戻る
戻る
 
1965年(昭和40年)10月全国時刻大改正時の時刻表を追加しました。 

  「羽越線は大正4年6月に鉄道敷設法第7条第6項の第1期線に追加された村上ー秋田間の海岸線で...(中略)...大阪と函館との間で羽越線経由と東北本線経由とにおいて見ると150マイル短縮されたのみでなく、勾配曲線等も緩和されたので運輸上に及ぼす影響は大きなもので我国陸上運輸界の一大革命期である。」
(以上羽越線建設概要からですが現在の書き方に直させていただきました。)

  新津ー村上間は先に村上線として開業しており、村上ー秋田間の開業は大正13年7月31日、これにより新津ー秋田間が羽越線となります。上記の羽越線建設概要の総説を見ても「一大革命期である」から日本海縦貫線の完成による関西、北陸ー東北、北海道の輸送の活発化などもららした効果が大きいものでした。また羽越線の全通即ち日本海縦貫線の完成により、東日本、西日本の繋がりも密接となり、それまで東京以西、以北と分けて行われていた時刻改正も全国的に行われるようになりました。
(注:全通当時は羽越本線でなく羽越線と呼ばれていました。)
 その後、特急”白鳥”の運転、全線電化完成など発展を続けますが、庄内空港の開業や自動車道路の延長などなど現在では楽観出来ない状態です。かつての鉄道先人技術者の偉業、労苦を思うと、鉄道ならでは良さを生かした抜本的な対策で将来の発展を願わずにはいられません。

  さて、2004年7月で開業80年となりますが当時の様子をちょこっと覗いて見たいと思います。

バック写真:開業時の三面川橋梁

1.開業の頃の時刻(下記年月日をクリックすると時刻表表示されます。)

注)時刻表は著作権保護期間の過ぎた50年以上前のみの転載としていますが無断使用
は固くお断りいたします。(二次使用防止のため赤斜線を入れてあります。)

   1926年9月(大正15年9月)

  1934年9月 (昭和9年9月)

  1943年10月(昭和18年10月)

  1948年3月(昭和23年3月)

  1954年10月(昭和29年10月)

  1957年10月(昭和32年10月)

     1961年10月(昭和36年10月)

   1965年10月(昭和40年10月)
  

2.羽越本線を駆けた「日本海」とその仲間たち。
(優等列車運転の軌跡)

1)誕生〜終戦編
2)戦後〜1954年(昭和29年)10月編

3)1956年(昭和31年)12月〜1965年(昭和40年)10月編

3.80年の時を越えた今。

開業時(上段モノクロ:羽越線建設概要より転載)と現在(下段カラー)を写真で比較したも
のです。(現在の写真で撮影者のないのは私の撮影です。)
羽越線建設概要は既に50年の著作権保護期間の過ぎているため写真転載していますが
写真の無断使用は固くお断りいたします。

現在の写真を提供いただいた烈輪Evolutionの羽越のセリカ様、ニヒトアイレンのTILL様
には厚くお礼申し上げます。
提供いただいた写真の使用は一切禁止です。

  三面川橋梁(村上ー間島)
開業時

「村上起点1哩16鎖30節に有り構桁300尺1連、鈑桁80尺1連、60尺6連を架けた三面川は源を羽越の国境朝日岳に発し..(中略)..古来村上鮭似て著名なり漁時は盛況見るものなり。」
のとおり村上は鮭でも有名でスパンの長いトラス橋は鮭の川登りを妨げない配慮との事です。
現在

開業時の橋梁は既に無く、山側へ向かって下り線(手前)、上り線(奥)の順に架け替えられています。

下り線の手前側が開業時の橋梁の有ったあたりで現在では橋台が残るのみですがうっそうと茂る草木で次第と埋もれつつあります。

羽越のセリカ様撮影。
  大行呂トンネル付近(越後早川ー桑川)
開業時

鳥越山トンネル(75.99m)から新津寄りの大行呂トンネル(30.99m)を望んだものです。

「ここに山嶺はき然として天にそびえ....以下略」からわかるよう断崖が海に落ちる急峻な所に線路が敷かれました。
現在

現在の大行呂トンネル(下り線)付近。急峻な地形で防災のためにトンネル出口は延伸されているのがわかります。

写真右はすすきでわかりにくいですが立派に舗装された国道345号が走っています。
もっと上から撮影したかったのですが危険なため断念...。

2002,11/23
  笹川流れ深浦の景(桑川ー今川)
開業時

「笹川流れの一景にして海は深く入って巨厳累重し又絶壁をなし、緑波の巡ぐり厳上の青松と相映....後略」

景色はよい分、深い基礎工事など困難を極めました。
ここだけは今も昔も変わりませんね。私にとっては好撮影地でいつまでもこのままであってほしいものです。

2011,8/9
  蓬莱山付近(今川ー越後寒川)
開業時

「蓬莱山は脇川漁村の南にあり...(中略)...奇岩海を抜く事三百尺、線路は第1,2蓬莱山隧道でここを迂回す、岩上の古い松は奇を競い...(以下略)」
からわかるよう奇勝地でした。鉄道以外は生活の臭いが見られません。
現在

