青島

客車準急時代
1950年(昭和25年)10月1日〜1962年(昭和37年)9月30日
気動車急行時代
1965年(昭和40年)10月1日〜1975年(昭和50年)3月9日

*形式の横にある○は指定席です。

1950年(昭和25年)10月1日時刻大改正
門司港ー大分間に準急507,508レとして新設。
1953年(昭和28年)3月15日時刻改正より505,506レとなる。
1955年(昭和30年)3月25日
宮崎まで臨時で延長。7月20日より定期化。
1956年(昭和31年)11月19日白紙改正時の編成。
505レ宮崎方面

形式 区間 所属
マニ 門司港ー宮崎 不明
オロ 門司港ー大分
オロ
ハフ 門司港ー宮崎
ハフ
506レ門司港方面

1958年(昭和33年)10月時刻改正時の編成。
下り 上り
505レ宮崎方面

形式 区間 所属
マニ 門司港ー
宮崎
不明
マニ
オロ 門司港ー
大分
オロ
スハ 門司港ー
宮崎
スハ
スハ
スハフ
スハフ

形式 区間 所属
マニ 門司港ー
宮崎
不明
マニ
スハ
スハ
スハ
スハフ
オロ 門司港ー大分
オロ
506レ門司港方面

1960年(昭和35年)6月1日時刻改正時の編成。
当時の牽引機関車はこちらへ。
下り 上り
505レ宮崎方面

形式 区間 所属
スロハ 門司港ー
大分
門司
スハ
マユニ 門司港ー
宮崎
門郵8
マニ 大荷3
オロ 長崎
スハ
スハ
スハフ

形式 区間 所属
マニ 門司港ー
宮崎
門荷11
マニ 大荷3
オロ 長崎
スハ
スハ
スハフ
スハ 門司港ー
大分
門司
スロハ
506レ門司港方面

1961年(昭和36年)10月1日時刻大改正時の編成。
「青島」と命名
当時の牽引機関車はこちらへ。
下り 上り
507レ宮崎方面

形式 区間 所属
スハ 門司港ー
大分
門司
スロ
スユニ 門司港ー
宮崎
門郵6
マニ 大荷3
スロ 長崎
オハ
オハ
スハフ

形式 区間 所属
スユニ 門司-門司港 門郵4
マニ 門司ー宮崎 大荷3
マニ 大荷22
スロ 門司港ー
宮崎
長崎
オハ
オハ
スハフ
スハ 門司港ー
大分
門司
スロ
508レ門司港方面

1962年(昭和37年)10月1日時刻改正。

博多ー西鹿児島間急行気動車と統合して宮崎ー小倉ー西鹿児島間急行気動車「フェニックス」となった
ため解消。

1965年(昭和40年)10月1日全国時刻大改正。

気動車急行として再登場。
おまけ。それからの「青島」。
401D西鹿児島方面

形式 区間 所属
キハ58 門司港ー
西鹿児島
鹿児島(運)
キハ28
キハ58
○キハ58 広島ー
西鹿児島
広島(運)
○キロ28
キロ28
キハ28
キハ58
キハ58 広島ー別府
10 キハ28
11 ○キハ58
402D広島方面

1967年(昭和42年)10月1日時刻改正時の編成。
401D西鹿児島方面

形式 区間 所属
キハ58 門司港ー
西鹿児島
鹿児島(運)
○キハ26(400)
キハ58
○キハ58 広島ー
西鹿児島
広島(運)
○キロ28
キロ28
キハ28
キハ58
キハ58 広島ー別府
10 キハ28
11 ○キハ58
402D広島方面

1968年(昭和43年)10月1日白紙時刻改正
403D西鹿児島方面

形式 区間 所属
キハ58 門司港ー
西鹿児島
鹿児島(運)
○キハ26(400)
キハ58
○キハ58 広島ー
西鹿児島
広島(運)
○キロ28
キロ28
キハ28
キハ58
キハ58 広島ー別府
10 キハ28
11 ○キハ58
404D広島方面

1972年(昭和47年)3月15日時刻改正時の編成。
403D西鹿児島方面

形式 区間 所属
キハ58 門司港ー
西鹿児島
鹿児島(運)
キハ28
キハ58
○キハ65
○キハ58 広島ー
西鹿児島
広島(運)
○キロ28
○キロ28
キハ28
キハ58
10 キハ58 広島ー別府
11 キハ28
12 ○キハ58
404D広島方面

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正
廃止。