昭和26年5月中央東線時刻



トップへ
トップへ
戻る
戻る


 戦後6年後のである昭和26年5月の時刻です。

終戦直後のダイヤとの訣別とも言える昭和25年10月の時刻大改正が基盤となっています。
新宿ー長野間の407,408レは昭和23年7月に新設、昭和26年4月に「アルプス」と命名。同時に新宿ー松本間準急
405,406レ後の「穂高」も新設されています。
普通列車も新宿ー甲府間も列車本数が昭和21年12月時刻改正時点より増発されており、復興〜発展しているのが伺
えます。また電車も高尾以西に乗り入れており、塩山ー甲府、東京ー河口湖に設定されています。

この頃の旅客列車は新宿ー甲府間がEF10,11,52とF級機が主力となり、甲府以西は非電化ですのでD50,51の
天下です。

参考資料:鉄道ピクトリアル(NO280)

五日市線の時刻も同じページにありましたので同時にUPします。現在はE233系オンリーですが本数も半数以下でC1
0,11が牽引しておりました。



綴じ目のかすれている列車ですが
423レ:浅川(現高尾)ー甲府12:04〜15ー上諏訪14:49−塩尻16:02



綴じ目のかすれている列車ですが
216レ(気動車):韮崎13:02ー甲府13:18
444レ:甲府13:24−八王子16:00〜16:05−新宿16:57

日本交通公社発行  時刻表(昭和26年5月)より。