第151、152、153、154回

トップへ
トップへ
戻る
戻る

第154回:増毛と札幌を結んだ優等列車

先日12月4日限りで留萌本線の留萌ー増毛間が惜しまれつつ廃止になりました。
増毛と言えば江戸時代はロシアから防御を目的とした要塞があり、明治時代からは留萌と並んでの港湾交通の要所であり、
鰊(ニシン)漁の本場でありました。
しかしこの周辺の交通が沿岸航路に頼る以外なく、これが留萌本線建設のきっかけとなります。
函館本線の深川から留萌までの開業は1910年(明治43年)11月23日。増毛までの建設は当時の帝国議会の協賛を得て
開始。1921年(大正10年)11月5日に増毛まで開業により深川ー増毛間の鉄道が完成して線名は留萌線となりました。

札幌,小樽からの留萌方面への直通は1961年(昭和36年)1月15日より小樽(上り札幌)-築別間の準急「るもい」が最初
ですが1962年(昭和37年)5月1日北海道線時刻改正で札幌ー留萌ー幌延間急行「はぼろ」の登場で「るもい」は小樽
ー増毛間準急として登場しました。増毛から見ると初めての札幌,小樽への直通列車です。

当時札幌,小樽からの直通列車は釧路,網走,稚内など市が対象ですが町である増毛との直通は特例にも思えます。(留萌の乗降が
大半かもしれませんが。)


当時の時刻は
小樽18:40⇒増毛22:27,増毛6:30⇒小樽10:21で全区間準急。小樽ー深川間は準急「かむい」に併結されていました。

留萌本線(一部区間)廃止に関連して
愛称は増毛と札幌,小樽を結ぶ優等列車は「るもい」~「かむい」~「ましけ」~「かむい」と変遷していますが主要改正毎にその姿
を模型で再現していきます。


1963年(昭和38年)10月時刻改正時
小樽ー旭川,富良野「かむい」,増毛「るもい」間運転。

後列左小樽寄りより

(1)キハ56+(2)キハ27+(3)キハ22+(4)キハ27+(5)キロ26+(6)キハ27+(7)キハ22

(1)(2)号車:小樽ー富良野「かむい」
(3)~(6)号車:小樽ー旭川「かむい」
(7)号車:小樽ー増毛「るもい」

1964年(昭和39年)6月「るもい」⇒「かむい」に改称。

模型:キロ26(屋根のみ撮影用に交換),その他全てTOMIX既製品。

1964年(昭和39年)10月時刻改正時
小樽ー旭川,富良野,増毛「かむい」間運転。

後列左小樽寄りより

(1)キハ22(キハ56代用)+(2)キハ22(キハ27代用)+(3)キハ22+(4)キハ56+(5)キロ26+(6)キハ27
+(7)キハ22

(1)(2)号車:小樽ー富良野
(3)~(6)号車:小樽ー旭川
(7)号車:小樽ー増毛

模型:キロ26(屋根のみ撮影用に交換),その他全てTOMIX既製品。

1965年(昭和40年)10月全国時刻改正時
小樽ー旭川,上芦別「かむい」,増毛「ましけ」間運転。
この改正より「ましけ」と命名されます。

後列左小樽寄りより

(1)キハ22(キハ56代用)+(2)キハ22(キハ27代用)+増キハ22+(3)キハ27+(4)キハ27+(5)キロ26
+(6)キハ56+(7)キハ22

(1),(2)号車:小樽ー富良野
増号車:小樽ー旭川
(3)~(6):札幌ー旭川
以上「かむい」
(7):札幌ー増毛「ましけ」

模型:キロ26(屋根のみ撮影用に交換),その他全てTOMIX既製品。

1968年(昭和43年)10月白紙改正時
小樽ー旭川,上芦別「かむい」,増毛「ましけ」,夕張「夕張」間運転。(下り)

後列左小樽寄りより

増キハ27+(1)キハ56+(2)キハ27+(3)キハ56+(4)キハ27+(5)キロ26+(6)キハ56+(7)キハ22
+(8)キハ22+(9)キハ22(キハ56代用)

増,(1)号車:手稲ー夕張「夕張」
(2),(3)号車:手稲ー増毛「ましけ」(留萌ー増毛間普通)
(4)~(6)号車:手稲ー旭川「かむい」
(7)号車:小樽ー旭川「かむい」
(8),(9)号車:小樽ー上芦別「かむい」

模型:全てTOMIX既製品。

1968年(昭和43年)10月白紙改正時
旭川ー小樽「かむい」,富良野ー小樽「そらち」,増毛ー札幌「ましけ」間運転。(上り)

後列左小樽寄りより

(1)キハ27+(2)キハ56+(3)キハ22+(4)キハ27+(5)キロ26+(6)キハ56+(7)キハ27+(8)キハ56

(1),(2)号車:富良野ー小樽「そらち」
(3)号車:旭川ー小樽「かむい」
(4)~(6)号車:旭川ー札幌「かむい」
(7),(8)号車:増毛ー札幌「ましけ」(留萌ー増毛間普通)

模型:全てTOMIX既製品。

「ましけ」「かむい」は1966年(昭和41年)3月の規約改正で準急から急行に。
「ましけ」の編成は1967年(昭和42年)頃にキハ22からキハ27,56に置き換わっており、急行らしくなっています。
またこの改正より留萌ー増毛間は普通列車になっています。

1972年(昭和47年)3月時刻改正時
小樽ー旭川「かむい」,増毛「ましけ」間運転。(下り)

後列左小樽寄りより

(1)キハ27+(2)キハ56+(3)キハ27+(4)キハ56+(5)キハ27+(6)キロ26+(7)キハ56

(1),(2)号車:小樽ー滝川「かむい」
(3),(4)号車:小樽ー増毛「ましけ」(留萌ー増毛間普通)
(5)~(7)号車:小樽ー旭川「かむい」

模型:全てTOMIX既製品。

1972年(昭和47年)3月時刻改正時
旭川,落合ー小樽「かむい」,増毛ー小樽「ましけ」間運転。(上り)

後列左小樽寄りより

(5)キハ27+(6)キロ56+(7)キハ56+(8)キハ27+(9)キハ56+(10)キハ27+(11)キハ56

(5)~(7)号車:旭川ー小樽「かむい」
(8),(9)号車:増毛ー小樽「ましけ」(留萌ー増毛間普通)
(10),(11):落合ー小樽「かむい」(落合ー滝川普通)

模型:全てTOMIX既製品。

この改正より「かむい」の付属編成,「ましけ」の連結位置は下り,上り共進行方向に対して後ろ側となります。
1971年(昭和46年)7月改正より小樽ー札幌間は快速格下げとなっています。

1974年(昭和49年)3月に下り列車を札幌で目撃していますが乗車率が満席に近かったようです。

1975年(昭和50年)7月時刻改正時
小樽ー旭川「かむい」,増毛「ましけ」間運転。(下り)

後列左小樽寄りより

(1)キハ55+(2)キハ26+(3)キハ55+(4)キハ26+(5)キハ55+(6)キロ26+(7)キハ27

(1),(2)号車:小樽ー滝川「かむい」
(3),(4)号車:小樽ー増毛「ましけ」(留萌ー増毛間普通)
(5)~(7):小樽ー旭川「かむい」

模型:全てTOMIX既製品。

1975年(昭和50年)7月時刻改正時
旭川,落合ー小樽「かむい」,増毛ー小樽「ましけ」間運転。(上り)

後列左小樽寄りより

(1)キハ55+(2)キロ26+(3)キハ27+(4)キハ55+(5)キハ26+(6)キハ55+(7)キハ26

(1)~(3)号車:旭川ー小樽「かむい」
(4),(5)号車:増毛ー小樽「ましけ」(増毛ー留萌間普通)
(6),(7)号車:落合ー小樽「かむい」(落合ー滝川間普通)

小樽ー札幌間快速。

模型:全てTOMIX既製品。

札幌ー旭川間に初めての電車特急「いしかり」が運転開始されたこの改正では気動車による「かむい」「ましけ」の運転形態
は変更ありませんが
北海道でも少数派であるキハ55,26に置き換わっています。バス窓のキハ261も配置されていたので
「ましけ」にも組み込まれていたかも知れません。

1978年(昭和53年)10月時刻改正時
小樽ー旭川,富良野「かむい」,増毛「ましけ」間運転。(下り)

後列左小樽寄りより

(1)キハ55+(2)キハ26+(3)キハ55+(4)キハ26+(5)キハ56+(6)キハ56+(7)キロ26+(8)キハ56

(1),(2)号車:小樽ー富良野「かむい」(滝川ー富良野普通)
(3),(4)号車:小樽ー増毛「ましけ」(増毛ー留萌間普通)
(5)~(8)号車:小樽ー旭川「かむい」

小樽ー札幌間普通。

模型:全てTOMIX既製品。

1978年(昭和53年)10月時刻改正時
旭川,落合ー札幌「かむい」,増毛ー札幌「ましけ」間運転。(上り)

後列左札幌寄りより

(5)キハ56+(6)キハ56+(7)キロ26+(8)キハ56+(9)キハ55+(10)キハ26+(11)キハ55+(12)キハ26

(5)~(8)号車:旭川ー札幌「かむい」
(9),(10)号車:増毛ー札幌「ましけ」(増毛ー留萌間普通)
(10),(11)号車:落合ー札幌「かむい」(落合ー滝川間普通)

模型:全てTOMIX既製品。

この改正では「ましけ」には変更ありませんが併結の「かむい」でキハ56が1両増となっています。
上りで札幌止まりとなっています。

1980年(昭和55年)10月時刻改正時
小樽ー旭川,増毛,富良野間「かむい」運転。(下り)

後列左小樽寄りより

(1)キハ27+(2)キハ56+(3)キハ27+(4)キハ56+(5)キハ27+(6)キハ56+(7)キハ56

(1),(2)号車:小樽ー富良野「かむい」(滝川ー富良野普通)
(3),(4)号車:小樽ー増毛「かむい」(深川ー増毛間普通)
(5)~(7)号車:小樽ー旭川「かむい」
小樽ー札幌間普通。

模型:全てTOMIX既製品。

1980年(昭和55年)10月時刻改正時
旭川,増毛,落合ー小樽間「かむい」(上り)

後列左小樽寄りより

(5)キハ27+(6)キハ56(キハ27代用)+(7)キハ56+(8)キハ27+(9)キハ56+(10)キハ27(キハ56代用)
+(11)キハ56

(5)~(7)号車:旭川ー小樽「かむい」
(8),(9)号車:増毛ー小樽「かむい」(増毛ー深川間普通)
(10),(11):落合ー小樽「かむい」(落合ー滝川間普通)
札幌ー小樽間普通。

模型:全てTOMIX既製品。

この頃に陸の孤島と言われた増毛町に札幌からの国道が開通のため、「ましけ」とっては大ダメージとなります。
よって,この改正より深川ー増毛間が普通列車格下げとなり、「ましけ」の愛称が「かむい」となります。

1982年(昭和57年)11月時刻改正時
小樽ー旭川,富良野,増毛間「かむい」運転。(下り)

後列左小樽寄りより

(1)キハ40(キハ27代用)+(2)キハ56+(3)キハ40+(4)キハ56+(5)キハ27+(6)キハ27+(7)キハ56

(1),(2)号車:小樽ー富良野「かむい」(滝川ー富良野普通)
(3),(4)号車:小樽ー増毛「かむい」(深川ー増毛間普通)
(5)~(7)号車:小樽ー旭川「かむい」
小樽ー札幌間普通。

模型:全てTOMIX既製品。

1982年(昭和57年)11月時刻改正時
旭川,増毛,落合ー小樽間「かむい」(上り)

後列左小樽寄りより

(5)キハ27+(6)キハ27+(7)キハ56+(8)キハ40+(9)キハ56+(10)キハ40(キハ27代用)+(11)キハ56
+(12)キハ40(キハ27代用)+(13)キハ56

(5)~(7)号車:旭川ー小樽「かむい」
(8),(9)号車:増毛ー小樽「かむい」(増毛ー深川間普通)
(10),(11)号車:落合ー小樽「かむい」(落合ー滝川間普通)
(12),(13)号車:上芦別ー小樽「かむい」(上芦別ー滝川間普通,上芦別で(10),(11)号車に併結。)

模型:全てTOMIX既製品。

この頃となるとキハ22,キハ27からキハ40に置き換わっています。
増毛までの直通編成は残りますが深川ー増毛間普通のままで札幌から増毛を目指すと言うより、札幌と留萌本線各駅
への直通的な役割となります。
この運転形態で細々運転されますが北海道内の国道整備によりかつて急行列車が結んだ区間は車,バスに代わり,
1985年(昭和60年)3月時刻大改正で札幌ー増毛間の直通編成は廃止されました。

その後の留萌本線の役割は地元のローカル輸送中心となりますが2016年(平成28年)12月4日限りで留萌ー増毛間が廃止
されてしまいました。深川ー留萌間でもJR北海道では維持困難と報道されています。
そんな厳しい鉄道経営に置かれている留萌本線ですが
かつて増毛と札幌を結んだ急行列車が存在した事を知っていただけ
ればと思います



第153回:C55の牽いた優等列車(戦後)。

C55と言えばC51、C54を発展させた蒸機で1935年(昭和10年)に誕生しましたが2年後には更に改良した弟分C57
の誕生により活躍はあまり目立たないようです。
戦前は東海道,山陽本線以外では急行列車牽引に活躍しましたが戦後は大型機(C59,60,61,62)の誕生で転出
したC57や1957年(昭和32年)に誕生したDF50の進出で早いうちに置き替えられたようです。

私の世代では直接見れませんが資料上で見つけたC55が牽いた優等列車(一部推定)をピックアップして模型で組成してみました。

日豊本線
急行「高千穂」(東京ー都城:当時)
牽引時期:昭和26年11月誕生時~昭和32年頃(推定)
牽引区間:大分以南(推定)
再現時期:昭和29年10月改正時


戦後~DF50の配属される昭和32年までは日豊本線全線でC55が配属されて機影の途絶える事はないとも言われたほど
でした。よって「高千穂」は推定です。(東京ー門司間は「げんかい」に併結。)

後列左側都城寄りより

C55+(8)スロ53+(9)オロ35+(10)スハ43+(11)スハ43+(12)スハフ42(オハフ33代用)+(13)スハフ42
+(14)スハフ42

(13):東京ー大分
(14):京都ー大分

模型:C55(3次型:KATO)、スロ53(KATO製スロ54青大将の塗り替え)、スハ43、スハフ42(KATO製既製品の
表記変更)、オハフ33(TOMIX製オハフ33の表記変更)

*表記変更:3等級表記への変更。

日豊本線
急行「日向」(京都ー都城:当時)
牽引時期:昭和35年6月誕生時~昭和36年10月(推定)
牽引区間:大分ー都城

再現時期:昭和35年6月改正時

「日向」の誕生は1960年(昭和35年)6月改正で京都ー大分間急行「くにさき」を都城延長により「日向」と改称しました。
京都ー門司間は「天草」に併結。1961年(昭和36年)10月白紙改正で独立。晩年はSL急行としても有名になった「日南
下り3号、上り1号」

後列左側都城寄りより

C55+(9)オハユ(スハユ31代用)+(10)スロ50+(11)ナハネ10+(12)オハ46+(13)オハ46+(14)オハフ45


(9)オハユ:門司ー都城

模型
C55(門デフ:KATO)、オハユ(モデモ)、スロ50(レボリューションファクトリー)、ナハネ10(KATO製オハネフ12からの改造)
、オハ46、オハフ45(KATO製スハ43,スハフ42からの改造)

羽越本線
急行「日本海」(大阪ー青森:当時)
牽引時期:昭和23年~昭和31年12月(推定)
牽引区間:新津ー秋田(当時新潟乗り入れしていません。)
再現時期:昭和29年10月改正時

鉄道ジャーナル(47.3)の瀬古さんの記事からで昭和28年頃は下り501レは新津機関区受け持ちでC51,C57の共通運用。
上り502レは秋田機関区の受け持ちでC51、C55、C57の共通運用。3日に1度はC55が当たっていたとの事です。
当時秋田機関区にはC553,10,19,55の4両在籍していましたが昭和33年DF50の転入で九州へ転出しました。

後列左側大阪寄りより

C55+
マニ31+スユ42+(1)スロ50+(2)オロ36+(3)スハシ38+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43
+(7)スハ43+(8)スハフ42+(9)スハフ42

(9)スハフ42:大阪ー秋田

模型:C55(3次型KATO)、マニ31、オロ36(モデモ)、スユ42(GM)、スロ50、スハシ38(レボリューションファクトリー)
、スハ43、スハフ42(KATO製スハ43,スハフ42からの表記変更)

函館本線
急行「あかしや」(函館ー旭川:当時)
牽引時期:昭和27年~昭和36年10月(推定)
牽引区間:小樽ー旭川
再現時期:昭和29年10月改正時

RAIL(NO9)にて昭和33年に「あかしや」に乗車した際、小樽からはC55又は57との黒岩さんの記事より。

後列左側函館寄りより

C55+
マニ60+(1)スロ52(スロ51代用)+(2)オロ35+(3)スハシ38+(4)スハ45+(5)スハ45+(6)スハ45
+(7)スハ45+(8)スハフ44+(9)スハ45+(10)スハ45+(11)スハフ44

