TOP  BACK



昭和35年10月改正時の中央東線時刻表

昭和35年10月改正時の時刻です。

それまでは客車準急「アルプス」「白馬」「穂高」が3往復のみでしたが
昭和35年4月にキハ55による急行「アルプス」2往復、準急「白馬」2往復が純増されて急行、準急で7往復
となりました。
従来の客車準急のスジもそのまま「穂高1~3号」として受け継がれています。

客車時代は新宿ー松本間が5時間以上かかっていましたが気動車「第1,2アルプス」により4時間25分まで
短縮されています。
同じキハ55準急で「白馬1,2号」の設定がありますが途中停車駅も多く、主要駅での停車をとる事により
「アルプス」と差を付けているように見えます。











綴目で見ずらい列車ですが

準急408レ「穂高1号」
松本13:50-塩尻14:07~14:08-上諏訪14:59~15:03-甲府16:22~16:27-八王子18:26~18:27-新宿19:13

交通公社発行  昭和35年10月時刻表より。