昭和21年12月中央東線時刻


トップへ
トップへ
戻る
戻る

 終戦直後である昭和21年11月時刻改正による時刻です。
冬場の石炭の需要が増加する中、外国人炭鉱労働者の帰国により石炭不足を招いていたので運転事情は列車が削減
される状態が続きました。
新宿ー甲府間の運転本数も昭和19年より減っており、翌昭和22年1月には明治時代の運転本数にまで悪化してしま
います。運転速度は昭和19年と変化はないようですね。
輸送需要も引き揚げ、買出しなどで増加している中、運転本数が反比例しているのですから、一部の長距離列車を除け
ば3等車(現在の普通車)のみの編成となっています。

 この頃の旅客列車は甲府までがED16。昭和20年代半ばよりEF10,11,52が甲府に配属されるまではED16が
主力でした。甲府以西はD50,D51です。

参考資料:鉄道ピクトリアル(NO280)

青梅線の時刻も同じページにありましたので同時にUPします。現在と比べれば青梅までは35分間隔、氷川までは1日
12往復とエネルギー事情もありますが隔世を思わせます。




東亜交通公社時刻表(昭和21年12月号)より