スハ45、スハフ44はKATO製オハ46、スハ43、スハフ42代用

(9)~(11):小樽ー旭川

C55(KATO3次型の北海道用へ改造)、スロ51、スハシ38(レボリューションファクトリー)、オロ35(モデモ)、
スハ43、スハフ42(KATO製スハ43,スハフ42からの表記変更)

函館本線,室蘭本線,千歳線
急行「石狩」(函館ー札幌:当時)
牽引時期:昭和33年10月~昭和42年10月(推定)
牽引区間:函館ー札幌
再現時期:昭和40年10月改正時

国鉄時代(NO45,46)より
千歳線経由の不定期急行「石狩」は苗穂のC55(多客期は重連)が牽いていたとの記事より。(晩年C57)

後列左側函館寄りより

C55+
マニ60+(1)スハフ44+(2)スロ52+(3)スハシ38+(4)スハ45+(5)スハ45+(6)スハ45
+(7)スハフ44

模型
C55(KATO3次型の北海道用へ改造)、スロ52、スハシ38(レボリューションファクトリー)、スハ45、スハフ44
ぶどう色はKATO製スハ43、スハフ42からの塗り替え、表記変更。スハ45、スハフ44青色はKATO既製品。

函館本線
準急「たるまえ」(函館ー旭川:当時)
牽引時期:昭和36年10月~昭和37年4月(推定)
牽引区間:札幌ー旭川
再現時期:昭和36年10月改正時


函館ー網走間準急「はまなす」が昭和36年10月改正で函館ー旭川間「たるまえ」に。
翌37年4月には函館ー札幌間に短縮。昭和43年10月には「すずらん」に愛称整理されています。

後列左側旭川寄りより

C55+
(1)スハフ42+(2)マロネロ38+(3)ナハネ10+(4)スハ45+(5)スハ45+(6)スハ45+(7)スハフ44
+マニ60

マニ60(直江津ー名寄)

*マロネロ38は模型で再現した当時は2等級ですが3等級表示で了承下さい。

模型
C55(KATO3次型の北海道用へ改造)、マロネロ38(レボリューションファクトリー)、ナハネ10(マイクロ製ナハネフ10
からの改造),スハ45、スハフ44ぶどう色はKATO製スハ43、スハフ42からの塗り替え。マニ60(KATO既製品)

宗谷本線
準急⇒急行「利尻」(札幌ー稚内)
牽引時期:昭和33年10月~昭和45年12月
牽引区間:旭川ー稚内
再現時期:昭和39年10月改正時


C55の牽く代表的な優等列車はやはり最果て目指す「利尻」でしょう。
鉄道ジャーナル(69,8)にも松本謙一さんの追跡ルポが掲載されています。

後列左側旭川寄りより

C55+
スユニ60(スユニ61代用)+マニ60+(1)マロネロ38+(2)ナハネ10+(3)スハ45+(4)スハ45+(5)スハ45
+(6)スハフ44+(7)オハ(スハフ44代用)

スユニ60:稚内ー旭川
(7):オハ稚内ー旭川

模型
C55(KATO3次型の北海道用へ改造)、マロネロ38、スユニ61(レボリューションファクトリー)、ナハネ10(マイクロ製
ナハネフ10からの改造),スハ45、スハフ44ぶどう色はKATO製スハ43、スハフ42からの塗り替え。マニ60(KATO既製品)

既出ですがSL晩年の昭和45年10月頃の「利尻」のUPします。この頃の「利尻」を記憶しておられる方は多いと思います。

後列左側稚内寄りより

C5550+(8)スハフ44+(7)スハフ44+(6)スハ45+(5)スハ45+(4)スハ45+(3)スロ54-500代
+(2)オロハネ10-500代+(1)スハネ16-500代+スユニ61+マニ60+マニ60

(8)スハフ44:旭川ー稚内
最後部マニ60:旭川ー稚内

模型:C55(KATO製C55を北海道装備に改造。)、客車は全てKATO既製品(「大雪」セットより)

その他参考資料:国鉄時代(NO43),日本蒸気機関車特集修成(上)、主要客車列車編成順序表(昭和35年6月
、昭和36年10月、昭和39年10月、昭和40年10月、昭和45年10月))
ドキュメント列車追跡リバイバル作品集1(鉄道ジャーナル)、世界鉄道写真全集(1972,9)



第152回:C55最後5年の活躍。

C51,C54から発展したC55と言えば蒸機近代化の先駆とも言われ、均整のとれたボデーに1750mmのスポーク動輪。
同じ2-C-1軸配置のパシフィック機でスマートながらも無骨さが残るC51,貴婦人とも言われたC57とは違った特徴的
なスタイルに私が中学の時から惹かれておりました。

C51からC59に至るまでの数ある国産蒸機のパシフィック機の中でも「華麗なるパシ」とは個人的にはC55のためにある
ように思えます。

製造両数が62両なので当初はC51の活躍を補強するように全国的な配属でしたが昭和30年代以降は北海道、羽越,関西、
山陰、播但、九州に集約、晩年(昭和41年以降)はDF50,C57の転入などで北海道と九州に残るのみとなりました。
世代的に北海道で最後まで残った宗谷本線でしか撮影は出来ませんでしたが模型では永遠の世界。
今回は趣向を変えて,最後の5年間の活躍である1970年(昭和45年)以降のC55の牽く列車を再現しました。

宗谷本線

北海道では戦前は函館本線全線、室蘭本線全線、根室本線(滝川ー釧路)で活躍しましたが電化やC57の転入で晩年は
旭川機関区に残り宗谷本線で1974年(昭和49年)6月まで活躍。以降C57に替わりますが同年12月に無煙化されました。

宗谷本線では旭川ー稚内間の317,318レ:急行「利尻」,321,324レ、旭川ー名寄間の323,322レの運用がありましたが
急行「利尻」は1970年(昭和45年)12月頃にDD51に置き換え。残った2往復の普通列車がSLファンの人気の的でした。
SLファンでなくとも最果行きの列車としていろいろな雑誌の紹介もあって若い旅行者にも人気がありました。

1970年(昭和45年)10月時刻改正時の「利尻」

後列左側稚内寄りより

C5550+(8)スハフ44+(7)スハフ44+(6)スハ45+(5)スハ45+(4)スハ45+(3)スロ54-500代
+(2)オロハネ10-500代+(1)スハネ16-500代+スユニ61+マニ60+マニ60

(8)スハフ44:旭川ー稚内
最後部マニ60:旭川ー稚内

模型:C55(KATO製C55を北海道装備に改造。)、客車は全てKATO既製品(「大雪」セットより)

1973年(昭和48年)10月時刻改正時321,324レ(旭川ー稚内)

後列左側稚内寄りより

C5550+スハフ32+スハ32+スユニ61+マニ60
*マニ60は隅田川からの航送荷物車です。

実車ではスハフ32、スハ32はオハフ33,オハ35。スユニ61がスハユニ62の場合もありました。

模型:C55:KATO製C55を北海道装備に改造。
スユニ61,マニ60:KATO既製品(「大雪」セットより)
スハ32,スハフ32:TOMIX既製品

1973年(昭和48年)10月時刻改正時323,322レ(旭川ー名寄)

後列左側名寄寄りより

C5550+スハフ32+スハ32+スハ32+スハ32++マニ60
*マニ60は直江津からの航送荷物車です。

模型:C55:KATO製C55を北海道装備に改造。
マニ60:KATO既製品(「大雪」セットより)
スハ32,スハフ32:TOMIX既製品

筑豊本線,肥薩線,吉都線

九州では戦前は鹿児島本線、日豊本線がメインステージでしたが戦後はC57、C59、C61の転入などで日豊本線に集約。
日豊本線全線でC55の機影が途絶えることがないとも言われたものです。(一時的に長崎本線,佐世保線,大村線で使用。)
昭和30年代になると日豊本線にもDF50,C57の転入でC51と置き換わるように筑豊本線,肥薩線,吉都線に転出。
いずれの線区も8620,C51,C55,C57と都落ちの名機が落ち延びて晩年の活躍をしています。

筑豊本線での活躍は1972年(昭和47年)3月改正で旅客列車は無煙化。
肥薩線,吉都線も1971年(昭和46年)頃にC55は全廃されますが筑豊本線で活躍した若松区のC5552,57が吉松区に
転出して肥薩線,吉都線で再度活躍します。(当時かなり話題になりました。)
1974年(昭和49年)4月,日豊本線南宮崎電化で全廃されますがC5552のみ入れ替え機として1975年(昭和50年)
まで残存しておりました。

1971年(昭和46年)10月時刻改正時の筑豊本線普通列車(列車番号不明)

後列左側原田寄りより

C5553+オハニ61+オハ61+オハ35+オハ35+オハフ61

C5553:KATO既製品
オハニ61,オハ61,オハフ61:TOMIX既製品
オハ35:KATO既製品

当時筑豊本線の普通列車は門司港-原田,若松―原田,そのほか区間列車がありました。

1970年(昭和45年)10月時刻改正時の肥薩線普通列車821レ(吉松ー西鹿児島)

後列左側隼人寄りより

C5553+オハユニ61+オハ61+オハ35+オハフ61

C5553:KATO既製品
オハユニ61,オハ61,オハフ61:TOMIX既製品
オハ35:KATO既製品

*吉松ー西鹿児島間の通勤列車2往復の設定がありました。隼人ー西鹿児島間は日豊本線直通。
*当時吉松機関区にはC55一次型,流改機のみの配置なので模型のように3次型の活躍は1972年(昭和47年)3月
C5552,57転入以降となります。

1970年(昭和45年)10月時刻改正頃の肥薩線貨物列車

後列左側隼人寄りより

C5553+ワム90000+ワム70000+トラ45000+トラ45000+テラ1+ワム90000+ワフ29500

C5553:KATO既製品
テラ1:可合。それ以外はKATO既製品。

本来の使用用途ではありませんが貨物列車の設定もありました。
南九州では戦後から機種統一してC51,C55,C57,C61を旅客,貨物両方に使用することが多かったです。

1970年(昭和45年)10月時刻改正頃の吉都線普通列車(門司港ー都城間1121,1122レ)

後列左側吉松寄りより

C5553+オハユ(オハユニ61代用)+マニ60+オハ61+オハ35+オハ35+オハフ33

C5553:KATO既製品
オハユニ61,オハ61:TOMIX既製品
オハ35,オハフ33:KATO既製品

1121,1122レは門司港ー都城間の長距離普通列車でローカル色の濃い南九州のC55にとっては花形運用に
思えます。
参考:マニ60は汐留ー都城間の運用です。

1970年(昭和45年)10月時刻改正頃の吉都線混合列車(列車番号不明)

後列左側吉松寄りより

C5553+オハ61+オハフ61+ワム90000+トラ45000++トラ45000+トラ45000+ワム70000
+ワム70000+ワム90000

C5553:KATO既製品
貨車すべて:KATO既製品。

吉都線は八代ー人吉ー吉松ー都城間での貨物量も多いので九州でも数少ない混合列車の設定もありました。

1970年(昭和45年)10月時刻改正頃の吉都線貨物列車

機関車向き不問

C5553+ワム90000+ワム70000+トラ45000+トラ45000+トラ45000+トキ15000+テラ1+ワム90000
+ワム90000+ワム90000+ワフ29500

C5553:KATO既製品
テラ1:可合。それ以外はKATO既製品。

貨物量が多いだけに晩年はD51の配属があります。

おまけ
1973年(昭和48年)10月時刻改正頃の日豊本線普通列車(宮崎ー都城間1527レ)
吉松機関区のC55は間合いで宮崎ー都城間で当時貨物1590レ、旅客1527レの往復運用がありました。

後列左側都城寄りより

C5553+オハフ61+オハ35+オハ61+オハ35+オハ35+オハフ33

C5553:KATO既製品
オハフ61,オハ61:TOMIX既製品
オハ35,オハフ33:KATO既製品

通勤列車ではありますが本線とあって編成は長めです。

参考資料:国鉄時代(NO43),日本蒸気機関車特集修成(上)、主要客車列車編成順序表(昭和45年10月)
ドキュメント列車追跡リバイバル作品集1(鉄道ジャーナル)、世界鉄道写真全集(1972,9)
編成は上記資料参照しました。貨物編成は私の任意によるものです。




第151回:伝統の東北夜行。「北斗」から「はくつる」まで。

昭和25年10月時刻大改正。
昭和27年9月時刻改正
昭和29年10月時刻改正
昭和31年11月19日白紙改正
昭和33年10月1日時刻改正
昭和34年9月22日時刻改正
昭和36年10月1日白紙時刻改正
昭和39年10月1日時刻改正
昭和40年10月1日全国時刻改正
昭和43年10月1日白紙改正。
昭和46年10月1日時刻改正。
昭和47年3月15日時刻改正
昭和50年3月10日時刻改正。
昭和51年10月時刻改正。
昭和53年10月時刻改正。
昭和55年10月時刻大改正
昭和57年11月15日全国時刻大改正。
昭和60年3月全国時刻大改正。
昭和61年11月1日全国時刻大改正。
昭和63年3月13日時刻大改正。

平成5年12月1日JR東日本時刻大改正
平成6年12月3日JRグループ時刻大改正
平成11年3月13日JRグループ時刻改正
平成14年12月1日JRグループ時刻改正。




はじめに

上野ー青森間の優等列車はかつて東京から東北各地へ、更に北海道や遠くは樺太連絡の重要な役割を
果たしておりました。その生い立ちを模型で辿ってみたいと思います。(上野ー青森間の優等列車は昼行列車
も多くありますが広範囲となるので東北、常磐線経由の上野ー青森間夜行列車に絞らせていただきます。)


上野ー青森全通後から太平洋戦争終結まで。(経由が記載されていないのは以降常磐線経由)

東北本線の前身である日本鉄道の手により上野ー青森間全通したのが1891年(明治24年)9月1日。
同時に直通列車が26時間25分かけて運転開始されました。

常磐線の前身である日本鉄道磐城線が全通したのは1898年(明治31年)8月23日で同時に上野ー
青森間の直通が運転されますが11月で仙台打ち切りとなります。

その後は徐々に速度向上されますが急行列車の運転は1905年(明治38年)4月16日の改正で上野
ー青森間(海岸線経由:現常磐線)801,802レ(寝台食堂車付)が最初で所要時間は19時間15分で
した。
1906年(明治39年)11月には日本鉄道は国有化。1908年(明治41年)3月7日には青森ー函館間
航路(青函連絡船)の国鉄直営開始され、それに伴う1908年(明治41年)5月1日の東京以北時刻改正
で上野ー青森間急行201,202レ(東北本線経由、所要20時間15分)、上野ー青森間急行801,802
レ(海岸線経由,所要19時間5分)の2往復の急行列車が運転されます。

この2往復の急行列車が太平洋戦争激化で廃止されるまで明治~昭和戦中にかけて青森までの主要列車
として君臨します。どちらも北海道とは稚内行、釧路行の急行列車と接続しておりました。
1926年(大正15年)8月15日時刻大改正で201,202レが103,104レに。801,802レが201,202レ
に配列変更されます。
1934年(昭和9年)12月1日全国時刻大改正では103,104レが速度向上により上野ー青森間13時間
30分運転で昼行運転となります。

1940年(昭和15年)10月10日時刻改正時の201,202レ。


後列左側上野寄りより

C51+スニ(マニ31代用)+マニ(マニ31)+マロネ38+マロネ37+スロ(スロ34)+スシ37+スハ(スハ32)+
スハ(スハ32)+スハフ(スハ32)+スハネ31

*当時は3等車は赤帯表示ですが該当車両所有していないので戦後の表記とさせていただきました。東海道筋の急行
に対してグレード的に劣らない編成だと思います。

模型:C51(マイクロエース)、マロネ37、スシ37(キングスホビー)、スハネ31(レボリューションファクトリー)、その他
客車(モデモ)

牽引機ですが当時は東北、常磐線の主要機関区にはC51、C55(流線含む)、C57が配置されていたのでこれらのSLが
リレーするように牽いた事でしょう。

ところが太平洋戦争激化で103,104レが1944年(昭和19年)4月時刻改正で201,202レ(戦時中203,204レに)
1944年(昭和19年)12月15日以降運転休止となります。

戦後の復活~1950年(昭和25年)10月時刻改正


戦後は1945年(昭和20年)11月20日時刻改正で103,104レが復活しますが石炭事情悪化で運休。
上野ー青森間急行の本格的な復活は1947年(昭和22年)6月29日(第3次復活)からの207,208レ(常磐線経由)が
最初です。

1950年(昭和25年)10月時刻改正時点で上野ー青森間には、急行203,204レ(夜行)、準急205,206レ(夜行)
の3往復が復活しておりました。(昼行は急行201,202レ)
他に横浜ー札幌間に進駐軍専用の1201,1202レの設定がありました。
翌11月には急行列車にも愛称が付けられて203,204レが「北斗」と命名されます。(201,202レが「みちのく」)

