鉄道成長期の明治32年1月の時刻表より。

TOP

下記リンクをクリックするとそれぞれの線区の欄までジャンプします。
(注:下りと上りで欄が離れている箇所あります。下り,上りが分かれている線区は下りにジャンプします。)

現東海道本線
現東海道本線,武豊線,伊豆箱根鉄道
現東海道本線,近江鉄道
現東海道本線,奈良線
現山陰本線,福知山線,桜井線

現関西本線,大阪環状線,近鉄長野線
現南海本線
現和歌山線,大阪環状線,桜島線,伊豆箱根鉄道,南海高野線,七尾線
現関西本線,参宮線,名鉄津島尾西線
現山陽本線,播但線,津山線
現鹿児島本線,日豊本線,平成筑豊鉄道,長崎本線,佐世保線,松浦鉄道
現鹿児島本線,佐世保線,大村線,長崎本線
現筑豊本線,予讃本線,土讃本線など
現唐津線,伊予鉄道など

現中央本線,青梅線,西武鉄道
現山手線,埼京線
現総武本線,外房線,成田線
現北陸本線,城端線

現常磐線,水戸線
現上信電鉄,東武鉄道佐野線,水郡線,両毛線
現東北本線,高崎線,両毛線

現信越本線,しなの鉄道,越後ときめき鉄道

現東北本線,水戸線,磐越西線,日光線
現東北本線,いわて銀河鉄道,青い森鉄道,八戸線,奥羽本線

現函館本線,室蘭本線,宗谷本線,富良野線の時刻を追加しました。

出典:庚寅新誌社発行汽車汽船旅行案内(明治32年1月)より  線名,特記事項 
鉄道網も主要幹線も現在の東海道,東北,信越,関西本線しか全通していなく,発展途上なので海上輸送が主力です。


北海道地区

当時
蘭留,美瑛ー砂川間が官有鉄道。 

歌志内ー砂川ー岩見沢間
小樽ー岩見沢ー室蘭間
夕張ー追分間
幾春別ー岩見沢間:炭鉱鉄道。

跡佐登(アトサヌプリ),オリコチャルー標茶間:釧路鉄道。

東北地区
碇ヶ関ー青森間:官有鉄道。
上野ー青森間:日本鉄道。

歌志内,幾春別,夕張の石炭や川湯硫黄山の硫黄などの輸送を優先して建設されたようです。
関東,中部,東北地区
上野ー青森間(含む海岸線経由)
宇都宮ー日光間
水戸ー小山ー前橋間
上野ー前橋間:日本鉄道。 
郡山ー中山宿間:岩越鉄道。

高崎ー下仁田間:上野鉄道。
水戸ー久慈川間:太田鉄道。
葛生ー越名間:佐野鉄道。

飯田町ー八王子間:甲武鉄道。
国分寺ー川越間:川越鉄道。
立川ー日向和田間:青梅鉄道。


高崎ー直江津間:官有鉄道。
春日新田ー沼垂:北越鉄道。

三島ー南條間:豆相鉄道。
豊橋ー新城間:豊川鉄道。

米原ー高岡間:官有鉄道。
高岡ー城端間:中越鉄道
津幡ー七尾間:七尾鉄道。

名古屋ー木津,津,草津間:関西鉄道。
津ー山田間:参宮鉄道。
弥富ー津島間:尾西鉄道。
中国地区
神戸ー三田尻,宇品間:山陽鉄道
飾磨ー生野間:播但鉄道
岡山市ー津山間:中国鉄道。


四国地区
高松ー琴平間:讃岐鉄道
道後ー松山,古町:道後鉄道
平井河原,森松ー高浜間:伊予鉄道。
藤原ー群中:南予鉄道。


九州地区
門司ー行橋,八代,長崎,佐世保間
:九州鉄道。
山本ー妙見間:唐津鉄道。
若松ー直方,金田,大隈間:九州鉄道。
伊万里ー有田間:伊万里鉄道
行橋ー宇佐,後藤寺,宮床間:豊州鉄道。
東京地区
新橋ー神戸,横須賀間が官有鉄道。
新橋ー赤羽間が日本鉄道。
本所ー千葉ー銚子間が総武鉄道。
千葉ー一の宮間が房総鉄道。
佐倉ー佐原間が成田鉄道。

