ちょっと気分転換。模型で再現する往年の名列車

TOP
第157回:183系特急気動車,北海道での38年の軌跡。

183系特急型気動車。北海道内を厳しい自然と闘いながら本州連絡や道民の足として活躍した82系特急気動車の後継車として1979年(昭和54年)に試作車が渡道。道内で数々の試験運転が続けられて1980年(昭和55年)2月10日に「おおぞら5,4号」で限定隔日運用で運転開始されました。
その後、増備が続いて北海道内の全ての気動車特急が置き換えられてスピードアップなどに大きく貢献。JR北海道の特急の高速化までのつなぎとしても輝かしい存在に思えます。
製造開始後、30年以上経過した近年では後継の281,283,261系特急型気動車の登場で「北斗」「オホーツク」だけと活躍の範囲は狭められました。しかし北海道内で道民の足として華々しい活躍ぶりは一大歴史を築きました。その軌跡を模型で辿ってみたいと思います。
また暫くの間、お付き合い下さい。
追加分はこちら。
1980年(昭和55年)2月10日 
おおぞら5,4号(函館ー釧路)
1編成のみなので函館ー釧路間の特急「おおぞら5,4号」で従来の82系と隔日運用でデビューしました。
 
   
後列左側函館寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+(4)キハ184+(5)キロ182+(6)キハ182+(7)キハ182
+(8)キハ182+(9)キハ182+(10)キハ183
デビュー当時は全て900番代ですが模型では0番代で代用。
模型:TOMIX既製品

183系では食堂車は新製されず、車販を充実させるためにキロ182の車販準備室に簡単な調理場が設けられ ました。その関係でキロ182の乗降扉が若干中央に寄っています。
1980年(昭和55年)10月1日時刻大改正 
おおぞら3,2号(函館ー釧路)
この改正より函館ー釧路間の特急「おおぞら3,2号」で従来の82系と隔日運用となります。 
 
後列左側札幌寄りより
(増1)キハ183+(1)キハ182+(2)キハ182+(3)キハ182+(4)キハ182+(6)キロ182+(7)キハ184
+(8)キハ182+(9)キハ182+(10)キハ183
(5)号車欠。82系では食堂車なので号車の整合をとるためか。
900番代ですが模型では0番代で代用。
模型:TOMIX既製品 
1981年(昭和56年)10月1日時刻改正 
この改正では量産車が函館に配属されて、「おおぞら」2往復(隔日運用は解消)と「北海」1往復が82系から置き換えられます。 
「おおぞら」ですが石勝線開業により千歳空港ー札幌間を往復する運転となります。
おおぞら3,2号(函館ー釧路),北海3,4号(函館ー札幌:小樽経由) 
 
   
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+(4)キハ182+(5)キハ182+(6)キロ182+(7)キハ184
+(8)キハ182+(9)キハ182+(10)キハ183

模型:TOMIX既製品 
おおぞら5,4号(札幌ー釧路) 
 
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+(4)キハ184+(5)キロ182+(6)キハ182+(7)キハ182
+(8)キハ182+(9)キハ182+(10)キハ183

模型:TOMIX既製品 
1982年(昭和57年)11月15日時刻改正
 上越新幹線が開業したこの改正では183系気動車が更に増備されて「おおぞら」全列車,「オホーツク」2往復,「北海3,4号」(従来のまま)が置き換えになります。
 おおぞら1,6号(札幌ー釧路),オホーツク1~4号(札幌ー網走)
 
   183系に置き換えられた「オホーツク」ですが82系時代とほとんど所要時間が変わっていません。
 その理由(推定)は札幌ー旭川間は最高速度95km/hのまま、石北本線内はR300のカーブが多いために速度が上がらないためと思われます。本格的なスピードアップは札幌ー旭川間が高速化される1986年(昭和61年)11月改正以降となります。
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+(4)キハ184+(5)キハ184+(6)キロ182+(7)キハ182
+(8)キハ182+(9)キハ183 
模型:TOMIX既製品
 おおぞら3,2号(函館ー釧路),北海3号(函館ー札幌)
 
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+(4)キハ182+(5)キハ182+(6)キロ182+(7)キハ184
+(8)キハ182+(9)キハ182+(10)キハ183 
模型:TOMIX既製品
1985年(昭和60年)3月14日時刻改正 
東北,上越新幹線が上野開業したこの改正では本数は増えますが短編成化で不足する先頭車を賄うためにキハ184に運転台を付けた形でキハ183-100代が登場します。 
1984年(昭和59年)2月1日時刻改正で「北斗」も1往復183系に置き換えられていますがこの改正から4往復に増発されています。一方短編成化のためにグリーン車の無いモノクラス6両の列車(「北斗」の一部,「北海」)も出現します。
おおぞら1,5,11,2,10,12号(札幌ー釧路),オホーツク1~4号 (札幌ー網走)
 
