ちょっと気分転換。模型で再現する往年の名列車

TOP
第155回:伝統の急行「アルプス」とその仲間たち。

中央東線を走った「アルプス」は2002年(平成14年)に廃止されましたが長い間、登山者やスキーヤーに愛用され、一方では
長野,山梨の人にも東京への足として親しまれました。(私も最多乗車回数を誇る急行列車です。)
「アルプス」の発祥は1922年(大正11年3月15日)に飯田町ー長野間に設定された直行列車でエースナンバー401,402レ
(当時準急そのものが無かった)から始まります。後に準急の格上げされますが戦時中に廃止されます。
戦後1948年(昭和23年)7月1日全国時刻大改正で不定期準急として復活。翌1949年(昭和24年)9月15日時刻改正で
定期化。1951年(昭和26年)4月15日には準急列車ながら「アルプス」と命名されて、中央東線の看板列車として発展します。
その輝かしい軌跡を模型で辿ってみたく、暫くの間お付き合い願います。

追加分(昭和41年12月改正以降)はこちら 

1950年(昭和25年)10月1日時刻大改正「アルプス」  新宿ー長野間運転。(夜行)
復活は1948年(昭和23年)7月1日全国時刻大改正からですが時刻表に編成順序表が出たのはこの改正からです。
但しハニ、ロ、ハとしか記載されていないので形式は殆ど推定です。


後列左側新宿寄りより
D51+オハニ(スハニ31代用)+オロ36+オハ35+オハ35+オハ(スハ32代用)+オハ(スハ32代用)+オハフ(スハフ32代用)
勾配線区のため牽引定数から「オ」級中心と推定されます。

模型:D51(KATO初期ロット),スハニ31,オロ36,スハ32,スハフ32(モデモ),オハ35(TOMIX初期ロット)
スハニ31を除いて2等,3等表記を転写しています。

1951年(昭和26年)4月15日新設「穂高」 新宿ー松本間運転。(昼行)
「アルプス」の姉妹列車として新設されました。
愛称命名されたのは1955年(昭和30年)2月です。


後列左側新宿寄りより
D51+オハニ(オハニ30代用)+オロ36+オハ35+オハ35+オハ(スハ32代用)+オハ(スハ32代用)+オハフ(スハフ32代用)
勾配線区のため牽引定数から「オ」級中心と推定されます。

模型:D51(KATO初期ロット),オハニ30(KATO),オロ36,スハ32,スハフ32(モデモ),オハ35(TOMIX初期ロット
2等,3等級表記を転写しています。

新設当時
405レ:新宿8:10 松本14:15  406レ:松本15:00 新宿20:30  
ゴールデンタイムの運転で現在の「あずさ」に相当する存在ですが所要時間が下りで6時間以上かかっているのは隔世を感じます。

1954年(昭和29年)10月1日時刻改正「アルプス」  新宿ー長野間運転。(夜行)

後列左側新宿寄りより
D51+スニ(推定)(マニ31代用)+(2)オロ36+(3)オハ35+(4)オハ35+(5)オハ46+(6)オハ46+
(7)オハフ(スハフ42代用)
勾配線区のため牽引定数から「オ」級中心と推定されます。オハ35中心と思われますがこの年にオハ46が登場しているので
組み込んでみました。

模型:D51(KATO初期ロット),マニ31(モデモ),オハ46(KATOスハ43からの改造),オハ35(TOMIX初期ロット)、
スハフ42(KATO初期ロット),オロ36(モデモ)
2等,3等級表記を転写しています。

1954年(昭和29年)10月1日時刻改正「穂高」  新宿ー松本間運転。(昼行)
愛称命名されたのは1955年(昭和30年)2月。


後列左側新宿寄りより
D51+(増1)オハニ(オハニ30代用)+(2)オロ36+(3)オハ35+(4)オハ35+(5)オハ46+(6)オハ46+
(7)オハフ(スハフ42代用)
勾配線区のため牽引定数から「オ」級中心と推定されます。オハ35中心と思われますがこの年にオハ46が登場しているので
「穂高」にも同様に組み込んでみました。

模型:D51(KATO初期ロット),オハニ30(KATO),オハ46(KATOスハ43からの改造),オハ35(TOMIX初期ロット)、
スハフ42(KATO初期ロット),オロ36(モデモ)
2等,3等級表記を転写しています。

この改正で新宿ー松本間不定期準急2407,2408レが新設。(昼行)
編成は不明。1955年(昭和30年)8月20日「白馬」と命名され定期化。
これ以降、中央東線の準急は「アルプス」「穂高」「白馬」の3往復が看板列車として活躍します。

1956年(昭和31年)11月19日白紙改正「アルプス」  新宿ー長野間運転。(夜行)

後列左側新宿寄りより
D51+スニ(推定)(マニ31代用)+(1)ナハネ10+(2)オロ36+(3)オハ46+(4)オハ46+(5)ナハ10(ナハ11代用)
+(6)ナハ10(ナハ11代用)+(7)スハフ42

模型:D51(KATO初期ロット),マニ31,オロ36(モデモ),オハ46(KATOスハ43からの改造),ナハ11(KATO塗り替え)、
スハフ42(KATO初期ロット),ナハネ10(KATOオハネフ12からの改造)
2等,3等級表記を転写しています。

昭和31年以降、当時最新鋭のナハネ10,ナハ10が組み込まれています。軽量化のためでしょうか、1両増車となっています。

1956年(昭和31年)11月19日白紙改正「穂高」「白馬」  新宿ー松本間運転。(昼行)