新橋ー神戸間:官有鉄道。
名古屋ー木津ー綱島間:関西鉄道。

大阪ー安治川口間:西成鉄道。
和歌山ー船戸間:紀和鉄道。
高田ー五条間:南和鉄道。
難波ー和歌山北口間:南海鉄道。
大小路ー長野間:高野鉄道。
湊町ー王寺ー桜井,奈良間:大坂鉄道。
大坂ー湊町間:大坂鉄道。
柏原ー富田林間:河陽鉄道。
大坂ー尼崎,有馬口間:坂鶴鉄道。
京都ー嵯峨間:京都鉄道。
桜井ー木津間:奈良鉄道。
京都ー奈良間:奈良鉄道。 
彦根ー八日市間:近江鉄道。


現東海道本線(新橋ー国府津) 
  新橋ー国府津間:官有鉄道。
(現東海道本線) 
上り下り 
現東海道本線(新橋ー大府),武豊線,伊豆箱根鉄道    
  新橋ー大府間:官有鉄道。
(現東海道本線)
三島ー南條(現伊豆長岡):豆相鉄道
(現伊豆箱根鉄道)
大府ー武豊間:官有鉄道。
(現武豊線) 

下り

現東海道本線(大府ー神戸),近江鉄道   
  大府ー神戸間:官有鉄道。
(現東海道本線)
彦根ー八日市:近江鉄道 

下り

現東海道本線(神戸ー大府),近江鉄道   
  神戸ー大府間:官有鉄道。
(現東海道本線)
八日市ー彦根:近江鉄道  

上り

現東海道本線(大府ー新橋),武豊線,伊豆箱根鉄道   
  大府ー新橋間:官有鉄道。
(現東海道本線)
南條(現伊豆長岡)ー三島:豆相鉄道
(現伊豆箱根鉄道)
武豊ー大府間:官有鉄道。
(現武豊線) 

上り

 
現東海道本線(京都ー神戸),現奈良線   
  京都ー神戸間:官有鉄道。
(現東海道本線)
区間列車及び山陽鉄道直通列車。

七條(京都)ー奈良:奈良鉄道。
現奈良線。


 
現山陰本線,福知山線,桜井線   
  京終ー桜井間:奈良鉄道
(現桜井線)

京都ー嵯峨間:京都鉄道
(現山陰本線)

大坂ー神崎(現尼崎)ー有馬口(現生瀬) 
長州(神崎)ー尼崎(後の尼崎港):坂鶴鉄道
(現福知山線)
現関西本線,大阪環状線,近鉄長野線    
  湊町ー王寺ー奈良:大坂鉄道
現関西本線

大坂ー湊町:大坂鉄道
現大阪環状線

柏原ー富田林:河陽鉄道
現近鉄長野線 

現南海本線   
  和歌山北口ー難波:南海鉄道
現南海本線
現和歌山線,現大阪環状,桜島線,現伊豆箱根鉄道,現南海高野線,現七尾線   
  高田ー五条:南和鉄道
五条ー橋本,船戸ー和歌山:紀和鉄道
現和歌山線

大坂ー安治川口:西成鉄道
現大阪環状,桜島線

三島ー南條(現伊豆長岡):豆相鉄道
現伊豆箱根鉄道

大小路ー長野:高野鉄道
現南海高野線

津幡ー七尾:七尾鉄道
現七尾線
 
現関西本線,参宮線,名鉄津島尾西線:下り     
名古屋ー亀山ー柘植ー加茂,柘植ー草津,亀山ー津:関西鉄道
(現関西本線,草津線,紀勢本線。)
津ー山田(現伊勢市):参宮鉄道
(現参宮線。)
 
弥富ー津島:尾西鉄道
(現名古屋鉄道津島,尾西線。) 
現関西本線,参宮線,名鉄津島尾西線:上り 
 
名古屋ー亀山ー柘植ー加茂,柘植ー草津,亀山ー津:関西鉄道
(現関西本線,草津線,紀勢本線。)
津ー山田(現伊勢市):参宮鉄道
(現参宮線。)
 
弥富ー津島:尾西鉄道
(現名古屋鉄道津島,尾西線。) 
 
