名寄本線(現役時代)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

名寄本線へはかつてSL撮影、オホーツク北上の鉄道旅行でお世話に
なっておりその時撮影したのを徐々にUPしていきます。
9600の写真はこちらをクリックすればジャンプします。
画像3枚追加しました。
中湧別駅にて

ホームに停車中の列車は私が常呂から乗って来たもので折返し網走行きとして発車待ちしている所。

1977,3/20
中湧別駅にて

手前の列車は遠軽から急行「大雪」として札幌へ向かいますがキハユニは遠軽までだったとの記憶です。

1977,3/20
天北峠より歩いて降りて来た際、一の橋駅を望んだものです。腕木式信号機、ハエタタキが懐かしいですね。

1973,3/29
上の写真と同一地点より上興部方面を望んだもの。天北峠の山並みが迫っています。

1973,3/29


名寄本線の9600

一の橋ー上興部間には天北峠が横たわり、ほぼ中間のサミットへ向けて25‰の勾配のため一部の貨物列車には9600の
補機が付きました。晩年のSLブームでは9600の重連目当てで多くのSLファンが訪れました。
私も1973,74年3月に訪れていますのでその時の写真をUPします。
 1973,3/27
一の橋ー上興部  1691レ

3月といえど路盤を覆い尽くすほどの雪でした。25‰を登る時は15km/h位なのでシャッターを切ってからもじっくりと動きがみられたものです。
 1973,3/27
一の橋ー上興部  1693レ

夕方近いこの下り貨物は逆次に9600の補機が付く珍しい運転でした。これだけの貨物量なので当時は廃線なんて夢にも思わなかったです。
  1973,3/29
一の橋ー上興部  1691レ

サミット付近にて。次位に回送のDD14が付いています。
  1973,3/29
一の橋ー上興部  1690レ

上写真撮影後サミットを超えて越えて上り貨物を狙いましたがこの日は生憎単機。

  1973,3/29
一の橋ー上興部  1693レ

立ち位置が悪く、次位機が引き立っていませんが。。。。

 
 1974、3/30
紋別駅にて入れ替え中。
1690レ
 1974、3/30
紋別駅にて入れ替え後に名寄方面に発車する1690レ 

この貨物列車を後続の普通列車で追っかけて下写真の一の橋ー上興部で撮影しています。
   1974,3/30
1690レ
上写真の貨物列車を一の橋ー上興部で迎えたもの。重連で煙の形もGOODです。
     1974,4/1
一の橋ー上興部  1691レ

九州から転属してきた門デフのカマがやってきました。
     1974,4/1
一の橋ー上興部  1690レ

上写真撮影後、サミットを越えて重連の上り貨物GET。
 1974,4/1
一の橋駅にて

下写真で撮影した次位機が単回で到着した所です。
   1974,4/1
一の橋ー上興部  1693レ

一の橋を出てすぐの小高い丘から変則重連貨物を狙ってみました。
 1974,3/28
遠軽駅 (許可得て撮影)
1692レ

遠軽駅で発車待ちしている所です。


現在ホームが保存されている事で有名な駅です。当時は目的地まで時
間有ったので列車1本待ってまでここのスタンプを押したものです。以
下は同一日(1974,3/30)にて途中下車したり、停車時間の長い駅
で1日で「スタンプ収集」を行いました。また同じ列車での「スタンプ収
集」をする同業者の方も結構おられました。
流氷と漁業の基地で有名な紋別。9600貨物の入れ替えを見るため
途中下車したものです。
5分位の停車があったので...列車からダッシュして...(^^;
同じく、5分位の停車があったので...(^^;
目的地は上興部でここから1時間近く歩いて9600貨物の撮影に行き
ました。名寄には撮影を終えて、夕方に着いた時のものです。当日はS
L撮影でなく、「スタンプ収集」のため全線走破したようなものだったか
な?