鉄道飛砂防止林


トップへ
トップへ
戻る
戻る


  日本海沿いに走る羽越本線の羽後亀田ー新屋間は1920年(大正9年)の開業ですが、沿線は草のない砂漠に等しいものでした。これが冬となると日本海からの季節風で飛砂、吹雪が線路に吹きつけてしかも線路上に積もるためその取り除き作業は大変なもので砂による列車の脱線事故まで発生しました。
 当初は飛砂防止のため木の塀を設置したが風向きによっては塀の風上に砂丘が出来たり、塀が風で倒されるなど失敗した。風が吹くたびに警戒員や除砂作業員を配置したり時には「砂捨列車」という珍しい名前の列車まで運転するなど苦労の連続でした。

 この苦労を解消するために1921年(大正10年)に沿線の用地を買収してマツの植林による飛砂防止林の造林が始められました。砂漠に等しい所に造林するのですから当初は乾燥のため枯死したり砂に埋もれるなど失敗の連続でした。それを繰り返しながら苗木の生長を助けるため根元に稲わらを埋めたり、風から守るため立ちわらをするなど可能な限りの注意を払って造林が続けられました。苗木が活着するまで3年かかります。その間は野生植物の自生も促進させる方法も進められますが、「ハマゴウ」が自生する所には苗木が育たなく、それが根切虫の温床となっているのがわかり、アセチレンランプを日没より点灯させ捕殺しながら「ハマゴウ」を全部掘り返したという苦労もありました。
このような労苦の末に造林後10年には砂地はようやっと青松の美林となって飛砂による被害は無くなりました。

 羽越本線の上りで秋田を出てしばらくすると「鉄道飛砂防止林」の標札があるとの事ですがこれは1962年(昭和37年)10月14日に第19号鉄道記念物に指定され「秋田第1鉄道飛砂防止林」と名づけられました。
近年、森林破壊で環境に及ぼす影響など論議されていますが砂漠に等しい所に植林し、育て、自然を造成しつつ線路を守った先人技術者の偉業、労苦に頭が下がる思いですし、羽越本線全通80年を迎えるにあたって決して忘れてはいけない事と思います。

参考資料:鉄路の闘い100年(山海堂)
バック:開業時の鮎川橋梁(羽越線建設概要、大正13年より)