甲斐大和ー勝沼ぶどう郷
大日影トンネル東口(廃線後も存在感ある遺構。再利用される前の写真。)






















































矢印をクリックすると季節毎(春,秋,冬)の大日影トンネル東口の写真が切り替わります。

 初鹿野(現甲斐大和)-甲府間が開業したのが1903年(明治36年)6月11日。その中でも初鹿野ー塩山間(当時勝沼駅は無し。)の横吹第2トンネル(426.6m)は建設時から亀裂の発生など難工事で1917年(大正6年)には横吹高架橋を経て新横吹第2トンネル(254.22m)へ線路が付け替えられました。
しかし新横吹第2トンネルも山の動きに起因されると思われる輪切り状の亀裂が発生したため、1997年(平成9年)2月23日に新横吹第2ー深沢ー大日影トンネルが並行して掘削された新深沢第2ー新大日影第2トンネルのルートに切り替えられました。

 一方、勝沼駅(現勝沼ぶどう郷)の開業が1913年(大正2年)4月8日の開業で当初からスイッチバック駅として建設されましたが1968年(昭和43年)8月30日複線化及び旅客の電車化により勾配発進可能となった事から25‰勾配上にホームが建設されてスイッチバックは廃止となりました。

廃線跡(右側),現役時代(左側)と比較しながら辿って行きます。

追加分(旧前沢橋梁周辺)はこちら。

   甲斐大和側より見た旧線との分岐点付近。現下り線より左側に旧線が分岐しています。

左側より

新横吹第2トンネル(1917年~1997年2月22日)
横吹第2トンネル(1903年6月11日~1917年)
新深沢第2トンネル(1997年2月23日~現下り線)
新深沢トンネル(1968年8月30日~現上り線)

左側より大正,明治,平成,昭和のトンネルが並びます。 


   廃線跡 現役時代 
A   
  2002,5/12  1992,3/7  5461レ 初鹿野ー勝沼 
  勝沼ぶどう郷側より見た分岐点です。旧線は赤線部に分岐していました。現役時代写真で右側に地震中継信号が見えますが切り替え後は廃止されています。  
 B 現在線から分岐してすぐの旧前沢橋梁(甲斐大和側)橋台です。
旧前沢橋梁は1917年(大正6年)の線路付け替え時に新設されています。付け替え前は概ね赤線部分のルートで横吹第2トンネルに繋がっておりました。

2003,3/29 
   
  旧前沢橋梁(勝沼ぶどう郷側)橋台です。 
梯子ありますがそれより先は立ち入り禁止。
2022,4/2
現役時代。写真中央よりやや右寄りの橋梁が前沢橋梁です。
1991,11/16  17M
  旧前沢橋梁橋台より勝沼ぶどう郷側を撮影。
一直線に並んだ樹木は崩壊防止目的でしょうか?

2022,4/2 
  上写真の旧前沢橋梁橋台のすぐ横に横吹第2トンネルがあります。
 このトンネルは1903(明治36年)、6/11~1917(大正6年)の間使用されました。建設時は亀裂など難工事の連続でした。

*この区間の廃トンネルは現在全て鉄柵が有り通りぬけ不可。

2022,4/2
  横吹第2トンネル内を外から。
コンクリートの補強はトンネル変形による山崩れ防止のためでしょうか?

2022,4/2 
 
   かつての撮影名所である横吹高架橋は橋脚は撤去されてますが石積の橋台がここに線路があった事を教えてくれます。現役時代は高架橋を渡るとすぐに新横吹第2トンネルに突っ込みました。法面のコンクリートは1980年(昭和55年)頃に工事されたものです。
2002,5/12
現役時代
1996,10/6  ビューかいじ。 
   
  新横吹第2トンネル東口。
2003,3/29 
新横吹第2トンネル東口現役時代
1994,8/26 
 
  新横吹第2トンネル西口(奥),横吹第2トンネル西口(手前)です。現役時代からレンガのトンネルが寄り添って並ぶ姿は奇妙かつ珍しく見えました。当時ここは鉄道以外は生活の臭いは感じられませんでした。廃線後もいち早く自然に還りつつあるように見えます。
2002,5/12
夕日で照らされた新横吹第2トンネル西口現役時代。

1994,4/2 
   
    新横吹第2トンネル西口を出てすぐに観音沢開橋。旧線(当時)は石積みのみ残存。現在線(当時)の開橋は廃線後レールが撤去された状態で残存しています。 1993,12/4  
   