1950年(昭和25年)10月時刻改正時「北斗」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+マニ31+(1)マイネ40(マロネ40で代用)+(2)スロ51+(3)スロ51(スロ50で代用)+
(4)オハ35(オハフ33で代用)+(5)オハ35(オハフ33で代用)+(6)オハ(スハ32で代用)+(7)オハ(スハ32で代用)
+(8)オハ(スハ32で代用)+(9)オハ(スハ32で代用)+(10)オハフ(スハフ32で代用)

マイネ40は上野ー札幌。

模型:C6120(マイクロエース)、マロネ40、スロ50,51(レボリューションファクトリー)、オハフ33(TOMIX旧)、スハ32
、スハフ32(モデモ)

1950年(昭和25年)10月時刻改正時準急205,206レ

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+マニ31+マニ31+マニ60+マニ60+マニ60+オロ35+オハ(オハフ33)+オハ(オハフ33)
+オハ(オハ60で代用)+オハ(スハ32で代用)+オハ(スハ32で代用)+オハフ(スハフ32で代用)

模型:C6120(マイクロエース)、マニ60(KATO)、オハフ33(TOMIX旧)、オロ35、マニ31、スハ32、スハフ32(モデモ)

急行「北斗」は北海道とは函館ー釧路間急行「まりも」と接続。北海道連絡のメインなので寝台、ロザの連結があります。
準急205,206レは上野ー仙台間が夜行で仙台以北が昼行時間帯で運転されておりました。

1952年(昭和27年)9月時刻改正

1952年(昭和27年)9月1日時刻改正で第2の夜行急行の「きたかみ」が新設されますが津軽海峡の浮遊機雷出現のため
夜間航行規制の時刻改正で下りは上野22:00~青森12:13、上りは青森11:30~上野5:20で運転されておりました。
「北斗」は時刻は殆ど変わらず、北海道とは「まりも」と接続して相変わらず北海道連絡のメインです。編成も東海道線の急行
に対して見劣りしません。

1952年(昭和27年)9月時刻改正時「北斗」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)マロネ38+(2)スロ51+(3)スロ51(スロ50で代用)+(4)オロ35+(5)オロ36+
(6)スハ32+(7)スハ32+(8)スハ32+(9)スハ32+(10)スハフ32

模型:C6120(マイクロエース)、マロネ38、スロ51、スロ50((レボリューションファクトリー)、オロ35、オロ36、
マニ31、スハ32、スハフ32(モデモ)

1952年(昭和27年)9月時刻改正時「きたかみ」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+マニ31+マユ33+(1)スロ51+(2)オロ35+(3)スハ32+(4)スハ32+(5)スハ32+
(6)スハ32+(7)スハ32+(8)スハフ32

模型:C6120(マイクロエース)、スロ51((レボリューションファクトリー)、オロ35、マニ31、マユ33、スハ32、
スハフ32(モデモ)

あと進駐軍専用の1201,1202レもUPしておきます。
1952年(昭和27年)4月の講和条約で日本側で管理運行されます。
余席あれば日本人にも発売するものですが実質進駐軍列車のままだったようです。

1952年(昭和27年)9月時刻改正時の進駐軍専用1201,1202レ

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+マニ31+(1)マイネフ38(マロネ49で代用)+(2)マロネ37+(3)マロネ37(マロネ29で代用)
+(4)スシ28+(5)マロネ37(マロネ29で代用)+(6)マイネ38(マロネ38で代用)+(7)マロネ37(マロネフ29で代用)
(8)スロハ31+(7)スハ43+(8)スハフ42

マニ(1位):横浜ー青森
マニ(2位):横浜ー札幌
(1)マイネフ38:東京ー札幌
(5)マロネ37:仙台ー青森
(6)、(7)マイネ38、マロネ37:東京ー仙台。

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31、スロハ31(モデモ)、スハ43、スハフ42(KATO)、その他客車はレボリューションファクトリー。

相変わらず豪華な編成ですね。


1954年(昭和29年)10月時刻改正

この改正では東日本線区の輸送力増強が行われました。
それまで運転されていた進駐軍専用の特殊列車(1201,1202レ)も急行扱いとなり愛称「十和田」が命名されます。
津軽海峡の浮遊機雷出現のための夜間航行規制は解除されており、「きたかみ」は北海道とは函館ー旭川間急行「あかしや」
と接続。
「十和田」も函館ー札幌間急行「洞爺」、準急209,210レは函館ー網走間準急509,510レと接続して北海道側とそれぞれ
接続パートナーを持ち、本州~北海道の輸送体系も充実されてきます。

1954年(昭和29年)10月時刻改正時「北斗」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)マロネ38+(2)スロ54+(3)スロ51+(4)オロ40(オロ35で代用)+(5)オロ36+(6)スハシ38
(7)スハ43+(8)スハ43+(9)スハ43+(10)スハフ42+(増)スハフ42

マニ31:上野ー旭川
(増)スハフ42:上りのみ。

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31、オロ35,36(モデモ)、マロネ38、スロ51、スハシ38(レボリューションファクトリー)
スロ54(KATO青大将からの改造)、スハ43、スハフ42(KATO)

1954年(昭和29年)10月時刻改正時「きたかみ」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+マニ31+マニ31+(1)スロ54+(2)オロ36+(3)スハ43+(4)スハ43+(5)スハ43
+(6)スハ43+(7)スハフ42+(8)スハフ42

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31、オロ35,36(モデモ)、スロ54(KATO青大将からの改造)、
スハ43、スハフ42(KATO)

1954年(昭和29年)10月時刻改正時「十和田」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+マニ31+(1)マイネフ38(マロネ49代用)+(2)マロネ29+(3)マシ29+(4)スロ54+(5)スロハ31+
(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハフ42+(9)マロネフ38(マロネフ29で代用)

マニ(1位):横浜ー札幌
マニ(2位):横浜ー青森
(1)マイネフ38:東京ー札幌
1954年(昭和29年)9月26日の洞爺丸海難事故より寝台車の航送は取りやめ。
(9)マロネフ38:東京ー仙台

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31、スロハ31(モデモ)、スロ54(KATO青大将からの改造)、
スハ43、スハフ42(KATO)、マロネ49、マロネフ29、マシ29、マロネ29(レボリューションファクトリー)

1954年(昭和29年)10月時刻改正時準急209,210レ

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+マニ31+スユ42+(1)オロ35+(2)スハ32+(3)スハ32+(4)スハ32+(5)スハフ32+(6)オロ36
+(7)スハ32+(8)スハフ32+(9)マロネフ29

マニ(1位)、スユ42:上野ー旭川
マニ(2位):上野ー稚内
(9)マロネフ29:上野ー仙台。

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31、オロ35、スハ32、スハフ32(モデモ)、マロネフ29(レボリューションファクトリー)

1956年(昭和31年)11月19日白紙時刻改正

この改正は東海道本線全線電化によるものですが東北方面も「おいらせ」の急行格上げや不定期急行の「十和田」「いわて」
の新設がありました。
質的にも3等寝台(ナハネ10)、新型の軽量客車(ナハ10)の連結が始まっています。

1956年(昭和31年)11月時刻改正時「北斗」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)マロネ29+(2)マロネ29+(3)スロ53+(4)オロ40(オロ35で代用)+(5)ナハネ10+(6)スハシ38
(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハ10+(11)ナハ10(ナハフ10代用)+(12)ナハフ10

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

全車上野ー青森

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31、オロ35(モデモ)、マロネ29、スハシ38(レボリューションファクトリー)、スロ53(KATO製
スロ54青大将からの塗り替え)、ナハ10、ナハフ10(KATO製ナハ11、ナハフ11からの塗り替え)、ナハネフ10(KATO製オハネフ
12からの扉交換、非冷房化、塗り替え)

1956年(昭和31年)11月時刻改正時「北上」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)マロネ29+(2)スロ53+(3)オロ40+(4)ナハネ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+(7)ナハ10
+(8)ナハフ10+(9)スハ43+(10)スハフ42

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

全車上野ー青森

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31、オロ35(モデモ)、マロネ29(レボリューションファクトリー)、スロ53(KATO製スロ54
青大将からの塗り替え)、ナハ10、ナハフ10(KATO製ナハ11、ナハフ11からの塗り替え)、ナハネフ10(KATO製オハネフ
12からの扉交換、非冷房化、塗り替え)

上野ー仙台間はC62でしたが1958年(昭和33年)頃より下りのみ試作電気式のDF90に替わっています。(日立からの売り込み
によるテスト)

1956年(昭和31年)11月時刻改正時「十和田」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+マニ31+マニ31+(1)マロネフ58(マロネ38代用)+(2)スロ60+(3)オロ35+(4)ナハネ10+
(5)スハシ38+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハ43+(9)スハフ42+(10)マロネフ49(マロネ49代用)

全車上野ー青森

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31、オロ35(モデモ)、マロネ38,49(レボリューションファクトリー)、スロ60,スハ43
,スハフ42(KATO)、ナハネフ10(KATO製オハネフ12からの扉交換、非冷房化、塗り替え)

マロネフ49,58の連結に進駐軍専用列車の名残があります。マニも米軍専用が1両連結されていました。

1956年(昭和31年)11月時刻改正時「おいらせ」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+マニ31+スユ(オユ10代用)+(1)スロ54+(2)オロ35+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43
+(7)スハフ42+(8)ナハネ10+(9)スハフ42+(10)ナハネ10+(11)マロネフ29

(8)、(9)号車:上野ー盛岡。
(10)、(11)号車:上野ー仙台
(3)号車欠。

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31、オロ35(モデモ)、マロネフ29(レボリューションファクトリー)、スロ54(KATO
製スロ54青大将からの塗り替え),スハ43,スハフ42(KATO)、ナハネフ10(KATO製オハネフ12からの扉交換、
非冷房化、塗り替え)、オユ10(KATO製オユ10冷房車からの改造)

1958年(昭和33年)10月1日時刻改正

東北夜行ではありませんがこの改正から上野ー青森間に東北初の特急である「はつかり」が運転開始されます。
(10月10日より)
所要時間は12時間ですが戦前の最速12時間25分を更新する事となります。

北海道とは「みちのく」と共に函館ー旭川間急行「大雪」に接続しておりました。


後列左側上野,青森寄りより

C6120+(1)スハニ35+(2)スハ44+(3)スハ44+(4)スハ44+(5)オシ17(登場時はマシ35)+(6)ナロ10
+(7)ナロ10+(8)スハフ43

模型:C6120(マイクロエース),スハニ35,スハ44,オシ17(KATO製既製品からの塗り替え),スハフ43(KATO製
スハフ42,スハ44から改造),ナロ10(マイクロエース製ナロ10の塗り替え)

1959年(昭和34年)9月22日時刻改正

この改正では東北方面へは日光への157系電車投入、キハ26,55気動車による準急列車の新設がありますが上野
ー青森間急行も速度向上や「北斗」が新鋭オロネ10の連結などで東北方面では初めての寝台列車となります。
「北斗」の寝台列車化に伴い、「十和田」は座席にいる輸送力列車となります。

1959年(昭和34年)9月時刻改正時「北斗」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+マニ60+(1)オロネ10+(2)オロネ10+(3)マシ35+(4)ナハネ11+(5)ナハネ10+(6)ナハネ10
+(7)ナハネ11+(8)ナハネ10+(9)スハネ30(ナハネ11代用)+(10)スハフ42

模型:マニ31(モデモ)、マニ60、マシ35、スハフ42(KATO)、オロネ10(KATO製オロネ10からの塗り替え)、
ナハネ10(KATO製オハネフ12からの扉交換、非冷房化、塗り替え)、ナハネ11(KATO製オハネ12からの
非冷房化、塗り替え)

当時オロネ10の連結は「北斗」「彗星」のみでそれだけに北海道連絡など東北方面では重要な列車でした。
北海道とは函館ー釧路間急行「まりも」と接続していました。

1959年(昭和34年)9月時刻改正時「北上」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)スロネ30(マロネ29代用)+(2)オロ61(スロ54代用)+(3)オロ35+(4)スハネ30(ナハネ10
代用)+(5)スハネ30(ナハネ10代用)+(6)ナハ10+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハフ10+(10)スハ43
+(11)スハフ42

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

北海道とは函館ー旭川間急行「あかしや」と接続していました。

模型:マニ31,オロ35(モデモ),マロネ29(レボリューションファクトリー)、スロ54(KATO製スロ54青大将からの塗り替え)
,ナハネ10(KATO製オハネフ12からの扉交換、非冷房化、塗り替え)、ナハ10、ナハフ10(KATO製ナハ11、ナハフ11
からの塗り替え),スハ43,スハフ42(KATO)

1959年(昭和34年)9月時刻改正時「十和田」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)スロ54+(2)スロ60+(3)スハシ38+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+(7)ナハ10
+(8)ナハ10+(9)ナハ10(ナハフ11代用)+(10)ナハ10(ナハフ11代用)

*ナハ10、ナハフ10はナハ11、ナハフ11で代用。

模型:マニ31(モデモ)、スロ54(KATO製スロ54青大将からの塗り替え),ナハ10、ナハフ10(KATO製ナハ11、ナハフ11
からの塗り替え,スロ60(KATO)、スハシ38(レボリューションファクトリー)

この改正より「北斗」の寝台列車化に伴い、「十和田」からは寝台車が外されて輸送力列車となります。
北海道とは函館ー釧路間の「まりも」と接続していましたが「北斗」とは下り先行、上り続行のダイヤで運転されておりました。

1959年(昭和34年)9月時刻改正時「いわて」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)オロ61(スロ54代用)+(2)オロ35+(3)スハ43+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43
+(7)スハフ42+(8)スハフ42+(9)スハフ42(ナハフ11代用)

模型:マニ31,オロ35(モデモ),スロ54(KATO製スロ54青大将からの塗り替え),スハ43,スハフ42(KATO),
ナハフ10(KATO製ナハフ11からの塗り替え)

「いわて」は1956年(昭和31年)11月新設時は上野ー盛岡間不定期でしたが翌年不定期のままですが上野ー青森間運転となります。

1959年(昭和34年)9月時刻改正時「おいらせ」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+オユ10+(1)スロ54+(2)スロ60+(3)スハ43+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハフ42
+(7)ナハネ10+(8)ナハネ10+(9)スハフ42+(10)ナハネ10+(11)マロネフ29

(7)、(8)号車:上野ー盛岡
(9)~(11)号車:上野ー仙台

模型:マニ31(モデモ),オユ10(KATO製オユ10冷房車からの改造),スロ54(KATO製スロ54青大将からの塗り替え),
スロ60,スハ43,スハフ42(KATO),ナハネ10(KATO製オハネフ12からの扉交換、非冷房化、塗り替え)
マロネフ29(レボリューションファクトリー)

青森直行編成より途中盛岡、仙台で落とす編成が豪華ですね。

1961年(昭和36年)10月1日白紙時刻改正

この改正では気動車特急をはじめとする特急,急行,準急の大増発が行われました。
列車kmも12万kmに及ぶ大増発で史上空前の改正です。
この改正からは昼行は電車,気動車の特急、急行。夜行では寝台客車が基本パターンとなり、輸送力不足は座席主体の
列車が雁行運転(下り先行、上り続行)されました。

東北本線でも特急「はつかり」が改正に先立って1960年(昭和35年)12月に81系気動車化。
「北斗」に続いて「北上」も寝台列車化され、雁行運転される急行「八甲田」が上野ー青森間に新設されます。
さらに本州~北海道の乗り継ぎ系統が増発されて全区間定期化された上野ー青森間急行「いわて」。北海道側では既存の
函館ー札幌間気動車急行「すずらん」がこの系統に振り替えられます。

北海道への接続系統を一覧にしますと

1,11,2,12系統:「はつかり」「みちのく」(昼行)~「おおぞら」「大雪」「石狩」

13,14系統:「北上」「八甲田」~「オホーツク、摩周、宗谷」(翌日中に釧路、網走、稚内に着けました。)

17,18系統:「北斗」「十和田」~「まりも」

19,20系統:「いわて」~「すずらん」

21,22系統:「おいらせ」~「たるまえ」(上野基準で札幌着は翌々日。)

1961年(昭和36年)10月白紙時刻改正時「北斗」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)オロネ10+(2)オロネ10+(3)オシ17又はマシ35+(4)ナハネ10(ナハネフ10代用)
+(5)ナハネ10(ナハネフ10代用)+(6)ナハネ10(ナハネ11代用)+(7)ナハネ11+(8)オハネ17+(9)オハネ17
+(10)スハ43+(11)スハフ42

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31(モデモ)、オロネ10(KATO製既製品塗り替え)、ナハネフ10(KATO製オハネフ
12からの改造)、ナハネ11(KATO製オハネ12からの改造)、オハネ17(マイクロエース既製品の塗り替え)、スハ43、
スハフ42(KATO既製品)

1961年(昭和36年)10月白紙時刻改正時「北上」
この改正から寝台列車となりました。

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)オロネ10+(2)オロネ10+(3)オシ17又はマシ35+(4)ナハネ10(ナハネフ10代用)
+(5)ナハネ10(ナハネフ10代用)+(6)ナハネ10(ナハネ11代用)+(7)ナハネ11+(8)オハネ17+(9)オハネ17
+(10)スハ43+(11)スハフ42+(12)スロフ53(スロ54代用)

