釧網本線の列車たち

TOP BACK

 釧網本線を初めて訪れたのは1973年(昭和48年)4月でオホーツク沿いに走るC58にあこがれたためです。翌年にC58の撮影で再訪。SL全廃後も道東の旅行で列車の撮影や観光地間の移動に利用しつつも湿原、原野、流氷の覆われたオホーツク海などの車窓には何度見ても感動したものでした。鉄道であってこその感動のように思えます。
1973年(昭和48年)4月に訪れた時よりUPしていきます。







昭和54年3月14,15日分を追加しました。
追加分はこちら。

1973,4/3
北浜ー浜小清水
633レ(網走発釧路行普通列車)

定番北浜鉄橋にて。
4月なので沖合に流氷はありますが沿線は雪が融けています。 
1973,4/3
北浜ー浜小清水
633レ(網走発釧路行普通列車)

上写真と同じ場所。
カマは釧路区の人気ガマC5833。

雪がないと沖合の流氷が不自然に見えてしまいます。
手前の地蔵さんは網走YHのペアレントが建てたとの事ですが再訪出来るのなら建った経緯文を見たいですY。 
1973,4/3
北浜
634レ(釧路発網走行普通列車)

北浜駅を発車したところです。 
1973,4/3
浜小清水ー止別
635レ(網走発釧路行普通列車)

オホーツク海沿いのポイントを探しながら歩いたのですが時間切れでこの場所で。
4月だけに雪は完全に融けきっています。 
1973,4/4
藻琴ー北浜
631レ(網走発釧路行普通列車)

藻琴川Bにて。
この写真が本撮影旅行での最後撮影です。
この後、網走から急行「大雪」で長躯東京まで帰途にです。 
1974,3/25
細岡ー塘路
634レ(釧路発網走行普通列車)

塘路の展望台より。
塘路駅より細岡駅まで見渡せる絶好のポイントでした。

塘路駅を出ると塘路湖沿いに走ります。 
1974,3/25
細岡ー塘路
634レ(釧路発網走行普通列車)

塘路の展望台より。
上写真と同じ場所から回れ右で撮影。

 
1974,3/25
細岡ー塘路
631レ(網走発釧路行普通列車) 

塘路展望台より降りている時に参上。
1974,3/25
川湯ー美留和
633レ(網走発釧路行普通列車) 

下り勾配なので川湯駅を出てすぐの所で。 
1974,3/26
5672レ
北浜ー浜小清水

北浜鉄橋でシルエットで。 
 1974,3/26
631レ(網走発釧路行)
北浜ー浜小清水にて。

同じ北浜鉄橋で下りを狙います。
1974,3/26
633レ(網走発釧路行)
鱒浦ー藻琴

流氷は殆ど見られません。
1977,3/18
631レ(網走発釧路行)
川湯駅にて。

峠での撮影前のウオーミングアップのつもり? 
1977,3/18
611D「しれとこ2号」
(北見発釧路行)
緑ー川湯

釧北峠を降りてきたところ。 
1977,3/18
604D「大雪3号」
緑ー川湯

硫黄山がスッキリせず残念。
釧路より釧網本線経由で長躯札幌まで走破します。

この日は自由席が1両減車されていました。
1977,3/18
625D(網走発釧路行き)
緑ー川湯

上写真撮影後、サミットまで歩く途中、下って来たローカル気動車GET。 
1977,3/18
634レ(釧路発網走行)
緑ー川湯

サミットの釧北トンネル手前より。歩いただけの価値はあったように思えます。

正面がちに狙ったので客車は見えませんがスハ32系2両のみでした。 
1977,3/18
下り貨物(列番不明)
緑ー川湯

サミットで上写真撮影後、川湯駅へ戻ります。その途中に下って来た貨物。 
1977,3/18
612D「しれとこ2号」
(釧路発網走行)
緑ー川湯。

上り列車なので真北向きなので逆光。 
1977,3/18
633レ(網走発釧路行き)
緑ー川湯。

サミットより下って川湯駅も近づいたあたりで。 
  1977,3/19
611D「しれとこ2号」
(北見発釧路行) 
止別ー斜里


この区間で撮影したく、朝斜里のYHを出て撮影場所探しているうちに参上。
1977,3/19
622D
(釧路発網走行き)
止別ー斜里

流氷のオホーツクバックに。 この場所は再訪してみたいものです。
1977,3/19
下り貨物(列車番号不明)
止別ー斜里

中途半端な構図となってしまいましたが。 
1977,3/19
604D「大雪3号」
(釧路発札幌行き)
止別ー斜里

長躯札幌まで直通する「大雪」です。この年は寒波で冷え込んだので流氷がまだ見ごたえあります。

 
翌1978年(昭和53年)3月14日,札幌より急行「大雪2号」で浜小清水YHへ。
流氷がきれいだったので翌日は列車の撮影ではなく、駅周辺の散策に。
あまり写真撮影していなかったのは残念ですがそのぶん神々しい景色を見ながら聞こえるのは風の音だけだった記憶はしっかり残っています。
 
1978,3/15
北浜駅

流氷も残りまだまだ冬の装い。 最もオホーツク海に近い駅です。
  1978,3/15
止別駅付近にて。

上写真撮影後、止別(やむべつ)へ。
当時、駅名見て気まぐれに途中下車。駅より海岸までぶらりと。

周辺に人家は無く、聞こえるのは風の音だけ。 
1978,3/15
止別駅にて。

604D「大雪3号」(釧路発札幌行き)の通過。 
 翌1979年(昭和54年)3月4日上野発、函館~えりも岬~帯広経由で3月10日釧路へ。3月11日はYHで一緒だった旅行者と細岡ー遠矢間に釧路湿原が見渡せる岩保木山へ向かいました。  
1979,3/11
遠矢駅にて。
これから岩保木山まで向かいます。 
  1979,3/11
細岡ー遠矢
611D「しれとこ2号」
北見発釧路行

岩保木山へ向かう途中の踏切より。 

前2両が根室標津より。3両目が斜里より。4,5両目が北見より。編成両数からしても当時は北海道の果てでも鉄道の依存度が高かったのがわかります。
1979,3/11
細岡ー遠矢
上り貨物(列番不明)

岩保木山より。

この後、釧路のYHまで湿原の中を長躯徒歩で....。若かったゆえに出来た事。
 
追加分   
1979,3/14
斜里駅にて。
635レ(網走発釧路行)停車中。

3/12,13は知床半島を回って斜里へ。網走方面列車を待っている際に入線。 
  1979,3/15
止別駅付近にて。
駅よりオホーツク海まで行く途中の踏切より。 

走行写真撮るにもいいポイントだと思います。
  1979,3/15
止別駅より歩いて海まで。
流氷を眺めながらボ~~~っとしていましたが癒された気分でした。 
1979,3/15
神々しい景色の中での記念写真のつもり!?... 

*バックの空は加工(編集)しています。
 1979,3/15
止別駅。

当時道内のローカル駅はこのような建物が多かったようです。
1979,3/15
604D「大雪3号」釧路発札幌行
止別駅。

なぜか1年前と全く同じ撮影。駅撮りでも知床連山がいいバックになると思います。

この日、止別駅付近散策後屈斜路湖YHまで向いました。