現関西本線  
 
名古屋ー加茂ー新木津ー綱島:関西鉄道
現,関西本線,片町線 
*放出ー綱島間は1913年(大正2年)廃止。
**加茂ー大仏間(路線図は加茂ー奈良間となっている。)は1899年(明治32年)5月に加茂ー大仏ー奈良間開通しましたが1907年(明治40年)8月木津経由に変更されて廃線。*と**は鉄道廃線跡を歩く(JTB発行,2,3)を参照しました。
 
 現山陽本線(神戸ー広島),播但線,津山線(下り)   
 
神戸ー広島,宇品:山陽鉄道
現山陽本線
姫路ー生野:播但鉄道
現播但線
岡山ー津山:中国鉄道
現津山線 

*当時の山陽鉄道は瀬戸内海を行く汽船との競争関係にあるため京都,大阪ー三田尻(現防府)への直通2往復の設定があります。運賃も1~3等の設定があり、直通列車には各等連結されているものと思われます。1898年(明治31年)9月より列車ボーイの乗務も開始されております。 (参照:鉄道運輸年表,時刻表に見る国鉄旅客営業のあゆみ)
現山陽本線(広島ー三田尻:現防府)   
  
広島ー三田尻(現防府):山陽鉄道
現山陽本線 
 
 現山陽本線(広島ー神戸),播但線,津山線(上り)   
  
広島,宇品ー神戸:山陽鉄道
現山陽本線
生野ー姫路:播但鉄道  
現播但線
津山ー岡山:中国鉄道
現津山線
*九州鉄道小倉ー大蔵ー黒崎間が茶屋町橋梁(遺構) の残る旧線経由の時代です。
 
 現鹿児島本線(門司ー鳥栖),日豊(小倉ー宇佐),平成筑豊鉄道,長崎本線(鳥栖ー肥前山口),佐世保線(肥前山口ー早岐),松浦鉄道(有田ー伊万里)下り  
 
門司(現門司港)ー鳥栖ー早岐:九州鉄道
現鹿児島本線,長崎本線,佐世保線
小倉ー宇佐:九州鉄道
現日豊本線
行橋ー宮床(現糸田):豊州鉄道
現平成筑豊鉄道
有田ー伊万里:伊万里鉄道
現松浦鉄道 
 
 現鹿児島本線(鳥栖ー八代),佐世保線(早岐ー佐世保),大村線,長崎本線(諫早ー長崎)  
  
鳥栖ー八代:九州鉄道
現鹿児島本線
早岐ー長崎:九州鉄道
現大村線,長崎本線
早岐ー佐世保:九州鉄道
現佐世保線
 *当時山陽鉄道が下関まで開業していなかったので門司ー徳山間は汽船で接続しています。
現鹿児島本線(鳥栖ー門司),日豊(宇佐ー小倉),平成筑豊鉄道,長崎本線(肥前山口ー鳥栖),佐世保線(早岐ー肥前山口)上り   
 
早岐ー鳥栖ー門司(現門司港):九州鉄道
現鹿児島本線,長崎本線,佐世保線
宇佐ー小倉:九州鉄道
現日豊本線
宮床(現糸田)ー行橋:豊州鉄道
現平成筑豊鉄道
 
現筑豊本線(若松ー飯塚),上山田線(飯塚ー大隈:現在廃線),幸袋線(小竹ー幸袋:現在廃線)現予讃本線,土讃本線(高松ー琴平)  
 
若松ー小竹ー飯塚ー大隈:九州鉄道
現筑豊本線,上山田線(廃線)
小竹ー幸袋:九州鉄道
幸袋線(廃線)
高松ー琴平:讃岐鉄道
現予讃本線,土讃本線 
 
現唐津線(山本ー妙見「現西唐津」),現伊予鉄道(道後ー松山),(森松,平井河原「現平井」 ー高浜)  
  
山本ー妙見(現西唐津):唐津鉄道
現唐津線
群中ー藤原(現松山市):南予鉄道(
現伊予鉄道
道後(現道後温泉)ー松山:道後鉄道
現伊予鉄道
平井河原(現平井),森松ー立花(現いよ立花)ー高浜:伊予鉄道(*森松ー立花間は廃線) 
現中央本線,青梅線,西武鉄道(下り)   
  飯田町ー八王子間:甲武鉄道
(現中央本線)
立川ー日向和田間:青梅鉄道
(現青梅線)
国分寺ー川越間:川越鉄道
(現西武鉄道) 

