昭和13年10月中央東線時刻

トップへ
トップへ
戻る
戻る

 
 1937年(昭和12年)7月7日には日華事変が勃発して、国内の準戦時体制が濃くなっていきますが人の往来は大陸,内地共に増えて急行列車や通勤列車が増発されます。それに伴い同年12月15日には405,406レは新宿ー甲府に縮小されるなど全国の準急列車は廃止、縮小の道を辿っていきます。そこの忍び寄る戦時体制が見え隠れします。


下り
1937年(昭和12年)1月に対して通勤列車531レの増発がありますが準急405レは新宿ー甲府間運転に縮小されています。


上り
普通列車430レの増発ありますが準急406レは甲府ー新宿間に縮小されています。


汽車時間表(日本旅行協会,昭和13年10月)より。