後列左側新宿寄りより
D51+(1)オハニ(スハニ31代用)+(2)オロ36+(3)オハ46+(4)オハ46+(5)ナハ10(ナハ11代用)+
(6)ナハ10(ナハ11代用)+(7)オハフ(スハフ32代用)
勾配線区のため牽引定数から「オ」級中心と推定されます。「アルプス」にナハ10が組み込まれているので「穂高」「白馬」
も同様にオハ46、ナハ11を組み込んでみました。

模型:D51(KATO初期ロット),マニ31,オロ36(モデモ),オハ46(KATOスハ43からの改造),ナハ11(KATO塗り替え)、
スハフ42(KATO初期ロット)
2等,3等級表記を転写しています。

1958年(昭和33年)10月1日時刻改正「アルプス」  新宿ー長野間運転。(夜行)

後列左側新宿寄りより
EF13+スニ(マニ31代用)+(1)ナロハネ10+(2)オロ36+(3)ナハ10+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10
+(7)ナハフ10
ナハ10,ナハフ10はナハ11,ナハフ11で全て代用

EF13(KATO),マニ31,オロ36(モデモ),ナロハネ10(GM),ナハ11、ナハフ11(KATO)
2等,3等級表記を転写しています。

この改正よりナロハネ10(新製)が組み込まれています。当時は冷房がなかったせいでしょうか、ロネはC寝台扱いでした。

1958年(昭和33年)10月1日時刻改正「穂高」「白馬」  新宿ー松本間運転。(昼行)

後列左側新宿寄りより
EF13+(1)オハニ(スハニ31代用)+(2)オロ36+(3)ナハ10+(4)ナハ10+(5)オハ46+(6)オハ46+
(7)ナハフ10
ナハ10,ナハフ10はナハ11,ナハフ11で全て代用

EF13(KATO),スハニ31,オロ36(モデモ),ナハ11、ナハフ11(KATO),オハ46(KATO製スハ43から改造)
2等,3等級表記を転写しています。

客車配置表(昭和33年復刻)によると客車を受け持っていた飯田町では
オロ36、オロ40
ナハ10、オハ35、オハ46
ナハフ10、オハフ33
オハニ61
が配置されており、オハニはオハニ61でほぼ間違いないですがナハ10、オハ46他にオハ35も組み込まれています。

ここで牽引機をまとめてみますと
戦前
新宿(飯田町)ー八王子:ED51〜57,八王子ー甲府:ED14,16,甲府以西:D50稀にD51

戦後
新宿ー甲府:EF10,11,14,52  甲府以西:D51又はD50

昭和30年以降
新宿ー甲府:EF13 
 
昭和33年7月以降
甲府以西:DF50×2に一部置き換え。


準急ながら客車時代全盛時代を駆けた中央東線の看板列車の「アルプス」「白馬」「穂高」ですが昭和30年代半ば以降は
気動車化が進んでいきます。(続く)

1960年(昭和35年)4月25日中央線時刻改正

この改正ではキハ55が投入。「アルプス」が気動車急行に格上げ。「白馬」が気動車準急に。「穂高」は客車準急のまま残ります。
下り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(新宿)  到着時刻(松本) 到着時刻(終着)   備考
準急 客車  穂高1号  7:00  12:15     
急行  気動車 第1アルプス   8:10 12:41    
準急  客車  穂高2号 10:00  15:53     不定期
準急  気動車  第1白馬  12:30  17:40     
急行  気動車  第2アルプス  17:00 21:25     
準急  客車  穂高3号  22:45  4:54  7:58(長野)  松本から普通
準急  気動車  第2白馬  23:05  5:20    全車指定 

上り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(始発)  発車時刻(松本) 到着時刻(新宿)   備考
急行 気動車  第1アルプス  7:24 11:43  
準急  気動車  第1白馬  11:35 16:30  
準急  客車  穂高1号 13:50 19:13
急行  気動車  第2アルプス  16:30 20:55  
準急  客車  穂高2号  17:15 22:55 不定期 
準急  客車  穂高3号  20:50(長野) 22:40 4:45 松本まで普通
準急  気動車  第2白馬  23:15 5:10 全車指定        

運転時間的に「アルプス」はビジネス客向け。「穂高」が登山者にとって利用しやすいダイヤのようです。

1960年(昭和35年)4月25日時刻改正急行「アルプス」,準急「白馬」

後列左側新宿寄りより

(1)キロ25+(2)キハ55+(3)キハ55+(4)キハ55+(5)キハ55+(6)キハ55(キハ26代用)

模型:TOMIX既製品

「アルプス」「白馬」は同じキハ55で急行、準急と区分けしていますが「アルプス」は対向列車を待避させて最優先で通す。
「白馬」では途中停車駅を増やす、主要駅での停車時間で差をつけています。
「第2白馬」が準急ながら全車指定で新宿〜甲府間無停車と現在からすれば意外な運転です。

当時の時刻は
昭和35年6月時刻表参照。
雑誌で当時を見た記憶では「白馬」には準急色のキハ55も組み込まれておりました。

1960年(昭和35年)4月25日時刻改正 準急「穂高1号」

後列左側新宿寄りより

EF13+(1)オハニ61+(2)オロ36(オロ35代用)+(3)ナハ10+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10
+(7)ナハフ10
(ナハ10、ナハフ10はナハ11,ナハフ11で代用)

模型:EF13(KATO),オハニ61(TOMIX)、オロ35(モデモ)、ナハ11,ナハフ11(KATO既製品の塗り替え)

