胆振線(歴史)

1963年(昭和38年)10月の時刻表追加しました。
1970年(昭和45年)10月の時刻表,運行図表を追加しました。

 胆振線は1944年(昭和19年)7月1日に胆振縦貫鉄道(京極ー伊達紋別)を沿線の鉄鉱物の輸送及び函館、室蘭本線を結ぶ重要な線路である理由により買収し既設の京極線(倶知安ー脇方)と連絡する事により伊達紋別ー倶知安間が結ばれた。

1.建設(倶知安ー脇方、京極軽便線)

 倶知安停車場から開拓地である東倶知安村に達する軽便鉄道(軌道1067mm)である。線路は倶知安停車場より開拓耕地を南東に向かい、六郷、寒別停車場を経て軽川トンネルをくぐり、平々川を渡り京極停車場に至った。京極より脇方停車場までは日本製鋼所により建設し、鉄道院に寄付したものである。
京極までは1919年(大正8年)11月15日、脇方まで(倶知安より20.9km)は1920年(大正9年)7月15日に開業した。
この区間の最急勾配は10‰、最小曲線半径は20チェーン(約320m)となっている。
2.建設(京極ー喜茂別、胆振鉄道)

 北海道の鉄道建設予定に京極から紋瞥(現伊達紋別)へ至る鉄道であるが財政の関係で着工出来なかったので胆振鉄道(株)が全線建設を考えていたが、差あたって鉱山、農業、林業の中心である喜茂別から京極への連絡を目的として鉄道敷設免許を申請した。
 1924年(大正13年)3月4日に免許が下付され、1927年(昭和2年)1月22日に着工した。京極での省線との連絡に難航したが翌1928年(昭和3年)10月21日に京極ー喜茂別間(11km)が開業した。 

3.建設(喜茂別ー伊達紋別、胆振縦貫鉄道)

  脇方からの鉄鉱石の輪西への輸送短縮、沿線の埋蔵物(鉄鉱、硫黄)や豊富な農産物、林産物の輸送を目的とし、喜茂別ー伊達紋別間57.6Kmの胆振縦貫鉄道の地方鉄道敷設免許は1930年(昭和5年)12月22日に下付された。
 その後、測量と設計を終えて1937年(昭和12年)5月31日より工事着工し、1940年(昭和15年)12月15日に伊達紋別ー徳舜別(新大滝)間が開業した。その間、京極からの一貫した連絡輸送が目的である胆振鉄道、胆振縦貫鉄道の合併が両社対等の条件のもと、胆振鉄道が解散して胆振縦貫鉄道が存続する形で1940年(昭和15年)9月27日に合併を実施した。同1941年(昭和16年)10月12日に旧胆振鉄道の西喜茂別停車場まで開業した。これにより伊達紋別ー京極間が胆振縦貫鉄道として繋がったのである。
  尚、西喜茂別停車場は旧胆振鉄道の喜茂別停車場より0.6km手前で分岐点で全通によりここを本線とし喜茂別は貨物扱いのみとなった。

4.買収

  1944年(昭和19年)2月15日公布の「鉄道敷設法戦時特例」により沿線の埋蔵鉱物が増産上重要かつ、函館、室蘭本線を短絡する重要な線路という理由で7月1日に買収され、伊達紋別ー倶知安間が胆振線となった。
尚、買収により旧胆振鉄道の西喜茂別ー喜茂別間0.6kmは廃止され、西喜茂別が喜茂別に改称された。

5.胆振線と昭和新山

 1943年(昭和18年)12月末、洞爺湖、壮瞥村にかけて鳴動を伴った地震が発生しそれが日を追うごとに数を増し、多い時には1日に数十回あった日も有った。同時に壮瞥周辺で線路もろとも地盤が隆起する異常事態となった。そして買収寸前の1944年(昭和19年)6月23日に満を持していたかのように爆発、噴火を起こし、それが10月末まで続き、鉄道・田畑・民家に大被害を与えた。
  その間、胆振線は掘り下げ工事を行いながら徐行しながら通していたが、最終的には150m位隆起したために長流古川沿いに突貫で別線工事が行われ1945年(昭和20年)1月10日に完成した。しかしその頃に外輪山の中央部に溶岩塔が見えはじめ、それが急速に高くなり隆起を伴ったので8月に再度の線路変更が計画されたのが最終的なルートである。
一方、溶岩塔の成長、地面の隆起は1945年(昭和20年)9月20日に活動停止、新火山は後に昭和新山と命名された。
 しかし活動が止まったものの、火山灰がへどろとなって降雨のたびに流れ落ちて、線路はしばしば埋没した。その度に人海戦術で排除され、これが昭和新山に草木が生長するまで続いたのである。

6.戦後〜廃線まで。

  戦後も沿線の鉱産物、農産物、林産物の輸送は続き、1960年代が列車本数的からして盛況で札幌ー倶知安ー伊達紋別ー札幌間の循環準急「いぶり」の運転もあったが1969年(昭和44年)鉱山の閉山により支線だった京極ー脇方間が1970年(昭和45年)11月1日に廃止。その後は過疎化、モータリゼーションの発展により輸送量が激減して1986年(昭和61年)11月1日に廃止、バス転換された。
 今までを振り返ると官鉄や民間による建設、合併、買収、自然(昭和新山)との闘いなど波乱の66年間であった。
  時刻表で見る歴史
注)時刻表は著作権保護期間の過ぎた50年以上前のみの転載(50年に満たないのは打ち出し)としていますが無断使用は固くお断りいたします。

