TOP   BACK 


昭和37年10月改正時の中央東線時刻表

経済成長期でもある昭和37年10月改正時の時刻です。

昭和35年4月に「アルプス」が気動車化されて、昭和36年10月改正では「アルプス」に続いて「上高地」「白馬」も急行格上げとなり
58系気動車化されました。
発車が午前中が「アルプス」、午後が「上高地」、夜行(上りは夕方)が「白馬」と時間帯で愛称が分けられているのが特長です。

急行を補完する準急も「穂高」「白樺」と客車で存在しています。
一方中央西線でも気動車急行で「あずみ」「ちくま」「しなの」「信州」が設定されています。

愛称だけでも甲州、信州の観光PRになっていますね。





綴目でみずらい列車ですが
2405レ準急「穂高1号」
新宿7:00-八王子7:38~7:39ー甲府9:25~9:34-上諏訪11:14~11:17-塩尻12:03~12:10-松本12:33





綴目でみずらい列車ですが
1805レ準急(信越、日光観光団体専用列車)
大阪18:11発 塩尻2:40~2:46?ー長野4:28(日光着15:18)
*現在では想像すら出来ない運転経路の列車です。
ozime



綴目でみずらい列車ですが
814レ 長野13:14-松本15:01~15:06-塩尻15:35~15:58(名古屋着21:54)
434レ 辰野15:42-上諏訪16:10~16:15-甲府18:38~19:01-高尾21:42
408D 急行「第2上高地」
松本15:30-上諏訪16:34~16:36-甲府17:50~17:57ー八王子19:31~19:32-新宿20:11

交通公社発行  昭和37年10月時刻表より。