羽越本線時刻表(1965年10月、全国時刻大改正)

TOP BACK


 1965年(昭和40年)10月全国時刻大改正時の羽越本線時刻です。

1961年(昭和36年)10月白紙改正時に対して1963年(昭和38年)4月時刻改正で金沢ー青森間急行「しらゆき」新設。
この改正では上野ー秋田間急行「鳥海」が新設されます。(上野までの運転開始は12月より)
長距離普通列車も上野ー秋田(1821,1822レ),直江津ー秋田間(821,822レ)に設定されてされていますが荷物輸送に合わせたように思われます。(*821,822レは直江津から北海道への直通荷物列車の連結がありました。)

羽越本線から昼行で上野までの直通は意外にもこの改正からの「鳥海」が初めてです。
上野から青森、秋田(奥羽線経由)、金沢は古くから昼行列車が設定されています。羽越本線からの昼行直通が遅れたのは秋田の場合は奥羽線経由で酒田,鶴岡では陸羽西線、奥羽線経由が選択出来たからと思われます。

私事ですが私の母が酒田から上京した時は陸羽西線、奥羽線経由との事でした。

「白鳥」ですがこの改正から大阪ー上野編成が「はくたか」となったので全編成が青森(一部新潟回転)へ。「日本海」「羽黒」の牽引機は1962年(昭和37年)6月から福井電化で転入したDF50に。1965年(昭和40年)からはDD51が入線しています。普通列車はほぼC57の天下でした。

下り


見開きで見えにくくい箇所ですが

933D(始発大河津7:28)
新発田10:01-温海12:20

837レ
酒田14:00-秋田16:57(終着船川18:35)

上り


見開きで見えにくくい箇所ですが

956D
温海14:08-新発田17:04(終着新潟17:58)

822レ
秋田10:23-酒田13:13~13:27-鶴岡14:09~14:12-新津18:29(終着直江津22:58)

時刻表(昭和40年10月、交通公社発行より)