下り
現中央本線,青梅線,西武鉄道(上り)    
  飯田町ー八王子間:甲武鉄道
(現中央本線)
立川ー日向和田間:青梅鉄道
(現青梅線)
国分寺ー川越間:川越鉄道
(現西武鉄道) 

上り 
現山手線,埼京線   
  新橋ー赤羽間:日本鉄道
(現山手,埼京線) 
現総武本線,外房線,成田線   
  本所(現錦糸町)ー銚子:総武鉄道
(現総武本線)
千葉ー一宮(上総一ノ宮):房総鉄道
(現外房線)
佐倉ー佐原:成田鉄道
(現成田線)
 
現北陸本線,城端線   
 米原ー高岡間:官有鉄道。
(現北陸本線)
高岡ー城端間:中越鉄道
(現城端線)

上り下り
現常磐線,水戸線(下り)   
  
上野ー水戸ー仙台:日本鉄道(上野ー福島ー仙台ー青森間も日本鉄道により既に開業していたので海岸線経由とも言われておりました。)
現常磐線
*1898年(明治31年)8月に現常磐線が開業,当初は上野ー青森間の設定がありましたが11月に上野ー仙台間に変更されています。
小山ー水戸:日本鉄道
現水戸線 
 
現常磐線,水戸線(上り)   
 
仙台ー水戸ー上野:日本鉄道
現常磐線
水戸ー小山:日本鉄道
現水戸線  
 
現上信電鉄,東部佐野線,水郡線,両毛線   
  
高崎ー下仁田:上野鉄道
現上信電鉄
越名ー葛生:佐野鉄道
現東武鉄道佐野線
水戸ー久慈川:太田鉄道(*久慈川は現額田ー河合間に存在したが廃駅)
現水郡線
小山ー前橋:日本鉄道
現両毛線 
 
 
現東北本線,高崎線,両毛線   
  
上野ー前橋:日本鉄道
現東北本線,高崎線,両毛線 
 
現信越本線,しなの鉄道,越後ときめき鉄道   
 
高崎ー直江津:官有鉄道
現信越本線,しなの鉄道,越後ときめき鉄道。
春日新田(現黒井ー犀潟間で廃駅)ー沼垂(現廃駅): 北越鉄道
現信越本線 
現東北本線(上野ー福島),水戸線,磐越西線,日光線   
 
上野ー福島:日本鉄道
現東北本線
小山ー水戸:日本鉄道
現水戸線
宇都宮ー日光:日本鉄道
現日光線
郡山ー中山宿:岩越鉄道
現磐越西線 
 
現東北本線(福島ー青森),いわて銀河鉄道,青い森鉄道,八戸線,奥羽本線(青森ー碇ヶ関)   
 
福島ー青森:日本鉄道
現東北本線,いわて銀河鉄道,青い森鉄道
尻内ー湊:日本鉄道 *八戸ー湊間は廃線。 
現八戸線
碇ヶ関ー青森:官有鉄道
現奥羽本線
 
現東北本線(青森ー福島),いわて銀河鉄道,青い森鉄道,八戸線,奥羽本線(碇ヶ関ー青森)    
青森ー福島:日本鉄道
現東北本線,いわて銀河鉄道,青い森鉄道
湊ー尻内:日本鉄道 *八戸ー湊間は廃線。 
現八戸線
青森ー碇ヶ関:官有鉄道
現奥羽本線 
 
現東北本線(福島ー上野),水戸線,磐越西線,日光線   
 
福島ー上野:日本鉄道
現東北本線
水戸ー小山:日本鉄道
現水戸線
日光ー宇都宮:日本鉄道
現日光線
中山宿ー郡山:岩越鉄道
現磐越西線  
 
現函館本線,室蘭本線,宗谷本線,富良野線   
 
手宮ー砂川:北海道炭鉱鉄道
現函館本線
砂川ー旭川ー蘭留,美瑛:官有鉄道
現函館本線,宗谷本線,富良野線
岩見沢ー幌内,幾春別:北海道炭鉱鉄道
後の幌内線(廃線)
砂川ー歌志内:北海道炭鉱鉄道
後の歌志内線(廃線)
追分ー夕張:北海道炭鉱鉄道
後の夕張線(廃線)
岩見沢ー室蘭: 北海道炭鉱鉄道
現室蘭本線