上の写真とほぼ同一地点より。国道345号も立派に舗装されて、シーズンとなれば脇に車を止めて蓬莱山を見ながら海を散策する観光客が目立ちます。夕方になるとアベックも...。

2002,11/23
  脇川部落付近(今川ー越後寒川)
開業時

「村上起点16哩46鎖5節の脇川部落の北山岬を抜く延長844尺は工事中地質不良にして土圧の偏重を受け施工に苦しみたり。」
に書かれているように脇川トンネルは僅か257mにかかわらず2年4ケ月の難工事でした。

写真で見る限りでは枕木を置いたような状態なので開業前の撮影と思われます。
現在

上の写真とほぼ同一地点より。
石置き屋根は今では立派な瓦屋根と変わり、国道345号も海上をパイパスする脇川大橋を通っています。

ここは羽越本線らしい列車の撮影が出来るポイントです。(^^♪

2002,11/23
  勝木停車場
開業時

「村上起点20哩60鎖2節勝木山の麓に沿える勝木川に一端を接し大円を描いて他端八幡山に達して隧道を抜けると青松..(中略)..八幡祠を祭る海に臨む..(以下略)」に書かれているように
勝木駅の先に見える八幡山トンネルを抜けると風光明媚な海岸に出ます。駅周辺は当時殆ど民家もなかったようです。
現在

かつては田畑だった駅前には徳洲会病院が建つなど景色は一変には80年の歳月を感じます。しかし八幡山トンネルを出た風光明媚な海岸は昔のままです。

2003,12/21 TILL様撮影
  間の内港付近(勝木ー府屋)
開業時

「村上起点22マイル付近にて線路はここに擁壁を築いて間の内隧道を貫き府屋駅に通ず、左右の丘岬は翼を張って入り江をなして風景勝れるも...(以下略)」
のとおり風光明媚な区間です。

電化前にD51の絵葉書もここで撮影されたのも有りました。
現在

上の写真とほぼ同一地点にて。

コンクリート壁に沿って線路が走っていましたが現在は廃線。
左から旧線、旧国道7号、現国道7号のトンネルが並びます。

  廃線になっていなければ絶好の撮影地だったですが...。

2001,2/24
  大川橋梁(府屋ー鼠ヶ関)
開業時

「村上起点33哩7鎖34節、府屋の北端に接して流れ海に注ぐ、河口の左右は白砂敷..(以下略」

出来たばかりの橋台の石積みの意匠に興味を引きます。
現在

現在下り線の橋梁で山側に上り線が増設されています。道路等整地されてはいますが全体的な雰囲気は変わっていないよう。

2003,9/14  TILL様撮影

  温海川橋梁及び釜谷坂隧道東口(小岩川ーあつみ温泉)
開業時

「温海村の南端に..(中略)..橋梁を渡れば釜谷坂隧道に入る前、田園に積み立てられているのは庄内地方特有の乾稲なり。」
かつての庄内地方を表現する端的な光景でしたが...
現在

80年の歳月を強烈に実感..
かつて田園だった所に建った近代的な温海町役場にインパクトを感じます。

2003,9/14  TILL様撮影

  温海の波止め擁壁(小岩川ーあつみ温泉)
開業時

「余目起点28哩75鎖付近の手前崎側の海岸に設けたるものにして延長700尺、高さ30尺...中略...紺碧怒らんか狂潤此の擁壁に激衝して線路を呑吐せんとする観あり。」

日本海の荒波から線路を守る擁壁が700尺(約210m)ありました。
現在

海側に改良された国道がひったり併設されたので一部しか残っていません。

2011,8/9
  第二笠取隧道付近(小波渡ー三瀬)
開業時

「延長2339尺余りにて第三紀層の火成岩より成り波涛に侵蝕せられて険岩人目を驚かす。」

のとおり断崖絶壁のスリリングな車窓です。(・_・;)
現在

羽越本線の電化、海を渡る国道7号線などいろいろな変化があります。その変化が交通機関が日本海の自然を克服してきたように見えます。

2003,9/14  TILL様撮影

  鶴岡駅
開業時

「余目起点9哩42鎖、鶴岡町の北端に在り羽越中線中屈指の大停車場にして..(中略)..開業以来日を追って貨客増加し今や本停車場拡張の必要目前に迫る同町の発展期して待つべし。」