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+(4)キハ182+(5)キロ182+(6)キハ182+(7)キハ182
模型:TOMIX既製品 
おおぞら7,9,4,6号(函館,札幌ー釧路),北斗1,5,6,10号(函館ー札幌)
 
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+(4)キハ182+(5)キロ182+(6)キハ184+(7)キハ182
+(8)キハ182+(9)キハ183
模型:TOMIX既製品 
函館発着する「おおぞら」「北斗」は当時青函連絡船を通して「はつかり」「ゆうづる」と接続しており、本州連絡という格の高さが編成に表れていたように思えます。
北斗3,9,2,8号(函館ー札幌),北海3,2号(函館ー札幌) 
 
   
後列左側札幌寄りより(「北海」は函館寄り)
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+(4)キハ182+(5)キハ182+(6)キハ183-100
模型:TOMIX既製品  
1986年(昭和61年)11月1日時刻大改正
国鉄最後の時刻改正となったこの改正では北海道内の気動車特急で大きな転換が行われます。
1.伝統とも言われた小樽経由での特急「北海」は千歳経由の「北斗」に統合。 よって函館本線長万部ー小樽間から特急は消滅します。
2.最後まで82系気動車で残った「おおとり」「オホーツク5,2号」が183系気動車に置き換えとなり、82系気動車の定期運用は消滅。また唯一,昼行で営業していた食堂車(キシ80)が廃止。
3.183系気動車特急の本数増で編成が6,7,8両にまとめられる。
4.出力アップしたマイナーチェンジ車のキハ183(1500代、500代)、キハ182,キロ182(500代)の登場。
おおぞら7,9,11,4,6,8号(札幌ー釧路) 
 
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183-500+(2)キハ184+(3)キハ182-500+ (4)キハ182-500+(5)キロ182-500+(6)キハ182-500+(7)キハ182-500+(8)キハ183-1500

(7)号車キハ182-500
(8)号車キハ183-1500の場合有り。

模型:TOMIX既製品

釧路からのビジネス客輸送を主目的とした時間帯の列車に最新鋭のキハ183-500代が充当されて、所要時間も速達タイプとなっています。参考:鉄道ファンNO309
おおぞら4,5,13,2,10,14号(札幌ー釧路,帯広) ,北斗3,5,7,9,11,13,15,2,4,6,8,10,12,14号(函館ー札幌),おおとり(函館ー網走)
基本7両ですが季節による増車や連結される形式が変更される事もありました。(基本編成での形式変更例のみとします。)
キハ183-500代の塗装に合わせて、従来車も同様な塗装変更が行われました。過渡期の間は国鉄色の混結編成がよく見られました。 
編成1 
 
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+ (4)キハ182+(5)キロ182+(6)キハ182+(7)キハ183

模型:TOMIX既製品

0番代での新塗装、国鉄色の混結。雑誌でよく見られました。 私自身適当に織り交ぜた編成です。
編成2
 
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183-500+(2)キハ184+(3)キハ182+ (4)キハ182+(5)キロ182+(6)キハ182+(7)キハ183-1500

模型:TOMIX既製品 

両端のキハ183に500代、1500代が組まれ中間が0番代の編成もありました。参考:鉄道ファンNO319
編成3 
 
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+ (4)キハ182+(5)キロ182-500+(6)キハ182+(7)キハ183

模型:TOMIX既製品

  グリーン車にキロ182-500が組み込まれる事もありました。参考:鉄道ファンNO319
おおぞら3,12号(札幌ー釧路) ,北斗1,16号(函館ー札幌),オホーツク1~6号(函館ー網走)
 編成1
 
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+ (4)キハ182+(5)キロ182+(6)キハ183-100

模型:TOMIX既製品 

私自身適当に織り交ぜた編成です。キハ184改造のキハ183-100が組み込まれる事もありました。  
編成2 
 
後列左側札幌寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182+ (4)キハ182+(5)キロ182-500+(6)キハ183

模型:TOMIX既製品

私自身適当に織り交ぜた編成ですがグリーン車にキロ182-500が組み込まれる事もありました。
参考:鉄道ファンNO309
1988年(昭和63年)3月13日JRグループ時刻大改正 
青函トンネル開業したこの改正では北海道の交通体系が大きく変わります。
1.青函連絡船の廃止,「北斗星」運転開始により「北斗」は本州連絡特急から札幌から函館方面への都市間連絡に特急に。
2.「北斗」に183系1550,550代リニューアル車投入。
3.函館ー網走間特急「おおとり」が札幌で「北斗」「オホーツク」系統に分割。
北斗1,7,11,13,2,6,8,14号(函館ー札幌)  (N183と言われ1500,500代で組成)
 