1960年(昭和35年)4月25日時刻改正 準急「穂高2号」

後列左側新宿寄りより

EF13+(1)ナハフ10+(2)オロ36(オロ35代用)+(3)ナハ10+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10
+(7)ナハ10+(8)ナハフ10
(ナハ10、ナハフ10はナハ11,ナハフ11で代用)

模型:EF13(KATO),オロ35(モデモ)、ナハ11,ナハフ11(KATO既製品の塗り替え)

1960年(昭和35年)4月25日時刻改正 準急「穂高3号」
改正前の「アルプス」は夜行準急「穂高」となります。

後列左側新宿寄りより
EF13+マニ31+(1)ナロハネ10+(2)オロ36+(3)ナハ10+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10
+(7)ナハフ10
ナハ10,ナハフ10はナハ11,ナハフ11で全て代用

*1等帯は旧2等帯を写真で加工(塗り替え)しています。

模型:EF13(KATO),マニ31,オロ36(モデモ),ナロハネ10(GM),ナハ11、ナハフ11(KATO)

1961年(昭和36年)10月1日全国白紙時刻大改正

史上空前の時刻改正とも言われたこの改正ではキハ58気動車の投入により気動車列車は全て急行に格上げ。(かいじを除く)
客車は準急のままですが本数も不定期含むと7往復から11往復となります。
気動車急行で時間帯的に愛称を分けているのも興味深く午前発「アルプス」,午後発「上高地」,夜行「「白馬」となっています。
またこの改正より飯田線、大糸線への直通も始まります。
下り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(新宿)  到着時刻(松本) 到着時刻(終着)   備考
準急 客車  穂高1号  7:00  12:33    
急行  気動車 第1アルプス   8:00 12:55    
急行  気動車 第2アルプス 10:00  14:36    不定期
急行  気動車  第1上高地  12:30  17:11     
準急 客車  白樺1号  13:48 18:51     
準急  気動車  かいじ  14:50    17:19(甲府)  
急行 気動車  第2上高地  17:15  21:51  23:14(天竜峡)  「天竜」併結 
急行  気動車  第1白馬  22:00  4:08     
準急  客車  穂高2号  22:35  4:45  7:50(長野)  松本から普通
急行  気動車  第2白馬  23:00  5:18  6:44(信濃森上) 松本から準急
準急  客車  白樺2号   23:30  6:43    不定期 

上り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(始発)  発車時刻(松本) 到着時刻(新宿)   備考
急行 気動車  第1アルプス  5:50(天竜峡) 7:25 11:50 「天竜」併結  
急行  気動車  第2アルプス  8:30 13:55  
急行  気動車  第1上高地    12:00  16:34   
準急  客車  穂高1号 13:40 19:13
急行  気動車  第2上高地  15:30 20:11  
準急  気動車  かいじ  18:28(甲府)    21:20   
準急  客車  白樺1号  17:20 21:40 不定期 
急行  気動車  第1白馬    17:20  21:51   
準急  客車  白樺2号    22:00  4:20  不定期 
準急  客車  穂高2号  20:38(長野) 22:40 5:05 松本まで普通
急行  気動車  第2白馬  22:05(信濃森上) 23:30 5:30 松本まで準急

1961年(昭和36年)10月1日白紙時刻大改正急行「アルプス」,「白馬」

後列左側新宿寄りより

(増)キハ55+(1)キハ58+(2)キロ28+(3)キハ58+(4)キハ58+(5)キハ58+(6)キハ58+(7)キハ58

(増)キハ55:新宿ー甲府。(列車によっては連結無し)
(6),(7)キハ58:新宿ー信濃森上(第2白馬のみ)
(6),(7)キハ58:新宿ー天竜峡「天竜」(下り第2上高地、上り第1アルプスのみ)

模型:キハ55(TOMIX既製品),キハ58,キロ28(TOMIX製キハ57,キロ27の台車交換)

1961年(昭和36年)10月1日白紙時刻大改正準急「穂高1号」「白樺1,2号」

後列左側新宿寄りより

EF13+(2)ナハフ10+(3)オロ61+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+(7)ナハ10+(8)ナハフ10
(ナハ10、ナハフ10はナハ11,ナハフ11で代用)
*「白樺1,2号」は8号車スハフ42の場合有。

模型:EF13(KATO),オロ61(KATOスロ62からの改造)、ナハ11,ナハフ11(KATO既製品の塗り替え)

ロザですがこの頃より、並ロと言われたオロ36,40からリクライニングのオロ61に置き換えられています。

1961年(昭和36年)10月1日白紙時刻大改正準急「穂高2号」

後列左側新宿寄りより

EF13+マニ+(1)ナロハネ10+(2)ナハフ10+(3)オロ61+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+
(7)ナハ10+(8)ナハフ10(ナハ10、ナハフ10はナハ11,ナハフ11で代用)

模型:EF13(KATO),マニ60(KATO既製品),オロ61(KATOスロ62からの改造)、ナハ11,ナハフ11(KATO既製品の塗り替え)
ナロハネ10(GM)

*ナロハネ10の1等帯は旧2等帯を写真で加工(塗り替え)しています。

輸送力を増強した「アルプス」とその仲間たちですが高度経済成長に伴い、今後さらに発展していきます。

1963年(昭和38年)10月1日時刻改正

1962年(昭和37年)10月に客車準急「穂高」が気動車急行「アルプス」に格上げ。12月には小海線直通「八ヶ岳」。
富士急キハによる「かわぐち」も新設されます。(「かわぐち」は何月か不明)
またキロ28が増車となりロザは2両となります。

