新宿ー甲府間の所要時間変遷

戻る
戻る

  中央本線(飯田町ー名古屋間)が全通した1911年(明治44年)から1995年(平成7年)までの新宿ー甲府間の所要時間の変遷を主要改正毎、列車種別毎にまとめたものです。(当時はPC持っていなかったので手書き。)
 特に速度向上の目立つのは1931年(昭和6年)の甲府電化、1935年(昭和10年)の昼行準急の新設、1951年(昭和26年)の準急復活が大幅な短縮を生み出しています。1966年(昭和41年)12月に特急「あずさ」が新設されますが当初は急行「アルプス」と大差はありませんがこちらは年を追うごとに徐々に速度向上させているのが特長です。
 こうして長い年月の変遷を見ると速度向上はその時代毎の鉄道技術者の偉業、労苦の積み上げであり、利用者ながらも感謝する次第です。

*転載はお断りいたします。