(12)スロフ53:上野ー仙台

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31(モデモ)、オロネ10(KATO製既製品塗り替え)、ナハネフ10(KATO製オハネフ
12からの改造)、ナハネ11(KATO製オハネ12からの改造)、オハネ17(マイクロエース既製品の塗り替え)、スハ43、
スハフ42(KATO既製品)、スロ54(KATO製青大将スロ54からの塗り替え)

*スロフ53(仙台回転車)以外は「北斗」と同一編成です。

1961年(昭和36年)10月白紙時刻改正時「十和田」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)スロ60+(2)スロ54+(3)スシ28+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10+(7)ナハ10
+(8)ナハ10+(9)ナハ10(ナハフ11代用)+(10)ナハ10(ナハフ11代用)+(12)スハフ42(ナハフ11代用)

*ナハ10はナハ11で代用しています。

マニ31ですが進駐軍専用列車からの名残で米軍専用の荷物輸送(三沢基地)を行っておりました。

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31(モデモ)、スロ60(KATO製スロ60を塗り替え)、スロ54(KATO製青大将
スロ54からの塗り替え)、スシ28(レボリューションファクトリー)、ナハ11、ナハフ11(KATO製既製品からの塗り替え)

「北斗」を補完する輸送力列車で下り先行、上り続行で運転されました。

1961年(昭和36年)10月白紙時刻改正時「八甲田」(唯一の東北本線経由)

後列左側上野寄りより

EF57+マニ60+(1)オロネ10+(2)オロ61+(3)オロ61+(4)スハネ30(オハネ17代用)+(5)ナハ11+(6)ナハ11
+(7)ナハ11+(8)ナハフ11+(9)スハ43+(10)スハフ42+(11)スハ43+(12)スハフ42

(9)~(12)スハ43、スハフ42:上野ー福島

模型:EF57(KATO)、マニ31(モデモ)、オロネ10(KATO既製品からの塗り替え)、オロ61(KATO製スロ62からの塗り替え)、
ナハ11、ナハフ11(KATO既製品からの塗り替え)、スハ43、スハフ42(KATO)

「北上」を補完する輸送力列車(オロネ10あるのでそうは見えませんが)で下り先行、上り続行で運転されました。
後年若い旅行者から愛用される列車となります。

1961年(昭和36年)10月白紙時刻改正時「いわて」
上野ー青森間不定期急行でしたがこの改正より定期化。

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)スロ54+(2)スロ54+(3)スハネ30(オハネ17代用)+(4)スハネ30(オハネ17代用)
+(5)スハネ30(オハネ17代用)+(6)ナハ11+(7)ナハ11+(8)オハ46+(9)オハ46+(10)オハ46
+(11)スハフ42

マニ31:上野ー稚内。

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31(モデモ)、スロ54(KATO製青大将スロ54からの塗り替え)、オハネ17
(マイクロエース既製品からの塗り替え)、ナハ11(KATO既製品からの塗り替え)、オハ46(KATO製スハ43からの
改造)、スハフ42(KATO)

下りの青森到着が昼前なので北海道連絡よりも東北北部への旅客中心だったと思われます。

1961年(昭和36年)10月白紙時刻改正時「おいらせ」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ31+(1)スロ54+(2)スロ51+(3)スハ43+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハフ42+(7)スハ43
+(8)スハ43+(9)ナハネ10(ナハネフ10代用)+(10)ナハネ10(ナハネフ10代用)+(12)マロネフ29

(7)~(12)スハ43、ナハネ10、マロネフ29:上野ー盛岡。

模型:C6120(マイクロエース)、マニ31(モデモ)、スロ54(KATO製青大将スロ54からの塗り替え)、スロ51(レボリュー
ションファクトリー)、ナハネフ10(KATO製オハネフ12からの改造)、マロネフ29(タバサ)、スハ43、スハフ42(KATO)

下りが上野23:00~青森14:15で青函連絡船の接続時間も長かったので東北南部、中部へ夜行輸送。1時間早く上野を
出発する「いわて」に乗れば翌日中に札幌に着きますので北海道へは東北~北海道間の乗り継ぎ客中心だったと思われます。

1964年(昭和39年)10月1日時刻改正

この改正の一大エポックは急行「北上」の格上げで東北発の20系寝台特急「はくつる」の登場です。
北海道とは同時に急行「オホーツク,摩周,宗谷」の格上げで登場した82系の気動車特急「おおとり」に接続しました。
*「宗谷」は急行のまま残存。

「はくつる」の上野発は18:30ですがそれまでの「北上」の上野発が16:30でこの2時間の差は大きなものでした。
16:30だと1日の仕事を終えて乗り込むには中途半端。これが18:30となると夕方まで1日の有効時間が使えて乗り込めた
わけです。
更に青函連絡船も当時新鋭の「津軽丸」と接続,「おおとり」の運転された釧路,網走も1時間以上短縮される事により上野から
網走,釧路までの所要時間は30時間から27時間まで短縮されました。
東北本線経由で運転されますが時間帯的に宇都宮,郡山,福島からの乗客の便宜を図ったものと思われます。

昭和39年10月改正時点での北海道への接続系統を一覧にしますと

1,2系統 1D,2D,11,12レ:「はつかり」「みちのく」(昼行)~「おおぞら」「ライラック」「石狩」

3,4系統 3,4レ,39,40レ「はくつる」「八甲田」~「おおとり」「宗谷」(翌日中に釧路、網走、稚内に着けました。)

17,18系統:17,15レ,18,16レ「北斗」「十和田」~「まりも」

19,20系統  19,20レ「いわて」~「すずらん」

21,22系統  21,22レ「おいらせ」~「たるまえ」(上野基準で札幌着は翌々日。)

昭和36年10月白紙改正時と昭和39年10月時刻改正時の列車運転系統の比較ですが

1D,2D「はつかり」⇒1D,2D「はつかり」(変更なし)
11,12レ「みちのく」⇒11,12レ「みちのく」(変更なし)
13,14レ「北上」⇒3,4レ「はくつる」
15,16レ「十和田」⇒15,16レ「十和田」(変更なし)
17,18レ「北斗」⇒17,18レ「北斗」(変更なし)
19,20レ「いわて」⇒19,20レ「いわて」(変更なし)
21,22レ「おいらせ」⇒21,22レ「おいらせ」(変更なし)
39,40レ「八甲田」⇒39,40レ「八甲田」(変更なし)

「はくつる」への格上げ以外はこの改正では大きな変化はありません。

1964年(昭和39年)10月時刻改正時「はくつる」(東北本線経由)

後列左側上野寄りより

C6120+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナシ20+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20
+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハ20+(10)ナハフ20

模型:C6120(マイクロエース),20系客車(KATO既製品)

1964年(昭和39年)10月時刻改正時「八甲田」(東北本線経由)
「はくつる」を補完する輸送力列車として下り先行、上り続行で存続します。

後列左側上野寄りより

EF57+マニ60+(1)ナハネフ10+(2)オハネ17+(3)オロネ10+(4)オロ61+(5)オロ61+(6)ナハ10(ナハ11代用)
+(7)ナハ10(ナハ11代用)+(8)スハフ42+(9)スハ43+(10)スハ43+(11)スハフ42+(12)スハフ42(ナハフ11代用)
+(13)スハフ42(ナハフ11代用)

(13):上野ー仙台

模型:EF57(KATO),オロネ10,オシ17(KATO既製品からの塗り替え),オハネ17(KATO製スハネ16から
の改造),ナハネフ10(KATO製オハネフ12からの改造),マニ60(KATO既製品),オロ61(KATO製スロ62からの塗り替え)
,ナハ11,ナハフ11(KATO既製品からの塗り替え)

1964年(昭和39年)10月時刻改正時「北斗」
寝台急行としてそのまま存続します。

後列左側上野寄りより

C6120+マニ+(1)オロネ10+(2)オロネ10+(3)オシ16(オシ17代用)+(4)ナハネフ10+(5)オハネ17
+(6)オハネ17+(7)オハネ17+(8)オハネ17+(9)オハネ17(ナハネ11代用)+(10)オハネ17(ナハネ11代用)
+(11)ナハネフ10

模型:C6120(マイクロエース),オロネ10,オシ17(KATO既製品からの塗り替え),オハネ17(KATO製スハネ16から
の改造),ナハネフ10(KATO製オハネフ12からの改造),マニ60(KATO既製品)

1964年(昭和39年)10月時刻改正時「十和田」
寝台急行「北斗」を補完する輸送力列車(下り先行、上り続行)として存続します。

後列左側上野寄りより

C6120+マニ60+増スハニ32+(1)オロ61+(2)オロ61+(3)マシ35+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)ナハ10
+(7)ナハ10+(8)ナハ10+(9)ナハ10(ナハフ11代用)+(10)ナハ10(ナハフ11代用)+(11)スハフ42
*ナハ10はナハ11で代用しています。

模型:C6120(マイクロエース),マニ60(KATO既製品)、ナハ11、ナハフ11(KATO製ナハ11から塗り替え)
,マシ35(KATO製マシ35の塗り替え)、スハニ32,スハフ42(KATO既製品),オロ61(KATO製スロ62からの塗り替え)

1964年(昭和39年)10月時刻改正時「いわて」

後列左側上野寄りより

C6120+マニ60+(1)ナハネフ10+(2)オロネ10+(3)オロ61+(4)オロ61+(5)オハネ17+(6)オハネ17
+(7)オハネ17+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)オハ47+(11)オハ47(スハ43代用)+(12)スハフ42

*ナハ10はナハ11で代用しています。

模型:C6120(マイクロエース),オロ61(KATO製スロ62から改造)、オロネ10(KATO製オロネ10からの塗り替え)
ナハ11、ナハフ11(KATO製ナハ11から塗り替え),オハネ17(KATO製スハネ16からの塗り替え),
オハ47,スハ43、スハフ42(KATO既製品)

1964年(昭和39年)10月時刻改正時「おいらせ」

後列左側上野寄りより

C6120+オユ12+(1)オロ61+(2)オロ61+(3)オシ17+(4)ナハ10(ナハ11代用)+(5)ナハ10(ナハ11代用)
+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハ43+(9)スハフ42+(10)オハ47+(11)スハフ42

(10)、(11)号車:上野ー盛岡

模型:C6120(マイクロエース),オロ61(KATO製スロ62から改造)、ナハ11(KATO製ナハ11から塗り替え),
オユ12,オハ47,スハ43、スハフ42(KATO既製品)


1964年(昭和39年)10月時刻改正時「第2十和田」
この改正では多客期不定期列車も設定されています。愛称に第2と付与されています。

後列左側上野寄りより

C6120+(1)スハフ42+(2)オロ61+(3)オロ61+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+(6)スハ43+(7)スハフ42
+(8)スハ43(ナハ11代用)+(9)スハフ42(ナハフ11代用)

模型:C6120(マイクロエース),オロ61(KATO製スロ62から改造)、ナハ11(KATO製ナハ11から塗り替え),
スハ43、スハフ42(KATO既製品)

1965年(昭和40年)10月1日全国時刻大改正

この改正での一大エポックは前年の「はくつる」に続いて急行「北斗」の格上げで20系寝台特急「ゆうづる」の登場です。
北海道とは新設82系気動車特急の「北斗」と接続しました。「北斗」の愛称が北海道に渡りましたが北を目指すにふさわしい
愛称なので解消しなくて良かったと思います。(結果として現在もJR北海道の看板列車として存続していますね。)

「ゆうづる」は「はくつる」より遅く出発する分、青森着は9:15で翌日中には「北斗」乗り継ぎで旭川までしか到着出来ませんが
東北沿線への利用者には便利なダイヤでした。

「ゆうづる」の愛称は作家である木下順二さんの戯曲「夕鶴」からですが「はくつる」より遅く上野を出るせいか「夕」とか。
「ゆうづる」も「はくつる」に劣らず北を目指す愛称としてはチャーミングではないでしょうか。

もうひとつこの改正では上野ー青森間常磐線経由の夜行急行が「十和田」に統一されます。(不定期除く)
「北斗」は北海道に飛び新設の気動車特急に。「いわて」は上野ー盛岡間の電車急行に。「おいらせ」は不定期格下げとそれまで
の愛称も第2の歩みとなります。

また盛岡までの電化完成により仙台ー盛岡間は牽引機はED75(一部DD51)に。盛岡以北も特急,急行にはDD51に置き換わ
ります。(奥中山の補機は一部D51。)

昭和40年10月改正時点での北海道への接続系統を一覧にしますと

1,2系統  1D,2D,201,202レ:「はつかり」「みちのく」~「おおぞら」「ライラック」「石狩」

3,4系統  3,4レ,103,104レ:「はくつる」「八甲田」~「おおとり」「宗谷」

5,6系統  5,6レ,203,204レ:「ゆうづる」「下り第1十和田、上り第4十和田」~「北斗」「ていね」

207,208系統  207,208レ:「下り第3十和田,上り第2十和田」~「第1すずらん」

209,210系統  209,210レ:「下り第4十和田,上り第1十和田」~下りのみ「第2すずらん」

206系統(上りのみ)  206レ:「上り第3十和田」~上りのみ「第2すずらん」

いずれも青函連絡船の時刻に合わせたダイヤなので「はつかり」「はくつる」は深夜早朝の青森発着ですが逆に「ゆうづる」「十和田」
は北海道方面の所要時間は伸びますが東北北部では利用しやすい時間帯でした。

昭和39年10月時刻改正時と昭和40年10月全国時刻大改正時の列車運転系統の比較ですが

1D,2D「はつかり」⇒1D,2D「はつかり」(変更なし)
11,12レ「みちのく」⇒201,202レ「下り第2(上り第1)みちのく」
3,4レ「はくつる」⇒3,4レ「はくつる」(変更なし)
39,40レ「八甲田」⇒103,104レ「八甲田」
17,18レ「北斗」⇒5,6レ「ゆうづる」
15,16レ「十和田」⇒203,204レ「下り第1(上り第4)十和田」
1019,1020レ「第2十和田」⇒205,206レ「下り第2(上り第3)十和田」(定期化)
19,20レ「いわて」⇒207,208レ「下り第3(上り第2)十和田」
21,22レ「おいらせ」⇒209,210レ「下り第4(上り第1)十和田」

1965年(昭和40年)10月全国時刻大改正時「はくつる」(東北本線経由)「ゆうづる」(常磐線経由)

後列左側上野寄りより

DD51+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナロネ21+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナシ20+(6)ナハネ20
+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハ20+(12)ナハフ20

模型:全てKATO既製品。

「はくつる」「ゆうづる」は同一編成,運用でこの改正から品川から尾久に受け持ちが変わっています。


1965年(昭和40年)10月全国時刻大改正時「八甲田」(東北本線経由)
「はくつる」を補完する輸送力列車として下り先行、上り続行で存続します。

後列左側上野寄りより

EF57+オユ10(オユ12代用)+(3)オロフ61(オロ61代用)+(4)オロ61+(5)オハネ17+(6)オハネ17+(7)ナハ10
+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)スハフ42+(11)ナハ10+(12)スハフ42+(13)ナハ10+(14)スハフ42(ナハフ11
代用)

(13),(14):福島ー青森。

*ナハ10はナハ11で代用しています。

模型:EF57(KATO),オロフ61,オロ61(KATO製スロ62から改造)、ナハ11,ナハフ11(KATO製ナハ11,ナハフ11から
塗り替え),オユ12,スハフ42(KATO既製品),オハネ17(KATO製スハネ16からの改造)

1965年(昭和40年)10月全国時刻大改正時「下り第1,上り第4十和田」
改正前の「十和田」の運転時間帯で「ゆうづる」に対して下り先行,上り続行運転。

後列左側上野寄りより

DD51+マニ60+(1)オロ61+(2)オロ61+(3)オハネ17+(4)オハネ17+(5)マシ35+(6)ナハ10+(7)ナハ10
+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハ10+(11)ナハフ10

*ナハ10,ナハフ10はナハ11,ナハフ11で代用しています。

模型:DD51(KATO),オロ61(KATO製スロ62から改造)、ナハ11,ナハフ11(KATO製ナハ11,ナハフ11から
塗り替え),オハネ17(KATO製スハネ16からの改造),マシ35(KATO製マシ35からの塗り替え),マニ60(KATO
既製品)

1965年(昭和40年)10月全国時刻大改正時「下り第2,上り第3十和田」
改正前の「第2十和田」の定期化。

後列左側上野寄りより

DD51+マニ60+(1)オロネ10+(2)オロ61+(3)オロ61+(4)オハネ17+(5)オハネ17+(6)オハネ17
+(7)オハネ17+(8)ナハ10+(9)ナハ10+(10)ナハ10+(11)スハ43+(12)スハフ42

*ナハ10はナハ11で代用しています。

模型:DD51(KATO),オロ61(KATO製スロ62から改造)、ナハ11(KATO製ナハ11から塗り替え),オハネ17
(KATO製スハネ16からの改造),マニ60(KATO既製品),スハ43,スハフ42(KATO既製品)