下り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(新宿)  到着時刻(松本) 到着時刻(終着)   備考
急行  気動車 第1アルプス  7:00 11:50  12:26(小諸)9:20(河口湖) 「八ヶ岳」「かわぐち」併結 
急行  気動車 第2アルプス 8:00  12:40  13:51(飯田)  「赤石」併結
急行  気動車  第3アルプス  9:55  14:40     
急行  気動車  第1白馬  12:30  17:19 19:44(糸魚川)  松本から準急 
準急 客車  白樺1号  13:47 18:52    
準急  気動車  かいじ  14:50    17:20(甲府)  
急行 気動車  第1上高地  17:15  22:10  23:44(天竜峡)  「天竜」併結 
急行  気動車  第2上高地  22:00  4:08     
準急  客車  穂高  22:35  4:45  7:53(長野)  松本から普通
急行  気動車  第2白馬  23:00  5:18  7:49(糸魚川) 松本から準急
準急  客車  白樺2号   23:30  6:43    不定期 

上り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(始発)  発車時刻(松本) 到着時刻(新宿)   備考
急行 気動車  第1アルプス  5:47(天竜峡) 7:22 11:57 「天竜」併結  
急行  気動車  第2アルプス  9:28 14:08  
急行  気動車  第1白馬  9:26(糸魚川)  12:00  16:34   
急行  気動車  第3アルプス 17:00(河口湖) 14:19 19:15 「かわぐち」併結
急行  気動車  第1上高地  15:30 20:11  
準急  気動車  かいじ  18:28(甲府)    21:20   
準急  客車  白樺1号  15:54 21:40 不定期 
急行  気動車  第2上高地   17:20  21:58 「八ヶ岳」併結 
準急  客車  白樺2号    22:00  4:20  不定期 
準急  客車  穂高 20:42(長野) 22:40 5:05 松本まで普通
急行  気動車  第2白馬  22:03(信濃森上) 23:30 5:30 松本まで準急

1963年(昭和38年)10月1日時刻改正時 急行「アルプス」,「白馬」,「上高地」

後列左側新宿寄りより

(増)キハ55+(1)キハ58+(2)キハ58+(3)キハ58+(4)キロ28+(5)キロ28+(6)キハ58+(7)キハ58
+(8)キハ58

(増)キハ55:新宿ー甲府。(列車によっては連結無し)
(7),(8)キハ58:「赤石」新宿ー飯田(下り第2アルプスのみ)、「赤石」飯田ー新宿(上り第1上高地のみ,)
(7),(8)キハ58:信濃森上ー新宿(上り第2白馬のみ)、新宿ー糸魚川(下り第2白馬のみ)
(7),(8)キハ58:「天竜」天竜峡ー新宿(上り第1アルプスのみ)、「天竜」新宿ー天竜峡(
(1),(2)キハ58:、「八ヶ岳」小諸ー新宿上り第上高地2のみ)

模型:キハ55(TOMIX既製品),キハ58,キロ28(TOMIX製キハ57,キロ27の台車交換)


1963年(昭和38年)10月1日時刻改正時 急行「アルプス下り1号、上り3号」「かわぐち」

後列左側新宿寄りより

(増)キハ58+(増)キハ58+(増)キハ55+(1)キハ58+(2)キハ58+(3)キハ58+(4)キロ28+(5)キロ28
+(6)キハ58+(7)キハ58+(8)キハ58

(増)キハ58+(増)キハ58:新宿ー河口湖「かわぐち」 *上りは後位に連結。
(増)キハ55:新宿ー甲府
(1),(2)キハ58:「八ヶ岳」新宿ー小諸(下り第1アルプスのみ)

模型:キハ55(TOMIX既製品),キハ58,キロ28(TOMIX製キハ57,キロ27の台車交換)

1963年(昭和38年)10月1日時刻改正時 準急「かいじ」

後列左側新宿寄りより

(1)キハ58+(2)キハ58+(3)キハ58+(4)キロ28+(5)キロ28+(6)キハ58+(7)キハ58+(8)キハ58
上りは後位に(増)キハ58連結。

模型:キハ58,キロ28(TOMIX製キハ57,キロ27の台車交換)

1963年(昭和38年)10月1日時刻改正時 準急「穂高」

後列左側新宿寄りより

EF13+マニ+(1)ナロハネ10+(2)ナハフ10+(3)オロ61+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+
(7)ナハ10+(8)ナハフ10(ナハ10、ナハフ10はナハ11,ナハフ11で代用)

模型:EF13(KATO),マニ60(KATO既製品),オロ61(KATOスロ62からの改造)、ナハ11,ナハフ11(KATO既製品の塗り替え)
ナロハネ10(GM)

*ナロハネ10の1等帯は旧2等帯を写真で加工(塗り替え)しています。
*1961年(昭和36年)10月と同じ編成。

1963年(昭和38年)10月1日時刻改正時 準急「穂高1号」「白樺1,2号」

後列左側新宿寄りより

EF13+(2)ナハフ10+(3)オロ61+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+(7)ナハ10+(8)ナハフ10
(ナハ10、ナハフ10はナハ11,ナハフ11で代用)
*「白樺1,2号」は3号車スロ60,8号車スハフ42の場合有。

模型:EF13(KATO),オロ61(KATOスロ62からの改造)、ナハ11,ナハフ11(KATO既製品の塗り替え)
*1961年(昭和36年)10月と同じ編成。

1964年(昭和39年)10月時刻改正
1964年(昭和39年)8月に上諏訪までの電化開業で10月より165系電車による急行「たてしな」運転開始。
気動車の出力UPのためキロ28がキロ58(1両のみ)に置き換えられます。
「たてしな」増発以外列車体系は変化ありません。

