東塩尻信号所跡

トップへ
トップへ
戻る
戻る


 小野ー塩尻間の開通は1906年6月11日ですが東塩尻信号所(単線区間の行き違い設
 備)は1939年7月1日に折返し、着発各1線のスイッチバックにて輸送力増強のため設置。そ
 の後、塩嶺トンネルの開通で1983年10月12日にその使命を終えました。廃止後20年近く
 経ちますが当時の面影は未だに残っています。


  東塩尻信号所跡を望んだもの。着発線は保線用でしょうか。100mほど線路が伸びています。右上には折返し線の築堤が見えます。
列車はここを過ぎるとすぐに善知鳥トンネル(1652.6m)に突っ込みます。

 2000、4/8


善知鳥トンネル(1652.6m)西口です。上の写真はこの上から撮影したものです。

 2000、5/29
折返線跡より善知鳥トンネル方向(小野方)
 を望んだもの。枕木がまだ残っています
ね。
 2000、5/29
  折返線より着発線に進入する普通列車
   前方に善知鳥トンネルが見えます。
   1982、6
本線より着発線跡を望んだもの。100mほど線路が伸びています。でもそのおかげで当時の面影を濃くしていますね。

 2000、5/29
着発線跡より本線を望んだものです。
 2000、4/8
着発線に停車中の普通列車から通過する「あずさ」撮影したもの。
 1982、6
着発線跡の行き止まりです。写真ではわかりませんが線路の残っている箇所もあります。

 2000、5/29
停車中の普通列車。1両分(約20m)ほどのホームがありました。ホーム以外の車両の扉も開くので間違えれば線路に落ちてしまいます。(^^; (中央に写っている人の立っている位置から分かります。)
 1982、6

 撮影当日ではありませんでしたが、乗客の中で停車中の列車から降りて山菜を摘んでいる年配の女性がおりました。本人曰く「スーパーで買うと高いから....」。??
 いずれにせよ、普通列車でしか味わえぬ贅沢である事は間違いありません。


参考資料:鉄道写真記録集、鉄道青春時代ー中央線ー(電気車研究会)、鉄道ピクトリアル(N
 O467)