時刻表で見る八高線

戻る
戻る

発行から著作権の切れる50年過ぎた時刻表をUPしています。

1952年(昭和27年)10月の時刻表をUPしました。

 全通から約2年後:1937年(昭和12年)1月。  
  東亜交通公社時刻表(昭和12年1月より)

 八高線が全通したのは1934年(昭和9年)10月6日。当時の時刻表はないので1937年(昭和12年)1月の時刻表をUPします。

当時八王子機関区には八高線用に8850型蒸機が配属。客車は木造(オハ31?)5両位の編成で運転されておりました。





牽引機,客車については全国蒸気機関車配置表(イカロス出版),鉄道重大事故の歴史(グランプリ出版:久保田博著)を参考にしました。
 戦時中:1943年(昭和18年)10月時刻改正(決戦ダイヤ実施)  
   東亜旅行社時刻表(昭和18年10月より)

戦時中の時刻です。
所要時間は殆ど変わりませんが全区間直通列車が7往復から5往復に減便されています。
終戦直後:1946年(昭和21年)6月20日時刻改正   
   東亜旅行社時刻表(昭和21年8号「10月」より)

終戦直後は石炭の供給もままならず、定時運転はもちろんですが運休が多くまともに運転できない状態でした。石炭の供給は昭和22年が最悪で運転本数が更に減便されます。

そんなインフラが整っていなかった状況なため、昭和20年8月24日小宮ー拝多摩川玉川鉄橋上での正面衝突事故,昭和22年2月25日東飯能ー高麗川間で過速による列車脱線転覆事故を起こしています。

当時八王子機関区に8850が18両いたのでこのカマが牽引していたと推定。
終戦直後:1948年(昭和23年)3月1日   
  日本交通公社時刻表(昭和23年3月号)より。

直通の本数が下り3本,上り4本と昭和21年と比較して更に減便され、所要時間も延びています。食料買い出しや引き揚げなどで大混雑した時代で列車に乗るだけでも大変だった時代です。

石炭事情により最も運転できなかったのが昭和22年でその影響が続いています。 

この年の昭和23年7月時刻改正より徐々に運転本数が増えていきます。
1948年(昭和23年)7月1日全国時刻改正   
  日本交通公社時刻表(昭和23年7月号)より

この改正では速度を落とす事により、牽引力に余裕を持たせて、運転本数を確保させる改正です。

本数的には3月時点より直通列車が増発されています。 速度は所要時間見る限りでは速くなったり、遅くなったりのようです。
1949年(昭和24年)9月15日時刻改正    
  日本交通公社時刻表(昭和24年9月号)より

全国的に大型機関車の増備などで急行列車の増発が行われた改正ですが八高線では区間列車増発のみ。
しかし運転速度の向上により全区間で約20分短縮されて戦後の復興が端的に表れています。

当時八王子機関区には戦前~終戦直後は8850の天下でしたが昭和24年で8850(6両),8620(5両),C58(10両)配属がありました。これらのカマが牽引していたと推定。


1952年(昭和27年)9月1日時刻改正  
  日本交通公社時刻表(昭和27年10月号)より


東日本地区の輸送力増強された改正ですが直通列車1往復,区間列車3往復増発されて戦前の運転レベルに近づいています。
所要時間は変わっていません。

当時八王子機関区には8620(12両),C58(8両)配属がありました。これらのカマが牽引していたと推定。 
   
   




参考資料:日本の蒸気機関車(朝日新聞社)(機関車配置などの参照)