATO既製品。

1985年(昭和60年)3月全国時刻大改正。

大敵である中国自動車道が1983年(昭和58年)に全通して、この改正では大阪ー博多間特急「まつかぜ」が大阪ー米子間
運転となり、米子ー博多間は「いそかぜ」となります。「だいせん」も次第と編成短くなりますが運行形態は変わらず、相変わらず
山陰の奥深くまで達していました。


「だいせん1,4号」新大阪ー益田間運転。

後列左側大阪から見て益田寄りより。

(1)キハ58+(2)キハ58+(3)キハ28+(4)キハ58+(5)キロ28+(6)キハ58+(7)キハ58+(8)キハ28

(1)〜(3)号車:大阪ー益田
(4)〜(6)号車:大阪ー米子
(7)(8):大阪ー豊岡

模型:全てTOMIX既製品。

編成は短くなりますが山陰の奥深く益田まで運転しておりました。しかし米子以西が3両は寂しいですね。
381系化された「やくも」が勢力拡大した影響でしょう。

「だいせん3,2号」大阪ー鳥取間運転。(上りと下りで編成異なります。)
「だいせん3号」

後列左側大阪から見て鳥取寄りより。

(1)キハ28+(2)キロ28+(3)キハ28+(4)キハ58
模型:TOMIX既製品。

「だいせん2号」

後列左側大阪から見て鳥取寄りより。

(1)キハ28+(2)キロ28+(3)キハ58+(4)キハ28+(5)キハ58
模型:TOMIX既製品。

「だいせん5,6号」大阪ー出雲市間運転。

後列左側大阪から見て大社寄りより。(編成は昭和53年10月と変わりません。)

DD51+スユニ50(スユニ61代用)+マニ50+カヤ21+(1)ナハ21+(2)ナハ21+(3)ナハ21(以上ナロネ21で代用)
+(4)ナハネ20+(5)ナハネフ23+(6)ナハネ20+(7)ナハネフ22

模型:マニ50(TOMIX),DD51他全てKATO既製品。

長らく全車指定でしたが京都ー出雲市間夜行普通列車「山陰」廃止により1号車だけこの改正より自由席となり、下りが倉吉
ー出雲市,上りは出雲市ー米子間が快速扱いとなります。夜行普通列車「山陰」の主要な停車駅を引き継いでおく必要があった
からでしょう。
編成も短くなって夜行需要減少の現実味が目の当りに見えたものでした。

1986年(昭和61年)11月時刻大改正。

国鉄の分割民営化を目前に合理化が図られたこの改正では荷物郵便輸送の廃止などが行われました。「だいせん」からも
荷物郵便輸送は廃止されます。
山陰本線関連では福知山線、山陰本線福知山〜城崎間電化完成で電車特急「北近畿」の運転開始,鳥取、米子方面では
「はまかぜ」「やくも」の増発により昼行「だいせん」は廃止。「だいせん」は夜行1往復のみとなります。


残った「だいせん」は20系から寝台は14系(3段寝台),座席は12系にアコモデーション改善されます。

「だいせん」大阪ー出雲市間運転。

後列左側大阪から見て出雲市寄りより。

DD51+(1)スハネフ14+(2)オハネ14+(3)オハネ14+(4)オハ12+(5)オハ12+(6)スハフ12
*座席車は(4)(5)号車指定席,(6)号車自由席。

模型:DD51(TOMIX)、スハネフ14、オハネ14(TOMIX)、オハ12、スハフ12(KATO)

1988年(昭和63年)3月時刻大改正。

JR化後初の改正では「だいせん」は運転形態は変化はなく、ハネ1両増車となります。

後列左側大阪から見て出雲市寄りより。

DD51+(1)スハネフ14+(2)オハネ14+(3)オハネ14+(4)オハネ12+(5)オハ12+(6)オハ12+(7)スハフ12
*座席車は(5)(6)号車指定席,(7)号車自由席。

模型:DD51(TOMIX)、スハネフ14、オハネ14(TOMIX)、オハ12、スハフ12(KATO)



1991年(平成3年)3月時刻大改正。

この改正では寝台車は1両減車ですが座席車は2両増車されます。

後列左側大阪から見て出雲市寄りより。

DD51+(1)スハネフ14+(2)オハネ14+(3)オハネ14+(4)オハ12+(5)オハ12+(6)オハ12+(7)オハ12+
(8)スハフ12
*座席車は(4)(5)号車指定席,(6)〜(8)号車自由席。

*閑散期は(5)〜(7)号車減車。

模型:DD51(TOMIX)、スハネフ14、オハネ14(TOMIX)、オハ12、スハフ12

1994年(平成6年)12月時刻大改正。

この改正では寝台特急「あさかぜ」(2往復中1往復)「みずほ」「つるぎ」の廃止で夜行列車の衰退が目の当りになった改正です。
「つるぎ」の廃止で捻出した25系が「彗星」の15系と置き換え。捻出した15系が「だいせん」「ちくま」の14系と置き換えとなり,
3段寝台から2段寝台にアコモデーション改善されます。一方座席車の1992年(平成4年)頃より12系も転換クロスシートとなり
3000番代が付与されています。

後列左側大阪から見て出雲市寄りより。

DD51+(1)スハネフ15+(2)オハネ15+(3)オハネ15+(4)オハ12+(5)オハ12+(6)オハ12+(7)オハ12+
(8)スハフ12
*座席車は(4)(5)号車指定席,(6)〜(8)号車自由席。

*閑散期は(5)〜(7)号車減車ですがアコモ改善にもかかわらずシーズン中も減車が続いていたようです。
1997年(平成9年)8月ですら座席車は3両しか連結されていませんでした。

模型:DD51(KATO)、スハネフ15(KATO製スハネフ14−550からの改造)、オハネ15(TOMIX)、オハ12、スハフ12
(KATO)

1999年(平成11年)10月時刻大改正。

「だいせん」の夜行需要減少は歯止めが利かず、この改正でキハ65(エーデル中間車)2両編成に置き換えとなります。

*該当車両の模型は持っていませんので写真は省略させていただきます。

2004年(平成15年)10月時刻大改正。

脈々と走り続けた「だいせん」ですがこの改正で廃止されました。



参考資料:鉄道ファン(NO231)、各種時刻表、レイル(NO9)、主要客車列車編成順序表(昭和36年10月、昭和39年10月、
昭和40年10月,昭和43年10月、昭和47年3月、昭和50年3月、昭和57年11月、昭和60年3月)、
優等気動車列車編成順序表(昭和38年10月、昭和40年10月、昭和43年10月、昭和47年3月、昭和50年3月、昭和53年
10月、昭和55年10月、昭和57年11月、昭和60年3月)
国鉄気動車、客車情報(1986年11月、1988年3月)
 列車編成席番表(1991、1993、1998年版),名列車列伝(JTB)