昭和47年3月時刻改正時の中央東線時刻表

TOP BACK

1972年(昭和47年)3月時刻改正時の中央東線時刻表をUPしました。
本数は変わっていませんが複線化や別線による線路改良により新宿ー松本間最短で「あずさ」で3時間28分,「アルプス」で3時間46分までスピードアップされています。列車体系としては季節列車含み「あずさ」4往復,「アルプス」11往復と急行が主役です。普通列車も新宿発着の3往復や甲府以西区間運転の客車列車が健在です。

出典
日本交通公社発行時刻表(昭和47年3月,実物)をスキャンしています。


昭和47年3月時刻改正時,中央東線下り1 
 
昭和47年3月時刻改正時,中央東線下り2

綴じ目部分に見ずらい列車ですが
541M:高尾15:10~大月15:51~58~甲府17:02 
 
昭和47年3月時刻改正時,中央東線下り3,上り1
 
昭和47年3月時刻改正時,中央東線上り2

綴じ目部分に見ずらい列車ですが
4M「あずさ2号」:松本13:40~甲府15;22~24~新宿17:11(全車指定,食堂車連結)
546M:甲府15:32~大月16:30~31~高尾17:12
9502M「かいじ52号」:小淵沢14:45~甲府15:36~38~新宿18:05(全車普通車自由席)
334M:韮崎15:27~甲府15:43~44~塩山16:09 
 
昭和47年3月時刻改正時,中央東線上り3