羽越線時刻表(1957年10月)

トップへ
トップへ
戻る
戻る






日本交通公社時刻表(昭和32年10月)より

513レ:秋田23:54、青森5:00
514レ:青森23:50、秋田4:06、酒田6:31〜6:41、鶴岡7:29〜7:33、村上9:52、坂町10:11〜10:17、新津11:31
大阪6:16(翌日)

 昭和32年10月時刻改正時の時刻表をUPします。

前年の昭和31年12月時刻改正で昭和29年10月時刻改正で新設された不定期急行「津軽」が秋田打ち切りとなりますが定期化されて上野ー秋田間急行「羽黒」として生まれ変わります。これが後の「鳥海」、ブルトレとなった「出羽」、後に再度「鳥海」、現在の「あけぼの」へと変遷しています。長距離普通列車813レ、814レと共に東京とを結ぶ数少ない列車です。

戦後から運転されている「日本海」は羽越本線内は昼行運転で晩年の「白鳥」の時刻に近いですね。大阪ー青森間の普通列車も2往復設定されていおり、当時は普通列車での長距離旅行も当たり前だった頃です。

直江津ー秋田間815レ、812レの設定がありますが直江津から北海道に航送される荷物車が連結されているのでその関係で直江津発着になっておると思われます。

牽引機ですが当時は新津にC51,C57、酒田にC51,秋田にC51,C55,C57が配属されており、急行はC57,普通列車はC51,C55,C57が牽引しておりました。