昭和12年1月中央東線時刻


トップへ
トップへ
戻る
戻る


  戦前華やかしき頃(昭和12年1月)の時刻です。この頃は満州事変など準戦時体制ではありましたが旅客の動きは観光旅行など活発でした。新宿ー松本間の準急(当時料金不要)405,406レや新宿ー長野間401,402レの2等寝台連結、甲府までの不定期夜行などがそれを伺わせます。所要時間も戦前では最高レベルです。
また始発駅が1933年(昭和8年)9月15日より飯田町から新宿へ、この時刻表ではわかりませんが総武線電車が中野始発に変更されています。
 同年7月7日には日華事変が勃発して、国内の準戦時体制が濃くなっていきます。それにより同年12月15日には405,406レは新宿ー甲府に縮小されるなど全国の準急列車は廃止、縮小の道を辿っていきます。
 戦前最後の打ち上げ花火的な中央東線の時刻です。


下り


上り


汽車時間表(日本旅行協会、昭和12年1月より)