下り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(新宿)  到着時刻(松本) 到着時刻(終着)   備考
急行  気動車 第1アルプス  7:00 11:50  12:26(小諸)9:20(河口湖) 「八ヶ岳」「かわぐち」併結 
急行  気動車 第2アルプス 8:00  12:40  13:51(飯田)  「赤石」併結
急行  気動車  第3アルプス  9:55  14:40     一覧表
急行  気動車  第1白馬  12:30  17:19 19:44(糸魚川)  松本から準急 
準急 客車  白樺1号  13:47 18:52    
準急  気動車  かいじ  14:50    17:29(甲府)  
急行 気動車  第1上高地  17:15  22:08 23:44(天竜峡)  「天竜」併結 
急行  電車  たてしな  19:40    23:30(上諏訪)   
急行  気動車  第2上高地  22:00  4:07    
準急  客車  穂高  22:35  4:45  7:53(長野)  松本から普通
急行  気動車  第2白馬  23:00  5:14  7:44(糸魚川) 松本から準急
準急  客車  白樺2号   23:30  6:43    不定期 

上り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(始発)  発車時刻(松本) 到着時刻(新宿)   備考
急行 気動車  第1アルプス  5:44(天竜峡) 7:20 12:06 「天竜」併結  
急行  電車  たてしな  9:00(上諏訪)    12:56   
急行  気動車  第2アルプス  9:30 14:13  
急行  気動車  第1白馬  9:25(糸魚川)  12:00  16:34   
急行  気動車  第3アルプス 17:00(河口湖) 14:20 19:15 「かわぐち」併結
急行  気動車  第1上高地  15:30 20:11  
準急  気動車  かいじ  18:28(甲府)    21:20   
準急  客車  白樺1号  15:55 21:48 不定期 
急行  気動車  第2上高地   17:20  21:58 「八ヶ岳」併結 
準急  客車  白樺2号    22:05 4:20  不定期 
準急  客車  穂高 20:42(長野) 22:40 5:05 松本まで普通
急行  気動車  第2白馬  22:03(信濃森上) 23:30 5:30 松本まで準急

1964年(昭和39年)10月1日時刻改正時 急行「アルプス」,「白馬」,「上高地」

後列左側新宿寄りより

(増)キハ58+(1)キハ58+(2)キハ58+(3)キハ58+(4)キロ28+(5)キロ28+(6)キハ58+(7)キハ58
+(8)キハ58

(増)キハ58:新宿ー甲府。(列車によっては連結無し)
(7),(8)キハ58:「赤石」新宿ー飯田(下り第2アルプスのみ)、「赤石」飯田ー新宿(上り第1上高地のみ,)
(7),(8)キハ58:信濃森上ー新宿(上り第2白馬のみ)、新宿ー糸魚川(下り第2白馬のみ)
(7),(8)キハ58:「天竜」天竜峡ー新宿(上り第1アルプスのみ)、「天竜」新宿ー天竜峡(
(1),(2)キハ58:、「八ヶ岳」小諸ー新宿上り第上高地2のみ)

*キロ58は模型は冷改ですが当時は非冷房です。
模型:キロ58(TOMIXキロ28からの改造),キハ58,キロ28(TOMIX製キハ57,キロ27の台車交換)

1964年(昭和39年)10月1日時刻改正時 急行「アルプス下り1号、上り3号」「かわぐち」

後列左側新宿寄りより

(増)キハ58+(増)キハ58+(増)キハ58+(1)キハ58+(2)キハ58+(3)キハ58+(4)キロ28+(5)キロ28
+(6)キハ58+(7)キハ58+(8)キハ58

1,2位(増)キハ58+(増)キハ58:新宿ー河口湖「かわぐち」 *上りは後位に連結。
3位(増)キハ58:新宿ー甲府
(1),(2)キハ58:「八ヶ岳」新宿ー小諸(下り第1アルプスのみ)

*キロ58は模型は冷改ですが当時は非冷房です。
模型:キロ58(TOMIXキロ28からの改造),キハ58,キロ28(TOMIX製キハ57,キロ27の台車交換)

1964年(昭和39年)10月1日時刻改正時 急行「たてしな」

後列左側新宿寄りより

(1)クモハ165+(2)モハ164+(3)クハ165+(4)サロ165+(5)クモハ165+(6)モハ164+(7)クハ165

模型:KATO既製品。

*模型は冷改ですが当時は非冷房です。

1964年(昭和39年)10月1日時刻改正時 準急「穂高」

後列左側新宿寄りより

EF13+マニ60+(1)ナロハネ10+(2)オロ61+(3)ナハフ10+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+
(7)ナハ10+(8)ナハフ10
(ナハ10、ナハフ10はナハ11,ナハフ11で代用)

模型:EF13(KATO),マニ60(KATO既製品),オロ61(KATOスロ62からの改造)、ナハ11,ナハフ11(KATO既製品の塗り替え)
ナロハネ10(GM)

*ナロハネ10の1等帯は旧2等帯を写真で加工(塗り替え)しています

1964年(昭和39年)10月1日時刻改正時 準急「白樺」

後列左側新宿寄りより

EF13+(1)スハフ42+(2)スロ54+(3)スハ43+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43(オハ47代用)
+(7)スハフ42

模型:EF13(KATO)、スロ54(KATO製スロ54青大将からの塗り替え)、スハフ42、スハ43、オハ47(KATO既製品)

