羽越本線 越後早川ー桑川

トップへ
トップへ
戻る
戻る


  1924年7月31日、村上ー鼠ヶ関間開通により羽越本線は全通。同時に日本海縦貫線が
 完成、これにより関西と東北、北海道が近くなります。その後輸送力増強のために羽越本線も
 1965年より複線化工事が進められ、同時に曲線改良により僅かな区間ではありますが線路
 が切り替えられています。ここ越後早川ー桑川間の複線化は1968年8月30日に完成してい
 ますが新線の橋の銘板には1967年1月31日竣工と有り、先行で単線で切り替えられたと思
 われます。(2003年1月18日)

  

 左写真の矢印部分が廃線跡です。曲線改良のため廃線跡は200m位しかありません。

   2001、2/25
  

 小さいながら橋台はもちろんですが橋梁も残っています。農家の方が歩道代わりに利用されているようです。

  2002、3/9
  

 廃線跡上より桑川方面を撮影したものです。中央部に橋台が見えます。



  2002、3/9


参考資料:50年史(新潟鉄道管理局、1986年)