1965年(昭和40年)10月全国時刻大改正時「下り第3,上り第2十和田」
改正前の「いわて」の運転時間帯。

後列左側上野寄りより

DD51+マニ60+(1)ナハネフ10+(2)オロネ10+(3)オロ61+(4)オシ16(オシ17代用)+(5)オハネ17
+(6)オハネ17+(7)オハネ17+(8)オハネ17+(9)ナハ10+(10)ナハ10+(11)ナハ10+(12)スハ43
+(13)スハフ42


模型:DD51(KATO),オロネ10(KATO製オロネ10からの塗り替え),オロ61(KATO製スロ62から改造)、
ナハ11(KATO製ナハ11から塗り替え),オハネ17(KATO製スハネ16からの改造),ナハネフ10(マイクロエース),
マニ60(KATO既製品),スハ43,スハフ42(KATO既製品),オシ17(KATO製オシ17からの塗り替え)

1965年(昭和40年)10月全国時刻大改正時「下り第4,上り第1十和田」
改正前の「おいらせ」の運転時間帯。

後列左側上野寄りより

DD51+オユ12+(1)オロ61+(2)オロ61+(3)オシ17+(4)ナハ10+(5)ナハ10+(6)スハ43+(7)スハ43
+(8)スハ43+(9)スハフ42+(10)スハ43+(11)ナハネフ10

(10),(11):上野ー尻内(現八戸)

模型:DD51(KATO),オロ61(KATO製スロ62から改造)、ナハ11(KATO製ナハ11から塗り替え),
ナハネフ10(マイクロエース),オユ12,スハ43,スハフ42(KATO既製品),オシ17(KATO製オシ17からの塗り替え)

1965年(昭和40年)10月全国時刻大改正時「おいらせ」
不定期格下げ後,多客期に運転。団体利用時は全2等寝台の時も有り。

後列左側上野寄りより

DD51+(1)スハフ42+(2)オロ61+(3)スロ54+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハ43
+(8)スハ43+(9)スハ43+(10)スハ43+(11)スハフ42

模型:DD51(KATO),オロ61(KATO製スロ62から改造),スロ54(KATO製青大将スロ54より改造),
スハ43,スハフ42(KATO既製品)

1968年(昭和43年)10月1日白紙時刻改

この改正は東北本線全線電化、複線化を中心としたもので別名「ヨンサントオ」とも呼ばれていました。

一大エポックは「はくつる」「ゆうづる」の583系電車化により3時間ものスピードアップが行われました。
(「ゆうづる」1往復は客車のまま残存。)
従来の客車列車も全区間電機による牽引となり1時間~2時間のスピードアップが行われています。

北海道への接続系統ですがこの改正からは特急中心となり、
1,2系統:1M,2M,201レ,202レ「はつかり下り2号、上り1号」「十和田1号」~「おおぞら」「北海」「ニセコ下り1号、上り3号」
*2001D,2002D「白鳥」も青森で接続。

3,4系統:3M,4M「ゆうづる下り1号、上り2号」「十和田上り6号」~「北斗下り1号、上り2号」「ニセコ上り1号」

5,6系統:5M,6M,101レ,102レ「はくつる」「八甲田2号」~「おおとり」「宗谷」

7,8系統:2023,2024レ「ゆうづる下り2号、上り1号」「十和田下り4号、上り5号」~「すずらん下り2号、上り3号」「ニセコ下り3号」

21,22系統:205,204レ「十和田下り5号、上り3号」~「北斗下り2号、上り1号」
*2001,2002レ「日本海」も青森で接続。

583系に置き換えられた「はくつる「「ゆうづる下り1号、上り2号」「はつかり下り2号、上り1号」は北海道連絡のためスピード優先で
青森発着も青函連絡船の時刻に合わせなければなりませんでした。
20系のまま残った「ゆうづる下り2号、上り1号」は北海道連絡は急行「すずらん」「ニセコ」のみで東北北部への夜行輸送を使命とします。
「八甲田」「十和田」も特急に対して下り先行、上り続行で輸送力を補うダイヤでその他にも輸送力列車として季節列車の「十和田」
も3往復設定されています。

1968年(昭和43年)10月白紙時刻大改正時「はくつる」(東北本線経由),「ゆうづる下り1号、上り2号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)サロ581+(3)モハネ582+(4)モハネ583+(5)モハネ582+(6)モハネ583+(7)サシ581
+(8)モハネ582+(9)モハネ583+(10)モハネ582+(11)モハネ583+(12)サハネ581+(13)クハネ583

模型:全てKATO既製品。

1968年(昭和43年)10月白紙時刻大改正時「ゆうづる下り2号、上り1号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナハネ20+(3)ナハネ20+(4)ナシ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20
+(7)ナロネ21+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハ20+(11)ナハフ22

模型:ED751000(TOMIX)、20系客車(全てKATO既製品)

1968年(昭和43年)10月白紙時刻大改正時「八甲田2号」(東北本線経由)
*「八甲田1号」は昼行(気動車)で運転。

後列左側上野寄りより

ED75+オユ10+(4)スロフ62(スロ62代用)+(5)スハネ16+(6)スハネ16+(7)ナハ11+(8)ナハ11+(9)ナハ11
+(10)スハフ42+(11)スハフ42+(12)スハネ16+(13)スハネ16+(14)スハフ42

(12)~(14):仙台ー青森

模型:全てKATO既製品。

仙台ー青森間の寝台車の連結がありますが東北~北海道間の往来も多く、お盆、年末年始は北海道から東北へ帰省客も
多かったほどです。昼行の「はつかり」「十和田1号」は仙台以北が混雑しており、北海道連絡で仙台ー青森間急行「くりこま」
の設定もありました。


1968年(昭和43年)10月白紙時刻大改正時「十和田下り4号、上り6号」
*「十和田1号」は昼行運転。

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ42+(2)オロネ10+(3)スロ62+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)スハネ16+(7)スハネ16
+(8)マシ35+(9)ナハ11+(10)ナハ11+(11)ナハ11+(12)オハ46+(13)スハフ42

模型:全てKATO既製品。

編成は1,2等寝台、1,2等座席、食堂車と全て揃っているのは
下り4号:上野20:35~青森8:59、上り6号:青森21:30~上野9:51と運転時間帯も利用しやすいかれでしょう。

1968年(昭和43年)10月白紙時刻大改正時「十和田5号」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ42+(2)オロネ10+(3)スロ62+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)オシ16(オシ17代用)+(7)ナハ11
+(8)ナハ11+(9)ナハ11+(10)ナハ11+(11)ナハ11+(12)ナハフ11

模型:全てKATO既製品。

1968年(昭和43年)10月白紙時刻大改正時「十和田下り7号、上り3号」

後列左側上野寄りより

ED75+マニ60+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)スロ62+(7)オシ17+(8)ナハ11+(9)ナハ11+(10)
+(11)スハ43+(12)スハフ42+(13)スハ43(ナハ11代用)+(14)スハフ42

マニ60:上野ー仙台
(13)(14)号車:上野ー尻内(現八戸)

模型:全てKATO既製品。

食堂車がオシ16,オシ17,マシ35と3種類1往復ずつに組み込まれているのは興味をそそられます。

1968年(昭和43年)10月白紙時刻大改正時「十和田下り2,3,6号、上り2,4,7号」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ42+(2)スハ43+(3)スロ62+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハ43
+(9)スハ43(スハフ42代用)+(10)スハ43(ナハ11代用)+(11)スハ43(スハフ42代用)+(12)スハフ42

(4)~(8)号車のスハ43はオハ46,オハ47で代用しています。

模型:全てKATO既製品。

季節列車で3往復(オール座席車)輸送力列車として設定されました。繁忙期以外は団体の寝台専用などで運転されています。
列車によっては青函臨時便に接続し、波動の多い北海道への観光客輸送に対応したものと思われます。北海道連絡は特急が主役
ではありますが輸送力では急行が主役でした。

この頃は本州~北海道の輸送シェアは国鉄が上回っており、この後特急の増発が続きます。

1971年(昭和46年)10月1日時刻改正

1970年(昭和45年)10月時刻改正では北海道連絡の輸送力増強のため季節「十和田」格上げによる583系「ゆうづる」,昼行
気動車急行「八甲田1号」格上げによる「はつかり」の各1往復増発がありました。これにより「八甲田」は夜行1往復に。「十和田」は季節
2往復含む6往復(昼行1往復含む)となります。

北海道側でも「ゆうづる」の増発により函館ー釧路,網走間特急「おおとり」が函館ー釧路間「おおぞら」,函館ー網走間「おおとり」と
分離して輸送力が増強されます。

北海道への接続系統ですが格上げとなった「ゆうづる」による5,6系統が輸送力増強されます。また同じく格上げとなった「はつかり」
からは「すずらん6号」の接続ですが本州内昼行,道内夜行の接続系統が加わりました。

1,2系統:1M,2M,201レ,202レ「はつかり下り3号、上り1号」「十和田1号」~青函連絡~「おおぞら下り1号、上り2号」「北海」
「ニセコ下り1号、上り3号」
*2001D,2002D「白鳥」も青森で接続。

3,4系統:3M,4M「ゆうづる下り1号、上り2号」「十和田上り5号」~青函連絡~「北斗下り1号、上り3号」「ニセコ上り1号」

5,6系統:5M,6M,2025M,2026,101レ,102レ「はくつる」「ゆうづる下り2号、上り3号」「八甲田」~青函連絡~
「おおぞら下り2号、上り1号」「おおとり」「宗谷」

7,8系統:7,8レ「ゆうづる下り3号、上り1号」「十和田下り3号、上り4号」~青函連絡~「北斗2号」「ニセコ下り3号」

21,22系統:205,204レ「十和田下り4号、上り2号」~青函連絡~「北斗下り3号、上り1号」
*2001,2002レ「日本海」も青森で接続。

27,20系統:「はつかり下り2号、上り3号」~青函連絡~「すずらん6号」

1971年(昭和46年)10月時刻改正時「はくつる」(東北本線経由),「ゆうづる下り1,2号、上り2,3号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)サロ581+(3)モハネ582+(4)モハネ583+(5)モハネ582+(6)モハネ583+(7)サシ581
+(8)モハネ582+(9)モハネ583+(10)モハネ582+(11)モハネ583+(12)サハネ581+(13)クハネ583

模型:全てKATO既製品。


*1972年(昭和47年)2月に札幌オリンピック観戦者輸送として上写真の583系編成で「オリンピア1号」(2号は北海道側
で運転)が運転されました。下りは夜行で「ゆうづる1号」に先行、上りは昼行で「はつかり2号」に先行するダイヤで運転されました。


1971年(昭和46年)10月時刻改正時「ゆうづる下り3号、上り1号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナロネ21+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナシ20
+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネフ22

模型:ED751000(TOMIX)、20系客車(全てKATO既製品)

1970年(昭和45年)12月までにナハ20,ナハフ22はナハネ20,ナハネフ22に置き換え,A寝台,食堂車の連結位置
も変更されました。北海道側とは「すずらん」から特急格上げされた「北斗」に接続していますが運転時間帯的に東北北部
への夜行輸送が主目的のようです。

1971年(昭和46年)10月時刻改正時「八甲田」(東北本線経由)

後列左側上野寄りより

ED75+オユ10+(1)スハフ42+(2)スロ62+(3)スハネ16+(4)スハネ16+(5)スハ43+(6)ナハ11
+(7)ナハ11+(8)スハ43(オハ46代用)+(9)スハ43(オハ47代用)+(10)スハフ42+(11)スハネ16+
(12)スハフ42

(11)、(12):仙台ー青森
オユ10は上りのみ。

模型:全てKATO既製品。

「八甲田」は上野19:00と青森行夜行急行の先陣きって発車しますが北海道とは急行「宗谷」乗り継ぎでの翌日中に帯広、
網走、稚内に到着したので庶民や若い旅行者に愛用されました。SLブームだった当時も翌日は函館、大沼周辺で半日は撮影
出来たのでSLファンにも愛用されました。また北海道に行く途中に只見線、石巻線などに寄るSLファンからも利用しやすい
時間帯でした。

1971年(昭和46年)10月時刻改正時「十和田下り3号,上り5号」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ42+(2)ナハ11+(3)スロ62+(4)オロネ10+(5)スハネ16+(6)スハネ16+(7)オシ17
+(8)ナハ11+(9)ナハ11+(10)オハ46+(11)スハフ42

模型:全てKATO既製品。

グリーン車、AB寝台,食堂車と完全セットの編成です。

1971年(昭和46年)10月時刻改正時「十和田4号」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ42+(2)オロネ10+(3)スロ62+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)オシ16(オシ17代用)+(7)ナハ11
+(8)ナハ11+(9)ナハ11+(10)ナハ11+(11)ナハ11+(12)ナハフ11

模型:全てKATO既製品。

こちらもグリーン車、AB寝台,食堂車と完全セットの編成です。
上野ー青森間12時間以上の運転時間を要するので必然だった事でしょう。
スピードで時間帯を犠牲にする特急よりも利用しやすい時間帯だった事は間違いありません。

1971年(昭和46年)10月時刻改正時「十和田下り6号,上り2号」

後列左側上野寄りより

ED75+マニ60+オユ10+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)スロ62+(7)オシ17+(8)ナハ11+(9)ナハ11
+(10)スハ43+(11)スハ43(オハ46代用)+(12)スハフ42+(13)スハ43(オハ47代用)+(14)スハフ42

マニ60:上野ー仙台
(13)、(14):上野ー八戸

模型:全てKATO既製品。

運転時間帯的に仙台以北への輸送が主力なので座席車の比率が高くなっています。

1971年(昭和46年)10月時刻改正時「十和田下り2,5号,上り3,6号」

波動に対処するため季節列車も2往復存続しました。多客期はオール座席車で。通常期は団体用として寝台列車
として運転されました。

多客期

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ42+(2)スハ43+(3)スロ62+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハ43
+(9)スハ43(スハフ42代用)+(10)スハ43(ナハ11代用)+(11)スハ43(スハフ42代用)+(12)スハフ42

(4)~(8)号車のスハ43はオハ46,オハ47で代用しています。

模型:全てKATO既製品。

通常期

後列左側上野寄りより

ED75+(1)オハネフ13+(2)スハネ16+(3)スハネ16+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)オハネフ13(オハネフ12代用)
+(7)オハネフ13(オハネフ12代用)+(8)スハネ16+(9)スハネ16+(10)スハネ16+(11)スハネ16+
(12)オハネフ13(オハネフ12代用)

オハネフ13(マイクロエース製ナハネフ11からの改造)、その他全てKATO既製品。

1972年(昭和47年)3月15日時刻改正(10月2日時刻改正)

山陽新幹線が岡山まで開業したこの改正は西日本が主ですが東北方面も上野ー青森間特急の増発(格上げ)が行われました。
昼行では「十和田1号」が583系特急「みちのく」に。夜行「十和田」1往復が583系寝台特急「ゆうづる」に格上げされます。
この年の10月には20系寝台特急「ゆうづる」も1往復増発されます。

これにより上野ー青森間夜行で特急6往復。急行3往復(季節3往復は含まない)と本数的には特急逆転します。「八甲田」は根強い人気
でそのまま存続。「十和田」も季節含めて5往復に縮小されます。

北海道側では増発となった583系「ゆうづる」からの接続が「おおぞら下り2号、上り1号」(函館ー釧路、旭川)と輸送力が増強
されています。

*「ゆうづる」の号数は10月時刻改正以降で表記。

1,2系統:1M,2M,11M,12Mレ「はつかり下り3号、上り1号」「みちのく」~青函連絡~「おおぞら下り1号、上り3号」「北海」
「ニセコ下り1号、上り3号」
*2001D,2002D「白鳥」も青森で接続。

3,4系統:13M,14M,5013M,5014M「ゆうづる下り1,2号、上り3,4号」~青函連絡~「おおぞら下り1号、上り1号」「ニセコ上り1号」

5,6系統:5M,6M,15M,16M,101レ,102レ「はくつる」「ゆうづる下り3号、上り5号」「八甲田」~青函連絡~
「おおぞら下り3号、上り2号」「おおとり」「宗谷」

7,8系統:17レ,18レ,5017レ,5018レ「ゆうづる下り4,5号、上り1,2号」「十和田下り2号、上り3号」~青函連絡~「北斗2号」
「ニセコ下り3号」

21,22系統:201,202レ「十和田下り2号、上り1号」~青函連絡~「北斗下り3号、上り1号」
*2001,2002レ「日本海」も青森で接続。

27,24系統:23M,24M「はつかり下り2号、上り3号」~青函連絡~「すずらん6号」(下りのみ)

1972年(昭和47年)3月15日時刻改正時「はくつる」(東北本線経由),「ゆうづる下り1,2,3号、上り3,4,5号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)サロ581+(3)モハネ582+(4)モハネ583+(5)モハネ582+(6)モハネ583+(7)サシ581
+(8)モハネ582+(9)モハネ583+(10)モハネ582+(11)モハネ583+(12)サハネ581+(13)クハネ583