のとおり鶴岡市は羽越本線沿線の主要都市として発展していきます。
現在

駅舎、ホームなどは近代的になり、背後のジャスコの看板にはやはり80年の歳月を実感します。

2003,9/14  TILL様撮影

 日向川橋梁(本楯ー南鳥海)
開業時

「酒田起点4哩70鎖に有り鋼格桁径間60尺5連鈑桁径間30尺15連を架す遙かに雪を載きて聳えるは日向川の水源地たる鳥海山又の名出羽富士の雄姿なり。」

格子状のラテイス桁はかつては珍しくはなかったのですが...
現在

ラテイス桁は架け替えられています。鉄道以外は変わっていないようで今日も鳥海山を源流とする日向川が庄内平野を潤しています。


羽越のセリカ様撮影。
  象潟の遠望
開業時

「..(前略)..象潟はかつては出羽の松島と呼ばれたが約130年前の地震で地盤隆起して田園と化して今尚僅かに残存する老松のある丘は昔を偲ばせる。」

隆起した地盤の上に線路が敷かれています。逆に130年前の地震がなかったらどのような車窓だったのでしょうか。
現在

地盤隆起した田園、船着場もそのまま。松は枯れて無くなったのでしょうか。それ以外は殆ど変わっておりません。
このあたりは撮影定番ですが地震がなかったら撮り鉄の目でどういうロケーションになっていたのかも興味があります。

2005,5/20撮影
  羽後本荘停車場
開業時

「古来由利地方の貨物の集散は本荘古雪港を介して海運によるも近年本停車場の設置により地方の運輸状態に一大革新を招致すへし。」

日本海沿いはかつては海運で栄えましたが冒頭にも記載してありますが駅舎の前に積んである荷物を見ても羽越本線の全通で物流も陸上中心となります。
現在

駅舎、ホームは近代的となりましたがこじんまりした雰囲気は変わっていないように見えます。

羽越のセリカ様撮影。
  子吉川橋梁(羽後本荘ー羽後岩谷)
開業時

「(前略)..由利の平野を貫流するものこれを子吉川と称す本荘町に近く鈑桁径間70尺6連40尺4連延長805尺を架し本線第2の長橋なり。」

羽後本荘を出てすぐに鳥海山を源流とする子吉川を渡ります。当時は満々とした流れでしたが...
現在

開業時の橋梁は既に無く、川の流れも少なくなったようです。現在では複線のコンクリート橋に架け替えられています。
かつて手前側に旧線が走っており両端に橋台が残っています。

羽越のセリカ様撮影。
  鮎川橋梁(道川ー下浜)
開業時

「線路は羽川部落の西方海浜に出て鮎川の河口に鋼格桁径間60尺を架す右方遙かに海を隔て男鹿諸山を望む。」

このあたりは日本海からの飛砂と吹雪より運転支障多発のため手前の砂地に造林が始まり、立ちわら等で苗木が守られています。
現在

ラテイス桁は現在は架け替えられ、手前に国道も出来て全く異なる光景となっています。

上の写真の苗木は現在では成長し、日本海からの飛砂から線路を守っています。(飛砂についての詳しい事はこちらをご覧下さい。)

羽越のセリカ様撮影。
  雄物川橋梁(新屋ー羽後牛島)
開業時

「本線第一の長橋にして延長1967尺、秋田起点2哩66鎖75節にあり鋼構桁径間150尺9連..(以下略)...。」

注)現在羽越本線最長の阿賀野川橋梁は先に村上線として開業していたので羽越本線として工事したのは雄物川橋梁が最長となります。

最長ではありますが1尺あたりの建設費用は三面川より安くなっています。
現在

現在では橋桁がアンダートラスに交換されています。 

新潟(新津)より羽越本線で日本海回廊ロードを旅してここを渡れば秋田は目の前です。


羽越のセリカ様撮影

参考資料:羽越線建設概要(大正13年、鉄道省発行)、モノクロ写真(含むバック写真)は全て
本書からの転載です。
注)本文中「」内のコメントは羽越線建設概要の本文を現在の読み方に修正、編集しています。