飯山線の国鉄型気動車

TOP BACK

 豊野ー越後川口間を結ぶ飯山線は飯山鉄道により、1929年(昭和4年)9月1日に豊野ー十日町間が全通しました。1944年(昭和19年)6月1日に買収されて既設の十日町線と結ぶ事により豊野ー越後川口間が飯山線となります。(参考ウィキペデイア飯山線より)

沿線は千曲川、信濃川沿いの日本的な風光明媚な景色が続いてC56が走っていた頃から情景的な写真を雑誌でよく目にしたものです。そんな想いもあってSLには間に合いませんでしたが1976年(昭和51年)3月に森宮野原へ訪ねる事が出来ました。以降1993年頃まで幾度か訪ねています。


追加分はこちら。

 1976,3/17
森宮野原ー足滝
102D急行「野沢」

当時飯山線内を走破していた長野ー長岡間急行「野沢」です。見たままですが乗車率も良かったようです。
 1976,3/17
森宮野原ー足滝
134D

千曲川の対岸より。

左側からキハ20+キハ17+キハユニ+キハ17の編成でしょうか。
 1976,3/17
森宮野原ー足滝
135D

千曲川の対岸より。(上写真と同じ場所より)

山里のイメージがぴったりの情景に思えます。
  1976,3/17
森宮野原ー足滝
135D

上写真と同じ列車です。
キハ20+キハ20の編成です。
  1976,3/17
森宮野原ー足滝
137D 

千曲川河原から見上げたもの。
キハ55+キハ20でしょうか。
 1976,3/17
森宮野原ー横倉
DD16の牽く下り貨物です。このときは最悪の雨で露出も上がらずじまい。
 1976,3/17
森宮野原ー横倉

上写真の貨物と森宮野原で交換する上り貨物です。

同様に露出が上がらずじまい。 
 1976,3/17
森宮野原ー横倉
143D(たぶん)

容赦ない雨でシャッター速度が1/60位でやっと切れた記憶です。

キハ17+キハ55は模型で組んでみたい編成です。 
 
1990,7/27
森宮野原ー足滝
167D

1976年に「野沢」を撮影した場所での下り狙いです。

 
 1990,7/27
森宮野原ー足滝
132D

1976年に対岸から135Dを撮影したあたりでの地上戦です。
 1990,7/27
森宮野原ー足滝
132D 

上写真と同じ列車でズーミングによるもの。
 1990,7/27
森宮野原ー足滝
134D 

上写真より200mほど足滝寄りから。
1990,7/27
森宮野原ー足滝
131D(後追い) 
1992.4/12
信濃平ー戸狩野沢温泉
132D

民家は新しくなっていますがたまには里の景色で。


ニコンF801S
AF80~200F2.8
1/500,F2.8
L37Cフィルター
RVP
1992.4/12
信濃平付近
134D(後追い)




ニコンF801S
AF80~200F2.8
1/500,F不明
L37Cフィルター
RVP
1992.4/12
替佐ー蓮
列車番号不明

このあたりSL時代からの撮影地で長野近郊では長閑な景色が広がります。

ニコンF801S
AF35~70F2.8
1/500,F不明
L37Cフィルター
RVP
 
1992,4/12
信濃平付近
列車番号不明

模型で組んでみたい編成です。 
   1992,4/12
信濃平駅にて
列車番号不明。

駅撮りですがホーム屋根のローカル色がGOODです。
1992,4/12
上境ー上桑名川
列車番号不明。

撮影名所ですが季節柄黄土色が目立ってスイマセン。
 
1993,11/7
137D
替佐ー蓮

通りかかりでの1枚で樹木の隙間からのギリギリショットです。 
 1993,11/7
134D
上境ー上桑名川

並走する国道から。
1993,11/7
134D
上境ー上桑名川

上写真と同じ列車の後追い。信州の山里らしい情景です。
 追加分  

1993,11/7
129D,横倉

秋たけなわって言いたいところですが雨天なのが残念。
 1993,11/7
蓮ー替佐 126D
1993,11/7
上境ー上桑名川

せっかくのトロッコ列車ですが雨天で乗客も少ないのも残念です。