模型:全てKATO既製品。

583系による「はくつる」「ゆうづる」は
北海道連絡のためスピードが命でした。表定速度も最高で82km/h台で夜行でこれだけの速度は前にも後にも「はくつる」
「ゆうづる」です。、青函連絡船に合わせたダイヤなので発着が深夜早朝なのは止む得ないでしょう。
「ゆうづる下り1,2号」は青森着5時台ですが青函連絡船にすぐに接続したので高乗車率でした。

1972年(昭和47年)3月15日時刻改正時「ゆうづる下り4,5号、上り1,2号」(2往復化は10月より)

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナロネ21+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナシ20
+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネフ22

模型:ED751000(TOMIX)、20系客車(全てKATO既製品)

1972年(昭和47年)3月15日時刻改正時「八甲田」(東北本線経由)

後列左側上野寄りより

ED75+オユ10+(1)スハフ42+(2)スロ62+(3)スハネ16+(4)スハネ16+(5)スハ43+(6)ナハ11
+(7)ナハ11+(8)スハ43(オハ46代用)+(9)スハ43(オハ47代用)+(10)スハフ42+(11)スハネ16+
(12)スハフ42

(11)、(12):仙台ー青森
オユ10は上りのみ。

模型:全てKATO既製品。

相変わらず、若い旅行者やSLファンに人気のあった列車でB寝台も発売当日完売に日も多かった記憶です。

1972年(昭和47年)3月15日時刻改正時「十和田下り2号,上り3号」

後列左側上野寄りより

ED75+マニ60+(1)スハフ42+(2)スロ62+(3)オロネ10+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)オシ17+(7)オハ47
+(8)オハ47+(9)スハ43(オハ47代用)+(10)スハ43(オハ47代用)+(11)スハ43+(12)スハフ42

模型:全てKATO既製品。

唯一食堂車(オシ17)の残った急行でしたが同年11月の北陸トンネルでの「きたぐに」で食堂車が火元となる列車火災のため以降
編成から外されています。


1972年(昭和47年)3月15日時刻改正時「十和田下り4号,上り1号」

後列左側上野寄りより

ED75+マニ60+オユ10+(1)スハフ42+(2)スロ62+(3)オロネ10+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)オハ47
+(7)オハ47+(8)オハ47+(9)スハフ42+(10)スハ43+(11)スハフ42

マニ60:上野ー仙台
(10)、(11):上野ー八戸

模型:全てKATO既製品。

1972年(昭和47年)3月15日時刻改正時「十和田下り5号,上り4号」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ42+(2)スロ62+(3)オロネ10+(4)スハネ16+(5)スハネ16+(6)スハネ16+(7)ナハ11+(8)ナハ11
+(9)ナハ11+(10)オハ47+(11)オハ47+(12)スハフ42

模型:全てKATO既製品。

季節列車ですがA,B寝台も連結されて年間の半分以上の日数は運転されました。

1972年(昭和47年)3月15日時刻改正時「十和田下り1,3号,上り2,5号」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ42+(2)スハ43+(3)スロ62+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)スハ43+(7)スハ43+(8)スハ43
+(9)スハ43(スハフ42代用)+(10)スハ43(ナハ11代用)+(11)スハ43(スハフ42代用)+(12)スハフ42

(4)~(8)号車のスハ43はオハ46,オハ47で代用しています。

模型:全てKATO既製品。

季節列車による輸送力列車で夏、年末年始中心に運転されました。

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正。

山陽新幹線が博多まで開業したこの改正では西日本中心の改正です九州方面寝台特急「はやぶさ」「富士」「出雲」が24系化
されたため、20系客車が捻出。捻出車により季節「十和田」2往復が「ゆうづる」に格上げされます。
これにより「ゆうづる」は583系3往復。20系客車が4往復となります。
増発された20系「ゆうづる」ですが函館からの接続は「北斗」のみで東北北部への夜行輸送が主目的でしょう。
「十和田」は定期2往復、季節1往復に。東北本線経由の「はくつる」「八甲田」は1往復ずつのままで変化はありません。

一方昼間の「はつかり」ですが1973年(昭和48年)3月、10月に1往復ずつ増発(485系による)されて5往復になります。
増発の影で1973年(昭和48年)11月いっぱいで「はくつる」「ゆうづる」の食堂車が営業終了します。20系「ゆうづる」はこの改正
から食堂車(ナシ20)が外されます。

この改正での北海道乗り継ぎ系統ですが改正前と同様で1~6系統がメインで継続します。

下り  上り      
 11M  みちのく  青函11便  1D おおぞら1号 (釧路)    404D ニセコ2号 (根室)  青函12便  2M  はつかり1号
 4001M  白鳥  11D 北海(旭川)     12D 北海 (旭川)   12M みちのく 
 1M  はつかり5号 青函1便  101D ニセコ1号 (札幌)    2D  おおぞら3号 (釧路)  青函2便  4002M 白鳥 
                     
 5013M ゆうづる1号  青函3便         102 ニセコ1号 (札幌) 青函4便   14M ゆうづる5号 
 13M  ゆうづる2号 3D  おおぞら2号(釧路、旭川)     4D おおぞら1号 (釧路、旭川)   5014M ゆうづる6号 
                   6202 十和田3号 
 101  八甲田   青函5便  5D おおぞら3号 (釧路)    306D 宗谷 (稚内) 青函16便     
 15M ゆうづる3号   15D おおとり (網走)    16D おおとり (網走)   16M ゆうづる7号 
 5M はくつる   305D 宗谷 (稚内)    6D おおぞら2号 (釧路) 青函6便   6M はくつる 
                   102 八甲田 
                     
201 十和田2号   青函7便           青函8便  ゆうづる1号 
 5007 ゆうづる4号             5008 ゆうづる2号 
 7 ゆうづる5号         8D 北斗2号 (札幌)  青函18便   18 ゆうづる3号 
 5017 ゆうづる6号  青函17便   7D 北斗2号 (札幌)        2018 ゆうづる4号 
 7 ゆうづる7号   103 ニセコ2号 (札幌)        204 十和田2号 
                     
 203 十和田3号   青函21便        22D 北斗1号 (札幌) 青函22便   4002  日本海1号 
 4001 日本海2号  21D  北斗3号 (札幌)        202 十和田1号 
                     
25M  はつかり3号  青函27便  1217  すずらん4号 (札幌)   1218  すずらん4号(札幌)  青函26便  26M  はつかり4号 

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正時「はくつる」(東北本線経由),「ゆうづる下り1,2,3号、上り5,6,7号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)サロ581+(3)モハネ582+(4)モハネ583+(5)モハネ582+(6)モハネ583+(7)サシ581
+(8)モハネ582+(9)モハネ583+(10)モハネ582+(11)モハネ583+(12)サハネ581+(13)クハネ583

模型:全てKATO既製品。

北海道連絡の「はくつる」「ゆうづる」は寝台券のとりにくい列車でしたが1976年(昭和51年)からの国鉄運賃、料金値上げ
で航空機にシフト。その後は繁忙期を除いては空席が目立つようになっています。
1977年(昭和52年)3月に下り「ゆうづる2号」、4月に上り「はくつる」を利用していますが当日で空席が目立っていたのには
利用の現実を見せつけられたようでした。(乗る方は楽ですが。)

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正時,「ゆうづる下り5号、上り4号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナロネ21+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20
+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネフ22

模型:ED751000(TOMIX)、20系客車(全てKATO既製品)

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正時,「ゆうづる下り4号、上り1号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナロネ21+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20
+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネフ21(ナハフ21代用)

模型:ED751000(TOMIX)、20系客車(全てKATO既製品)

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正時,「ゆうづる下り7号、上り2号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ21+(1)ナロネ21+(2)ナロネ21+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20
+(7)ナハネ20+(8)ナハネフ21(ナハフ21代用)+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネフ22

模型:ED751000(TOMIX)、20系客車(全てKATO既製品)

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正時,「ゆうづる下り6号、上り3号」

後列左側上野寄りより

ED751000+*カニ22+(1)ナロネ21+(2)ナロネ21+(3)ナハネ20+(4)ナハネ20+(5)ナハネ20+(6)ナハネ20
+(7)ナハネ20+(8)ナハネフ23+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネ20+(12)ナハネフ22

模型:ED751000(TOMIX)、20系客車(全てKATO既製品)

*所定ではマニ20ですがカニ22の場合あり。
(8)号車はナハネ20の場合有。

4往復それぞれ編成が異なりますが寝台数は変動させないのが原則なので止む得ないところでしょう。
模型で組成する上では列車による違いが楽しみではありますが....

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正時,「八甲田」(東北本線経由)

後列左側上野寄りより

ED75+オユ10(上りのみ)+ワサフ8000+(1)スハフ42+(2)スロ62+(3)スハ43+(4)スハ43+(5)スハ43
+(6)ナハ11+(7)ナハ11+(8)スハフ42+(9)スハネ16+(10)スハフ42

(9)、(10):仙台ー青森

模型:ED75(KATO)、客車(全てKATO既製品)

B寝台車は仙台ー青森間のみの連結となり、座席車中心の編成となります。相変わらず、北海道(「八甲田」~「宗谷」)
への接続が良かったために若い北海道旅行者に愛用されておりました。私も1974年(昭和49年)3月に利用しています。

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正時,「十和田下り1号、上り3号」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ14+(2)オハ14+(3)オハ14+(4)オハ14+(5)オハ14+(6)オハフ15(スハフ14代用)
+(7)オハフ15(スハフ14代用)+(8)オハ14+(9)オハ14+(10)オハ14+(11)オハ14+(12)スハフ14

*1975年(昭和50年)3月改正時は12系でしたが翌年14系に置き換えられていますので14系でUPしておきます。
(本当は12系客車は7両しか持っていないので(^^;)
*(7)~(12)号車は北海道用の14系500番代で代用されていただいています。

季節による輸送力列車ですが14系という事で北海道のYHで若い旅行者は乗り得である事をよく耳にしたものです。

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正時,「十和田2号」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ42+(2)スロ62+(3)オロネ10+(4)スハネ16+(5)スハ43+(6)スハフ42+(7)オハ47
+(8)スハ43(オハ46代用)+(9)スハ43(オハ46代用)+(10)スハ43+(11)スハ43+(12)スハフ42

模型:ED75(KATO)、客車(全てKATO既製品)

改正前に対して,寝台車も2両に減車されて、座席中心の編成です。

1975年(昭和50年)3月10日時刻改正時,「十和田下り3号,上り1号」

後列左側上野寄りより

ED75+マニ37+オユ10+(1)スハフ42+(2)スハ43+(3)スロ62+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)オハ46
+(7)オハ47+(8)オハ46(オハフ45代用)+(9)スハフ42+(10)スハ43+(11)スハフ42

(10)、(11)号車:上野ー八戸
マニ37(下りのみ)

模型:ED75(KATO)、客車(全てKATO既製品)

以降,車両の質的改善も進みますが国鉄運賃値上げなど長距離客の航空機へのシフトが目立ち苦戦を強いられる事
となります。

1976年(昭和51年)10月1日時刻改正

この改正では運転系統の変更はありませんが「ゆうづる下り4~7号,上り1~4号」が20系から24系(当時3段寝台)に
置き換えられます。
東京口の寝台特急「はやぶさ」「富士」「出雲」が25系(2段寝台)に置き換えられたため、それまで使用していた24系が
品川から尾久に転出して置き換えられたものです。

当時通学時、山手線の中吊り広告で置き換えを知りましたが20系の見劣りが否定できない頃だっただけにやっと特急
らしくなっなんて思ったものです。

1976年(昭和51年)10月1日時刻改正時,「ゆうづる下り4,6,7号、上り1,2,3号

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ24+(1)オロネ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オハネフ24
+(6)オハネフ24+(7)オハネ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネ24+(11)オハネフ24

模型:EF751000(TOMIX)、カニ24(KATO)、その他TOMIX既製品。


1976年(昭和51年)10月1日時刻改正時,「ゆうづる下り5号、上り4号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カヤ24+(1)オロネ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オハネフ24
+(6)オハネフ24+(7)オハネ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネ24+(11)オハネフ24

模型:全てTOMIX既製品。

1977年(昭和52年)冬の大寒波時の東北夜行

1976年(昭和51年)12月から1977年(昭和52年)3月にかけて東日本,北海道は大寒波に襲われ特に電車特急の
車両故障などで運休、編成減車が目立ちました。東北夜行も例外ではありませんでした。

1977年(昭和52年)冬の大寒波時の583系「はくつる」「ゆうづる」「はつかり」「みちのく」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)サロ581+(3)モハネ582+(4)モハネ583+(5)モハネ582+(6)モハネ583+(7)サシ581
+(8)モハネ582+(9)モハネ583+(13)クハネ583

模型:KATO既製品

13両が10両となって1977年(昭和52年)冬は運転されましたが国鉄運賃大幅値上げの影響もあり、満席となる事は殆ど
なかったようです。
私自身1977年(昭和52年)3月に「はくつる」「ゆうづる」を利用しましたが10両でも定員の60%~80%程度だった記憶
です。
減車されたのは485系も同様で大阪ー青森間「白鳥」も13両が10両で運転されておりました。
北海道側はもっとひどかったようで82系も「おおぞら」の13両が8両なんて時もあったものです。
東北、北海道共に編成が元に戻ったのは4月になってからです。

1978年(昭和53年)10月2日時刻改正

この改正では列車の号数が下りは奇数、上りは偶数で新幹線方式に変更されました。その他ローカル急行の廃止や快速
格下げが行われています。
運転系統では大きな変化はなく、東北方面では「やまびこ」を青森延長する事により「はつかり」が5往復から6往復に増発されます。
長らく青い北海道「はつかり」とも言われた、エースナンバーの1M、2Mは583系から485系に置き換えらています。

車両では全車指定席だった東北特急「はつかり」「みちのく」に初めて自由席が設定、「ゆうづる9,8号」が24系から14系に。
「十和田3,4号」が旧型客車から20系に置き換えられます。(昭和52年10月より)

下り  上り      
 11M  みちのく  青函11便,
青函1便 
 1D おおぞら1号 (釧路)    404D ニセコ4号 (札幌)  青函12便,
 青函2便
 12M  みちのく
 4001M  白鳥  11D 北海(旭川)     12D 北海 (旭川)   2M はつかり2号
 1M  はつかり5号 101D ニセコ1号 (札幌)    2D  おおぞら6号 (釧路)  4002M 白鳥 
                     
 5013M ゆうづる1号  青函3便         102 ニセコ2号 (札幌) 青函4便   14M ゆうづる10号 
 13M  ゆうづる3号 3D  おおぞら3号(釧路、旭川)     4D おおぞら2号 (釧路、旭川)   5014M ゆうづる12号 
                   6202 十和田6号 
 101  八甲田   青函5便  5D おおぞら5号 (釧路)    306D 宗谷 (稚内) 青函16便     
 15M ゆうづる5号   15D おおとり (網走)    16D おおとり (網走)   16M ゆうづる14号 
 5M はくつる   305D 宗谷 (稚内)    6D おおぞら4号 (釧路) 青函6便   6M はくつる 
                   102 八甲田 
                     
6201 十和田3号   青函7便        1204D すずらん4号(札幌)   青函8便  ゆうづる2号 
 5007 ゆうづる7号             5008 ゆうづる4号 
 7 ゆうづる9号         8D 北斗4号 (札幌)  青函18便   18 ゆうづる6号 
 5017 ゆうづる11号  青函17便   7D 北斗3号 (札幌)        5018 ゆうづる8号 
 7 ゆうづる13号   103 ニセコ3号 (札幌)        204 十和田4号 
                   
 203 十和田5号   青函21便        22D 北斗2号 (札幌) 青函22便   4002  日本海2号 
 4001 日本海3号  21D  北斗3号 (札幌)        202 十和田2号 
       1203D すずらん3号(札幌)              
25M  はつかり5号  青函27便  1217  すずらん5号 (札幌)   1218  すずらん6号(札幌)  青函26便  26M  はつかり8号 

1978年(昭和53年)10月2日時刻改正時「はくつる」(東北本線経由)「ゆうづる1,3,5,10,12,14号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)モハネ582+(3)モハネ583+(4)モハネ582+(5)モハネ583+(6)サロ581+(7)サシ581
+(8)モハネ582+(9)モハネ583+(10)モハネ582+(11)モハネ583+(12)サハネ581+(13)クハネ583

模型:全てKATO既製品。

この改正よりサロ581が485系の編成変更に合わせて2号車から6号車に変更されます。

1978年(昭和53年)10月2日時刻改正時「ゆうづる7,11,13,2,4,6号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ24+(1)オロネ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オハネフ24
+(6)オハネフ24+(7)オハネ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネ24+(11)オハネフ24

模型:EF751000(TOMIX)、カニ24(KATO)、その他TOMIX既製品。

1978年(昭和53年)10月2日時刻改正時「ゆうづる9,8号」

後列左側上野寄りより

ED751000+(1)スハネフ14+(2)オロネ14+(3)オハネ14+(4)オハネ14+(5)オハネ14
+(6)スハネフ14+(7)スハネフ14+(8)オハネ14+(9)オハネ14+(10)オハネ14+(11)オハネ14
+(12)スハネフ14