    観音沢開橋を山側より。1993,12/4  
   
  横吹第2トンネル内の地震計。これに連動した地震中継信号も横吹高架手前にあり,詳細は?ですが新横吹第2トンネルの寿命的に危機的状況だったと推察します。深沢トンネルが真っすぐ前に見られます。
1996,1/1  この場所は現在は立入禁止です。
現役時代 1994,5/5  553M
線路方向が北西のため坑門には夕方にしか日が当たりません。しかも周辺の樹木で光線が遮られて完全に日が当たった状態では撮影出来ませんでした。 
   
  新横吹第2トンネル西口から深沢トンネル東口までの明かり区間。
2003,3/29 
新横吹第2トンネル西口から深沢トンネル東口までの明かり区間現役時代。
わずか40m位の区間で旧線(当時)から現在線(当時)にうまく合流させています。「スーパーあずさ」の走る時代ながら明治,大正を思わせる鉄道情景に見えます。 1994,4/2  
  横吹第2トンネル内。

1996,1/1 

この場所は現在は立入禁止です。
  横吹第2トンネル内の待避所。
廃線後79年(当時)経ていますが場所によっては残存状況が良かったようです。

1996,1/1

この場所は現在は立入禁止です。
 
  深沢トンネル東口  2003,3/29  深沢トンネル東口(現役時代)  1993.12/4 
   新横吹第2トンネルを出て40m位で深沢トンネル(1105.74m)に入ります。廃線後は樹木の影で写真ではトンネルはわかりにくいですが現役時代の写真を見ると、わずか40mの間で合流させる関係で左側を広げたので左右非対称となっています。(線路、架線の位置が中央でない事からわかります。)
   
    現役時代の深沢トンネルに入っていく「あずさ」。左右非対称である事がはっきりわかります。車体左上がトンネル断面に対してギリギリです。これがEF64-1000台の入線制限だったかも知れません。
1997,2/8  
   
  深沢トンネル東口付近  2003,3/29 
コンクリートの土台は保線小屋の跡で新横吹第2トンネルの状態を絶えず監視していたのでしょうか?
深沢トンネル東口付近(現役時代)  1993,12/4 
 
  旧深沢トンネルは現在はワイン貯蔵庫として再利用されています。
2021,11/26 
現役時代の深沢トンネルを出る「あずさ」。横方向に広い坑門は存在感大。  1994,8/15  21M 
     
  旧大日影トンネルは現在は遊歩道として再利用されています。
2021,11/26 
深沢川橋梁を渡り,現役時代の大日影トンネル(1368.34m)に入って行く115系。  1994,5/3  533M(後追い) 
   
  廃線1か月後の深沢トンネル西口。架線が撤去されています。  
1997,4/4 
現役時代の深沢トンネル西口。日の当たり方によっては堀りが深い質感を感じます。  1994,4/30 
   
  廃線1か月後の深沢トンネル内部。(入口より撮影)架線が撤去されています。  1997,4/4  
   
  廃線1か月後の大日影トンネル内部。(入口より撮影)架線が撤去されています。  1997,4/4   
 
  旧大日影トンネル西口。 1999,2/21  現役当時の大日影トンネル西口を出るEF64。
1993,4/30  5461レ 
   大日影トンネル西口ポータルは尖った迫石が特徴です。ここを出ると新大日影第2トンネルを出た現下り線と合流し勝沼ぶどう郷駅に到着です。この駅は開業時は無く大正2年4月8日に信号所から駅に昇格し菱山から勝沼と改名されました。
   
  旧大日影トンネル西口を出るとすぐに現在線と合流して勝沼ぶどう郷駅に到着します。  2001,1/4   
   
  上写真撮影場所のすぐ下に勝沼駅がスイッチバック時代の行き端が見られます。  1997,2/8   
 H  
  現在の勝沼ぶどう郷駅からスイッチバック時代のホームが見られます。  2003,1/6   
 I   
  現在の勝沼ぶどう郷駅に対してスイッチバック時代は赤線のようにホーム,引き上げ線に繋がっていました。 2002,7/20   
   
  現在線から引き上げ線へはほぼ赤線のように繋がっていました。
2002,7/20 
 
   
  塩山方面に伸びる引き上げ線。 2002,7/20   
  追加分   
   
  上写真の道路橋より勝沼ぶどう郷駅方面を臨む。
2021,12/4 
 
   
  引き上げ線行き端方向を臨む。 2021,12/4  
   
  まけ。

横吹第2トンネルがあれば第1は?って疑問が出ると思います。
第1は高尾ー相模湖間の下り線に現役で実在。写真ようにコンクリートポータルに変わっていますが手前の石積みが趣があってGOOD。
1994,4/17
 






参考資料:鉄道写真記録集、鉄道青春時代ー中央線ー(電気車研究会)、鉄道ピクトリアル(NO467)、
建設工業新聞(1997、2/28)、建設通信新聞(1997、2/21)、
D51から振り子電車へ(鉄道友の会長野支部)、大和村史