1920年(大正9年)9月
開業間もない頃の時刻表です。192
7年頃、倶知安には7950、8100の
配属があり、この古典機たちが活躍
したものと思われます。

中型鉄道汽船旅行案内(中央出版合
資会社発行)、大正10年9月号よ
り。
  1929年(昭和4年)6月
開業間もない頃の胆振鉄道の時刻(上)です。(細字:午前、太字:午後)
汽車時間表(日本旅行協会)1929年6月号より。
上り列車(ページが折れて見えない部分)
718レ:脇方11:15−京極11:42−倶知安12:20
720レ:脇方18:20−京極18:48−倶知安19:22
胆振鉄道が開業間もない頃の京極線の時刻(上)です。京極で胆振鉄道
と時間的に接続しています。
汽車時間表(日本旅行協会)1929年6月号より。

  1942年(昭和17年)9月
胆振縦貫鉄道全通の頃、及び同時期の京極線の時刻です。一部の列車は京極で接続しています。当時は倶知安に8620,9600の他、胆振縦貫鉄道も独自のD5101〜05を所有しておりました。
時間表(東亜旅行社)1942年9月号より。
  1944年(昭和19年)10月
買収された頃の時刻です。この頃は旅客よりも鉄不足であったので沿線から産出される鉄鉱石の輸送が重要だった頃です。
時刻表(東亜交通公社)1944年4号(10月)より
(読み取りづらく時刻がわかりにくくて申し訳ありません。時刻表をクリックすると拡大したページにリンクします。)
  1952年(昭和27年)10月
戦後もやや落ち着いた頃の時刻です。
胆振縦貫鉄道所有だったD5101〜05は戦後D51950〜954に改番され伊達紋別に居ましたが、1949年には転出して9600の天下となります。この頃より徐々に気動車が入って、1961年3月には客貨分離され、旅客列車は全て気動車となります。
1962年10月より札幌ー倶知安ー伊達紋別ー札幌の循環準急「いぶり」が不定期ながら運転開始され、胆振線内はキハ22単行で一見普通列車に見えたものです。その「いぶり」も1980年10月改正で廃止されました。

時刻表(日本交通公社、1952年10月)より

1963年(昭和38年)10月時刻改正時   
鉄鉱物の輸送がまだ活気のあった頃で脇方から倶知安への直行の設定もあります。
急行「いぶり」もまだ誕生してまもない頃です。


時刻表(昭和38年10月:日本交通公社より) 

下りの見開きわかりにくい列車ですが
835D
伊達紋別21:20,新大滝22:27
861D
喜茂別21:16ー京極21:28〜32ー脇方21:45
 
1970年(昭和45年)10月時刻改正時   
 京極ー脇方間廃止寸前の時刻です。貨物列車1往復の設定はありますが脇方からの貨物設定はありません。

時刻表(昭和45年10月:日本交通公社より)

下の運行図表は鉄道ファン(1971年1月より)
 


1986年3月改正時(廃止半年ほど前)
821D 823D 841D 825D 827D 843D 829D 831D 833D 845D
伊達紋別
上長和
壮瞥
久保内
繙渓
北湯沢
優徳
新大滝
御園
北鈴川
喜茂別
留産
南京極
東京極
京極
北岡
寒別
参郷
六郷
倶知安
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
602
626
633
649
655
658
703
707
712
716
721
726
730
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
727
734
741
747
751
756
806
811
815
820
825
829
701
708
716
726
====
801
808
816
826
839
849
855
911
935
942
950
956
1000
1005
1008
1013
1017
1023
1027
1031
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
1159
1206
1213
1219
1223
1228
1231
1236
1241
1246
1251
1255
1023
1030
1038
1049
1102
1111
1118
1127
====
1436
1443
1451
1506
1518
1528
1534
1544
1608
1615
1623
1629
1633
1638
1647
1652
1656
1701
1706
1710
1647
1654
1702
1712
1725
1734
1740
1755
1820
1827
1835
1841
1845
1850
1903
1908
1912
1917
1922
1926
1901
1908
1916
1926
1939
1948
1954
2008
2032
2039
2047
2053
2057
2102
2105
2110
2114
2120
2124
2128
2120
2127
2136
2146
2159
2208
2215
2224
====

840D 842D 822D 824D 844D 826D 828D 830D 832D 834D
倶知安
六郷
参郷
寒別
北岡
京極
東京極
南京極
留産
喜茂別
北鈴川
御園
新大滝
優徳
北湯沢
繙渓
久保内
壮瞥
上長和
伊達紋別
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
607
613
618
626
633
642
649
655
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
731
739
746
753
601
605
 レ
614
619
626
629
635
639
647
655
703
 ===
738
742
747
753
758
804
807
813
817
824
833
842
913
919
924
932
939
947
954
1001
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
  -
1223
1230
1234
1242
1249
1257
1304
1311
1042
1046
1051
1057
1102
1108
1111
1117
1121
1128
1137
1145
====
1306
1310
1315
1321
1326
1332
1335
1341
1345
1352
1401
1410
1438
1445
1449
1457
1504
1513
1520
1526
1919
1623
1628
1634
1639
1645
1649
1655
1659
1707
1715
1725
1753
1800
1804
1812
1819
1827
1834
1841
1835
1839
1844
1850
1855
1901
1904
1910
1915
1921
1930
1938
2007
2013
2018
2026
2033
2041
2048
2055
2138
2142
2147
2153
2158
2204
2207
2213
2217
2224
2232
2240
2308
====
時刻表(日本交通公社、1986年3月号)より。

参考資料:北海道鉄道100年史、鉄道ファン(1980,2月号)、D51
(プレスアイゼンバーン、vol3)、鉄路の闘い100年(山海堂)