旅情の函館本線


TOPBACK

函館ー旭川間423kmを結ぶかつての函館本線は山あり、海あり、湖ありに加えて駅そのものもひとつの情景に見えて
旅している実感が高かったものです。
列車も本州連絡の気動車特急や長距離普通列車、長大貨物などメインルートそのものでした。
1973年(昭和48年)~1979年(昭和54年)に訪れた時の写真を徐々にUPしていきます。

 1978,3/12
函館駅にて

左から2番線「すずらん2号,3番線」「北斗2号」,4番線「ニセコ2号」

青函連絡船の接続を受けて函館駅で発車を待つ札幌行き列車。数ある始発駅ですが独特な雰囲気があると思います。
 1978,3/12
函館駅にて

跨線橋より。

左から3番線「北斗2号」,2番線「すずらん2号」

ホームの造りに今からすれば古さを感じます。私はこのあと、「すずらん2号」で大沼公園まで向かいました。
 1977,3/13
大沼公園ー赤井川

YHで一緒だった方々と小沼湖畔に向かう途中に撮影。
 1977,3/13
大沼ー大沼公園
札幌行き,31D「北斗1号」

宿泊した大沼のYHの前より
1977,3/13
七飯ー大沼
22D「北斗1号」

駒ケ岳バックのお立ち台より。

この年は寒波のため所定10両が7両に減車されています。
 1977,3/13
七飯ー大沼
5D「おおぞら3号」釧路行き

小沼湖畔沿いにて。
所定10両ですが食堂車含めて4両も減車されています。
「おおぞら3号」釧路行きを皮切りに「おおとり」網走行き,「宗谷」稚内行きと道内各地への長距離列車が立て続けにやって来ます。本州との鉄道乗り継ぎも減少傾向でしたがまだ盛況のあった頃でした。
  1977,3/13
七飯ー大沼
15D「おおとり」網走行き

「おおぞら3号」の5分後に続行してやって来ます。
  1977,3/13
七飯ー大沼
305D「宗谷」稚内行き
 1977,3/13
七飯ー大沼
240レ室蘭発函館行き。
 1978,3/13
大沼公園ー赤井川
3D「おおぞら2号」

白鳥の餌付けをしている場所からです。時間的に運良く特急がやってきました。

 1978,3/12
大沼公園駅
1205D「すずらん2号」

函館から乗車した「すずらん2号」より大沼公園駅で下車。発車を見送ったものです。
 1978,3/13
森駅にて。
函館行き普通列車240レ


乗り鉄視点で撮影するとこんな感じって所。
最も旅情を取り込めたカットと思います。
 1973,3/25
大沼ー池田園
1191レ

函館本線のローカル貨物で唯一下りでの砂原線経由でした。
 1973,3/25
4181レ
大沼ー大沼公園
 1973,3/25
22D(後追い)
大沼ー大沼公園
 1973,3/25
4487レ(D51+C58)
大沼ー大沼公園

撮影終えて大沼公園駅に向かう途中,所定ではDD51牽引でしたが背後からの汽笛で急遽撮影。
 1973,3/25
大沼ー池田園
125レ

札幌行きの長距離普通列車で砂原線経由でした。
   1980,1/1

倶知安駅にて。

岩内線に乗るため小沢まで利用した記憶です。
 1973,3/26
倶知安ー小沢
137レ

3月末といえど線路を覆うほどの深い雪でした。
1973,3/26
小沢ー銀山
1193レ

小沢駅を出発するD51。これから稲穂峠への登り勾配となります。

右の線路は廃線となった岩内線です。 
  1973,3/26
倶知安ー小沢
41レ

構図が下手で後の客車が入らずスイマセン。
   1973,3/26
倶知安ー小沢
42レ

小沢駅を出てすぐのお立ち台から。札幌発函館行きの荷物列車です。
 1973,3/26
小沢駅

撮影終えて小沢駅に戻る際に駐留していた9600。
岩内線の運用を終えてこの後にネグラの倶知安に戻ります。
 1977,4/2
銀山駅
121レ 旭川行き普通列車より。

交換待ちで停車中の121レより。
4月といえど深い根雪が残っています。
 1977,3/29
蘭島ー塩谷
306D急行「宗谷」

すっかり春の陽気となったオタモイ海岸付近を行く「宗谷」。長躯稚内から函館までもうひと走りです。
 1977、3/29
蘭島ー塩谷
42レ、函館行き荷物列車

上写真とほぼ同じ場所にて。
 1977,3/29
蘭島ー塩谷
121レ旭川行き普通列車。

オタモイ海岸バックのお立ち台より。
   1977,3/29
塩谷駅にて
小樽行き普通列車、

味のある木造駅舎です。
1977,3/29
塩谷ー小樽
104レ
函館行き急行「ニセコ1号」

小樽を出た上り列車は街を見下ろしながらオタモイ峠を目指して登っていきます。
乗り鉄車窓としても無人の荒野から街が見えた時はほっとしたものです。
1977,3/29
小樽駅
11D 特急「北海」

オタモイ峠を下って小樽駅の到着する「北海」です。
 
 1977,4/3
札幌駅にて

函館行き42レ停車中。
これから余市まで乗車です。
   1977,4/3
42レより。
南小樽駅を出発した所です。
   1977,4/3

42レより。

小樽駅を出発した所です。ホームの造りが歴史を感じさせます。直立した駅員に見送られるシーンは昭和の国鉄ならではです。
   1977,4/3

42レより。

小樽駅を出発してオタモイ峠への登りが続きます。
 1977,3/26

札幌駅4番ホームにて。
31D網走行き「オホーツク」

82系時代の「オホーツク」です。これから乗車して旭川まで向かっています。

隣ホームは釧路から到着した「狩勝3号」です。
 1978,3/14

札幌駅改札口。

当時はパタパタするデジタル表示が一般的でした。
 1974,3/29

岩見沢駅にて。

4D「おおぞら1号」

乗車して発車待ちしていた室蘭本線の列車から撮影。