模型:ED751000(TOMIX)、客車は全てTOMIX既製品

20系で運転されていた「北星」(上野ー盛岡)も14系に置き換えられて共通運用となっています。

1978年(昭和53年)10月2日時刻改正時「八甲田」(東北本線経由)

後列左側上野寄りより

ED75+スニ41+(1)スハフ42+(2)スロ62+(3)スハ43(オハ46代用)+(4)スハ43(オハ46代用)+(5)スハ43
(オハ47代用)+(6)スハ43(オハ47代用)+(7)スハ43+(8)スハ43+(9)スハ43+(10)スハフ42

模型:ED75(KATO),客車は全てKATO既製品。

1978年(昭和53年)10月2日時刻改正時「十和田1,6号」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ14+(2)オハ14+(3)オハ14+(4)オハ14+(5)オハ14+(6)オハフ15(スハフ14代用)
+(7)オハフ15(スハフ14代用)+(8)オハ14+(9)オハ14+(10)オハ14+(11)オハ14+(12)スハフ14

*(7)~(12)号車は北海道用の14系500番代で代用されていただいています。

模型:ED75(KATO)、客車は全てKATO既製品。

1978年(昭和53年)10月2日時刻改正時「十和田3,4号」

後列左側上野寄りより

ED75+カヤ21(カニ21代用)+(1)ナハ21+(2)ナハ21+(3)ナハ21+(4)ナハネ20+(5)ナハネ21
+(6)ナハネ20+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネフ22

ナハ21はナロネ21で代用。
ナハネフ22はナハネフ23の場合有。

模型:ED75(KATO)、客車は全てKATO既製品。

私の友人が昭和52年年末に北海道旅行でB寝台を利用していますが殆ど利用者はいなかったとの事です。

1978年(昭和53年)10月2日時刻改正時「十和田5,2号」

後列左側上野寄りより

ED75+マニ37+オユ10+(1)スハフ42+(2)スハ43+(3)スロ62+(4)スハ43+(5)スハ43+(6)オハ46
+(7)オハ47+(8)オハ46(オハフ45代用)+(9)スハフ42+(10)スハ43+(11)スハフ42

(10)、(11)号車:上野ー八戸

模型:ED75(KATO)、客車(全てKATO既製品)

*昭和50年3月改正時と変更はありません。

1980年(昭和55年)10月1日時刻大改正

この改正は旅客の輸送需要減少に対応して特急列車の削減など初の削減ダイヤが実施されました。
東北夜行も例外ではなく、「ゆうづる」の2往復季節列車化が行われています。

北海道側でも5D,6D「おおぞら」が函館ー札幌間が廃止、「北斗」(下りのみ)が札幌中心のダイヤに変更されたため本州と接続しなくなりました。
急行列車も「ニセコ」1往復廃止、「すずらん」が臨時に格下げされています。

車両では関西からの九州方面の寝台特急の削減により25系客車が向日町より青森へ転入して「ゆうづる11,13,2,6号」の2往復が東北初の
2段ハネとなります。
「ゆうづる9,4号」は14系のままで季節列車に格下げ。「ゆうづる7,8号」は24系のまま存続しますがA寝台が需要の高い「あけぼの」の連結された
ためオールB寝台となります。

急行列車では「八甲田」「十和田5,2号」が昭和55年3月より12系客車に置き換えられます。

下り  上り      
 11M  みちのく  青函11便,
青函1便 
 1D おおぞら1号 (釧路)    青函12便,
 青函2便
 12M  みちのく
 4001M  白鳥  11D 北海(旭川)     12D 北海 (旭川)   2M はつかり2号
 1M  はつかり5号    2D  おおぞら6号 (釧路)  4002M 白鳥 
                     
 5013M ゆうづる1号  青函3便         102 ニセコ (札幌) 青函4便   14M ゆうづる10号 
 6013M  ゆうづる3号 3D  おおぞら3号(釧路)    4D おおぞら2号 (釧路)   5014M ゆうづる12号 
                   6202 十和田6号 
 101  八甲田   青函5便    306D 宗谷 (稚内) 青函6便   6016M  ゆうづる14号
 15M ゆうづる5号   15D おおとり (網走)    16D おおとり (網走)   6M はくつる 
 5M はくつる   305D 宗谷 (稚内)      102 八甲田
                   
                     
6201 十和田3号             ゆうづる2号 
 5007 ゆうづる7号             6008 ゆうづる4号 
 6007 ゆうづる9号         8D 北斗4号 (札幌)  青函8便   18 ゆうづる6号 
 5017 ゆうづる11号  青函7便           5018 ゆうづる8号 
 7 ゆうづる13号   103 ニセコ(札幌)        204 十和田4号 
                   
 203 十和田5号   青函21便        22D 北斗2号 (札幌) 青函22便   4002  日本海2号 
 4001 日本海3号         202 十和田2号 
                 
25M  はつかり5号  青函27便      青函26便  26M  はつかり8号 

1980年(昭和55年)10月1日時刻改正時「はくつる」(東北本線経由)「ゆうづる1,3,5,10,12,14号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)モハネ582+(3)モハネ583+(4)モハネ582+(5)モハネ583+(6)サロ581+(7)サシ581
+(8)モハネ582+(9)モハネ583+(10)モハネ582+(11)モハネ583+(12)サハネ581+(13)クハネ583

模型:全てKATO既製品

1980年(昭和55年)10月1日時刻改正時「ゆうづる7,8号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ24+(1)オハネフ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オハネフ24
+(6)オハネ24+(7)オハネ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネフ24

模型:EF751000(TOMIX)、カニ24(KATO)、その他TOMIX既製品

この改正よりA寝台の連結はなくなります。

1980年(昭和55年)10月1日時刻改正時「ゆうづる9,4号」

後列左側上野寄りより

ED751000+(1)スハネフ14+(2)オロネ14+(3)オハネ14+(4)オハネ14+(5)オハネ14
+(6)スハネフ14+(7)スハネフ14+(8)オハネ14+(9)オハネ14+(10)オハネ14+(11)オハネ14
+(12)スハネフ14

模型:ED751000(TOMIX)、客車は全てTOMIX既製品

唯一A寝台の連結された「ゆうづる」ですがこの改正より季節列車格下げとなります。

1980年(昭和55年)10月1日時刻改正時「ゆうづる11,13,2,6号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ24+(1)オハネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25
+(6)オハネフ25+(7)オハネ25+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25

全て25系0番代。

模型:ED751000(TOMIX)、客車は全てTOMIX既製品

1980年(昭和55年)10月1日時刻改正時,「八甲田」(東北本線経由)

後列左側上野寄りより

ED75+スニ41+マニ60(上りのみ)+(1)スハフ12+(2)オハ12+(3)オハ12+(4)スハフ12+(5)オハ12+
(6)オハ12+(7)オハ12+(8)オハ12+(9)オハフ13

模型:全てKATO既製品

12系客車は14系500番代で全て代用させていただいております。

1980年(昭和55年)10月1日時刻改正時「十和田1,6号」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ14+(2)オハ14+(3)オハ14+(4)オハ14+(5)オハ14+(6)オハフ15(スハフ14代用)
+(7)オハフ15(スハフ14代用)+(8)オハ14+(9)オハ14+(10)オハ14+(11)オハ14+(12)スハフ14

*(7)~(12)号車は北海道用の14系500番代で代用されていただいています。

1976年(昭和51年)の14系置き換え時から変更はありません。

1980年(昭和55年)10月1日時刻改正時「十和田3,4号」

後列左側上野寄りより

ED75+カヤ21(カニ21代用)+(1)ナハ21+(2)ナハ21+(3)ナハ21+(4)ナハネ20+(5)ナハネ21
+(6)ナハネ20+(7)ナハネ20+(8)ナハネ20+(9)ナハネ20+(10)ナハネ20+(11)ナハネフ22

ナハ21はナロネ21で代用。
ナハネフ22はナハネフ23の場合有。

1977年(昭和52年)10月の置き換え時から変更はありません。

1980年(昭和55年)10月1日時刻改正時「十和田5,2号」

後列左側上野寄りより

ED75+オユ10+(1)スハフ12+(2)オハ12+(3)オハ12+(4)オハ12+(5)オハフ13+(6)スハフ12+
(7)オハ12+(8)オハ12+(9)オハ12+(10)オハフ13

模型:全てKATO既製品

12系客車は14系500番代で全て代用させていただいております。

車両の質的改善は進みますが利用者減少には歯止めがかからず、そんな状況下で1982年(昭和57年)6月に
東北新幹線(大宮ー盛岡)が暫定開業。東北夜行は一段と厳しい岐路にたたされる事となります。

1982年(昭和57年)11月15日全国時刻大改正

同年6月23日に東北新幹線大宮ー盛岡間が暫定開業されていましたが上越新幹線大宮ー新潟間開業と同時に
東北新幹線も大宮ー盛岡間開業。
これにより東北本線の昼行特急は「つばさ」「あいづ」「やまばと」を除いて上野口より姿を消して、東北夜行も削減
されます。

「ゆうづる」は7往復から5往復に。逆に「はくつる」は1往復から2往復に。
「八甲田」はそのままで「十和田」が1往復となります。


客車の「ゆうづる」は4往復から2往復となりますが車両は「津軽」格上げによる「あけぼの」1往復増発。「鳥海」格上げに
よる「出羽」新設用に転用されます。車両は24系が秋田、25系が青森持ちとなり、「ゆうづる」は「あけぼの」「出羽」と共通
運用となります。

北海道連絡は583系による「はくつる」「ゆうづる」と青函深夜便接続の「はつかり」「白鳥」メインとして残ります。
しかし、かつては本州、青函連絡、北海道と列車番号(便名)が統一されていましたがこの改正より揃わなくなって
乗り継ぎ系統の格式が低下したように見えたものです。

その他北海道連絡では新幹線~「はつかり」から各青函連絡船に接続しますが函館からが「北斗」1往復のみで実質
利用者は東北~北海道(函館周辺)間でしかいなかったものと思われます。

下り    
   あおば281号(郡山) 1003M   はつかり3号(盛岡)  
    4003  日本海3号(大阪)  青函3便      
             
  やまびこ13号(大宮)  1007M  はつかり7号(盛岡)  青函5便   27D 北斗7号(札幌) 
             
やまびこ17号(大宮)   1009M   はつかり9号(盛岡) 青函7便  
             
  やまびこ23号(大宮)   1013M  はつかり13号(盛岡) 青函9便     
      青函101,1便      
やまびこ33号(大宮)    1021M  はつかり21号(盛岡)  21D  北斗1号(札幌) 
  4001M  白鳥3号(大阪) 11D  北海1号(札幌) 
             
  1M  ゆうづる1号(上野)  青函21便   
    7003M  ゆうづる3号(上野)   3D おおぞら3号(釧路)
           
  103   八甲田  青函23便     
   5M ゆうづる5号(上野)  5D おおとり(網走)
    21M  はくつる1号(上野)  13D 北海3号(札幌)
   23M はくつる3号(上野)   
             
    4001  日本海1号(大阪)  青函25便      
    201  十和田(上野)  25D  北斗5号(札幌) 
    ゆうづる7号(上野)  101  ニセコ(札幌) 
    ゆうづる9号(上野)     

上り 青函4便 1012M はつかり12号(盛岡) やまびこ26号(大宮)
             
      青函6便   1016M はつかり16号(盛岡)   やまびこ32号(大宮)
 
  22D 北斗2号(札幌) 青函8便 1020M はつかり20号(盛岡) やまびこ36号(大宮)
  4002 日本海2号(大阪)
        ゆうづる2号(上野)   
  24D 北斗4号(札幌) 青函20便  4 ゆうづる4号(上野)
  4004 日本海4号(大阪)
      202  十和田(上野)   
22M はくつる2号(上野)
             
104 ニセコ(札幌) 青函22便  6M ゆうづる6号(上野)
2D おおぞら2号(釧路)  8M ゆうづる8号(上野)
 
12D 北海2号(札幌) 青函24便 7010M ゆうづる10号(上野)
  6D おおとり(網走) 24M  はくつる4号(上野)
  102 八甲田(上野)
14D 北海4号(札幌) 青函102,2便 1002M  はつかり2号(盛岡) やまびこ12号(大宮)
  28D 北斗8号(札幌) 4002M  白鳥4号(大阪)
 


1982年(昭和57年)11月15日全国時刻大改正時「はくつる」「ゆうづる1,3,5,6,8,10号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)モハネ582+(3)モハネ583+(4)モハネ582+(5)モハネ583+(6)サロ581+(7)サシ581
+(8)モハネ582+(9)モハネ583+(10)モハネ582+(11)モハネ583+(12)サハネ581+(13)クハネ583

模型:全てKATO既製品

「ゆうづる3,8号」は季節列車ですが583系「はくつる」「ゆうづる」は1968年(昭和43年)10月以降13両編成のまま
北海道連絡を主力として活躍しています。
しかし鉄道での北海道乗り継ぎ客の多くが航空機に流れており、多客期以外は空気を運んでいるか、本州内利用者も
多かったようです。私自身、1979年(昭和54年)3月初旬で「ゆうづる3号」を利用しましたが当日で下段が取れたほどで
実際乗車すると下段だけでも全部埋まっていない状態でした。
逆に東北北部への輸送をメインとする後述のブルートレインの「ゆうづる」が盛況だったようです。

1982年(昭和57年)11月15日全国時刻大改正時「ゆうづる7,2号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ24+(1)オハネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25
+(6)オハネフ25+(7)オハネ25+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25

全て25系0番代。

模型:ED751000(TOMIX)、客車は全てTOMIX既製品

1982年(昭和57年)10月に上野での見たままですがほぼ満席。

1982年(昭和57年)11月15日全国時刻大改正時「ゆうづる9,4号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カヤ24(カニ24代用)+(1)オロネ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+
(5)オハネフ24+(6)オハネフ24+(7)オハネ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネ24+
(11)オハネフ24

模型:EF751000(TOMIX)、カニ24(KATO)、その他TOMIX既製品。

改正時は3段ハネでしたが1983年(昭和58年)3月までに2段ハネに改造されています。共通運用の「あけぼの」
「出羽」も同様。

1982年(昭和57年)11月15日全国時刻大改正時「八甲田」

後列左側上野寄りより

ED75+スニ41+(1)スハフ12+(2)オハ12+(3)オハ12+(4)スハフ12+(5)オハ12+
(6)オハ12+(7)オハ12+(8)オハ12+(9)オハフ13

模型:全てKATO既製品

12系客車は14系500番代で全て代用させていただいております。

下りは「はくつる1号」に先行、上りは「はくつる4号」に続行するダイヤで今まで通り北海道連絡しており、若い旅行者
に人気ある列車でした。しかし北海道側で接続していた急行「宗谷」が1981年(昭和56年)10月に特急「北海」に
格上げされたため乗り継ぎでは少々金銭的に不便だったようです。

1982年(昭和57年)11月15日全国時刻大改正時「十和田」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ12+(2)オハ12+(3)オハ12+(4)オハ12+(5)オハ12+(6)オハフ13
+(7)スハフ12+(8)オハ12+(9)オハ12+(10)オハ12+(11)オハ12+(12)オハフ13

*北海道用の14系500番代で代用されていただいています。

この改正より「十和田」は1往復となり、オールハザの輸送力列車となります。

1985年(昭和60年)3月14日全国時刻大改正。

このダイヤ改正の最大の目玉は東北,上越新幹線の上野開業(大宮ー上野間延長)です。同時に新幹線に接続する在来線
特急「はつかり」「たざわ」なども改善されて到達時間の短縮により青森や秋田側から日帰りでの東京滞在時間も延長されます。

その反面、東北夜行も
「はくつる」は2往復⇒1往復季節列車に。
「ゆうづる」は5往復⇒3往復に。
「十和田」は廃止。「八甲田」は1往復のまま残存しますが北海道接続から東北北部への夜行輸送へ時間帯が修正されます。

北海道連絡では「はつかり23/2号」「白鳥」「はくつる1/4号」「ゆうづる1/6号」がわずかにかつての命脈を保っていますが長距離は
航空機利用が主で「はくつる」から青函連絡船への乗り継ぎ客が30名にも満たない日も珍しくはありませんでした。
東北夜行以外でも青函深夜便に接続する「白鳥」は12両⇒10両に減車。食堂車も外されます。
北海道側でも82系⇒183系気動車化によって食堂車は外されますが、唯一82系で残った「おおとり」のみが営業しておりました。

北海道への接続系統は下表のとおり。
下り   やまびこ31号(上野) 1003M   はつかり3号(盛岡)  
    4003  日本海3号(大阪)  青函3便      
             
  やまびこ1号(上野)  1007M  はつかり7号(盛岡)  青函5便   9D 北斗9号(札幌) 
             
やまびこ3号(上野)   1011M   はつかり11号(盛岡) 青函7便  
             
  やまびこ57号(上野)   1015M  はつかり15号(盛岡) 青函9便     
      青函101,1便      
やまびこ23号(上野)    1023M  はつかり23号(盛岡)  1D  北斗1号(札幌) 
  4001M  白鳥(大阪) 11D  北海1号(札幌) 
             
  1M  ゆうづる1号(上野)  青函21便  37D  おおぞら7号(釧路)
           