1965年(昭和40年)10月1日全国時刻大改正

1965年(昭和40年)5月20日に新宿ー松本間電化完成。
急行「アルプス」などは一部165系電車に置き換えられますが一覧表は10月1日の全国時刻大改正時とさせていただきます。
改正前の本数は変わりませんが不定期の「かいじ」が定期化され「アルプス」に。165系電車化により12両化されるので輸送力は
UPします。気動車は2往復残存します。
大糸線,飯田線,小海線への乗り入れも活発になりますが中央東線以外は準急扱い。
*1966年(昭和41年)3月規約改正で100km以上走る準急は急行格上げされるので以降は全列車急行となります。
下り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(新宿)  到着時刻(松本) 到着時刻(終着)   備考
急行  電車 第1アルプス  7:00 11:38  
急行  電車 第2アルプス 8:00  12:45  13:51(飯田)  「第1赤石」併結
急行  電車  第3アルプス  10:20  14:57  15:55(飯田)  「第2赤石」併結
急行  気動車  第4アルプス、第1白馬 12:30  17:34 20:22(糸魚川),14:55(河口湖),18:56(小諸)  松本から準急「第1白馬」,「八ヶ岳」「かわぐち」併結 
急行 電車 第5アルプス 14:00 18:54    
準急  客車  白樺1号  14:30 20:16 不定期 
急行 電車  第6アルプス  16:00  20:50    
急行  気動車  第7アルプス 17:05 22:12  23:20(飯田)  「天竜」併結 
急行  電車  第8アルプス  22:00  4:07    
準急  客車  上高地  22:35  4:45  7:54(長野)  松本から普通
急行  電車  穂高  23:00  5:14  6:29(信濃森上) 松本から準急
準急  客車  白樺2号   23:30  6:38    不定期 

上り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(始発)  発車時刻(松本) 到着時刻(新宿)   備考
急行  気動車 第1アルプス  5:44(天竜峡)、9:46(河口湖) 7:20 12:04 「天竜」「かわぐち」併結
急行  電車 第2アルプス 8:50 13:25
急行  電車  第3アルプス  10:40 15:09
急行  気動車  第4アルプス、第1白馬 9:16(糸魚川),10:33(小諸) 11:50 16:37 松本まで準急「第1白馬」,小淵沢まで準急「八ヶ岳」併結
急行 電車 第5アルプス,第2白馬 11:58(信濃森上) 13:20 18:41 松本まで準急「第2白馬」
急行  電車  第6アルプス  14:30 19:15
急行 電車  第7アルプス  14:27(飯田) 15:50 20:18  「第1赤石」併結
準急  客車  白樺1号 15:58 21:48 不定期
急行  電車  第8アルプス  16:32(飯田) 17:55 22:29  「第2赤石」併結
準急  客車  白樺2号  22:10 4:20 不定期
準急  電車  上高地  20:45(長野) 22:40 5:05
急行  電車  穂高   22:00(信濃森上) 23:30 5:30 松本まで準急

1965年(昭和40年)10月1日全国時刻大改正時の165系急行「アルプス」「穂高」


後列左側新宿寄りより

(1)クモハ165+(2)モハ164+(増)クハ165+(3)サロ165+(4)サロ165+(6)クモハ165+(7)モハ164+(8)クハ165
+(9)クモハ165+(10)モハ164+(11)クハ165+(12)クハ165

*(増)クハ165と5号車が欠ですが上越線の165系急行「佐渡」が混雑が慢性化していたため、「アルプス」のクハ165と「佐渡」の
サハシ165と交換とための扱いです。同年12月に交換完了。

模型:KATO既製品。
*模型は冷改ですが当時は非冷房です。

1965年(昭和40年)12月以降の165系急行「アルプス」「穂高」

後列左側新宿寄りより

(1)クモハ165+(2)モハ164++(3)サロ165+(4)サロ165+(5)サハシ165+(6)クモハ165+(7)モハ164+(8)クハ165
+(9)クモハ165+(10)モハ164+(11)クハ165+(12)クハ165

*クハ165とサハシ165の交換完了後。

飯田線直通の「赤石」、大糸線乗り入れ時は9〜12号車。

模型:KATO既製品。
*模型は冷改ですが当時は非冷房です。

1965年(昭和40年)10月1日全国時刻大改正時の下り第4「アルプス」/「第1白馬」「八ヶ岳」「かわぐち」
,上り「第1アルプス」「天竜」「かわぐち」


後列左側新宿寄りより

(増)キハ58+(1)キハ58+(2)キハ58+(3)キロ58+(4)キロ58+(5)キハ58+(6)キハ58+(7)キハ58+(8)キハ58
+(9)キハ58+(10)キハ58(キハ57代用)+(11)キハ58(キハ57代用)

下り「第4アルプス」/「第1白馬」「八ヶ岳」「かわぐち」
(増)キハ58:新宿ー甲府
(1)〜(5):新宿ー松本
(6)(7):新宿ー糸魚川
(8)(9):新宿ー小諸「八ヶ岳」
(10)(11):新宿ー河口湖「かわぐち」

上り「第1アルプス」」「天竜」「かわぐち」
(増)(1)〜(7):松本ー新宿
(8)(9:天竜峡ー新宿「天竜」
(10)(11):河口湖ー新宿「かわぐち」

*キロ58は模型は冷改ですが当時は非冷房です。
模型:キロ58(TOMIXキロ28からの改造),キハ58,キロ28(TOMIX製キハ57,キロ27の台車交換)

