篠ノ井線 潮沢信号所跡

トップへ
トップへ
戻る
戻る


篠ノ井線の松本ー西条間の開通が1902年(明治35年)6月15日。これにより松 本ー篠ノ井間
の開通となります。潮沢(うしおざわ)信号所は最初からではなく、1961年(昭和36年)9月2
 6日に明科ー西条間に輸送力増強のため開設されました。その後、1988年9月10日、別線
 の第1、2、3白坂トンネル開通により明科ー西条間及び潮沢信号所は廃線となります。

現在も並行する国道から廃線跡が見られますが作者は潮沢信号所跡付近しか歩いておりま
 せんのでそこのみの紹介という事でご容赦下さい。

潮沢信号所跡手前の本線から松本方面の望んだものです。左上に引き上げ線が見えてます。

 1998、5/2
スイッチバッククロスポイントのあった
 と思われる位置から松本方面を望ん
 だものです。左の道が引き上げ線、
 右が本線です。

 1998、5/2
    現役時代、追いぬかれ待避する長   野方面への普通列車の運転室越し   に通過する「しなの」を狙ったもので   す。

   1981、2
  「しなの」通過後、長野へ向けて出発する普通列車。一旦、引き上げ線に入り長野方面に出発します。

 1981、2
潮沢信号所跡から西条方面に10分
 位歩いたあたり。

 1998、5/2
    長野方面に向かう普通列車の運   転室越しより。左上の写真より信号所  寄りと思われます。右下に着発線の電  柱が見えます。

 1981、2
潮沢信号所跡より西条寄りにある漆久保トンネルです。

 1998、5/2


参考資料:鉄道運輸年表(1999年「旅」1月号付録)、鉄道廃線跡を歩く(5)JTB、D51から
 振り子電車へ(鉄道友の会長野支部)