     11M はくつる1号 (上野) 青函23便  3027D  おおとり(網走) 
          13D  北海3号(札幌) 
    6013M  はくつる3号(上野)       
             
  103   八甲田(上野)   青函25便
    4001  日本海1号(大阪)     
    ゆうづる3号(上野)   5D 北斗5号(札幌) 
    ゆうづる5号(上野)  101  ニセコ(札幌) 



上り 青函4便 1012M はつかり12号(盛岡) やまびこ58号(上野)
             
      青函6便  1018M   はつかり18号(盛岡) やまびこ6号(上野) 
 
  2D 北斗2号(札幌) 青函8便 1022M はつかり22号(盛岡) やまびこ74号(上野)
  4002 日本海2号(大阪)
        2 ゆうづる2号(上野)  
  6D 北斗6号(札幌) 青函20便  4 ゆうづる4号(上野)
  102 ニセコ(札幌) 4004 日本海4号(大阪)
      104  八甲田(上野)   
             
2D おおぞら2号(釧路) 青函22便 6M ゆうづる6号(上野)
  6012M はくつる2号(上野)
             
12D 北海2号(札幌) 青函24便
  3028D おおとり(網走) 14M  はくつる4号(上野)
14D 北海4号(札幌) 青函102,2便 1002M  はつかり2号(盛岡) やまびこ2号(上野)
  10D 北斗10号(札幌) 4002M  白鳥(大阪)

1985年(昭和60年)3月14日全国時刻大改正時「はくつる1~4号」「ゆうづる1,6号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)モハネ582+(3)モハネ583+(4)モハネ582+(5)モハネ583+(6)サロ581+
+(7)モハネ582+(8)モハネ583+(9)モハネ582+(10)モハネ583+(11)サハネ581+(12)クハネ583
*季節により9~11号車欠で12号車が9号車へ。

模型:全てKATO既製品

この改正より電源の関係で外せなかった食堂車が外されて12両となります。
青函深夜便に接続する「はつかり23/2号」も583系が充当されました。

1985年(昭和60年)3月14日全国時刻大改正時「ゆうづる3,2号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カヤ24+(1)オハネ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25
+(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オハネ25+(11)オハネフ25

全て25系0番代。

模型:ED751000(TOMIX)、客車は全てTOMIX既製品

1985年(昭和60年)3月14日全国時刻大改正時「ゆうづる5,4号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ24+(1)オロネ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オハネフ24+
(6)オハネフ24+(7)オハネ24+(8)オハネ24+(9)オハネ24+(10)オハネ24+(11)オハネフ24

*1982年(昭和57年)11月全国時刻大改正時と同じ編成です。

模型:EF751000(TOMIX)、カニ24(KATO)、その他TOMIX既製品。

1985年(昭和60年)3月14日全国時刻大改正時「八甲田」

後列左側上野寄りより

ED75+マニ50+(1)スハフ14+(2)オハ14+(3)オハ14+(4)スハフ14+(5)オハ14+
(6)スハフ14+(7)オハ14+(8)オハ14+(9)スハフ14

この改正より14系客車に置き換えられました。
1~6号車は14系500代(北海道用)で代用。

模型:EF75(KATO)、マニ50(TOMIX)、オハ14、スハフ14(KATO)

1986年(昭和61年)11月1日全国時刻大改正。

国鉄最後の改正で分割民営化を見据えたもので車両の転配、郵便荷物輸送の廃止などまさに大掛かりな転身でした。
東北夜行は本数そのものは変わりませんが583系「はくつる」「ゆうづる1,6号」の編成減車,「ゆうづる3,2号」が
季節列車格下げなど本州~北海道間の鉄道輸送は右肩下がりが続きます。

そんな状況下ですが青函トンネル開業が近づいて、廃止される青函連絡船の乗船客が増えていました。
東北夜行もその恩恵は受けた事でしょう。

一方、北海道側では優等列車の函館本線,小樽経由が廃止となり、「北海」が千歳経由「北斗」に。
郵便荷物輸送廃止に伴い、「ニセコ」や小樽経由の夜行荷物列車が廃止されます。

北海道への接続系統は下表のとおり。
下り   やまびこ31号(上野) 1003M   はつかり3号(盛岡)  
    4003  日本海3号(大阪)  青函3便      
             
  やまびこ21号(上野)  1009M  はつかり9号(盛岡)  青函5便   15D 北斗15号(札幌) 
             
やまびこ51号(上野)   1013M   はつかり13号(盛岡) 青函7便  
             
  やまびこ61号(上野)   1017M  はつかり17号(盛岡) 青函9便     
      青函101,1便      
やまびこ23号(上野)    1027M  はつかり27号(盛岡)  1D  北斗1号(札幌) 
  5001M  白鳥(大阪) 3D  北斗3号(札幌) 
             
  1M  ゆうづる1号(上野)  青函21便  7D  北斗7号(札幌)
           
     11M はくつる1号 (上野) 青函23便  3027D  おおとり(網走) 
         
    6013M  はくつる3号(上野)       
             
  103   八甲田(上野)   青函25便
    4001  日本海1号(大阪)     
    6003  ゆうづる3号(上野)   11D 北斗11号(札幌) 
    ゆうづる5号(上野) 

上り 青函4便 1016M はつかり16号(盛岡) やまびこ62号(上野)
             
      青函6便  1022M   はつかり22号(盛岡) やまびこ6号(上野) 
 
  2D 北斗2号(札幌) 青函8便 1026M はつかり26号(盛岡) やまびこ80号(上野)
  4002 日本海2号(大阪)
        6002 ゆうづる2号(上野)  
  6D 北斗6号(札幌) 青函20便  4 ゆうづる4号(上野)
  4004 日本海4号(大阪)
      104  八甲田(上野)   
             
8D 北斗8号(札幌) 青函22便 6M ゆうづる6号(上野)
  6012M はくつる2号(上野)
             
  3028D おおとり(網走) 青函24便 14M  はくつる4号(上野)
14D 北斗14号(札幌) 青函102,2便 1002M  はつかり2号(盛岡) やまびこ2号(上野)
  16D 北斗16号(札幌) 5002M  白鳥(大阪)

1986年(昭和61年)11月1日全国時刻大改正時「はくつる1~4号」「ゆうづる1,6号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)モハネ582+(3)モハネ583+(4)モハネ582+(5)モハネ583+(6)サロ581+
+(7)モハネ582+(8)モハネ583+(9)クハネ583

模型:全てKATO既製品

この改正より9両に減車されますが多客期には12両に増結されます。

1986年(昭和61年)11月1日全国時刻大改正時「ゆうづる3,2号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ24+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25
+(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オハネ25+(9)オハネフ25

全て25系0番代。

模型:ED751000(TOMIX)、客車は全てTOMIX既製品

1986年(昭和61年)11月1日全国時刻大改正時「ゆうづる5,4号」

後列左側上野寄りより

ED751000+カニ24+(1)オロネ24+(2)オハネ24+(3)オハネ24+(4)オハネ24+(5)オハネ24+
(6)オハネフ24+(7)オハネフ24+(8)オハネ24+(9)オハネフ24

模型:EF751000(TOMIX)、カニ24(KATO)、その他TOMIX既製品。

1986年(昭和61年)11月1日全国時刻大改正時「八甲田」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ14+(2)オハ14+(3)オハ14+(4)オハ14+(5)オハ14+(6)オハ14+(7)スハフ14

1~6号車は14系500代(北海道用)で代用。

模型:EF75(KATO)、オハ14,スハフ14(KATO)

1986年(昭和61年)11月1日全国時刻大改正後は青函トンネル開業後の寝台特急(当時「北斗星」の愛称は決まって
いませんでした。)の運転を見据えた車両の連結やMOTOトレイン(オートバイライダー輸送、昭和61年7月より)と
東北夜行はちょこっと華やいでいます。


1987年(昭和62年)3月21日より「ゆうづる2,3,4,5号」
青函トンネル開業後の上野ー札幌間寝台特急(当時「北斗星」の愛称は決まっていませんでした。)の運転を見据えて
2人用A個室やグレードアップされたB寝台(金帯。)が先行改造されて「ゆうづる」に連結され始めました


後列左側上野寄りより

ED751000+カニ24+(1)オハネフ25+(2)オロネ25-500+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25+
(6)オハネフ25+(7)オハネフ25+(8)オハネ25+(9)オハネフ25

模型:EF751000(TOMIX)、カニ24(KATO)、その他TOMIX既製品。

1987年(昭和62年)7月「八甲田」(MOTOトレイン)
1986年(昭和61年)7月より夏の間のみオートバイ&ライダー輸送が始まりました。

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ14+(2)オハ14+(3)オハ14+(4)オハ14+(5)オハ14+(6)オハ14+(7)スハフ14
+(8)オハネ14+マニ50+マニ50
下り列車はマニ50は上野寄り、オハネ14は青森寄りに連結。
*夏の多客期なので2~3両の増結はありました。

1~6号車は14系500代(北海道用)で代用。マニ50は荷物車時代ので代用。

模型:EF75(KATO)、オハ14,スハフ14、マニ50(KATO)、オハネ14(TOMIX)

マニ50は青函連絡船で函館まで航送されました。バイク利用者はオハネ14で青森まで利用して青函連絡船に乗船。

1988年(昭和63年)3月13日JRグループ最初の時刻大改正。

JRグループ最初の時刻大改正で青函トンネル含む津軽海峡線中小国ー木古内間開通により本州~北海道間が線路
でつながりました。
これにより上野ー札幌間寝台特急「北斗星」3往復の運転開始されます。
一方東北夜行は「はくつる」1往復。「ゆうづる」2往復(内季節1往復)、「八甲田」1往復に整理。
「ゆうづる」に使用されていた25系が「北斗星」に転用されたので「はくつる」「ゆうづる」は583系のみとなります。
個人的には寝台利用が583系のみしか選択肢のなかった東北北部~青森利用者にはちょっと気の毒な改正かなとも思います。

編成内容は1986年(昭和61年)11月全国時刻大改正時と変わっていません。

1988年(昭和63年)3月13日時刻大改正時「はくつる」「ゆうづる1~4号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)モハネ582+(3)モハネ583+(4)モハネ582+(5)モハネ583+(6)サロ581+
+(7)モハネ582+(8)モハネ583+(9)クハネ583

模型:全てKATO既製品

多客期には12両に増結されます。

1988年(昭和63年)3月13日時刻大改正時「八甲田」

後列左側上野寄りより

ED75+(1)スハフ14+(2)オハ14+(3)オハ14+(4)オハ14+(5)オハ14+(6)オハ14+(7)スハフ14

1~6号車は14系500代(北海道用)で代用。

模型:EF75(KATO)、オハ14,スハフ14(KATO)

1986年(昭和61年)11月全国時刻大改正時と編成は変わりません。MOTOトレインも1993年(平成5年)頃まで
設定され、青森ー函館間は「海峡83,84号」として延長されます。
上野21:35~青森9:08と夜行列車としては良い時間帯なので寝台を連結しても良かったのかななんて思うのは
私だけでしょうか。

「八甲田」ですが多客期は9両まで増車されますが1992年(平成4年)時点で通常期では6両に減車されています。

1993年(平成5年12月1日)JR東日本時刻大改正

この年の12月にJR東日本の時刻改正が行われ、夜行列車の統廃合が行われました。利用率が良くなかったので
来るべき時が来たという感じでしたが。...
この改正で今まで「はくつる」と双璧だった「ゆうづる」。長い間若い旅行者に親しまれた「八甲田」が廃止されます。
他にも485系で残存していた「津軽」、寝台特急「出羽」、登山者に親しまれた新宿ー上諏訪の夜行普通列車も廃止
されます。
唯一救いなのが「はくつる」が2往復となった事。「ゆうづる」「八甲田」は臨時として残ります。
この改正で当NTVのニュース番組で出稼ぎ列車廃止というタイトルでしたが桜井良子アナ(当時)が「またひとつ風情が
消えていきます。」の一言が印象に残っています。

1993年(平成5年)12月1日JR東日本時刻大改正時「はくつる1~4号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)モハネ582+(3)モハネ583+(4)モハネ582+(5)モハネ583+(6)サロ581+
+(7)モハネ582+(8)モハネ583+(9)クハネ583

模型:全てKATO既製品

1994年(平成6年12月3日)JRグループ時刻大改正。

この改正でも夜行列車の統廃合が続きます。九州特急の「あさかぜ1,4号」「みずほ」が廃止されますが捻出された25系
客車が青森へ転出して「はくつる」1往復が583系から25系に置き換え。もう1往復は583系のままで臨時列車に格下げ
されます。この改正以降は定期での上野ー青森間夜行は「はくつる」1往復のみとなります。

1994年(平成6年)12月3日時刻大改正時「はくつる」

後列左側上野寄りより

EF81+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オハネ25+(4)オハネ25+(5)オハネ25+(6)オハネ25
+(7)オハネフ25+(8)オハネ25+(9)オハネ25+(10)オロネ25-700+(11)オハネフ25+カニ24

模型:EF81:KATO,25系客車:TOMIX既製品

1994年(平成6年)12月3日時刻大改正時「はくつる81,82号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)モハネ582+(3)モハネ583+(4)モハネ582+(5)モハネ583+(6)サロ581+
+(7)モハネ582+(8)モハネ583+(9)クハネ583

模型:全てKATO既製品

おまけ

臨時列車として残存した「八甲田」ですが1997年(平成9年)12月の時刻表で3段寝台連結が確認出来たので編成
を勝手に想像してみました。翌年1998年(平成10年)12月時刻表では「八甲田」の設定はありませんでした。


後列左側上野寄りより

ED75-700+(1)スハフ14+(2)オハネ14+(3)オハネ14+(4)スハフ14+(5)オハ14+(6)オハ14+
(7)オハ14+(8)オハ14+(9)スハフ14

模型:ED75:KATO,14系客車(4)号車TOMIX以外はKATO。

寝台連結他に余剰となったサロ481などの流用して座席指定車が連結されれば高速バスとも対抗出来たかも
知れません。

1999年(平成11年)3月13日JRグループ時刻改正。

減り続ける夜行需要に対応して「はくつる」は多客期以外は編成が減車されてしまいます。
運転は「はくつる」は定期、臨時各1往復のままです。

1999年(平成11年)3月13日時刻改正時「はくつる」

後列左側上野寄りより

EF81+(1)オハネフ25+(2)オハネ25+(3)オハネ24+(4)オハネフ25+(5)オハネ24+(6)オハネ25
+(7)オハネフ25+(8)オロネ25-700+(9)オハネ24+カニ24

模型:EF81:KATO,24,25系客車:TOMIX既製品

青森には24系が配置されていり、「はくつる」にも24系がその後混結されるようになります。
適当に混ぜて組成してみました。
私自身、1996年(平成8年)12月に下り「はくつる」を利用していますが当時24系も混結されておりました。
利用率ですが金曜にもかかわらず、定員の半分以下だった記憶です。

1999年(平成11年)3月13日時刻改正時「はくつる81,82号」

後列左側上野寄りより

(1)クハネ583+(2)モハネ582+(3)モハネ583+(4)モハネ582+(5)モハネ583+(6)サロ581+
+(7)モハネ582+(8)モハネ583+(9)クハネ583

模型:全てKATO既製品

年末年始、夏の多客期のみの運転で設定が残っておりました。晩年は青森バルブでも撮り鉄で賑わったようです。

2002年(平成14年)12月1日JRグループ時刻改正。

東北新幹線が八戸まで開業したこの改正で遂に「はくつる」は廃止されます。

新幹線では東京から八戸乗り継ぎで4時間強で青森に到着出来、かたや9時間以上もかけては走り続ける夜行列車は
料金では高速バスより割高で存続そのものが難しいでしょう。
「はくつる」の最盛期はやはり、昭和40年代後半から昭和57年11月東北新幹線開業まででしょう。
昼行の「はつかり」「みちのく」,夜行の「ゆうづる」「八甲田」「十和田」と共に北海道連絡,東北各地への輸送などに賑わって
おりました。私もそのころによく利用しましたが車内、駅、青函連絡船ともども活気があり、乗り鉄としても充実しておりました。

所要時間ですが1891年運転当初の26時間25分から最短8時間41分(昭和47年3月改正時の「はくつる」)まで
1/3されています。これに至るまでは電化,車両の技術発展,線路改良,地上設備の改良など先人技術者たちの
偉業労苦に尽きると思います。


  完(長い間お付きあいありがとうございました。)


参考資料:鉄道運輸年表。鉄道ピクトリアル(NO483、609、629、654、657、665、667、670、761)
:鉄道ピクトリアルアーカイブセレクション(NO8),国鉄名列車編成史(急行、普通列車編),客車運用表
(東京北鉄道管理局),主要客車列車編成順序表(昭和36年10月,昭和39年10月,昭和40年10月,昭和43年10月,
昭和46年10月,昭和47年3月,昭和50年3月,昭和53年10月,昭和55年10月,昭和57年11月,昭和60年3月,
昭和61年11月,昭和63年3月),鉄道ジャーナル(昭和49年8月)、(はくつる,ゆうづるの誕生については植村直樹さん
の記事を参照させていただきました。),