1965年(昭和40年)10月1日全国時刻大改正時の下り「第7アルプス」「天竜」
,上り「第4アルプス」/「第1白馬」「八ヶ岳」


後列左側新宿寄りより

(増)キハ58+(増1)キハ58+(増2)キハ58+(増3)キハ58+(増4)キハ58+(1)キハ58+(2)キハ58+(3)キロ58+(4)キロ58
+(5)キハ58+(7)キハ58(キハ57代用)+(8)キハ58(キハ57代用)

下り「第7アルプス」「天竜」
(増)(増1)〜(増4)(1)〜(5):新宿ー松本
(7)(8):新宿ー飯田「天竜」

上り「第4アルプス」/「第1白馬」「八ヶ岳」
(増):甲府ー新宿
(増1)(増2):小諸ー新宿「八ヶ岳」
(増3)(増4):糸魚川ー新宿
(1)〜(7):松本ー新宿

*キロ58は模型は冷改ですが当時は非冷房です。
模型:キロ58(TOMIXキロ28からの改造),キハ58,キロ28(TOMIX製キハ57,キロ27の台車交換)

1965年(昭和40年)10月1日全国時刻大改正時の準急「上高地」

後列左側新宿寄りより

EF13+マニ60+(1)オロハネ10+(2)オロ61+(3)ナハフ10+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+
(7)ナハ10+(8)ナハフ10
(ナハ10、ナハフ10はナハ11,ナハフ11で代用)

模型:EF13(KATO),マニ60(KATO既製品),オロ61(KATOスロ62からの改造)、ナハ11,ナハフ11(KATO既製品の塗り替え)
オロハネ10(KATO「大雪」SETより)

*オロハネ10は模型は冷改されていますが当時2等寝台は非冷房。

改正前までは「穂高」でしたがメインが「アルプス」,大糸線乗り入れが「白馬」「穂高」に変更されたので「穂高」⇒「上高地」と愛称振替
って感じです。
編成はナロハネ10が1等寝台の冷改によりオロハネ10と変わった以外は変更はありませんがぶどう色から青色への塗り替えが進んで
いたので模型では混ぜてみました。

1965年(昭和40年)10月1日全国時刻大改正時の準急「白樺」

後列左側新宿寄りより

EF13+マニ60+(1)スハフ42+(2)スロ54+(3)スハ43+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+
(7)スハフ42

模型:EF13(KATO),スハ43、スハフ42(KATO既製品)、スロ54(KATO青大将スロ54から塗り替え)

1966年(昭和41年)12月12日時刻改正

この改正では中央東線初の特急「あずさ」が運転開始されます。(2往復の格上げでなく純増)
急行列車も「かいじ」が再登場や「白樺」1往復の定期化で「アルプス」となる事により電車急行は7往復から8往復に。
気動車列車は2往復のまま。客車列車は3往復から2往復となります。(実質本数は変わりませんが1往復の定期化。)
愛称では大糸線乗り入れ列車は「白馬」「穂高」となります。
下り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(新宿)  到着時刻(松本) 到着時刻(終着)   備考
急行  電車 第1アルプス  7:00 11:40  12:52(飯田)  「第1赤石」併結
特急  電車 第1あずさ 8:00  11:57
急行  電車  第2アルプス  10:05  14:43  15:40(飯田)  「第2赤石」併結
急行  電車  第3アルプス  11:35  16:27     
急行  気動車  白馬,八ヶ岳,かわぐち 12:50  17:59 20:28(糸魚川),15:13(河口湖),18:33(中込)  「八ヶ岳」「かわぐち」併結 
急行 電車 第4アルプス 14:30 19:10    
急行 電車   第5アルプス 15:30 20:37  
特急  電車  第2あずさ  16:20  20:18     
急行  気動車  第6アルプス 17:05 22:14 23:57(天竜峡)  「天竜」併結 
急行  電車  かいじ  18:55  23:36     
急行  電車  第7アルプス  22:00  4:07    
急行  客車  上高地  22:35  4:45  7:56(長野)  松本から普通
急行  電車  穂高  23:00  5:02  6:20(信濃森上)
準急  客車  白樺  23:30  6:35    不定期 

上り
 列車種別  車種  列車名  発車時刻(始発)  発車時刻
(松本)
到着時刻
(新宿) 
 備考
急行  電車  かいじ    4:50  9:38   
急行  気動車 第1アルプス  5:44(天竜峡)、9:52(河口湖) 7:15 12:14 「天竜」「かわぐち」併結
特急  電車  第1あずさ    8:00  11:58   
急行  電車 第2アルプス 9:05 13:33
急行  電車  第3アルプス  10:15 14:53
急行  気動車  第1白馬,八ヶ岳 8:58(糸魚川) 11:35 16:30 「八ヶ岳」併結。
急行 電車 第2白馬 11:55(信濃森上) 13:20 18:10
特急  電車  第2あずさ  15:10  19:08   
急行  電車  第4アルプス  14:42(飯田) 16:00 20:35 「第1赤石」併結
急行 電車  第5アルプス  17:10 21:58  
急行  電車  第6アルプス 16:44(飯田) 18:00 22:39  「第2赤石」併結
急行  客車  白樺  22:10 4:20 不定期
急行 電車  上高地  20:43(長野) 22:42 5:05
急行  電車  穂高   22:10(信濃森上) 23:35 5:30

*模型の編成は1967年(昭和42年)10月改正時点とさせていただいております。

1966年(昭和41年)12月改正時の165系急行「アルプス」「穂高」「白馬」「かいじ」(ビュッフェ連結)

