機関区の情景(標茶機関支区)


TOP BACK

撮影日は全て:1974年(昭和49年)3月24日
小樽からの夜行列車で釧路到着後、川湯のYHに向かう途中に時間があったので寄らせて撮影させていただいたものです。
当時標津線の貨物はC11が受け持っており、配置は釧路機関区ですがカマはここ標茶機関支区に常駐しておりました。

掲載した写真は当サイトの「過去に撮影した写真」の再掲です。


C11227とC11274のツーショット。C11227は動態保存されていますね。C11
 上写真のC11274をサイドより。
本線に目をやると、釧路からDE10に牽かれてC11209が有火回送で到着。切り離してしうぐに入れ替え。
 切り離しされてすぐに入れ替え。
切り離し後に給水ピットへ。 給水塔や給炭設備もローカルらしいですね。
上写真の反対側より。
 給水後入れ替えするC11209。このカマは動態でえ保存されています。模型のレイアウトにしたい情景です。
入れ替え中のC11209。
転線後、転車台に誘導されるところです。


転車台からピットへ収容されたC11209。(左側のカマ)
 こじんまりとした機関区らしい雰囲気です。
 庫内にて。
 入れ替え中のC11133。
上写真のC11133をサイドから。それにしてもスローガンの書き込みが凄い。