後列左側函館寄りより
(1)キハ183-1500+(2)キハ182-500+(3)キロ182-500+(4))キハ182-500+(5) キハ182-500+(6)キハ182-500+(7))キハ183-1500(1550代で代用)

模型:TOMIX既製品

最高速度120km/hなので所要時間の早い速達タイプに充当されました。
 北斗1,7,11,13,2,6,8,14号(函館ー札幌)  (NN183と言われ1550,550代で組成)
 
後列左側函館寄りより
(1)キハ183-1550.+(2)キハ182-550+(3)キロ182-500+(4))キハ182-550.+(5) キハ182-550+(6)キハ182-550.+(7))キハ183-1550

模型:TOMIX既製品 

早い速達タイプに充当されましたがN183系(1500,500代組成車)とのこの改正時での棲み分けはありません。この後に増備が続いて後年NN183系(1550,550代組成車)が130km/h対応車に改造されます。
北斗3,5,9,15,4,10,12,16号(函館ー札幌) 
 
後列左側函館寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キロ182+(4))キハ182+(5) キハ182+(6)キハ182+(7))キハ183

模型:TOMIX既製品

最高速度110km/hでN183,NN183系に比べて所要時間も若干かかり、グリーン車(キロ182)もハイデッカー車に対して見劣りするので格差少なくするため3列シートに改造されます。(時刻表ではグレードアップクリーン車と表示。)
おおぞら1,5,9,13,2,6,10,14号(札幌ー釧路,帯広) 
 
後列左側釧路寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キロ182+(4))キハ182+(5) キハ182+(6)キハ182+(7))キハ183

模型:TOMIX既製品 

グリーン車(キロ182)は3列改造は未実施。
おおぞら1,5,9,13,2,6,10,14号(札幌ー釧路,帯広)  
 
こんな編成もありました。(10号での見たままですが)
後列左側釧路寄りより
(1)キハ183-1500+(2)キハ182+(3)キロ182+(4))キハ182+(5) キハ182+(6)キハ184+(7))キハ183-500

模型:TOMIX既製品  
おおぞら7,11,4,8号(札幌ー釧路) 
 
後列左側釧路寄りより
(1)キハ183-1500+(2)キハ182-500+(3)キハ182-500+(4))キハロ82-500+(5) キハ182-500+(6)キハ182-500+(7)キハ184+(8)キハ183-500

模型:TOMIX既製品 

速達タイプで輸送量の多い時間帯に設定されていました。
おおぞら3,12号(札幌ー釧路) ,オホーツク1~8号(札幌ー網走) 
 
後列左側釧路,遠軽寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キロ182+(4))キハ182+(5) キハ182+(6)キハ183

模型:TOMIX既製品 

グリーン車(キロ182)は3列改造は未実施。 
おおぞら3,12号(札幌ー釧路) ,オホーツク1~8号(札幌ー網走) 
 
こんな編成もありました。(オホーツク6号乗車時ですが)
後列左側釧路,遠軽寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キロ182-500+(4))キハ182+(5) キハ182+(6)キハ183

模型:TOMIX既製品  
おおぞら3,12号(札幌ー釧路) ,オホーツク1~8号(札幌ー網走) 
 
こんな編成もありました。(おおぞら3号乗車時ですが)
後列左側釧路,遠軽寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キロ182+(4))キハ182+(5) キハ182+(6)キハ183-100

模型:TOMIX既製品 

1988年(昭和63年)以降もNN183系の増備が続いて183系気動車による特急網は発展が続きます。
 おまけ。  おおとり(函館ー網走)
 
個人的には「おおとり」には乗車経験もあり、思い入れあるので思いきり有りもしない長大編成を組んでみました。(往年のキハ82による編成を183系に置き換えてみたものです。)

後列左側札幌,網走寄りより
(1)キハ183-1550+(2)キハ182-550+(3)キハ182-550+(4)キハ183-1550+(5)キロ182-500+(6)キサシ182+(7)キハ182-550+(8)キハ182-550+(9)キハ182-550+(10)キハ183-1550+(11)キロ182-500+(12)キハ182-550+(13)キハ183-1550

(1)~(3):函館ー北見
(11)~(13):函館ー札幌

模型:TOMIX既製品 ,有りもしないキサシ182(TOMIXキサシ180,キハ182からの改造)

続く。
 
1990年 (平成2年)9月1日JR北海道時刻改正
 札幌駅が高架開業したこの改正では
1.1500,500番代車(N,NN183)を「北斗」に4往復投入して高速化を図る。
2.「おおぞら」は0番代中心の編成とし、グリーン車がクレードアップ車(3列シート)とする。
3.札幌ー帯広間の「とかち」5往復の新設。
おおぞら1~12号(札幌ー釧路),オホーツク1~8号(札幌ー網走) 
 