後列左側新宿寄りより

(1)クモハ165+(2)モハ164++(3)サロ165+(4)サロ165+(5)サハシ165+(6)クモハ165+(7)モハ164+(8)クハ165
+(9)クモハ165+(10)モハ164+(11)クハ165+(12)クハ165

飯田線直通の「赤石」、大糸線乗り入れ時は9〜12号車。

模型:KATO既製品。
*模型は冷改ですが当時は非冷房です。

1966年(昭和41年)12月改正時の165系急行「アルプス」「穂高」「白馬」「かいじ」(売店車連結)
165系急行増発に伴い、定員増のため5号車に売店車を連結した編成も登場します。


後列左側新宿寄りより

(1)クモハ165+(2)モハ164++(3)サロ165+(4)サロ165+(5)サハ164+(6)クモハ165+(7)モハ164+(8)クハ165
+(9)クモハ165+(10)モハ164+(11)クハ165+(12)クハ165

飯田線直通の「赤石」、大糸線乗り入れ時は9〜12号車。

模型:KATO既製品。
サハ164はモハ165,サロ165,サハシ165の窓,ドアの切り継ぎで改造。
*模型は冷改ですが当時は非冷房です。

1966年(昭和41年)12月改正時の気動車急行,下り「白馬」「八ヶ岳」「かわぐち」上り「第1アルプス」「天竜」「かわぐち」

後列左側新宿寄りより

(増)キハ58+(1)キハ58+(2)キハ58+(3)キロ28+(4)キロ58+(5)キハ58+(6)キハ58+(7)キハ58+(8)キハ58
+(9)キハ58+(10)キハ58(キハ57代用)+(11)キハ58(キハ57代用)

*3号車がキロ28に置き換わっていますが冷房化によるものと推定。

下り「白馬」「八ヶ岳」「かわぐち」
(増)キハ58:新宿ー甲府
(1)〜(5):新宿ー松本
(6)(7):新宿ー糸魚川
(8)(9):新宿ー小諸「八ヶ岳」
(10)(11):新宿ー河口湖「かわぐち」

上り「第1アルプス」」「天竜」「かわぐち」
(増)(1)〜(7):松本ー新宿
(8)(9:天竜峡ー新宿「天竜」
(10)(11):河口湖ー新宿「かわぐち」

模型:キロ58(TOMIXキロ28からの改造),キハ58(TOMIX製キハ57の台車交換),キロ28(TOMIX既製品)

1966年(昭和41年)12月改正時の気動車急行,下り「第6アルプス」「天竜」上り「白馬」「八ヶ岳」

後列左側新宿寄りより

(増)キハ58+(増1)キハ58+(増2)キハ58+(増3)キハ58+(増4)キハ58+(1)キハ58+(2)キハ58+(3)キロ28+(4)キロ58
+(5)キハ58+(7)キハ58(キハ57代用)+(8)キハ58(キハ57代用)

下り「第6アルプス」「天竜」
(増)(増1)〜(増4)(1)〜(5):新宿ー松本
(7)(8):新宿ー飯田「天竜」

上り「第1白馬」「八ヶ岳」
(増):甲府ー新宿
(増1)(増2):小諸ー新宿「八ヶ岳」
(増3)(増4):糸魚川ー新宿
(1)〜(7):松本ー新宿

1966年(昭和41年)12月改正時の急行「上高地」

後列左側新宿寄りより

特急の登場や急行の電車化が進む中、そのまま残存しています。全区間電機牽引なのでスハ級に置き換わったと推定。

EF13+マニ60+(1)オロハネ10+(2)オロ61+(3)スハフ42+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+
(7)スハ43+(8)スハフ42

模型:EF13(KATO),マニ60(KATO既製品),オロ61(KATOスロ62からの改造)、オロハネ10(KATO「大雪」SETより)
スハ43,スハフ42(KATO既製品)

1966年(昭和41年)12月改正時の急行「白樺」

後列左側新宿寄りより

EF13+(1)スハフ42+(2)オロ61+(3)スハ43+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハフ42

模型:EF13(KATO),オロ61(KATOスロ62からの改造)、スハ43,スハフ42(KATO既製品)

続く。


参考資料:時刻表(昭和25年10月,昭和26年5月)、鉄道運輸年表、レイル(NO9)、鉄道ピクトリアル(NO280)、
客車配置表(昭和33年復刻),主要客車列車編成順序表(昭和35年7月,昭和36年10月,昭和38年10月,昭和39年10月,
昭和40年10月,昭和42年10月),優等電車列車編成順序表(昭和39年10月,昭和40年10月,昭和42年10月),
優等気動車列車編成順序表(昭和38年10月,昭和39年10月,昭和40年10月,昭和42年10月)
,時刻表(昭和35年6月,昭和36年10月,昭和37年10月,昭和38年10月,昭和39年10月,昭和40年10月,昭和42年
3月),鉄道青春時代(中央線),D51から振り子電車へ(鉄道友の会長野支部)

バックナンバー


第154回:増毛と札幌を結んだ優等列車

第153回:C55に牽いた優等列車(戦後)

第152回:C55最後5年の活躍

第151回:伝統の東北夜行

第150回:「だいせん」。山陰本線の脇を固めた急行たち。

第149回:旅する夢をありがとう。「北斗星」27年の生涯。

第148回:東京から鹿児島を目指した急行「霧島」とその仲間たち

第147回:東京〜北陸間を彩った夜行列車「北陸」とその仲間たち。

第146回:神話の国へ「出雲」の生涯。

第145回:日本海の遥かなる生涯

第144回:日向の国を目指した急行(高千穂とその仲間たち)

第143回以前の公開は終了させていただきました。