昭和29年10月中央東線時刻


トップへ
トップへ
戻る
戻る


 戦後発展期である昭和29年10月の時刻です。

この改正では進駐軍専用列車の廃止。輸送力増強、観光シーズン対処による優等列車の新設が行なわれ、まさに戦後
訣別とも言えるダイヤ改正です。
中央東線では新宿ー松本間の2407,2406レ(後に「白馬」と命名。)の新設されています。

中央西線では昭和28年11月改正で準急「しなの」(名古屋ー長野)が新設されています。

電車列車も新宿ー甲府間に1693レ、792レが新設。もうひとつ注目されるのが週末の臨時で「あずさ」「かいじ」が設定
されています。今こそは我が物顔で中央東線を走りまくっていますが愛称名の因縁が見え隠れしています。




綴じ目でかすれている列車ですが
413レ:新宿10:20ー八王子11:10〜11:13ー甲府13:40〜13:53ー上諏訪16:15〜16:21ー塩尻17:34〜18:05
−松本18:27〜18:41ー長野20:21

425レ:新宿11:32−八王子12:22〜12:24−甲府14:53〜15:21−上諏訪17:48〜17:56−塩尻19:20〜19:29
ー松本19:55

2407レ(準急):新宿12:25−八王子13:06〜13:08−甲府15:04〜15:09−上諏訪16:56〜17:01−塩尻17:50〜17:54ー松本18:10






綴じ目でかすれている列車ですが

2406レ(準急):松本11:00−塩尻11:20〜11:21−上諏訪12:14〜12:18−甲府13:43〜13:48−八王子15:43〜15:45−新宿16:30


424レ:塩尻11:33−上諏訪12:33〜12:39−甲府14:36〜14:42−八王子17:15〜17:18−新宿18:11

日本交通公社発行  時刻表(昭和29年10月)より。