羽越本線時刻表(1961年10月)


トップへ
トップへ
戻る
戻る


  史上空前の改正と言われた昭和36年10月白紙改正時の時刻表をUPします。

 この改正の目玉はやはり大阪ー青森間特急「白鳥」の新設でしょう。それまでは大阪から札幌まで「日本海」と青函連絡船で2泊3日だったのが「白鳥」〜青函〜「おおぞら」で1泊2日へと革新的に短縮されました。
これに伴い、「日本海」は運転時刻が変更されて現在の「きたぐに」の時刻に近づいて約1時間のスピードアップ。大阪ー青森間の普通列車が2往復から1往復となっています。

牽引機ですが
秋田のC55は九州へ転出。C51も新津、酒田に各数両と両数もかなり減ってC57の天下となっています。翌昭和37年6月には北陸本線の北陸トンネル開通、福井電化によりDF50が転入してきて急行列車はDL化されています。





綴じ目でかすれている列車ですが(長距離のみ)
835レ:新潟12:57−新発田13:31〜13:33−坂町14:07〜14:16−鶴岡17:02〜17:06−酒田17:48〜17:57−
秋田20:50
837レ:新津15:27ー坂町16:44〜16:50−鶴岡19:37〜19:41−酒田20:30〜20:48−羽後本荘22:24



綴じ目でかすれている列車ですが(長距離のみ)
512レ:青森14:25−秋田20:05ー酒田22:53〜23:00−鶴岡23:39〜23:41−坂町1:37〜1:45
新津2:42−大阪20:12
2048レ(荷物):青森5:52−秋田10:13−酒田12:25〜12:33−鶴岡13:03〜13:07−坂町14:52〜15:00
ー新津15:56−大阪6:40

日本交通公社発行  時刻表(昭和36年10月)より