ちょっと気分転換。模型で再現する往年の名列車

TOP
第156回:出世列車として親しまれた「津軽」。

 かつて東北北部から東京方面への集団就職や出稼ぎで出世列車と言われた急行列車がありました。
東京で就職,出稼ぎして里帰りする時に1等車で帰れれば成功。2等車ではまあまあ。普通列車でしか帰れない場合は...。と言われたものです。
その急行列車こそ、青森と上野を結ぶ急行「津軽」。
特に奥羽本線沿線の利用者から長い間親しまれました。

「津軽」は1954年(昭和29年)10月時刻改正で上野ー青森間を上越、羽越本線経由で結ぶ不定期夜行急行として誕生しましたが1956年(昭和31年)11月19日白紙改正で上野ー青森間を奥羽本線経由で結ぶ定期夜行急行に昇格します。その生涯を模型で再現しながら辿ってみます。
1956年(昭和31年)11月19日白紙改正。
 それまでの上野ー秋田間夜行急行「鳥海」を青森まで延長する形での登場となります。
 後列左側上野寄りより
C6120+マニ31+(1)マロネ29+(2)スロ51+(3)オロ35+(4)ナハネ10+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハフ42+(9)スハ43+(10)スハフ42

(9),(10)号車:上野ー新庄。

*当時は東北本線は非電化で上野より蒸機が牽いていました。配置よりC59又はC61。福島ー米沢:EF16,米沢ー秋田:C51,秋田ー青森:C57と推定。

模型
C6120(マイクロエース),マニ31,オロ35(モデモ),マロネ29,スロ51(レボリューションファクトリー),スハ43,スハフ42(KATO旧ロットでの表記変更),ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)
 1958年(昭和33年)10月1日時刻改正。
3等車(当時)の一部が昭和32年頃よりナハ10に置き換えられます。
後列左側上野寄りより
C6120+マニ31+(1)マロネ29+(2)スロ51+(3)オロ35+(4)ナハネ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+(7)ナハ10+(8)スハフ42+(9)スハ43+(10)スハフ42

*ナハ10はナハ11で代用。
(9),(10)号車:上野ー新庄。 

*昭和33年4月に東北本線大宮ー宇都宮間が電化によりEF58に代わりますが宇都宮以北はC59又はC61(推定)。

模型
C6120(マイクロエース),マニ31,オロ35(モデモ),マロネ29,スロ51(レボリューションファクトリー),ナハ10,ナハフ10(KATO製からの塗装,表記変更),スハ43,スハフ42(KATO旧ロットでの表記変更),ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)
1961年(昭和36年)10月1日白紙改正。
昭和34年~36年にかけてマロネ29からスロネ30へ。その後オロネ10,スロ51からオロ61,ナハネ10からスハネ30への置き換えがあります。

後列左側上野寄りより
EF58+マニ60+マニ60+マニ60+(1)オロネ10+(2)オロ61+(3)オロ61+(4)スハネ30+(5)スハネ30+(6)ナハ10+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハフ10+(10)ナハフ10

*ナハ10,ナハフ10はナハ11,ナハフ11で代用。EF58は大窓車で代用。
(10)号車:上野ー新庄。 
マニ(1,2位):米沢ー上野

東北本線の電化も進捗して、上野ー黒磯:EF58,黒磯ー福島:ED71,福島ー米沢:EF16と全て電機に。非電化区間でも米沢ー青森:DF50と無煙化されています。

模型
EF58(KATO),マニ60(KATO),オロネ10,スハネ30,ナハ11,ナハフ11(KATO既製品の塗装変更),オロ61(KATO製スロ62からの改造)

この改正では上野ー秋田間に82系による気動車特急「つばさ」が新設されていますが「津軽」への影響はなく、出世列車として君臨を続けます。

(続く)

参考資料
レイル(NO9),主要客車列車編成順序表(昭和36年10月),鉄道運輸年表。

バックナンバー


第155回:伝統の急行「アルプス」とその仲間たち。

第154回:増毛と札幌を結んだ優等列車

第153回:C55に牽いた優等列車(戦後)

第152回:C55最後5年の活躍

第151回:伝統の東北夜行

第150回:「だいせん」。山陰本線の脇を固めた急行たち。

第149回:旅する夢をありがとう。「北斗星」27年の生涯。

第148回:東京から鹿児島を目指した急行「霧島」とその仲間たち

第147回:東京~北陸間を彩った夜行列車「北陸」とその仲間たち。

第146回:神話の国へ「出雲」の生涯。

第145回:日本海の遥かなる生涯

第144回:日向の国を目指した急行(高千穂とその仲間たち)

第143回以前の公開は終了させていただきました。