主要客車列車編成表

戻る
戻る

昭和39年10月時点の信越本線,飯山線普通列車を追加。

(カーソルを昭和39年10月時点の主要普通列車まで下げて高崎,上信越,飯山をクリックして下さい。)


はじめにお読み下さい。

番外編

昭和7年10月時点の東海道本線の特急、急行の編成。

あ行

青島
青葉
あかつき
あかしや(アカシヤ)
安芸
あけぼの
あさかぜ
あさま
阿蘇
吾妻(あづま)
あぶくま
天草
天の川
有明
アルプス

い行

いこい
石狩
出雲(いずも)
伊勢
いでゆ
いなば
いわしろ
いわて

う行

うしお
雲仙

え行

越後
越前
エルム

お行

おいらせ
おが(男鹿)
おき
音戸
おんたけ

か行

海星
かいもん
カシオペア
かもめ
上高地
狩勝

き行

紀伊
きそ
北上(きたかみ)
きたぐに
霧島(きりしま)
金星
銀河

く行

くにさき
くまの(熊野)
黒部

け行

月光
玄海(げんかい)

こ行

高原
越路
五島

さ行

西海
ざおう(蔵王)
さくら
桜島
さちかぜ
さつま
佐渡
さぬき
三瓶(さんべ)

し行

しなの
しのぶ
しまね
しらはま
白樺
しろやま
新星

す行

彗星
すずらん
すばる

せ行

石北
瀬戸(本州)
せと(四国)

そ行

宗谷

た行

大雪
だいせん
高千穂
立山
たざわ
たるまえ

ち行

ちくま
鳥海

つ行

津軽
筑紫(つくし)
つばめ
つるぎ

て行

ていね
出羽
天北

と行

東海
洞爺
とがくし
土佐
トワイライトエクスプレス
十和田

な行

ながさき
長門
那智
ななうら
なにわ
なは
南紀
南風

に行

ニセコ
日南
日本海

の行

能登

は行

八甲田
白山
はくつる
白兎
白馬
羽黒
はつかり
はと
はまなす
はやたま
はやと
はやとも
はやぶさ
ばんだい

ひ行

ひのくに
ひばら
ひめかみ
日向
平戸

ふ行

富士
ぶんご

へ行

平和
べっぷ

ほ行

北斗
北斗星
北星
北陸
穂高

ま行

松島(まつしま)
まりも
丸池

み行

みずほ
みちのく
みやぎの
みやざき
宮島
明星
妙高

や行

屋久島
弥彦
大和

ゆ行

夕月
ゆうづる
ゆのくに

り行

利尻

わ行

鷲羽

昭和31年12月時点の主要普通列車編成。

函館
室蘭

昭和34年9月時点の主要普通列車編成。

東北
東北荷物
常磐
上信越

昭和35年6月時点の主要普通列車編成。

東海道
東海道山陽荷物
山陽
九州
山陰
四国
関西、紀勢
北陸
中央西
中央東
高崎、上越
高崎、信越
東北
常磐
奥羽
羽越
北海道

昭和36年10月時点の主要普通列車編成。

東海道
山陽
関西,紀勢
山陰
四国
九州
北陸
中央
上信越
東北
常磐
奥羽
羽越
東北各支線
北海道
昭和39年10月時点の主要普通列車編成。

東海道山陽
四国
九州
関西、紀勢
和歌山
山陰
大社
播但
宮津
小浜
若桜
伯備

木次
倉吉
山口
北陸
中央
高崎、上信越
飯山
東北、常磐
奥羽
磐越
羽越
北海道

昭和40年10月時点の主要普通列車編成。

北陸
北陸荷物
小浜舞鶴
城端七尾
関西紀勢
関西荷物
和歌山

参宮
草津
山陽
山陽荷物

芸備
姫新
津山
伯備
山口
木次
美祢
山陰西部
四国
鹿児島
日豊
長崎、佐世保、大村
日田彦山
筑豊
伊田、田川
松浦
香月、室木
九大、豊肥

昭和42年10月時点の主要普通列車編成。

東海道,山陽
関西、紀勢
四国
山陰
九州
北陸
中央
上信越
東北、常磐
羽越,奥羽
北海道

昭和45年9月時点の主要普通列車編成。(北海道のみ)

函館
江差
室蘭
幌内
根室
宗谷
石北
釧網

昭和46年10月時点の主要普通列車編成。

東海道荷物
中央
東北
東北荷物
上信越

昭和57年11月時点の主要普通列車編成。

函館
室蘭
石北,宗谷
根室,釧網
東北荷物
東北
常磐
水郡
磐越東
磐越西,日中
奥羽
男鹿
仙山

羽越
五能
北陸
城端
小浜,舞鶴
紀勢
和歌山

福知山
山陰
播但
姫新
伯備
倉吉
芸備
予讃,土讃
高徳,徳島
筑豊,沿線支線

鹿児島
日豊
豊肥,九大
長崎,佐世保
肥薩,吉都
JR後の臨時列車

ムーンライト

リゾート白馬,奥飛騨など