大正10年9月中央東線時刻


トップへ
トップへ
戻る
戻る

  今から89年前の1921年(大正10年)9月時点の中央本線の時刻です。
列車本数も飯田町(当時の始発駅)と甲府間で6往復とまさに隔世を見せ付けられます。所要時間もエースナンバーである401レでも飯田町23:00、甲府5:00、塩尻9:04着です。当時は当然電化していなかったので9600が牽いていたものと思われます。

注目されるのは飯田町6:00発ー塩尻15:52〜16:06−名古屋22:42着の701レ
上りでは名古屋5:45発ー塩尻12:39〜12:54−飯田町22:15着の702レご存在します。当時は八王子あたりからなら通しで利用する旅客はいたかも知れません。

下り


  綴じ目で見えない甲府の時刻ですが701レ:11:41、407レ:14:42、409レ:17:07、411レ:20:05、413レ:23:15(着)、401レ:5:00です。注記のないのは発車時刻


上り



中型 鉄道汽船旅行案内(株)旅行案内社(大正10年9月)より。