後列左側釧路寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キロ182+(4))キハ182+(5) キハ184+(6)キハ183-500代

模型:TOMIX既製品

*オホーツクのキロ182 は3列シートではありません。 
 
こんな編成もありました。後列左側釧路寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キロ182+(4))キハ182+(5) キハ182+(6)キハ183-1500代

模型:TOMIX既製品   
北斗1,9,11,13,4,6,8,16号(函館ー札幌) 
 
後列左側函館寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キロ182-500+(4))キハ182+(5) キハ182+(6)キハ182+(7))キハ183

模型:TOMIX既製品 
北斗3,5,7,15,2,10,12,14号(函館ー札幌) (1500,500代での編成)
 
後列左側函館寄りより
(1)キハ183-1500+(2)キハ182-500+(3)キロ182-500+(4))キハ182-500+(5) キハ182-500+(6)キハ182-500+(7))キハ183-1500(1550代で代用)

模型:TOMIX既製品  

出力の高い1500,500代の編成により航空機との対抗上,最高速度120km/h運転されています。
北斗3,5,7,15,2,10,12,14号(函館ー札幌) (1550,550代での編成) 
 
後列左側函館寄りより
(1)キハ183-1550+(2)キハ182-550+(3)キロ182-500+(4))キハ182-550+(5) キハ182-550+(6)キハ182-550+(7))キハ183-1550

模型:TOMIX既製品 

出力の高い1550,550代の編成も同様に航空機との対抗上,最高速度120km/h運転されています。  後年ブレーキ改造などで130km/h運転されます。
とかち1~10号(札幌ー帯広) 
 
後列左側帯広寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182-550+(4)キハ182+(5) キハ183

5号車はキハ183-100代の場合有り。

模型:TOMIX既製品 

この改正より輸送需要の多い札幌ー帯広間に5往復新設されました。改正前の札幌ー帯広間「おおぞら」も「とかち」に統合。  
とかち1~10号⇒スーパーとかち1~10号(札幌ー帯広) 
石勝線沿線のリゾート開発による行楽客に対応するために2階建てクリーン車や普通個室のキサロハ182の連結,従来の普通車もグレードアップした形で1991年(平成3年)7月27日より「とかち」を置き換える形で「スーパーとかち」に5往復となります。
 
後列左側帯広寄りより
(1)キハ183+(2)キサロハ182+(3)キハ182+(4)キハ182-550+(5) キハ182-550+(6)キハ183

*キハ182-550はとかち色ですがニューカラーで代用。(持っていないのでスイマセン。)
模型:TOMIX既製品  
おまけ。 スーパーとかち誕生までの過渡期。 
 
後列左側帯広寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キハ182-550+(4)キハ182+(5) キハ183

模型:TOMIX既製品 

スーパーとかち誕生までの僅かな間は混色編成(とかち色+ニューカラー)も運転されていた事でしょう。模型的には組んで走らせたい編成です。 
おまけ。 スーパーとかち誕生までのおおぞら。  
 
後列左側釧路寄りより
(1)キハ183+(2)キハ182+(3)キロ182+(4))キハ182+(5) キハ184+(6)キハ183-500代

模型:TOMIX既製品

スーパーとかち誕生までの僅かな間は「おおぞら」も混色編成(とかち色+ニューカラー)も運転されていた事でしょう。 私自身はとかち色のキハ183に「おおぞら」のトレインマークを組み込み楽しんでいます。!(^^)!

続く。次回は1993年(平成5年)3月改正分予定。
参考資料:鉄道ファン(NO669) ,鉄道ピクトリアル(NO936),時刻表(昭和63年3月:JTB),列車編成席番表91年版。
 
バックナンバー

第156回:出世列車として親しまれた「津軽」

第155回:伝統の急行「アルプス」とその仲間たち。

第154回:増毛と札幌を結んだ優等列車

第153回:C55に牽いた優等列車(戦後)

第152回:C55最後5年の活躍

第151回:伝統の東北夜行

第150回:「だいせん」。山陰本線の脇を固めた急行たち。

第149回:旅する夢をありがとう。「北斗星」27年の生涯。

第148回:東京から鹿児島を目指した急行「霧島」とその仲間たち

第147回:東京~北陸間を彩った夜行列車「北陸」とその仲間たち。

第146回:神話の国へ「出雲」の生涯。

第145回:日本海の遥かなる生涯

第144回:日向の国を目指した急行(高千穂とその仲間たち)

第143回以前の公開は終了させていただきました。